社会保険

闇雲に社会保険を節約しようとすると、法令違反になったり、従業員のモチベーションを下げる事につながります。社会保険についての正しい知識をつけて経営に活かしましょう。

社会保険

週20時間以上のパートの社会保険適用で現場の働き方はどのように変化?

現在、501人以上の従業員の中堅企業で、週20時間以上働くパートさんは社会保険に強制加入しています。週20時間以上働くパートさんの働き方がどのように変わったかという統計が出ましたのでご紹介します。労働政策研究・研修機構という国の機関が発表した結果です。
経営

【パートの社会保険加入義務化】中小企業を窮地に追い込む3大イベント!

こんにちは、組織活性化プロデューサーの南本です。 実は中小企業を窮地に追い込む3つの大きなイベントがあります。 それに対して御社は耐えられますか、準備できていますかという私からの問題提起をさせていただきます。 中小企業を窮地に...
マネー

5千万円稼ぐ?個人事業者は2千万足りないんじゃない5千万だ!

どうもこんにちは。あおば会計コンサルティングの田中でございます。 今日はフリーランスや自営業者などのいわゆる個人事業者が怖い状況に陥っているということを紹介したいと思います。 個人事業者の老後は厳しい 個人事業者は年金が2,0...
社会保険

火山大国・ニッポン 火災保険や生命保険はどこまで私達を守ってくれるか?

2018年に入り、活発な火山活動が各地で観測され、死亡者が出るなど被害も発生しています。改めて感じるのは、日本が火山大国だということです。もしも私達が火山の噴火で被害にあったら、加入している火災保険や生命保険は、どこまで私達を守ってくれるのでしょうか?各保険の適用範囲など詳細をファイナンシャルプランナー赤井さんがまとめてくれました。
社会保険

103万円の「壁」が変わった後、果たして女性の社会進出は促進されるか?

 これまで日本では、配偶者の年収を103万円までに抑えれば、世帯主の配偶者控除内ということで、所得税の支払が免除されていました。しかし、この「103万円の壁」が2018年についに無くなります。配偶者控除を活用するにしても、夫の所得に上限を設定させられたり、社会保険の壁も考慮しなければなりません。果たして女性の社会進出は促進されるのでしょうか?
社会保険

個人事業主の現実:税金よりも実は社会保険と労働保険の負担がキツイ

 個人事業主にとって確定申告のある3月は、税金の負担を感じる1ヶ月です。ところが確定申告書をよくよく見てみると、それ以上に大きな支出となっているのが、国民健康保険や労働保険である場合のほうが殆どではないでしょうか?これに鑑みれば、個人事業主がある程度の収入を得るようになった時は、法人成りする良いタイミングと言えるでしょう。
社会保険

社会保険の加入日を遅らせると倍返しで費用負担が増えるワケ

 日本年金機構による社会保険調査の頻度が上がっています。調査の過程では、加入が適正に行われているか?支払いの元となる賃金が適正に申告されているか?加入日が遅れていないか?という3つの事項が主に調べられます。中でも加入日の遅れが生じていた場合、費用負担は倍増となるケースも生じます。適正な申告を心がけましょう。
社会保険

崩れるか社会保険103万円の壁。共働き夫婦が今から備えるべきこと

安倍内閣の成長戦略のひとつに、女性の就業拡大があります。その一環として、「配偶者控除の見直し」が毎年のように議題に上がってきましたが、ついに実現に向けて動きだしそうです。今回のテーマは103万円の壁ですが、実はこの10月に130万円の壁も見直しが見込まれています。共働きと子育ての両立に向けて家族が備える時は「今」です。
社会保険

辞めた社員が同じ月内に転職したら厚生年金保険料を活用し節約

 月初に入った社員が数週間で会社を辞めて、更に同じ月内に違う会社へ転職していたとしたら、経営者としては複雑ですよね。ただし、同一月内に社会保険の取得と喪失を繰り返した場合、最後に取得した被保険者分の標準報酬が年金額に反映されるため、前職の会社は厚生年金保険料の還付請求を行うことでお金が戻るので幾分かの節約が可能になります。
社会保険

法人の家賃を社長に支払うと節税や保険料負担の軽減が可能に

 個人事業や小さな会社の場合、自宅を事務所に使っている方が多いはずです。ここに係る費用は経費として支出することが可能ですが、事業を株式会社などにすると、社長の自宅を事務所にしている場合、代表である社長に対して家賃を払うことが出来るようになります。
社会保険

社会保険料削減マニュアルは本当に保険料節約を実現するか?

