コスト削減

企業が行うコスト削減には戦略的なものから短期的なものまで千差万別です。単なるケチ経営者にならないように、コスト削減に関する成功事例・失敗例をご紹介いたします。

コスト削減

社長の年収1千万円はインターネットの駆使で実現 今すぐ飛び込み営業廃止

こんにちは。あおば会計コンサルティングの田中でございます。 今回は、すでに商売を始めていらっしゃる方で年収1000万円を達成したい方向けに、実現コストがすごく下がっていることをご存じでしょうか?という問題提起をしてみたいと思います。 ...
コスト削減

フリーランスの個人事業主が帳簿なんてつける必要無い3つの理由

 1人フリーランサーの方には、本業が忙しいのに性分なのか、マメに帳簿を付けている方を時々お見かけします。しかし、このように少人数でビジネスを行っているフリーランサーが、普段から帳簿記帳を行うのは非常に非効率な行為です。そのワケを3つご紹介します。
コスト削減

会社にとって悩みの固定費「地代家賃」を削減する3つの方法

 地代家賃がやっかいなのは、会社のコスト全体に占める割合が非常に大きく、一度賃貸借契約を結ぶと解約しない限り、毎月必ず計上される固定費となることです。そこで本稿は地代家賃のコストを削減する、基本的な3つの方法について説明致します。なるべくキャッシュアウトを伴わぬ方法から始めることをお勧めいたします。
コスト削減

年間2400万円のコストを7%削減したはずがコストが増えていたワケ〜タコ社長の場合

 タコ社長が懸命に切り盛りするギフト会社Aは、目下1.5%の利益率を3%にあげようと必死です。そこで目をつけたのが、ギフトの資材包装代でした。月間200万円のコストを10%下げるべく、タコ社長は蛾次郎部長に指令を出し、7%の資材包装費ダウンにこぎつけますが、一年後に青ざめます。コストが増えていたからです。
コスト削減

目に見えないコストの削減に役立つ「活動基準原価計算」とは?

 目に見える範囲のコスト削減はとても簡単に行なえます。例えば、110円で購入していたものを100円で購入するといった具合です。ところが、110円で購入していたものを100円にする時には人件費がかかります。これが、目に見えるコスト削減より高くついては本末転倒です。そこで本稿は、目に見えないコスト(特に人件費)を下げる、活動基準原価計算をご紹介します。
コスト削減

人の介在無くしてもはや発展無し?!リアル店舗化する企業のウェブサイト

 企業がウェブサイトを構築することには、1)マスメディアを利用せずブランディングや販売促進が出来る、2)人件費などコスト削減が出来る、という2つのメリットがあります。しかし、ネットで販売しにくい商品を中心に、人が介在しない販売促進は頭打ちとなり始め、逆に人を配置し、手厚いサービスを提供しようとするトレンドが始まっています。
コスト削減

法人契約の携帯電話料金をコスト削減しよう!役立つ2つの方法

 殆どの企業は会社契約の法人携帯を利用しています。日経BPコンサルティングの調査によると、2014年の法人携帯の平均使用料金は、なんと一人あたり月額6,523円。100人の従業員が利用していれば、それだけで月額60万円の費用を支払う必要があるわけです。この利用料金を安くするのに役立つ2つのコスト削減方法をご紹介します。
コスト削減

今取り組もうとしてるコスト削減は部分最適それとも全体最適?

 企業がコスト削減を考える際は、自分達が今、部分最適のコスト削減と全体最適のコスト削減で、どちらを行おうとしているのか、客観的に把握する必要があります。つまり、見える部分で社員に任せられる「部分最適」なコスト削減と、経営者自身による経営判断が必要な「全体最適」のコスト削減です。
コスト削減

ご存じですか?契約を有効にする収入印紙への正しい消印方法

 収入印紙は、文書に見合った収入印紙を購入し、これを貼り、その印紙が二度と使えないよう「消印」することで、その税額を納めたことを証明する役割を持っています。契約を有効にする印紙の消印と、無効にしてしまう消印を知っていると、印紙代の無駄遣いをせずに済みます。
コスト削減

営業手当が残業代の代わりだと経営者は社員に抗弁できるか?

