企業分析

企業分析ニュースをチェックすることが節約・効率化・生産性向上に関する優れたお手本を知る第一歩です。
節約社長では他の企業が実施し成功を遂げた節約事例や節約を怠った結果を示す反面教師の事例に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。

スポンサーリンク
マーケティング

商売を選べる自由★9割の人は選択肢を狭めている現実

中小企業の経営指標「BAST(バスト)」とは 私共あおば会計税理士法人は、『TKC』という会計士集団に加入しております。 『TKC』の加盟事務所が出しているデータの中に、中小企業の経営指標が簡単に無料で見ることが出来るBAST(...
企業分析

吉野家 業績悪化の根本的な理由は人件費の高騰と違う要因にあり

吉野家の業績が9年ぶりに営業赤字となったことが話題となっています。吉野家の業績不振について多くの報道では人件費高騰や人材不足を要因としてあげていますが、根本的には同社が主力商品の値上げに踏み切れていないことがあります。衣料品や住宅、車を取り扱う企業が相次ぐ値上げを発表する中、食品を扱う企業も値上げを真剣に検討する時期に入っています。
企業分析

忘れてた?!そんなことないよね。ミニストップの業績は今…

イオンが韓国のミニストップを売却することを検討していると報道されています。ちなみに日本国内のコンビニ業界でミニストップは現在4位。業績はどうなっているのでしょうか?1位のセブンイレブンと比較すると正直、圧倒的な差が開いています。
スポンサーリンク
企業分析

人の行く裏に道あり花の山 飲食店オーナーだったらどうやって人の逆を行く?

「人の行く裏に道あり花の山」という投資格言には、他人と同じことをやったって上手くいかない。上手くいくためには他人と違うことをやる必要がある。という意味合いがあります。ビジネスの考え方も一緒で、マスの時代とは真逆の価値観を持っていないと、大衆に埋もれ選ばれないビジネスとなってしまいます。ゼロベースで真逆に考える方法をご紹介します。一緒に練習してみましょう。
企業分析

美登利寿司が良いネタの寿司を食べ放題で出しても儲かる2つの理由

90分で男性なら3600円、女性は3000円で、飲み放題も1人1200円で付いてくる、東京都内で大人気のお寿司屋さんといえば美登利寿司。ネタの品質も申し分なく、どんなにウニや大トロを頼んでもOKです。一見すると、お店潰れないの?と不安になるくらいのサービスっぷりですが、そのビジネスモデルは儲かるように構築されています。
企業分析

日本一クールなコインランドリー、フレディ レック・ウォッシュサロン

どこのコインランドリーも一緒?!いえいえ、そんなことありません。2017年7月に東京の学芸大学にオープンした「フレディレック・ウォッシュサロン トーキョー」は、従来の概念を超えるコインランドリーです。店内にはカフェスペースがあり、物販やワークショップも開かれるなど、洗濯の時間を通して様々な人々が集い交流する空間として注目が集まっています。
企業分析

ソフトバンク子会社上場と300年ビジョンに思う自律分散型組織の台頭

ソフトバンク携帯子会社が上場を目指していることについては、賛否両論が上がっています。一方で、投資家目線から見た時に、親会社単体だけでなく、成長するであろう子会社へ投資できるなら、それは投資における選択肢の拡大となります。同社の投資は既に多くの場合、支配的な比率の出資となっていないものが多く、今後は自律分散型組織の緩やかな集合体となることが予想され、これに習う企業が増えていくことでしょう。
企業分析

GEの1兆円赤字は見方を変えれば業績V字回復の要因であり、日本企業の未来指標である

米ゼネラル・エレクトリック(以下、GE)が去年10月から12月までの3か月間の決算を発表し、1兆円以上の赤字を計上することがわかりました。これだけ巨額の赤字を計上する事態に、もはやGEも終わりか…という声も聞こえます。しかし、事業承継の場面では損失を出し切ることがV字回復の要因となることがあります。金融事業については日本企業の先行指標となることもあり、GEの動きは要チェックです。
企業分析

500万本を超える大ヒット!辛口一筋だったはずの菊正宗が挑んだ甘い基礎化粧品市場

 「辛口一筋」のキャッチコピーでも有名な老舗酒蔵・菊正宗が新たに挑んでいるのは、基礎化粧品市場である。清酒メーカーの多くがこの市場に参加しているが、菊正宗の化粧品「日本酒の〜」シリーズはこれらと一線を画し、幅広い女性の世代層から支持を得ている。理由は基礎化粧品に対して女性が求めるニーズを満たしたからである。詳細は記事にて。
企業分析

カゴメトマトジュースの売上を対前年比30%UPにした、たった一行のキャッチコピー

 カゴメのトマトジュースは、発売開始から100年が経とうとする超ロングセラー商品です。とはいえ、爆発的に売れそうに見えない同商品ですが、なんとここ2〜3年で、前年比25〜30%の売上増という快挙を達成しています。その売上増に大きく貢献しているのは、たった一行のペルソナを深くえぐるキャッチコピーでした。
企業分析

三越伊勢丹の「正月3が日休業断念」はなぜ残念な決断なのか?

