多様性認めるダイバーシティが広まる背景と気をつけるべきこと

多様性のある人材を活用するダイバーシティ

 「ダイバーシティ」

 ちょっと前までは、東京のお台場にある大型商業施設の名前でしょ?と思っている方も多かった言葉ですよね。

 しかし、現在では、ダイバーシティといえば、多様性のある人材を積極的に活用しようとする企業風土を意味する言葉として、すっかり定着しています。

 この概念をもとに、一億総活躍社会を掲げる安倍政権の下でも、「女性の活躍」や「多様な働き方」に関する改革が着々と進められています。

 経済産業省では、「新・ダイバーシティ経営企業100選」として、経済産業大臣表彰を実施。

 ダイバーシティ推進を経営成果に結びつけることに成功した企業の事例を幅広く紹介し、そういった取り組む企業を増やしていくねらいがあります。

 いったいなぜ「ダイバーシティ」に注目が集まっているのか、その理由と意義について考えていきます。

ダイバーシティを導入する企業が増えた背景

 まずは、ダイバーシティを取り入れる企業が増えている理由を、2つご紹介いたします。

1.グローバル化とニーズの多様化

 昨今のグローバル化に伴い、経営環境や市場は劇的に変化しています。

 このような中で、日本企業も国内のみならず世界を相手にビジネスを展開する必要に迫られており、更に顧客のバラエティに富んだニーズに対応していく姿勢が求められています。

 このような背景から、顧客に提供する企業としても多様な価値観や能力を持つ人材に集まってもらい、「新たなイノベーションを起こしてほしい」との期待も相まって「ダイバーシティ」の推進がより進んでいます。

2.企業内の人材構成の変化

 企業内の人材構成の変化も見過ごせません。

 労働人口の減少や成果主義の導入などにより、戦後の日本において現在は、人材の流動性がかつて無いほど高まっています。

 また、人材の採用方法、昇進や報酬に関しても多様な広がりを見せていることも、企業に多様性を認めさせる要因となっています。

 これらの背景をもとに、企業が多様な人材をどのように経営戦略に生かし、会社にとって如何に新たな価値を創造していけるか?という視点の変化が現れ始めているのです。

ダイバーシティは手段であって目的ではない

 さて、多様な人材を活用することのメリットは、その仕事やプロジェクトに求められる能力を持った人材同士が共に働くことで、新たな価値創造が生まれることにあります。

 会社にとって新たな価値創造は、時代の変化に対応しつつ今後も繁栄し続けるために欠かせません。

 ただし、「なぜその役割が女性である必要があるのか」「なぜその部署にさまざまな立場の人材を配置する必要があるのか」など、多様性である意義を明確化することが重要です。

 ダイバーシティを取り入れる際は、達成しようとする目標に対してプラスに働くか否かまで考えられていなければ、優秀で多様な人材を集めただけに過ぎず、本末転倒になってしまいます。

 ですから、適材適所で社員の能力を発揮してもらい、それを如何に成果につなげていけるかがポイントとなってきます。

 ダイバーシティを導入した企業のひとつとして野村證券(野村ホールディングス株式会社)の例を考えてみましょう。

 同社は2016年4月に女性、シニア、外国籍社員等、多様な社員の活躍推進を全社的に審議する機関として、野村證券にダイバーシティ&インクルージョン推進委員会を新設しました。

 野村證券は、社内のダイバーシティ(多様性)を実現するための取り組みとして、

  • 新卒・中途採用の社員や管理職に対してのダイバーシティ推進研修
  • 野村グループ倫理規定
  • 性的指向、性同一性による差別を行わないとする旨を明記
  • 女性リーダー育成のためのメンタリング・プログラムの実施

 など、様々な取り組みを実施しています。

 ここで注目したいことは、ダイバーシティは、概念を共有して終わりではないということです。

 各研修・プログラムを通じて社員同士の円滑なコミュニケーションを促すことで、そこから得られる見方や考え方をビジネスに「還元」することが期待されているのです。

 ダイバーシティ実現への取り組みが、後に付加価値の高いサービスを提供する基となり多様化・複雑化する顧客ニーズへの対応を可能にしていくものであるとの考えが窺えます。

ダイバーシティの実現に不可欠なマネジメントスキル

 もちろん、どの程度の多様性を求めるのかは企業ごとに異なります。

 多様性をそこまで必要としなくても、十分競争力のある職業や分野もあります。

 つまり、多様性を推し進めた結果、これまでと比べさらに良い成果を出せた企業が注目されているのであって、必ずしも多様性を推進している企業だけが成果を出しているわけではないのです。

 また、人材が多様化すると、管理職などマネジメントをする立場の人には、社員の働き方や価値観の多様性に合わせた対応が求められます。

 たとえば、時短で働く女性社員とキャリア一筋で仕事をこなす女性社員の人生観の違いや、LGBTの社員とその他の社員の理解や認識のずれなど、互いの異なる価値観を乗り越えて、共に働いてもらうためにはどうしたら良いかを考えながら、対応していかなくてはなりません。

