ビジネス

以下のカテゴリーもご参照ください。

経営

世界同時株安の前に廃業すべき?【時給1000円払えない企業がとるべき手段とは】

最低自給1000円を払うことができない企業は、世界同時株安がくる前に廃業するか縮小再生産を考えたほうがよいというテーマで解説しています。世界同時株安により銀行の引き締めがおこると担保能力がない中小企業は金融機関の回収にあいます。現状できついと感じている企業は廃業や商売替えも検討しなければなりません。
マーケティング

商品差別化で売上を伸ばす為に重要な3つの視点

この記事は商品差別化によって売上を上げるために重要なポイントについて解説しています。商品を作るためには最低でも差別化とコンセプトとポジショニングの3つの視点を持っていることが必要です。大切なことは競合との差別化だけではなく顧客にとっても魅力的な商品であることです。
集客

今すぐ使うべき!LINE公式アカウントで集客する秘訣

LINE公式アカウントは無料で利用することができるおすすめの集客ツールについて解説しています。特に来客と直接コミュニケーションが取れる店舗ビジネスとマメな管理ができる場合は集客につなげやすいです。LINE公式アカウントには1対1のメッセージ機能があり、そこで顧客との関係性を築くことで集客やリピートにつながるのです。
ビジネス

YouTubeの収入を報告!やっぱり稼ぐなら実業か?

この記事では2019年の実際のYouTubeの収入報告を元に事業の組み立て方について解説しています。個人事業であればYouTubeでやっていけますが、組織でお金を稼ぐとなるとインターネット上の学校をする必要があります。どれだけの粗利が出せるかで、情報業としてYouTubeでやってくか、実業をやるべきかを検討するのがよいでしょう。
ビジネス

2020年はますます安月給に!?小売サービス業”300万円”時代の到来

従業員の年収をあげたくても、その後下げることができず昇給をどうするかという相談事が多くなっています。この記事では、TKCが出しているBASTという経営指標と、プレジデントOnlineや東洋経済が出している上場企業の年収の低い方を基準に上場企業の年収について深掘りています。さらに、そこから働き方改革と年収の関係性についても解説しています。
経営

中小企業は”ニッチ戦略”で生き残れ!【ニッチ市場創造の5つの手順】

ニッチ戦略とは自社が攻める市場を細分化して、顧客(ターゲット)にオリジナリティのある自社商品とサービス(付加価値)を適合させて、狭い市場で相対的シェアNo.1を取得することです。ニッチ市場の創造には、自社商品・サービスの特徴(強みとコンセプト)の分析、競合他社の同類商品やサービスを調査分析と差別化、テストマーケティングをすることが重要です。
集客

FAXDMで効果を上げる3つの集客のコツ【地方&BtoB】

2年ほど前からFAXDMがまた注目されてきています。FAXDMの利用者が減りライバルとの差別化になり、さらに費用も下がってきています。FAXDMで集客するポイントはFAXが埋もれずにしっかりと読んでもらうことです。そのためには地方であったり小さな企業を狙うのが効率的です。BtoBを狙うならFAX番号も調べられるので試してみるとよいでしょう。
ビジネス

2019年は空前のリストラ時代!?【最低賃金で雇われる時代に突入】

2019年は景気もよく決算発表もよかったのですが、最高益を更新している会社でさえ早期退職を募るなど、リーマンショック以来の中年の首切りが始まった年でした。会社は組織を守っていくために縮小再生産として、フリーランスへの促しやリストラのほか、時給を下げ労働時間を短縮する構図になってきています。
経営

経営者の意思決定に不可欠な”三現主義”とは?

三現主義というとトヨタやホンダなどが有名で、「現場、現物、現実」の頭の現をとって「三現主義」といいます。規模が大きくなり部下から報告が上がるようになってもオブラートに包まれた報告をうのみにしては意思決定を誤り企業経営が危うくなる可能性があります。経営者自ら現場を見て、提供している料理や、小売店であれば商品やサービスを見て現実を見なければなりません。
集客

【知らないとヤバい】経営に必須な「3つの集客スキル」とは?