 三越伊勢丹が正月3が日の休業を断念したという報道が話題になっています。生産労働人口が今後如実に减少していくことが予想される中、人件費も上昇しており、企業にとって人海戦術で利益を出す戦術は竹槍で戦闘機に立ち向かおうとするようなもの。国内の消費構造に起きている変化を直視し、変化に即したビジネスモデルを作れなければ、大手と言えど待っているのは衰退だけです。
企業分析

アサヒビールの青島ビール売却が「良い撤退のお手本」と言える理由

 アサヒビールが、青島ビールの売却を検討していると報道されています。長い協業期間を経て深い関係にある青島ビールを売却する理由は、欧州市場への積極展開が第一義にあると言われてます。一方で、財務諸表を見るともう一つ「売却せざるを得ない理由」が見つかります。これをきちんと経営陣が理解し、迅速に売却判断を下した点は、良い撤退のお手本と言えます。
企業分析

イオンが業績回復。ただし、高収益の体質を取り戻すには2つの難題がある。

 10月初旬に小売大手・イオンの半期決算が発表され、グループ全体の売上高、営業利益共に昨年対比で上回ったことが大きく報じられています。新聞報道は、「総合スーパーマーケット部門の立て直しが業績好転の要因」という見解を出しているところもあります。しかし、本質的な高収益体質を取り戻すには、総合スーパーマーケット部門も含め同社には、まだ2つの難題があります。
企業分析

製薬会社が企業買収によって巨大になろうとする2つの理由

 製薬大手の英・アストラゼネカが、こちらも日本の製薬大手である第一三共に買収提案をしていると報道されています。世界のメガファーマ(巨大製薬企業)は今、M&Aによりどんどん巨大化しています。なぜ彼らはあくまでも会社の巨大化を目指すのでしょうか?そこには2つの理由があります。
企業分析

ドンキホーテがユニーの株式取得を40%に留めることで生じる2つの効果

 8月24日(木)、総合スーパー(GMS)を運営するユニーの株式を、ディスカウントストアを運営するドン・キホーテが取得することが発表されました。ユニーにとって、この案件は「渡りに船」でしたが、ドン・キホーテの株式取得は40%に留まっています。しかし、40%の株式取得に留めても2つの大きな効果が生まれるのです。
企業分析

大塚家具は今、本当に会社としてヤバイのか?数字が伝える新たな対策点

 8月初旬に家具販売大手・大塚家具は、2017年12月期業績が本業の儲けを示す営業損益ベースで、44億円弱の赤字見込みであることを発表しました。一部ではキャッシュの短期間による减少を踏まえ、「大塚家具がヤバいのでは?」と言われてますが、実際のところはどうなのでしょうか?数字を見ながら冷静に考えてみましょう。
企業分析

セブンカフェのコーヒーマシーンってどんな会社が作っているの?

 暑い日が続くと、つい出先でもコンビニのアイスコーヒーが飲みたくなりますよね。カフェの作り置きされたコーヒーを200円以上出して購入するなら、Lサイズで180円のコンビニコーヒーを買ったほうが美味しいし、オトクと感じる方も多いのでは?そこで本稿は、あの美味しいコーヒーを作るマシーンが誰によって作られているかご紹介します。
企業分析

雪国まいたけの株を神明が取得!なぜ米問屋がきのこ製造業に参入するの?

 日本初の舞茸人工栽培に成功して一気にきのこマーケットの大手となった雪国まいたけ。同社は不正会計により一旦上場廃止となり、再生ファンドとして知られるベインキャピタルの傘下につきました。ところが7月21日にベインキャピタルはお米問屋の神明に49%の株を譲渡したことを発表します。なぜ米問屋がきのこ業に参入するのでしょうか?
企業分析

ココイチの業績改善〜親会社ハウス食品の優れた企業買収後の対応が功を奏する

 ハウス食品が2015年に子会社化したココイチの純利益が改善していると報じられています。行政気改善には、ハウス食品が手がけていた海外レストラン事業を、運営ノウハウを持つココイチに任せたことが大きく関係しています。同時にハウス食品は、ココイチの海外展開を活用し本業の販路も広げようとしています。企業買収のシナジー効果が見られる好事例と言えるでしょう。
企業分析

J・クルーニーがテキーラ販売会社を1,000億で売却〜成功を支えた1つの要因

 ジョージ・クルニーが、テキーラ販売会社「カーサミーゴス」を1,000億円で売却することが報道されました。一般的なアルコールブランドは、長期的な消費者との信頼関係構築により、徐々に形成されていくのが一般的です。対して、同社は設立からわずか4年でトップブランドとなることに成功しました。これを支えたものとは何なのか考えてみましょう。
スポンサーリンク