 すべての価値観を認めることは難しいとしても、個人の価値観によって、不公平感が生まれにくい制度を創出していくことが重要になります。

 ダイバーシティを経営の成果につなげたいとする企業は、今後も人事制度や円滑なコミュニケーションの実現などを組織的に取り組むことが期待されます。

 「何のための多様性なのか」「どのようにして成果につなげるのか」を明確にし、それを実現するための具体策や制度の改変を、働く社員の立場に立って実行し続けることが、企業側に今後求められるでしょう。

労務
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
株式会社iCARE

7月12日(火)にライトアップ社様と共催で、『<助成金活用>必ず身につく!! MBA流超実践型レジリエンス研修体験セミナー』を開催いたします。

グローバル、ダイバーシティとめまぐるしく変化が求められる厳しい競争環境を勝ち抜くには、従業員一人ひとりの「たくましさ」がますます求められています。
組織で働くひとにとって、「ストレス」との関係は切っても切れないものです。昨年12月から「ストレスチェック制度」が義務化されるなど、企業におけるメンタルヘルス対策の重要性はますます高まってきています。

そんな中、昨今企業の人材開発で注目を集めるキーワードが「レジリエンス」です。

レジリエンスとは、英語で「復元力」や「弾力性」などと訳され、単に打たれ強いということではなく、「外から衝撃を受けても、目の前の変化や逆境をしなやかに乗り越え立ち直ることができる心の強さ」を表す新しい概念です。予測不可能な環境変化の激しい市場競争の中で、直面する様々な壁を乗り越え成果を発揮し続けるためには「しなやかに強く立ち直れる力」が今後ますます重要になってきます。

iCAREではそういった企業様の研修ニーズにお応えするため、「MBA流超実践型レジリエンス研修」を提供しております。メンタルのプロ、ビジネスのプロが監修した超実践型のプログラムです。学んだ知識を「わかった」で終わらせることなく「使える」力に変えるため、研修後に「carely」というチャットサービスを通じてレジリエンスの習得をフォローします。

しかも、今回のセミナーでは助成金を使うことにより、実質無料で企業研修を企画できる方法を合わせてお伝えいたします。組織力を強化したい企業経営者の方、実践型の研修を企画されたい新規事業の育成責任者の方、ストレスチェック後のセルフケア対策を検討したい人事責任者の方必見です!!

■こんな企業様にオススメ

・社員のレジリエンス力を高め、企業競争力を強化したい経営者の方
・社員の健康に配慮することで、採用競争力を高めたい人事責任者の方
・ストレスチェック後のセルフケア対策で実践的な研修を検討されている人事責任者の方
・経験の少ない若手を責任のあるポジションに抜擢したが、フォローがあまりできていない上席の方

皆さまのご参加をお待ちしております。

============開催概要==============

【日時】 2016年7月12日(火) 18:00〜20:00
【申込】 https://lmsg.jp/pageview/hji0bYWWpoZU/10535/bb686892175c7748
 ※こちらのセミナーページより必要事項をご記入願います
【会場】 渋谷クロスタワー32F
【住所】 東京都渋谷区渋谷2-15-1渋谷クロスタワー32F
【アクセス】 各線渋谷駅から徒歩5分
【お問い合わせ】
 株式会社ライトアップ 松岡 matsuoka@writeup.co.jp
 株式会社iCARE 片岡 k.kataoka@icare.jpn.com
【参加費】 無料
【プログラム】
 第1部:必ず身につく!! 組織変革のためのMBA流超実践型レジリエンス研修体験セミナー
  第1部では、iCAREが提供する「レジリエンス研修」の概要をご説明いたします。
  研修の背景を一部ワークを交えてお話させていただきます。

 第2部:2016年度最新助成金について
  第2部では、企業研修に対して活用できる助成金とその申請方法についてご説明いたします。
———————————————————-
お申し込みはこちらから:https://lmsg.jp/pageview/hji0bYWWpoZU/10535/0ec91bdefd8625ed

iCAREでは企業様向けに「carely(ケアリー)」という健康創出プラットフォームサービスを提供し、従業員のメンタル・フィジカル双方の効果的なケアを通して従業員の健全な「心と身体」を創り、活気あふれる企業へと躍進させる健康経営を実現いたします。

「carely」は、パーソナルな健康情報を基に医師・保健師等の専門家が従業員からの相談にチャットで応じる機能と、企業が持つ従業員の健康情報全てをクラウド上に格納する機能を有しています。健康診断ストレスチェック等の業務代行も行っております。

病気になってから病院に行って治療を行うのではなく、日常生活を通じて未然に病気の予防を促進する「オンライン保健室」というコンセプトを提唱しています。企業の健康プラットフォームが社会のインフラになる世界を目ざしています。

株式会社iCAREは、社員の健康を増進するオンライン保健室「carely」で企業の健康経営を推進し、活気あふれる生産性の高い組織作りを支援いたします!!

株式会社iCAREをフォローする
節約社長