営業

営業は収益の窓口です。「営業が強い会社は潰れない。」ワンパターンな営業に陥らないよう様々な営業手法をご紹介いたします。

営業

目標がある時に誰のアドバイスを聞けば良いか?

誰のアドバイスを聞けばいいか迷っている。 あの人はこんな事を言ってるけど、この人は全然違う事を言っている。 どうしよう!? そんな方のお悩みに、脳科学教育コンサルタントのクロスがズバリお答えしましょう。 誰のアドバイ...
起業

やってはいけない名刺デザインは?ギュウギュウ詰めの名刺はウザがられる

ギュウギュウ詰めの名刺はなぜいけないのか。 こんにちは。島倉です。 今回は『情報がギュウギュウ詰めになっている名刺は相手に嫌われるだけ』ということを紹介します。 名刺にはいろいろなパターンがあります。 社名があって、...
営業

ゴネ得社会に染まるな 真のビジネスマンはクレーマーにならずとも利益を得る

 「日本のホスピタリティは素晴らしい」と言われる一方、過剰サービスがクレーマーを生み出す温床となっているケースがしばしば見受けられます。「質の高いサービスを受けたいならお金を払うこと」これがグローバルスタンダードであり、サービスを受ける側に立った時こそ、私達は高い人間性を求められます。
営業

ノルマやKPI達成まであと一息、ラストスパートでやる気を出す方法

 あと一息で営業ノルマを達成する、KPIで見ていた数値目標がもうちょっとで改善できる。こんな状態の時に突然ばててしまったり、諦めてしまったことはありませんか?本稿では、このようなラストスパートの場面で最大限に私達のパフォーマンスを上げることが可能な、簡単な裏技をご紹介します。簡単すぎるのですが威力は抜群です。
営業

仕事に向き不向きはある。しかし、それと結果は全く関係ないことだ。

自分に起業は不向きだと考える人は沢山います。確かに「向き・不向き」はありますが、正しい知識を得て、正しい努力を行えば、不向きと思っていても結果は出やすくなります。つまり、「向き・不向き」で結果が決まるわけではありません。自らも不向きだと考えていたライティング、パブリックスピーキングで集客・収益化を実現している島倉さんの解説です。
営業

少しでも早く利益を向上させたいなら休眠客を今すぐその手に取り戻せ!

経営者の多くは、どうしても新規集客に力が入るあまり、他の集客活動を疎んじてしまいます。しかし、冷静に見ると新規集客は赤字になることがほとんどです。もしあなたが「今すぐこの手に利益を!」と考えているならば、既存顧客に加え、「休眠客」に対するカムバックを促したほうが良いでしょう。その理由を解説いたします。
営業

喉から手が出るほど売りたい時に整理する「カリスマセールス3つのポイント」

『喉から手が出るほど売り上げが欲しい、なんとしても欲しい。』こんな時ってありますよね。しかし、そういう時の売り込みほど、お客様から嫌われるものはありません。伝えること(セールス)はもちろん、望ましい『売る相手』『売る商品』『売るタイミング』の3つのポイントがピッタリ合致しないと商品は売れません。どのようにこれらを見つければよいのでしょうか?
営業

【セールスは最後が命】あなたがクロージングでお客様にかける言葉は何ですか?

あなたがセールスをかける時、いつも途中まではお客様との会話が上手く行っているのに、最後になかなか買ってくれないことはありませんか?もしそうだとしたら、あなたのセールストークはクロージングでつまづいている可能性があります。お客様は購入するか否かを最後のイメージで決めるからです。
営業

小さなビジネスに必須の仕事術「完了させる」でスイッチングコストを無くそう

人間は未完了なタスクが増えれば増えるほど、ストレスを感じやすくできています。更に複数の業務(作業)を同時並行で進める過程では、スイッチングコストが発生します。スイッチングコストに時間やお金を奪われないためには、「完了させる」癖をつけておかねばなりません。
営業

『ABC管理』で顧客ランクに差をつけリピートと収益を増やそう

あなたの会社は顧客ランクに差をつける『ABC管理』をしてますか?お客様は皆大切というのは確かに気持ちの面では正しいことですが、実務面におけるサービスの提供方法や時間の使い方は、顧客毎に変えていかねばリピートや収益拡大がなかなか難しいのが現実です。今日は、『ABC管理』がなぜ優れているかについて解説したいと思います。
営業