 一定の手当を時間外割増賃金の代わりに支給する定額残業制度は、営業社員を雇用している多くの企業で導入されている給与体系です。定額残業制度自体に問題は無いのですが、具体内容が就業規則に無かったり、決められた残業代より過小な残業代しか支払ないと、後々大きな問題になります。定額残業制度について気をつけるべきポイントを整理しました。
コスト削減

良いコストダウンは良いコミュニケーションから生まれる

 コストダウンを行うと短期的に、企業の利益はアップします。ただし、正しい方法でコストダウンを行わなかった場合、長期的に見た場合、企業に元々あったはずの利益を生むパワーがダウンしてしまうことがあります。正しいコスト削減方法と、その方法を取るために普段から社内で培うべき習慣について考えてみましょう。
コスト削減

会社登記に必要な印紙代を半額にせよ!スタートアップの節約術

 インターネットの進化によって、創業時の会社設立手続きに掛かる人件費は大幅にコストダウンできるようになりました。ところが、真正面からぶつかるとコストダウンできない費用もあります。その代表格が「登録免許税の支払い」です。この登録免許税の支払にかかる15万円を半額に節約する方法として、特定創業支援事業に係る証明書の交付があります。
コスト削減

コスト半分も実現?!経理業務はアウトソーシングで大幅に節約

 中小企業にとっての付加価値とは「お金を生み出す業務」であり、それ以外の業務は、アウトソーシングすることが賢明な場合が殆どです。代表的な付加価値を生まない業務の一つが、経理です。一般的に記帳作業はアウトソーシングする中小企業が多いですが、経理までアウトソーシングすると、どんな節約が可能になるのでしょうか?
コスト削減

3秒で理解!コスト削減を円滑に進める3つの段階とは?!

 常に増収増益を重ねられれば、自社にとってはどれだけ良いことかと思う方は多いことでしょう。しかし、現実にはなかなかそうは行かないもので、業績が悪い時には、時として思い切ったコスト削減を行わなければなりません。しかし無茶なコスト削減は社員の意識にも関わるため、3つの段階で適正に段階を踏んでコスト削減を行う必要があります。
コスト削減

コスト削減の観点と会社のステップアップの関係とは?

 リーマン・ショック以降、経済の急激な落ち込みに伴って日本企業のコスト削減が加速しました。しかしその施策が落ち着いた現在、競争力強化のために業務改善を行う必要が出てきました。コスト削減することと、競争力を強化して会社をステップアップさせるために、必要な意識を本日は探ってみたいと思います。
コスト削減

経営者が埋没原価(サンクコスト)に惑わず前に進むメリット

 経営者の方の多くは、自分の事業に想い入れを持って、実務にあたっていることと思います。ところが自分が考えている想定利益を下回る収入しか得られていないとしたら、本当にその事業は行う価値があるものなのでしょうか?管理会計の埋没費用(サンクコスト)という概念を理解すると、経営者が意思決定を下す際には、過去の費用に囚われないことの重要性を学べます。
コスト削減

法人を解散し「個人成り」を決断したほうが良い3つの局面

 個人事業主が法人を設立することを「法人成り」と言います。法人成りには節税対策の幅が広がることや、社会的な信用が増すこと等、様々なメリットがあります。逆に法人の経営者が、会社を解散し「個人成り」したほうが良いケースもあります。法人であり続けることには、メリットと裏腹に社会保険負担などコストの負担が大きいからです。以下、詳しく解説していきます。
コスト削減

社長そこはケチっちゃ駄目! ケチは◯◯を失うコスト削減

 コスト削減は重要な経営課題です。しかしコストを下げることでお客様の満足度を下げてしまっては、結果的には客数が減少し売上が立たなくなります。お客様を失うコスト削減は「節約」ではなく、単なる「ケチ」となってしまいます。当サイトのテーマである「節約」と「ケチ」の違いを、実際にあった2つの残念な企業サービスの事例を元に、プロフェッショナルマーケターが解説してくれます。
コスト削減

フリーアドレス(座席自由)にしてコスト削減&効率アップ

 オフィス空間を上手に活用するために、有用な1つの手段が社員が自分だけの机を持たずに、出社したら空いている席に座り仕事をするオフィススタイルが「フリーアドレス」である。フリーアドレスを利用する際のメリットとデメリットを比較してみよう。導入を検討する際は、仕事がスムーズで効率的になるかどうかも重視する必要がある。
コスト削減

刑務作業へアウトソーシングしてコスト削減を図ろう

 映画「ショーシャンクの空に」が描くような、原始的な作業だけが刑務作業ではない。今や刑務作業として、一般企業がプログラミングさえ発注できるほど刑務作業の幅は高度多岐に及ぶ。刑務作業を利用するメリットは非常に大きく、場合によってはコスト削減を図る有用なツールとも成り得る。具体的なメリットと発注方法を本稿では提示する。