スポンサーリンク
健康

陰口を叩く人、愚痴を言う人への対応と上手な距離感の取り方

 陰口・悪口・愚痴は聞いている人間もしんどい思いをします。また、互いに陰口・悪口を言い合う相手と上手な距離感を取れないと、大きなもらい事故を起こす可能性すら生じることに。このような人間関係はバッサリ切るのがベストですが、そうも簡単にいきません。どのようにこれらの人達と上手く距離感を保てば良いのでしょうか?コーチングの観点から解決方法を考えます。
起業

経営者にとって仕事で必要な能力は「もらう」から「断る」へ変化していく

 起業したばかり、駆け出しの頃に経営者にとって大事なのは仕事を「もらう能力」です。しかし、仕事を段々ともらえるようになる、つまり売れるようになると仕事を「断る能力」が必要になってきます。読者の皆様はなぜだと思われますか?以下、解説いたします。
起業

これからの時代の働き方は副業ではなく複業が正解だ!

 ふくぎょうというと、貴方の頭にはどんな漢字が浮かびますか?きっと『副業』を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、今日の記事で取り扱うふくぎょうは、『副業』ではなく『複業』です。『複業』とは何か?なぜ『複業』が良いのか?島倉さんが解説してくださいます。
スポンサーリンク
健康

女性との会話で質問の後に沈黙を発生させないテクニック

 女性との会話で相手に質問したは良いものの、その答えが自分の知らない分野だったり、あまり興味がない分野だったために、ここから先に何を話していいかわからない。という悩みに直面したことはありませんか?こんな時、どうしたら良いのでしょうか?
節約

Facebookは集客ツールとしてもう使えない?今取り組みたい集客ツール

Facebookは集客ツールとして使えなくなった?!  はい、こんにちは島倉です。  今回は『Facebookもうそろそろやばいんじゃないの?』というお話をしたいと思います。  Facebookについては、私も集客ツールとして...
起業

成功者と知り合い、良い関係を築くために貴方が踏むべき3つのステップ

 良い人と付き合うことは、人生を向上させるうえで欠かせない要素です。ビジネスを成功させたいなら、ビジネスを成功させているお金持ちと付き合うことが欠かせません。とはいえ、今、全く交流の無い超がつく大金持ちとどうやって知り合い、人間関係を築けば良いのでしょうか?黒坂さんが経験を踏まえて教えてくれます。
起業

2019年儲かるのは「新・億り人」向けビジネス~鍵は資産所得

 動画や記事による資産所得を得るようになった新・億り人たち。自らの資産価値を上昇させ、資産の価値を守るため、彼らは経営を始めました。つまり、そこには仕事が生まれます。どのようなサービスを提供すれば、彼らは喜んでお金を支払うのか?キミアキ先生の解説です。
起業

楽天・三木谷さんはなぜパソコン教室の運営から事業をスタートさせたのか?

 バックキャスト法とは、まずは大きな夢や目標を明確に描いた後、何をやらなければならないかゴールから逆算し、現在やるべきことを一つ一つ実行し、最終的に夢や目標を達成しようとする成功メソッドです。楽天の三木谷社長はバックキャスト法を使い、自らの事業を飛躍させた良いお手本です。なぜ、三木谷社長はパソコン教室から事業を始めたのか?島倉さんの解説です。
資産運用

消費税増税前の住宅購入買い煽りで損するな!住宅購入のベストタイミングは?

いよいよ2019年10月に消費税増税が実施される運びとなりそうです。増税により一般市民の買い物で一番注目が集まるのが住宅です。増税前のタイミングは必ず駆け込み需要を狙った不動産業者による「増税前の住宅購入を!」という買い煽りが起こります。しかし、今回の消費税増税では住宅ローン控除制度の改正が検討されており、税負担の多少だけを見て住宅を購入すると損をする可能性があります。
効率化

生産性が高く時間を有意義に使える人は「スイッチングコスト」をかけない

私達に与えられた1日の時間は皆同じ24時間。働く時間はなるべく生産性を高めて、質の高い仕事を成し遂げたいところです。ところが、ここで私達に立ちはだかるのが「スイッチングコスト」という大敵です。どのような仕事の仕方をしている時にスイッチングコストが発生するのか?スイッチングコストを無くす方法とは?
マーケティング

