歴史

歴史

海賊と呼ばれた男・出光佐三が残した6つの名言

ベストセラー小説が映画化され、どちらも大ヒットした「海賊と呼ばれた男」。主人公は出光興産の創業者である出光佐三さんです。小さな油問屋から始まり、様々な試練を乗り越え、やがて世界有数の石油元売会社を作った創業者の言葉から、6つの名言を本日はご紹介したいと思います。
歴史

ナポレオンが今生きてたらどんな会社経営をする?強い戦闘集団を作る方法

最強の軍隊を統率し、大砲をぶっ放し、大胆な兵站補給を行い、稲妻のように次々と敵を打ち負かすことで、19世紀前半のヨーロッパで覇権を握った英雄といえば、ナポレオン・ボナパルトです。なぜ、ナポレオンの率いる軍隊は強かったのか?について考察しながら、ナポレオンが現代に生きる経営者ならどんな経営手法を取っていたか一緒に考えてみましょう。
歴史

【西郷どん】西郷隆盛の生まれた小さな集落に維新の英傑が次々と生まれたワケ

 今年の大河ドラマの主役は明治維新のヒーロー、西郷隆盛です。西郷の生まれた下加治屋町は80戸未満の小さな集落でした。ところが、この小さな集落から明治維新以降、30名以上の偉人が輩出されています。もちろん、人のつながりで引き上げられた人物もいるでしょうが、根本的には何か他にも、これほど多くの偉人が同じ地区から生まれた理由がありそうです。
歴史

江戸の商人達が火事に巻き込まれても肌身離さず抱えて逃げた最強の資産

 ある一人の顧客が生涯にわたってもたらしてくれる価値のことを生涯顧客価値(ライフタイムバリュー)と言います。しかし、こんな言葉のなかった時代に、生涯顧客価値の重要性を見抜いていた人達がいます。江戸の商人たちです。火事が頻繁に起きた江戸で、彼らは火が燃え移る際に、必要最低限の荷物の中、あるモノだけは必ず抱えて逃げました。あるモノとは一体何だと思われますか?
経営

リーダーにしたい歴史上の人物NO1!山本五十六の言葉はなぜ心に響くのか?

歴史上の人物「理想のリーダー」ランキングで常にトップ争いに食い込む人物といえば、海軍司令長官・山本五十六です。彼の名言は、管理職やリーダーに受けいられるのはもちろん、多くの人の心を今でも打つものばかりです。なぜ山本五十六の言葉は私達の胸を熱くするのか?キミアキ先生が解説します。
歴史

【歴史は繰り返す】僕達が生きる現代情勢は江戸時代幕末とよく似ている

名宰相ビスマルクの「賢者は歴史に学び愚者は体験に学ぶ」という金言にあるように、過去の歴史から自分たちのこれから行くべき道を効率的に学び取るのは得策だ。金融緩和によるインフレーション、国際貿易の自由化、愛国主義の膨張、僕達が生きる現代情勢は幕末のそれとよく似ており、これからを生きるヒントが満載だ。
経営

江戸時代の名君は節約上手 現代に通ずる教訓

江戸時代の藩主は現代の経営者と似た立ち位置に置かれていた。幕府の中央集権体制のもと利益は削がれやすく、費用は多く支出させられる仕組みが出来上がっていたため、健全な藩の運営は非常に困難だった。そのため「名君」と呼ばれる藩主は常に節約に勤め、藩の財政健全化に取り組んだ。現在の企業経営に活かせるヒントは多い。