 人件費の高騰により、経営者にとって社会保険料の負担は大きな問題となっていますが、これに対して、マル秘テクニックなどと称する本やセミナーも現れています。実際に「社会保険料削減のマル秘テクニック」は、経営者の臨む社会保険料の節約を実現するものなのでしょうか?
社会保険

名ばかり役員の雇用保険だけは守ってあげたい!兼務役員とは?

 取締役は労働者ではなく、使用者の指揮命令下に置かれてもいないため、労働の対価として賃金を受取ることがありません。代わりに受け取るのが役員報酬ですが、賃金も労働条件も変わらないのに、保険に入っていないということも多々あります。これらの取締役が雇用保険の被保険者となれる制度が「兼務役員」です。
社会保険

中小零細企業から体力を奪う社会保険という日本の悪制度

 「正社員を雇うと潰れる」パッと聞いた方で、実感のある方は、もしかすると中小零細企業の経営者かもしれません。それくらい、中小零細企業にとって人を雇用することは、リスクと隣りあわせなのが現実です。この問題を増長しているのは、ズバリ社会保険制度だと、キミアキ先生は斬りこみます。社会保険制度の矛盾とは?解説していただきます。
社会保険

法人成り後の社会保険加入は本当にデメリットだらけなの?

 個人事業主から法人事業者へ転換すること、いわゆる「法人成り」を実行する際に、気にかけることの1つとして「社会保険の負担が増えること」があります。国民健康保険+国民年金というケースから社会保険+厚生年金では、本当に負担が大きく増えるのでしょうか?社会保険に入ることは、本当にデメリットだらけなのか?税務のプロが例を用いて説明してくださいます。
社会保険

小さな得は大きな損!試用期間の社会保険未加入はダメな節約術

 多くの経営者が試用期間に慣例として行い、小さな「得」をして大きな「損」を被っている行動があります。それは、「使用期間終了後の社会保険加入」です。確かに試用期間はお見合い期間とも取れますし、試用期間中に労働者が辞めるリスクを考えれば、一見オトクです。しかしウラには見えない大きな損が迫っています。労務のプロが解説します。
社会保険

他社の社長を従業員雇用する際に雇用保険を払う必要はある?

 法律はある程度の事態が起きることを予想して作られていますが、時として法律も想定しない事例が現場ではよく生じます。その一つが「別の会社の代表取締役を労働者として雇用する場合、雇用保険へ新たに加入する必要はある?」というものです。経営者は雇用保険の被保険者ではなく、退職した後も他社の代表であれば失職したとは認識されません。この問題を決着する根拠は意外にも曖昧です。
社会保険

日本政府が年金保険料・住民税徴収に向け天引き施策を打つ

 政府は公立小・中学校の給食費について、未納があった場合に児童手当から強制的に天引きする仕組みの検討を開始しました。同じように企業や個人事業主に対しての保険料や住民税の徴収に対して、地方自治体が天引き策を徹底しはじめています。マイナンバー制度が導入されれば、納付率もそうですが、納付額もいよいよごまかしが効かないようになります。
社会保険

産前産後休業期間中の保険料免除制度を有効活用しよう

 産前産後に休暇を取るなんて不届き者め!なんていう時代はもう終わりました。2014年4月から、産前産後休業期間中の保険料免除制度がスタートしたからです。産休中の厚生年金保険料および健康保険料は、当事者と企業の両方で免除されるようになっているため、双方にメリットをもたらす制度です。能力ある人材を流出しないためにも積極活用が望まれます。