「何かを売る今すぐに」60年経っても衰えぬダイレクトマーケティングの威力

ダイレクトマーケティングは約60年前にレスター・ワンダーマンが発案し、後にダン・S・ケネディによって多くの人が実践的に使うようになったマーケティング手法です。ダイレクトマーケティングは成果をあげるうえで、現代も極めて有効であり、まだ学んだことが無い方がいるなら、その内容を勉強することに損はありません。
起業

今、貴方が付き合っているビジネスパートナーともいつか別れの時が来る

 「諸行無常」と言ってしまえばそこまでですが、現実として貴方がステップアップする度に、自分が付き合っているビジネスパートナー、コンサルタントはどんどん変わっていきます。これは決してマイナスに捉えるべき現象ではありません。あなたのビジネスにおける「生息域」が変わると、付き合う人が変わるのは自然なことだからです。
経営

「失敗の法則」から学べ 企業が倒産する10の要因

企業が成功する要因は多種多様ですが、企業が倒産する要因はだいたい似通っています。日経BP社から出ている『なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則』を参照しながら、様々な企業をクライアントとして抱え、その隆盛と衰退を見てきた南本さんが企業が倒産する10の要因を紹介してくださいます。
経済

自分の子供に学歴は関係ないって本当に言える?採用の現実

自分のことなら「学歴なんて関係ないよね」とは簡単に言えます。でも、自分の子供のことになるとどうでしょうか?簡単に「学歴なんて関係ない」と言い切ってしまえるでしょうか?採用の現実を見ると、子供に手をかけてあげて、そこそこの学校出してあげることも重要なのでは?キミアキ先生の解説です。
健康

男性にはモテるのに女性からモテない男性の共通点

男性の友人や同僚からはいつも高評価を受けているのに、女性にはからっきしモテない男性が貴方の周りにはいませんか?このような男性には往々にして一つの共通点があります。JURIさんの解説です。
経営

生き残るビジネスに共通する3つの特徴 消えゆくビジネスとの違い

生き残るビジネスを展開する人には3つの共通点があります。①常に課題が明確であり②数字を常に観察し③とにかく早く動く、この3つの共通点があなたにも見られるなら、きっとビジネスの世界で生き残ることができるでしょう。
経営

部下のすべてが成長することなど無い 中小零細に最適な人材教育戦略は?

中小零細企業の経営者が陥りがちな罠の一つに、やっと入ってくれた社員全員に対して期待をかけてしまう、というものがあります。しかし、入ってきた社員のうち本当に優秀な人間は10人いたら2人が良いところです。全員を教育しようとすれば不効率になり、学んだところで実践に移してくれる人も少なかったりします。あまり夢も希望も無いように思えますが、この状況で中小零細企業の経営者はどう人材育成を進めれば良いのでしょうか?
経営

合理的な説得VSインスピレーションへの訴求 部下が動くのはどっち?

経営者やマネージャーの悩みの一つに、「自分達の部下を動かすにはどうすればいいんだろう?」というものがあります。多くの上司は合理的な説得によって人を動かそうとしますが、実際にその効果はいかほどあるのでしょうか?アメリカの論文データをもとに考えてみましょう。
経営

お客様はすぐに飽きる 話題の商品でイベントを開催し常に集客しよう

飲食店ビジネスでは、変わらぬ味・雰囲気を大事にする人が多いですが、一方で味や雰囲気以外のところで勝負し、集客を実現する事も可能です。そのやり方の一つが、SNSでバズったような商品を仕入れて、イベントを開催するというものです。お客様はすぐに飽きるため、店舗ビジネスを運営する際は、お店を絶えず変え続ける必要があります。
起業

天は自ら助くる者を助く 他人の助けを生かす人はどんな人か?

 幾ら私達が他人を救おうと思って手を差し伸べても、他人を救うことはできません。しかし、手を差し伸べた人が大きく変化することも中にはあります。他人の助けにより救われる人と、そうでない人にはどんな差があるのでしょうか?
スポンサーリンク