顧客接点を強化する3つの手順をマーケティングのプロが解説

マーケティング

こんにちは!
ブリッジワークの高橋です。

新型コロナウイルスの影響で、図らずも空き時間ができてしまったという方も多いのではないでしょうか?

こういう時にぜひやってほしいのが、重要な仕事だけど日常ではなかなか手をつけられない「顧客接点の見直し」です。

今回は「顧客接点を強化する方法」を3つの手順でわかりやすく解説しますね。

スポンサーリンク

顧客接点とは

顧客接点とは

顧客接点とは、企業と顧客との接点のことで「コンタクトポイント」や「タッチポイント」とも言います。

例えば、次のことをチェックしてみてください。

  • 名刺の情報は古くなっていませんか?
  • メールの署名やサイトのフッターの情報は古くなっていませんか?
  • 店舗の看板に掲出されている情報は最新のものになっていますか?

意外と落とし穴なのが、業界のお付き合いとかで出している名刺広告や小スペースの広告の情報です。ここも最新になっているでしょうか?

それと、今はほとんどの方が暗号化通信をされているはずなので、ウェブサイトのアドレスは「https」から始まるはずです。もし、まだ名刺に書かれているアドレスが「http」のままの方がいたらすぐに直してください。

見る人が見たら、それだけで「暗号化通信もしていないビジネスをしているのか」と思われてしまいます。

ほんの些細なことですが、こういうことの積み重ねが重要です。

ぜひ、こういった顧客接点を全部チェックしてみてください。実際に書き出し見たら分かりますが、結構な量があるはずですよ!

人の心は理屈よりも「感情」そして理屈よりも「知覚」で動く
人間は理屈よりも見た目で判断する 高校で行われた「ある実験」 こんにちはブリッジワークの高橋です。 先日高校の教師をしている友人からとても面白い話を聞きました。 その友人が教壇に立って生徒と向き合って授業をしていて、...
スポンサーリンク

顧客接点を強化する3つの手順

顧客接点とは

顧客接点を強化するための手順は下記の通りです。

  • 手順①:チェックリストの作成
  • 手順②:修正点・改善点の書き出し
  • 手順③:優先順位の決定

手順①:チェックリストの作成

顧客接点を強化する1つ目の手順は「チェックリストを作る」ことです。

チェックリストは以下の2つを作成しましょう。

  • 自社の情報に関するチェックリスト
  • 見込み客のチェックリスト

自社の情報に関するチェックリストは、先ほどお話した「ウェブサイトのアドレスは”https”から始まっているか?」や「名刺に書かれている情報は最新になっているか?」などです。

大切なポイントは「自分たちのビジネスはどう思われるべきか?」という基準を作ることです。

相応しいデザインになっているか、相応しい色柄になっているか、といったように、基準からズレていないかを確認できるチェックリストを作りましょう。

儲かるビジネスに必要な物は?利益は「商売の三原則」と顧客リストから!
「高橋さん、儲かるビジネスに必要な物を教えてください。」 というメールをいただきました。こういうざっくりした質問はほんとに返すのに困るのですが、でも面白いですね。儲かるビジネスに必要な物について、以下解説します。

手順②:修正点・改善点の書き出し

顧客接点を強化する2つ目の手順は「修正点・改善点の書き出し」です。

チェックリストにすべての項目を書き出したら、チェックをつけながら「修正や改善が必要なもの」は、その修正点や改善点を書き出していってください。

手順③:優先順位の決定

顧客接点を強化する3つ目の手順は「優先順位の決定」です。

チェクリストの中から修正点・改善点を整理し、取り組むための優先順位を決めましょう。優先順位が決まれば、あとは片っ端から修正してくだけです。

これで、かなり有意義な時間が過ごせるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

ビジネスを何年かやっていると、ポジショニングが変わってきたり、打ち出しが変わってきたり、自分のビジネスをこう思われたいというものが変わってきたりします。

それがきちんと顧客接点に最新情報として出ていないといけません。

些細なことの改善の積み重ねが大きな結果を生むので、ぜひやってみてください!

常連客を増やしたいなら、この5つの質問に明確に答えられるようになろう
20%の要素が80%の結果(現象)を決めることを示す『パレートの法則』は、ビジネスの集客においても当てはまります。というのも、私達の利益の多くを作り出してくれるのは、常連客の方々です。どうすれば、私達は常連客を増やすことができるようになるでしょうか?本稿は常連客を作りたい人に向けて、5つの質問を提示します。答えを洗い出すと見えるものとは?
今すぐ全ての「コンタクトポイント」をチェックせよ
マーケティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長