スポンサーリンク
節税

ヨーロッパで進む課税政策 グーグルがピンチ

 英国のジョージ・オズボーン財務大臣は、多国籍企業のうち英国で得た利益を税金として払わない企業に対する課税措置、いわゆる「グーグル税」を来年の4月に新設する方針を発表した。法の国際規範であるヨーロッパ(EU圏内)で相次いで制定される米系多国籍企業への課税強化は、国際的な規範として様々な国へ飛び火することが予想される。
コスト削減

ヤマト佐川相次ぐ値上げ 宅配コスト削減術

 企業にとって商品配送コストの削減は利益を左右する大きな命題の一つである。今年に入りヤマト運輸や佐川急便が相次いで配送費の値上げを行ったため、利益を押し下げられているケースも多い。配送コストを下げるためにどんな対策が打てるか具体的対策方法を3つ提示する。原油価格が値下がりした今がチャンスだ。
経済

麻生財相の失言 裏で円安倒産は過去最多

 麻生太郎財相の「現政策下で利益を出せてない企業は、よほど運が悪いか、経営者に能力がないか」という発言が波紋を呼んでいる。反して帝国データバンクが発表した「円安関連倒産」動向調査では、円安関連倒産累計が301 件に到達し、前年同期の110 件に対して 2.7 倍と急増する。年末年始のリスクを踏まえ、取引先の信用調査を念のためしておきたい。
スポンサーリンク
時事

スタバで乾杯 2015年ちょい飲み戦争勃発

 コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス社が、先週中期成長計画を発表した。収益拡大に向けて、アメリカ国内数千店舗でアルコールや夜食の販売を開始するという。日本でもコンビニやファストフードの「バル化」が始まっており、空間を異業態で効率的に活用し、収益を拡大させるトレンドが来年本格的にやってくるだろう。
経営

僕達が生きる現代情勢は幕末とよく似ている

 名宰相ビスマルクの「賢者は歴史に学び愚者は体験に学ぶ」という金言にあるように、過去の歴史から自分たちのこれから行くべき道を効率的に学び取るのは得策だ。金融緩和によるインフレーション、国際貿易の自由化、愛国主義の膨張、僕達が生きる現代情勢は幕末のそれとよく似ており、これからを生きるヒントが満載だ。
マーケティング

2014日経MJヒット番付発表 来年のヒット商品も独自大胆予想

 「日経MJヒット番付」が昨日公開された。現在の日本を流れるビジネストレンドが把握できるので、ぜひチェックしてみよう。併せて本年の番付入り商品のうち、節約社長独自視点で各商品にフォーカスした記事を再度ご紹介する。おまけコーナーでは節約編集部が考える来年の流行トレンドを元に、来年どんなヒット商品が世の中に登場するのか大胆に予想してみた。
健康

スタンディングデスク 導入前に疑似体験

 長時間化するデスクワークが身体に与える弊害から、スタンディングデスク(立ったまま作業ができる背丈の高い机)が奨励され始めている。しかしコストをかけて導入した後で後悔する人も多いため、できるだけ代用できるもの、コストの安いもので使用感を試してみてから本格導入を検討するのが懸命かもしれない。
労務

超効率国家ドイツ 18時以降残業禁止へ

 合理的な思考のドイツで「18時以降は全国民残業禁止」という驚きの法案が国会を通過しようとしている。羨ましい限りであるが、ドイツは人口8,000万人、GDPも日本に次ぐ世界4位の超大国である。真面目な気質や職人が尊ばれる文化など日本とドイツには似た側面もあるため、彼らの働き方から学べるものは多い。
集客

海外の成功例に学ぶ YouTube動画で自社を節約アピールせよ!

 日本ではまだ見慣れないが、海外では中小企業やベンチャー企業がYouTubeを無料活用し、動画で支持者を獲得する成功例が続出している。検索エンジン会社(google,yahoo等)が動画を優遇するようになっているため、TVや新聞よりもお得に効果的なプロモーションを行えるチャンスが広がっている。
政治

選挙公示日 党別に経済マニフェストを比較

 12月2日(火)本日は第47回衆議院選挙の公示日である。ビジネスマンにとって一番気がかりなのは経済政策について各党がどのようなマニフェストを打ち出しているかということだろう。そこで本稿では経済政策に特化し、各党のマニフェストを比較してみた。実際にマニフェストを実行できる人に投票して国の政治に積極参加しよう。
時事

