確定拠出年金

確定拠出年金とは、私的年金の一つで、現役時代に掛金を確定して納め、その資金を運用し損益が反映されたものを老後の受給額として支払われる年金です。経営者にとってどの様なメリット・デメリットがあるのか勉強してみましょう。

スポンサーリンク
確定拠出年金

確定拠出年金を運用する際に生じる3つのデメリット

 15年前に日本版401kとして鳴り物入りした確定拠出年金制度。制度の改善が進んだこともあり、現在では企業型・個人型合わせて600万人が加入するまでになっており、来年の制度変更により更なる運用者増が見込まれます。しかし、確定拠出年金制度の運用にはデメリットが存在するため、これを踏まえて運用の可否を検討する必要がありそうです。
確定拠出年金

確定拠出年金の運用を経営者が行う時に生じる4つのメリット

 来年1月より確定拠出年金制度が一部変更になり、広い層の人々にとって加入しやすいものになります。個人事業主はもちろん、経営者も個人型と企業型で確定拠出年金を運用できます。そこで本稿では、確定拠出年金を運用することで生じる4つのメリットをご紹介します。分散投資の一手段として運用する人は更に増えていくことでしょう。
確定拠出年金

配偶者控除見直し検討のプラス面とは?確定拠出年金の活用を!

 配偶者控除の見直しが検討されており、これまで配偶者控除を受けてきた人にとって税負担が増すマイナス面に注目が集まっています。一方で今回の見直し検討は、女性が厚生年金へ加入する機会の拡大が見込めたり、来年1月から実施される確定拠出年金の対象者拡大による恩恵へ預かれることなど、プラス面が存在するのも確かです。
確定拠出年金

やっぱり確定拠出年金は最強の資産形成手段!3段階の節税効果

 日本国内で既におおよそ550万人の方が確定拠出年金の運用を行っています。今年の5月末には法改正により、運用ルールが簡素化され、適用対象者の枠も大幅に広がりました。ところが、まだイマイチ確定拠出年金の良さがわからないという方もいらっしゃいます。そこで本記事では、確定拠出年金が持つ3段階の節税効果をご紹介します。
確定拠出年金

タックスヘイブンが無い今の日本で一番有効な資産運用の手段

 国内の資産運用ではいつも、キャピタルゲインや運用益に対する課税が、資産を形成する上でネックとして立ちはだかります。しかし実際には日本でも、タックスヘイブンと同様の投資環境下で、資産形成を行うことが可能です。それは「確定拠出年金」の運用によって実現します。そこで本稿では、確定拠出年金のメリットをご紹介します。
確定拠出年金

確定拠出年金制度が改定 企業に加わる新たな負担とメリット

 確定拠出年金とは、自ら運用することで、掛け金が一定で将来の年金が変動するという年金制度で、日本国内で既に550万人もの人々が運用を行っています。先月末、この年金制度に大幅な改正が加えられることが決定しました。改正が企業に対して与える新たな負担とメリットを本日は解説したいと思います。
確定拠出年金

マイナス金利時代の資産防衛は確定拠出年金の活用から始まる

 日銀がマイナス金利を導入したことで、民間銀行は日銀からの利息収入を得ることができなくなり、逆に手数料をとられるため痛手を追うことになりました。個人の預金口座にマイナス金利が適用される可能性は極めて低いですが、預金金利が抑えられることは確実で、資産を運用する必要が生じます。そこでお勧めしたい運用手法の一つが、確定拠出年金制度を活用し税還付を受ける方法です。
確定拠出年金

「ラップ口座」ってどうよ?大荒れ相場で損しないために

 株式市場は年明け相場で大荒れとなっています。日経平均は年明けから6日続落であり、これは戦後史上初めての出来事となります。このような荒れた相場に対応するためにはリスク分散が必要ですが、個人投資家が現在こぞって購入しているラップ口座は、投資金額や投資先を一任せざるを得ず、手数料コストも割高です。インターネットを活用し、自分で商品を選択し、分散投資を心がけたいものです。
確定拠出年金

少ないコスト負担で福利厚生の充実が可能な選択制確定拠出年金

 「選択制確定拠出年金」は少ないコスト負担で従業員満足度の向上が期待でき、上手に活用すると「社会保険料の負担の軽減」にもつながります。また、この仕組みは、大企業のみならず中小企業でもメリットを充分に享受することができるものです。メリットとデメリットをきちんと把握しておけば、人材の定着をはかり、さらなる成長を目指す中小企業にとっては導入の価値がある制度です。
確定拠出年金

現役世代全てが加入対象者へ 経営者も活用できる確定拠出年金

 現役世代が誰でも確定拠出年金に加入できるような法律の改正案が衆議院で可決されました。「確定拠出年金」と聞くと「大企業のためのものだから自分には関係ない」と感じる経営者の方も多いようですが、ポイントを理解すると、確定拠出年金は老後に向けて非常に効率の良い資産形成手段のひとつだということがわかります。
確定拠出年金

もう加入している?確定拠出年金で節税しよう

 確定拠出年金とは私的年金の一つで、現役時代に拠出した掛け金をの運用によって生じた損益が反映されたリターンを、老後の受給額として支払われる年金のことを言う。個人型と企業型の二種類があり、節税効果の範囲が若干異なっているため、どのような人がどちらの「型」で加入するべきか考える必要がある。デメリットについても十分考えたい。
スポンサーリンク