地方集客コンサルタントの清永仁です。今回は、知らないとヤバ過ぎる、集客に必要な3つのスキルについて解説させてもらいたいと思います。その3つの集客スキルとは、コンセプトの商品力・コピーライティング(メッセージ力)・広告スキルです。商品の魅力をしっかりと言葉で伝えることが大切で、お客さんに魅力が伝われば集客できるようになります。
経営

公的年金改革の3つの骨子と中小企業への影響

日経新聞に「年金改革、支え手拡大に重点」という見出しが出ています。公的年金改革には、社会保険の加入条件・年金受給開始年齢の拡大・在職老齢年金の見直しとい3つの骨子があります。これによって中小企業にはどんなメリットやデメリットがあるのかを詳しく解説しています。
ビジネス

自社に強みがない場合の”ライバルとの差別化戦略”の考え方

小さな会社であるほど独自の商品を作ることが重要だと紹介していますが差別化は難しいものです。ビッグカメラやヤマダ電機など大手の家電量販店に品揃えも価格も負けている町の電気屋さんが生き残っている理由、そしてコンサルタント業で効果的な広告の出し方を事例に解説しています。
マーケティング

”教科書通りの経営”でビジネスは成功できる【仮説→検証で売上40倍の実例あり】

日経新聞に"「教科書通りの経営」飛躍 仮説→検証で売上高40倍に”という記事が出ていたのでご紹介します。アパレル業界も競争が激しく全体に売り上げも落ちている中で、Kay me(ケイミー)という会社が、教科書通りに仮説と検証、リサーチをすることで創業8年で売上高を40倍にしたという話です。
経営

給料が低くても社員のモチベーションが高い会社の特徴

「OPENNESS職場の空気が結果を決める」という北野唯我さんの本をもとに、給料が低くても社員のモチベーションが高い会社の特徴を解説しています。大切なのは、風通しの良さ・社員の相互尊重・20代の成長環境であり、年齢や役職に関係なく成果や意思に応じて業務を配分アサインさせることが大切です。
ビジネス

海外投資におけるリスクとは?【狙われるのはアンダー層です】

海外投資にもメリット・デメリットがありますが、今回は海外投資におけるリスクについて解説しています。昔は海外不動産投資などもありましたが、今はFXや裁定取引で 「アービトラージ」という言葉があり不動産投資で絡めることができないようなアンダー層には海外業者にお金を流そうとしていることを知っておいてください。
ビジネス

優秀な経営者が持つ”隠れた才能”とは?【5つの特徴】

優秀な中小企業・ベンチャー経営者の特徴はチャレンジ精神で、改良を加えたり相乗効果を見ながら新規事業に進出したり新しいことにチャレンジしていくところです。そしてスピードと臨機応変さを兼ね備えています。特に大事な”隠れた才能”は撤退力です。撤退条件に適合した瞬間に動物的感覚で危険を察知して、その事業から一瞬で「撤退」しています。
集客

1割りの人だけが知っている”顧客名簿”をビジネスに最大限に活かすコツ

ビジネスにおいて住所・電話番号・メールアドレスなどアプローチできる顧客情報は宝物です。そして大切なことは定期的にアプローチすることと、メルマガ等では男性・女性や年齢層などターゲットを絞って発信することです。発信する際は誰に・何を・どのように、という3つの切り口を意識してください。
労務

厚生労働省が制定したパワハラのガイドラインと事例

厚生労働省がパワハラ(パワーハラスメント)について判例をもとにガイドラインを定義しています。簡単には優位的な関係性、適正な業務範囲の超越、身体的または精神的は苦痛を与えること就業規則を侵害することです。中小企業で起こりやすい事例や判例を紹介しています。
経営

総合スーパーが壊滅していく中で【成城石井】が成功した秘訣とは

イオンやヨーカドーといった総合スーパーの2大巨頭が経営不振で苦しんでいる中、成城石井が2年連続で業績を伸ばしている秘訣とは。大型ディスカウントストアとの価格競争をせず、都内に焦点を絞り駅ナカに40坪~60坪の小型店を出店、帰宅するサラリーマンに向けた総菜の販売など大手と違う土俵に立つことが成功の秘訣です。
経営

日本人の99%が知らない本当の”黒字”の見分け方!【従業員のここを見れば分かります】

経営者が「底辺業種」と言うのは、従業員に給料の低い業界だと思わせるためです。企業には、毎年利益4000万円以上を叩き出し日本を引っ張る8万社、従業員の家族まで面倒を見る200万社、社会保険に入れない会社や個人事業があります。安心して働くには上位8万社に入社すること。そして本当の経営状態を把握するには従業員1人あたりの給料を見ることです。