不便なのに楽しい?撮影した画像が3日後にしか見えないアプリ「グダック」が大ヒットした理由

コト消費の楽しみに重きを置く現代の消費者

 こんにちは。マーケティングコンサルタントの松尾です。

 近年のビジネスの大きなトレンドのひとつは、「モノからコトへ」ですね。

 すなわち、以前のようにモノ=製品を提供する発想では消費者は受け入れてくれない、製品を含む、大きな世界観やストーリー、固有の体験=コトを提供しなければ、消費者の財布は開かないということです。

 現代の人は、「モノ」を単に消費することだけでは飽き足らず、「コト」(=体験)を楽しみたいのです。このトレンドにおける最重要キーワードが「顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)」です。

 企業がいかに優れた顧客体験を生み出すか、より具体的に言うと、どれだけ「わくわく」したり、「どきどき」したり、心地よかったりする体験を与えられるかが重要なのです。

不便だから楽しい?撮影した画像が3日後にしか見えない大ヒットカメラアプリ「グダック」

 ここで覚えておきたいのは、優れた顧客体験を生み出そうとするとき、モノ発想でありがちな、便利とか、早いとか、楽になるといった「効率」寄りの視点にこだわらないことです。

 最近、世界でヒットしているカメラアプリ、「グダック(GUDAK)」はご存知ですか?

節約社長
iTunes「Gudak Cam」より

 同アプリは、今年2017年7月の発売開始後、わずか2カ月あまりで130万のユーザーを獲得。33カ国・地域において、写真アプリカテゴリー1位の座を取ったグダックは、今や懐かしき「フィルムカメラ」を模した機能を備えています。

 具体的には、撮影できる枚数は24枚に設定されており、使い切ると次のフィルムが使えるようになるまで1時間待たなければなりません。デジカメのようにバシャバシャと撮れないのです。

 また、撮影した写真はすぐに見ることができません!「現像」が終わった3日後にようやく見ることができます。その時まで、写真がうまく撮れているのかわからないのです。「撮り直し」がきかないわけですね。

節約社長

 効率優先になりがちな「モノ」発想だと、グダックは、便利なデジカメと真反対の不便なアプリです。当初、「誰がそんなアプリを使うのか」という声もあったようですが、蓋を開けてみると大ヒットです。

貴方の製品は「わくわく」「どきどき」の顧客体験を与えているか?

 実は、グダックがヒットする可能性は十分ありました。最近、「写ルンです」が若年層に人気なのをご存じの方も多いと思います。実際、私の20代前半の長女も、旅行にはスマホと一緒に「写ルンです」を持参しています。

 「写ルンです」は、フィルムカメラならではの風合いがレトロっぽいと評価されていることに加えて、限られたフィルム枚数を大切に使わなければならないこと、仕上がりは現像・プリントされてくるまでわからないことが、逆に「ワクワク感」を高めることにつながっているのです。

 グダックも同様に、撮影する行為自体、そして仕上がりを待つ時間を、「優れた顧客体験」として提供しているアプリであり、撮影したらすぐに画像が確認でき、何度でも撮り直しができるデジカメの利便性とは異なる価値を求めるユーザーに受けているといえます。

 さて、貴社の製品は、優れた顧客体験を提供できているでしょうか?

マーケティング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
松尾 順

株式会社ジゾン
コンサルティング準備室 室長

早稲田大学商学部卒。マーケティング・プロデューサー。
ニールセン・ジャパン、CRC総合研究所でマーケティングリサーチ、コンサルティングに従事した後、電通ワンダーマンで、データベース・マーケティングやCRMの企画・プロデュースを経験。さらに、ネットベンチャーの立ち上げにも執行役員として参画した。

現在は、心理学、行動経済学といった消費者心理・行動の理解に役立つ学問分野の研究を活用し、売れる商品づくり、効果的なコミュニケーション開発に取り組む様々な企業をマーケティングリサーチからマーケティング施策の企画・運営までトータルに支援している。

株式会社ジゾンでは、CMSシェアナンバーワンのソフトウェア「HeartCore」の導入に伴うマーケティングコンサルテーションを担当している。

【著書】
『ブランディング戦略―ブランディングの基礎と実践 (広告キャリアアップシリーズ) 』誠文堂新光社
『[実務入門] 営業はリサーチが9割! 売上倍増の“情報収集”完全マニュアル (実務入門)』日本能率協会マネジメントセンター
『先読みできる!情報力トレーニング (ビジマル)』TAC出版

松尾 順をフォローする
節約社長