節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

廃業に至る典型的な貧乏企業は最後に「家族をタダ働き」させる (ページ2)

お金が無い上に作戦もない。精神論と作業だけの日々

 それから、中小零細企業で小さくなれば小さくなるほど如実になりやすいのが、作戦が無くて基本的には精神論ありき、という特徴です。

 要するに、「頑張る」と。

 ところが、会社が生き残っていくためには、営業作戦だけは絶対に作らなければなりません。

 なぜなら、営業作戦を立てて営業活動を続けないと、顧客償却が起きて、最後には絶対に貧乏になってしまうからです。

 営業作戦とそれに基づく活動を行っていない人が、大抵何をやっているかというと、単なる作業しかやっていない場合が多いんです。

 最後の末期状態になると「家族をタダ働きさせて」更に貧乏になります。

 家族をタダ働きさせようとすることの何が悪いかというと、その思考です。

 コストのことなんか全く考えませんから、作戦は立てないわ、家族へ負荷をかけるわ、最後の一言は「一生懸命頑張ろうぜ」状態になってしまいますから、もう全然ダメなわけです。

 こうなると更に貧乏になって、最後には会社をぶっ潰してしまったりするわけです。

他人に働いてもらうことを前提にすると作戦は立案可能

 じゃあ、どうすればよいの?という話なのですが、やはり「他人に働いてもらう」ことを前提とした作戦を立てる必要があります。

 この作戦を前提とすると、値段の付け方や営業時間について、他人のコストを意識しながら行わねばなりませんから、綿密に作戦を立てることを意識するようになります。

 実際に年の瀬になるとお困りの方も多いかと思います。

 そんな方には、他人に働いてもらうことを前提とした形で作戦を組み直して、営業に時間とお金をぶっ込むことで、立ち直れるケースってありますから、ぜひ実行してもらいたいと思います。


 

<<前のページへ

2016年12月12日

年末倒産 中小企業 大手企業 事業者 儲からない 作戦

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

タナカキミアキ さんへ問い合わせ

問い合わせ