何かを成し遂げたい時に『夢』と両輪で必要なものとは何か?

経営
スポンサーリンク

 「夢を大きく描くほど、人は自信を失ってしまうがち」この言葉は、多くの人にとって避けがたい現実を表しているものです。篠田さんは、「夢を描くことばかりを強調すると、片手落ちになってしまう。」とおっしゃいます。何かを成し遂げるために、夢と両輪で必要になるものとは、いったい何なのでしょうか?

夢を描くことばかり強調すると片手落ちになる

先日の記事では、夢を大きく描くほど、人は自信を失ってしまうということをお伝えしました。

夢を持つことの落とし穴「自信」を無くした時に思い起こすこと
 夢を持つことには、一つの大きな落とし穴がある。それは、夢を大きく描くほど、「自分には無理、自分はダメ、自分には価値がない」という思い込みに陥ってしまうことです。つまりは自信を失ってしまうのです。このような時に、ある例えを用いて筆者の篠田さんは、相談者の再出発を促します。

 夢が大きい程、その夢に向かって進んでいても、なかなかゴールが見えません。

 がんばってもがんばっても、見通しが見えて来ないと、多くの場合、人は自信を失ってしまいがちです。

  「やっぱり、自分には無理だ、自分はダメな人間だ」

 なんて勘違いをしてしまうのですね。

 よく、自己啓発や、モチベーションアップのためのセミナーでは、

  • 夢を大きく描きましょう
  • 夢を書き出しましょう
  • コルクボードに写真を貼りましょう

 などと言われるのですが、夢を描くことばかりを強調すると、それだけは片手落ちだと思っています。

 もう一つ、大事なものが抜けています。

 「それ」は何だと思いますか?

何かを成し遂げるときに夢と両輪になる「それ」

 夢の他に必要なもの。

 「それ」があれば、前に進めます。

 むしろ、夢への前進力が加速されます。

 「それ」があれば、途中で自信を失うこともありません。

 むしろ「それ」がないと、夢は叶いにくいです。

 もっと言うと、「それ」さえあれば、仮に大それた夢がなくても、イキイキと人生を充実させることができます。

 「それ」とは、

  【とても強い価値観にもとづいた自分の使命】

 です。

 つまり、

  「何のために、誰に、どのような手段で、どんな価値を与えることが私の使命だ」

 という確信が必要なのです。

 この「価値観に基づいた使命」は、別名、「人生ミッション」とか「志」とも呼ばれます。

 私は、これを「自分軸」と呼んでいます。

夢が大きくなくても志があれば確実に前進する

 将来のことは、よくわからないし、たいした夢も描けない。それでも自分は、このことをする(他人に価値を与える)ことが絶対に必要だと信じているから、人生をかけてやりぬく。

 これが、志(自分軸)です。

 夢だけでは、大きなことは達成できません。

 志と夢、どちらも抱くことが大切なのです。

 私は自分の志、自分軸を明確にしてから、人生が変わりました。

 毎朝の目覚めが変わります。

 さまざまな奇跡も起こっています。

 あなたにもぜひ、この喜びを感じていただきたいと思っています。

Photo credit: Moyan_Brenn via VisualHunt.com / CC BY

経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
篠田法正(しのだほうせい)

株式会社LBC (ライフ&ビジネスクリエイト研究所)
代表取締役

1962年名古屋生まれ
血液型:A
動物占い:ペガサス
好きな食べ物:梨、夢らんまん(夢が叶う和菓子)
趣味:弓道、読書、大きな声で言えない話の収集
健康法:わくわくすること、シナジーのサプリメント
大切な人:家族(妻、息子、娘)

工学博士
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(財)生涯学習開発財団認定 シニアスキルリーダー
福島正伸メンターズクラブメンバー

大学4年~大学院で、化学の研究に没頭。
教授に勧められるままに就職先を決める。

某大手化学会社の研究開発部門で20年間勤務。

身体と環境に優しいプラスチックを研究。
・身体の中で消えてなくなる手術用縫合糸
・長期持続性の制ガン剤用樹脂 ・整髪剤用樹脂
・化粧品用樹脂
・トウモロコシから作るプラスチック
・環境中で安全に消滅するゴム
・トイレに流せるプラスチック
等々を開発、製品化した。

出願特許件数:国内外合わせて150件以上
国際学会発表:5回
社長表彰「生体吸収性縫合糸の開発・製品化」
工学博士学位取得

研究開発を続ける一方で、「理系人間の世間知らず、経営知らず」という批判に発奮し、経営やマーケティングについて基礎から徹底的に学び、1995年に中小企業診断士試験に合格、翌年登録。

1999年から2年間、アメリカピッツバーグにあるカーネギーメロン大学に留学。
専門分野の最新学理と手法を学ぶとともに、研究開発マネジメントやコミュニケーション、
考え方について大きな影響を受ける。
多民族国家アメリカの自由と自己主張の文化に触れ、国際的感覚も身につける。
コメディドラマ「フレンズ」の大ファン。

2007年 コンサルタントとして独立、株式会社LBC(ライフ&ビジネスクリエイト研究所)を設立。
2012年 一般社団法人最幸経営研究所を設立。代表理事に就任。
一般社団法人最幸経営研究所

[ 強く影響を受けた人々(敬称略) ]

下村湖人
スティーブン・R・コヴィー
ロバート・キヨサキ
岩元貴久
ジェームス・スキナー
ナポレオン・ヒル
ブライアン・トレーシー
中村天風
石井裕之
福島正伸
鴇田正春

[ 法正という名前の由来 ]
法は、宇宙の法則、自然の摂理、仏の教え、不変の原則。
正は、正直、すなお、教えや原則に違わない。
(天意に背かない=正しい。) 
そのまま、あるがまま。
Let it be. Just the way we are. つまり、法正とは、大いなるもののエネルギー、天意を伝える仏の教え、宇宙をつかさどる法則・原則に素直に従い、自然と調和して生き、正しく伝えていくこと。
ちなみに、三国志に、法正(法孝直)という人物が登場する。

法正についての解説はこちらをクリック → 法正

[ 座右の銘 ]
思いは地球よりも大きい。

篠田法正(しのだほうせい)をフォローする
節約社長