今年も大雪 業務効率化に役立つ雪対策5選

 暖冬と言われる今年の冬。大雪が首都圏はじめ本州各地を襲うだろうと言われている。大雪が降ると電車ダイヤの乱れ等業務に支障を来すため、予め会社の制度や人員配置を雪に整えて整備することが業務効率化に役立つ。今から会社で備えられる雪対策5つを紹介する。万全の準備をして雪に備え、業務の効率化を図ろう。
経済

軽減税率 事業者が準備したい4つの注意点

 衆議院選挙でも議論の争点となっている、生活必需品などにかけられる「軽減税率」は今後の企業運営や商品開発に大きな影響を及ぼす。政府が消費税の再増税を実現するために導入が必須要件となるため、2017年ないし2018年の導入を前提に、今のうちから経営者として事前準備、検討できることを整理しよう。
節約

旅行に行ったらストックフォトで費用回収

 年末年始の旅行や帰省にかかる費用を、現地で撮影する写真で一部でも回収できるのをご存知だろうか?写真販売をあつかうストックフォトサイトなら、アマチュアであっても写真販売による収入を得ることが可能だからだ。販売優位となる写真の撮影方法を抑えよう。更に企業にとっては遊休資産(未使用写真)の活用手段としてストックフォトで副収入を得ることも考えられる。
資金調達

オシャレすぎるLED電球がクラウドファンディングで1,200万円超の資金調達に成功

 オシャレすぎる白熱電球型LED電球「Siphon(サイフォン)」を開発する名古屋のビートソニック社がクラウドファンディングサイト「Makuake」で合計1,200万円以上の資金調達に成功したことが話題となっている。従来の白熱電球と比較し、15倍以上の省力コストを持っていながら白熱電球の温かさを持つSiphonのあり方に「古きを訪ね新しきを知る」というイノベーションを見いだせる。
政治

衆院選挙 期日前投票で効率的に時間短縮

 第47回衆議院選挙の投票日が12月14日(日)に決定された。師走の忙しい折でもあるため、誰に投票するか決めている場合は、期日前投票という選択肢を利用して、時間を効率的に使うということも可能だ。本稿では期日前投票をどうやったらよいかわからない方向けで、簡単に期日前投票をおさらい解説する。
時事

バターと農業 変革期にビジネスチャンスあり

 円安や国際的な飼料の奪い合いが生産価格に影響し、バター価格が高騰し歴代最高値を記録している。生産者の減少や乳製品市場における優先順位の低さが引き起こしたショックといえる。農業ビジネス界は現在大きな変革期にある。バター価格の高騰は業界が抱える「不効率」についてのサインであり、逆にビジネスチャンスも狙える。
時事

自前バター 作ったら楽しくてお得だった

 節約社長編集部メンバーの1人が同居人から「バターが高いのでどうにかしろ」と言われたため、家庭で実際にバターを作ってみたようだ。しっかり費用対効果まで検証してみた。果たして結果や如何に!?本日の夜にお届けするバター高騰の理由と農業の今後に関する観測記事と合わせて一読されたい。
経済

流山市 今一番元気な節約ベッドタウン

 首都圏の衛星都市でも人口停滞や減少が生じる中、ひときわ元気な都市が千葉県流山市だ。2005年に開通した「つくばエキスプレス」が寄与したことを差し引いても、周辺都市と比較したユニーク性は際立つ。井崎市長が就任して以降の、徹底した効率経営とエッジの効いたブランディング戦略により栄える都市からビジネスの閉塞感を打ち破るヒントが得られる。
経済

コンビニコーヒー 各社コーヒーを独自評価

 2013年は「コンビニコーヒー元年」と言われ、セブン-イレブンの号砲を合図にしのぎを削る展開となった。大手カフェチェーンと違い、原料をその場で高性能マシーンでドリップすることで高品質のコーヒーが味わえ、価格もカフェの1/2から1/3程度と割安のため、今後もシェアは伸びるだろう。節約社長編集部のコーヒーマニアが独自に各社のコーヒーを評価した。
健康

「勤労感謝の日」 収穫祭だから今週末はお得に美味しいものを食べよう

 今週末は23日(日)「勤労感謝の日」を挟んだ連休となっている。勤労感謝の日は本来、秋の豊穣を祝う「収穫祭」であることをご存知だろうか?せっかくなので世界中の収穫祭をまとめてみる。更に今年の秋・冬、日本の農作物や旬を迎える魚は豊作・豊漁傾向にあり、お買い得だ。難しいことは抜きにして今週末は美味しい秋の収穫物を食べよう。
スポンサーリンク