タナカキミアキ

経営

イケてるベンチャー企業の5つの取り組みとは?|会計の専門家が徹底解説

こんにちは! タナカキミアキです。 「本読む馬鹿が、私は好きよ」 というキャッチコピーがありますが、みなさんはご存じでしょうか? イケてるベンチャー企業の社長は、ロールプレイングゲームのドラゴンクエストのように仲間を集め...
経営

稼げない経営者が黒字経営するための3つのポイント

こんにちは! タナカキミアキです。 コロナの影響もありますが、事業者の方で、稼げていないこと、今後さらに稼げなくなるのではないかという不安で、少しうつ気味の方も出ています。 今回は、そのような事業者の方に向けて意識していただき...
経営

黒字企業と赤字企業の経営体質の違いと経営の基本

こんにちは! タナカキミアキです。 2020年も後半戦に入りました。 後半戦の予算組みをしている中で、コロナの回復が思ったように行かない状態で、売上を前年の3割減で計算すると、どうしても赤字決算になってしまうということがわかり...
経営

寝ててもお金が入ってくる企業の特徴とは?

「頭使えよ!貧乏人」で炎上した楽しんごさんのtwitter。この投稿には「寝ててもお金が入ってくるシステムを作っておかないと大変なことになる」というビジネスにおいて重要な一文が書かれていました。この「寝ててもお金が入ってくる仕組み」の重要性をキミアキ先生が詳しく解説しています。
企業分析

トヨタ自動車の財務諸表を身近なお店に例えて分析 | 大企業でも3ヵ月で倒産?

こんにちは! タナカキミアキです。 東京都が、自粛に協力してくれた事業者に一時金として50万円出しましょうと決定しました。 しかし、これまでも生活ギリギリの状態でやってきた個人の飲食店などは、今回50万円だけもらっても、支払い...
経営

【日本マクドナルド創業者】藤田田の名言から学ぶ経営理論

藤田田は日本マクドナルド、日本トイザらスの創始者です。藤田田さんの名言に「笑顔の店には金が宿る」というものがありますが、彼の経営理念とはどのようなものだったのでしょうか?あなたのビジネスに活かせる藤田田の名言と経営理念をご紹介します。
経営

「郵便ポストが赤いのも社長の責任」の名言を残した一倉定の経営理論

一倉定先生は、従業員や労働者ではなく経営者を相手に5000社以上の指導をしてきた人物です。一倉定先生の名言「郵便ポストが赤いのも社長の責任である」の意図が分かればリーダーとしてのあるべき姿がみえてくるでしょう。キミアキ先生が詳しく解説してくださいました。
マネー

結婚できない理由は収入!?未婚率が跳ね上がる年収を公開

結婚できない理由も様々あると思いますが、やはり大きく影響しているのは収入なのでしょうか?階級ごとの平均年収を調べてみると、ある階級(平均世帯年収)からぐっと未婚率が上がっていることがわかりました。
経営

2020年4月-派遣法改正で専門性の高い派遣社員の給料が高騰!?

少子高齢化が進み働き方もずいぶん変わってきている中で、派遣法改正により同一賃金同一労働の保証が保証されることになりました。派遣法改正により専門性の高い派遣社員は高い給料で働けるようになるのか?こちらの記事で詳しく解説しています。
経営

正社員になれない人の特徴とは?【中小企業の社長のホンネ】

2019年頃から特に中小企業で敬遠されるようになったタイプの人たちがいます。正社員として雇ってもらえない人たちの特徴とはいったいなんでしょうか?中小企業の社長たちの本音の部分をお伝えします。
企業分析

【Activ8】2019年8月期の決算は6億7500万円の最終赤字

キズナアイのYouTube広告収入はいくら?バーチャルタレントを運営しているActiv8が2019年8月期、6億7500万円の最終赤字となりました。この記事では会計の視点からじっくり解説しています。
マインド

福沢諭吉の哲学から学ぶ【あなたの人生を豊かにする秘訣】

現在行われている45歳リストラは、世の中にとって本当に良いものなのでしょうか?また、あなたはそれに対してどのように考えているでしょうか?福沢諭吉や福澤桃介の哲学から考えを深め、あなたの人生観を見直してみましょう。
ビジネス

勉強しない大人の末路【悲惨な人生がまっています】

中小企業では正社員が勉強しないという問題があり大企業と比べ社員の質が低いと言われています。しかし世の中が厳しくなり、今では中小企業でも半学半教を取り入れている企業が増えてきました。今の世の中、勉強しない大人はどんどん貧乏になっていくことを理解し自学自習に取り組まなければ悲惨な人生がまっています。
ビジネス

「自称投資家」による投資詐欺に注意!【食えない人の流行りの肩書き】

平均年収は186万円といわれるアンダークラスの人達の間で「投資家」の肩書が流行っています。自称投資家による詐欺被害は後を絶ちません。なぜ自称投資家などの「自称○○」を名乗るのか?現在の社会情勢をもとにキミアキ先生が解説してくださいました。
起業

未経験分野での起業も問題なし!万年黒字の経営者から学ぶビジネスの本質

2019年は早期退職元年といれ起業ブームも起きました。起業するうえで大切なのは生存率の高いBtoB(対法人)を選ぶことと取引先を質で選ぶことです。間違っても合い見積もりで安い方を選ぶようなことはやめましょう。このビジネスの本質に沿っていれば未経験分野・未経験業界での起業であっても問題ありません。
ビジネス

【2020年版】絶対に儲かるビジネスはこれだ!

絶対に儲かる商売とは仕入れ・在庫なしの手数料商売です。商売を始めるときに考えないといけないのは粗利率と粗利額ですが、2019年は情報所得が一番割りがよく経費率はおよそ30%前後で、不動産賃貸をやっている人たちが今ネットに流れ込んできている状況です。2020年にビジネスを始めるなら情報所得はいかがでしょうか。
経営

世界同時株安の前に廃業すべき?【時給1000円払えない企業がとるべき手段とは】

最低自給1000円を払うことができない企業は、世界同時株安がくる前に廃業するか縮小再生産を考えたほうがよいというテーマで解説しています。世界同時株安により銀行の引き締めがおこると担保能力がない中小企業は金融機関の回収にあいます。現状できついと感じている企業は廃業や商売替えも検討しなければなりません。
ビジネス

YouTubeの収入を報告!やっぱり稼ぐなら実業か?

この記事では2019年の実際のYouTubeの収入報告を元に事業の組み立て方について解説しています。個人事業であればYouTubeでやっていけますが、組織でお金を稼ぐとなるとインターネット上の学校をする必要があります。どれだけの粗利が出せるかで、情報業としてYouTubeでやってくか、実業をやるべきかを検討するのがよいでしょう。
ビジネス

2020年はますます安月給に!?小売サービス業”300万円”時代の到来

従業員の年収をあげたくても、その後下げることができず昇給をどうするかという相談事が多くなっています。この記事では、TKCが出しているBASTという経営指標と、プレジデントOnlineや東洋経済が出している上場企業の年収の低い方を基準に上場企業の年収について深掘りています。さらに、そこから働き方改革と年収の関係性についても解説しています。
ビジネス

2019年は空前のリストラ時代!?【最低賃金で雇われる時代に突入】

2019年は景気もよく決算発表もよかったのですが、最高益を更新している会社でさえ早期退職を募るなど、リーマンショック以来の中年の首切りが始まった年でした。会社は組織を守っていくために縮小再生産として、フリーランスへの促しやリストラのほか、時給を下げ労働時間を短縮する構図になってきています。