ビジネスにモチベーションという概念は不要〜それでも”やる気”を得たいなら…

「モチベーションが沸かない」「モチベーションが維持出来ない」こういった理由で仕事のパフォーマンスが保てないという方がいます。しかし、島倉さんは「ビジネスにモチベーションは不要」とこれを一蹴。その理由とは?どうしてもモチベーションが沸かないなら取り組むべきことも含め解説してくれます。
営業

貴方が『既存顧客を守る為にやっていること』を10個挙げてみよ

貴方が『顧客を守る為にやっていること』を10個挙げてください。おそらく多くの方がこの問いに対する答えに窮することでしょう。しかしながら、私達のビジネスの利益の大半は、ごくごく限られた優良顧客からもたらされているはずです。優良顧客の財布は限られており、他のライバルも顧客の財布を狙います。顧客を守るという発想を持たねば、ビジネスは失速していくのです。
営業

「こいつ、有能だぞ!」と思われるのは貴方にとって困難な返事をするタイミング

誰かが貴方にとって「んー、それはちょっと難しいな」とか「色んな課題があるな、どうしよう」と考えさせるような案を提示してきた時は、貴方が「こいつ、有能だぞ!」と思われる良いチャンスです。どのような返事をすれば、相手は貴方のことを有能認定してくれるのでしょうか?
営業

あなたは名刺が無くても商売できる自信がありますか?起業からの名刺3段活用

あなたは名刺が無くても商売できる自信がありますか?島倉さんは、「名刺交換をするのが当たり前だと考えるレベルの経営者だと、いつまで経っても自分優位にビジネスを進めるのは難しい」と言います。その理由を解説してもらいました。
営業

年収を300万円から1億円に一撃で伸ばした人が使っている必殺技

年収300万円から1億円?「そんなの不可能でしょ!」と思うのが普通かもしれません。しかし、実際に個人商売に近い形で商売をやっていた人が短期間でこの収入増を成し遂げています。なぜそんなことができたのでしょうか?ヒントは1対1のビジネスから1対Nのビジネスへの転換です。彼らは一体何をやったのか解説いたします。
営業

「ビジネスで成功している人=異性からモテる人」の公式が成立するワケ

一般的に異性からモテる要素は、高学歴・高収入・高身長・イケメンと言われています。でも、実際に結婚相手として恋愛対象を選ぶ時は、これらが絶対条件とならないのも現実の話。それよりも、マメで円滑なコミュニケーションが取れることのほうが重要だったりします。ビジネスも同じ要素で成り立っています。だから仕事のデキる人はモテる人だったりすることが多いのです。
営業

優良顧客を生み出すために欠かせない2つの絶対条件

あなたは、偶然のタイミングで1度だけ衝動買いしたネットショップの名前をすぐに思い出せますか?おそらく、多くの人は名前など忘れてしまっていることでしょう。どんなに良い商品やサービスを提供しても、お客様と定期的にコンタクトを取らなければ、私達のビジネスは忘れ去られてしまいます。
営業

独立した後のギャラ交渉は大変!どうすれば自分の価値を認めてもらえる?

会社を飛び出して独立すると待っているのが厳しいギャラ交渉です。特に、フリーランスの世界ではクラウドソーシングが流行していることもあり、大概の仕事が厳しい下請け作業になってしまったりします。独立した後の私達は、どうすれば自分の価値を認めてもらい、正当な対価を受け取ることができるようになるのでしょうか?
営業

常連客を増やしたいなら、この5つの質問に明確に答えられるようになろう

20%の要素が80%の結果(現象)を決めることを示す『パレートの法則』は、ビジネスの集客においても当てはまります。というのも、私達の利益の多くを作り出してくれるのは、常連客の方々です。どうすれば、私達は常連客を増やすことができるようになるでしょうか?本稿は常連客を作りたい人に向けて、5つの質問を提示します。答えを洗い出すと見えるものとは?
営業

既存顧客からの紹介で円滑に新規顧客を獲得するための3ステップ

既存顧客からの紹介で円滑に新規顧客を獲得することができたら、とても楽ですよね。でも、既存顧客に対して、幾ら愛想よく「お客様を紹介してください」とお願いしても、かえってうざったがられるだけです。そこで本稿は、既存顧客からの紹介で円滑に新規顧客を獲得するための3ステップをご紹介します。