タナカキミアキ

スポンサーリンク
起業

残念な人多すぎと思ったら★ただの人口分布だよね

どうもこんにちは。あおば会計の田中です。 2ちゃんねる創始者の「ひろゆき」さんは結構(笑)口が悪いので、「1万人に1人、残念な人がネット上には数千人いる」ということを言っています。 これは人口分布の数式の話に過ぎないのですが、今...
経営

会社潰しても復活できる★破産するな逃げるな

どうもこんにちは。あおば会計の田中です。 今回は、「事業に失敗したらどうやれば復活できるか」というテーマなのですが、「お金を返せば復活できる」これだけ頭に置いておけば大丈夫です。 要するに、お金を返し続けていけば殺されることはな...
ビジネス

空気が読める人は収入が低い★協調性のワナ?

どうも、皆さんこんにちは。あおば会計コンサルティング田中です。今回は、「空気が読める人は収入が低い」という少し残酷な研究結果が出ましたので、この問題について解説します。私自身も周囲を見るとそう感じるのですが、「空気を読みまくっていた人」は出...
スポンサーリンク
起業

早期退職と社長になれる詐欺 500万円でまともな会社は買えるか?

早期希望退職の圧力が45歳以上のサラリーマンにかかる 富士通で5000人規模の早期希望退職 読者の皆さんは、キャリコネ編集部の「希望退職の募集では氷河期世代でビジネス経験が薄い45歳以上が分かれ道」という記事をお読みになられまし...
資産運用

資本家の持つ「複利」は強すぎ 持たざる者はCFから始めよ

トマ・ピケティの名著「21世紀の資本」は相続と福利が生み出した富の不均衡について、問題提示する内容となっています。本にあるように、お金持ちは相続と福利を駆使してお金持ちになった人々です。では、持たざる者はどのようにして、彼らと同じような富の...
ビジネス

職業選択の自由 自ら奴隷職を選んで不満を言うのは不合理

こんにちは。あおば会計コンサルティングの田中です。 自分たちは資本家に搾取されている。自分たちは奴隷ではないか、と思い込んで生きている人たちが世の中にはたくさんいます。そういう人たちに対して、実は事業者側はあなたを奴隷とは思っていない...
経営

城持ち狙える乱世の現代 真田昌幸のように旧勢力側の立場に付くな

こんにちは青葉会計コンサルティングの田中です。 今回は「城持ち狙える乱世 真田昌幸のように間違うな」というテーマで、時代の潮流を見極めて、どんな立場で自らのポジションを築くべきか?について解説します。 今の時代も戦国時代同様、戦...
経営

下請け会社を脱却したかったら「ライン&スタッフ組織」を作ろう

こんにちは。あおば会計コンサルティングの田中です。 今回は『ライン・スタッフ理論』についてご説明しながら、強い会社の経営者がどんなことをしているかについて話してみたいと思います。 『ライン組織』と『ライン&スタッフ組織』はどちら...
経営

どうすれば所帯持ち社員に年俸600万支払える?!3つのポイント

所帯持ち社員には給料をいくら払えばよいのか? こんにちは。あおば会計コンサルティングの田中です。 今回は、『事業者の悩み』である「一体給料をいくら払えばいいか」ということについて解説します。 中小企業の場合は中途採用が非常...
起業

〇〇は稼げますか?はナンセンス 皆で稼いで皆で分けるチームを最初に作れ

『○○は稼げますか?』という発想はやめる 〇〇は稼げますか?はナンセンス 起業しようとされている方から、よく『○○は稼げますか?』という質問をよく受けることがあります。 そう言う方は、TKCの経営指標であるBAST(バスト...
資金調達

フリーランスで賃貸は借りれない?預金残高すら関係なし。

フリーランスの信用は低い? どうもこんにちは。あおば会計コンサルティングの田中でございます。 フリーランスは一見かっこよく見えますが、今の世の中のルールでは信用という面では本当にかなり下にしか評価されません。 これは今に始...
経営

商売を選べる自由★9割の人は選択肢を狭めている現実

中小企業の経営指標「BAST(バスト)」とは 私共あおば会計税理士法人は、『TKC』という会計士集団に加入しております。 『TKC』の加盟事務所が出しているデータの中に、中小企業の経営指標が簡単に無料で見ることが出来るBAST(...
経済

他人が作ったルールを真面目に守っている人は損をする~自分達のルールを作れ

 私達は皆、社会で生きている以上、誰かが作ったルールを守って生きています。しかし、疑いもせず真面目にルールを守り続けようとすると、誰かに搾取される羽目を迎えてしまいます。そうならないためには、自ら学んで知識を得たうえで、小さくても自らがコントロールできるルールを作る側に回る必要があります。
経営

なぜ最低賃金しか払ってくれない経営者の下でこき使われるの?

経営者の多くは「結果として」人をこき使っています。なぜならば、粗利益に対する労働分配率を知らないまま、国の決めた最低賃金をベースにして、考え無しに従業員たちの給料を決めてしまっているからです。しかし、これでは会社は更に儲からなくなります。なんとなく人の価値を決めている会社に、圧倒的な付加価値を作ることなどできないからです。「バカは騙されて最低賃金で人にコキ使われるの構図」が悲劇を生みます。
起業

2019年儲かるのは「新・億り人」向けビジネス~鍵は資産所得

 動画や記事による資産所得を得るようになった新・億り人たち。自らの資産価値を上昇させ、資産の価値を守るため、彼らは経営を始めました。つまり、そこには仕事が生まれます。どのようなサービスを提供すれば、彼らは喜んでお金を支払うのか?キミアキ先生の解説です。
マーケティング

「何かを売る今すぐに」60年経っても衰えぬダイレクトマーケティングの威力

ダイレクトマーケティングは約60年前にレスター・ワンダーマンが発案し、後にダン・S・ケネディによって多くの人が実践的に使うようになったマーケティング手法です。ダイレクトマーケティングは成果をあげるうえで、現代も極めて有効であり、まだ学んだことが無い方がいるなら、その内容を勉強することに損はありません。
経済

自分の子供に学歴は関係ないって本当に言える?採用の現実

自分のことなら「学歴なんて関係ないよね」とは簡単に言えます。でも、自分の子供のことになるとどうでしょうか?簡単に「学歴なんて関係ない」と言い切ってしまえるでしょうか?採用の現実を見ると、子供に手をかけてあげて、そこそこの学校出してあげることも重要なのでは?キミアキ先生の解説です。
経営

お客様はすぐに飽きる 話題の商品でイベントを開催し常に集客しよう

飲食店ビジネスでは、変わらぬ味・雰囲気を大事にする人が多いですが、一方で味や雰囲気以外のところで勝負し、集客を実現する事も可能です。そのやり方の一つが、SNSでバズったような商品を仕入れて、イベントを開催するというものです。お客様はすぐに飽きるため、店舗ビジネスを運営する際は、お店を絶えず変え続ける必要があります。
時事

年収890万円以下は社会のお荷物は本当か?騙され搾取される労働者

「年収890万円〜920万円ないと社会のお荷物説」が、今でしょ!の林修先生の番組をきっかけに物議を醸しています。現代の公租公課の仕組みについて考えながら、本当に年収の低い人が社会のお荷物なのか?キミアキ先生が解説してくださいます。
起業

お客様が知りたいこと・聞きたいことを教える先生になると商売は上手く行く

 商売を始める時に「お客様が知りたいことを教えてくれる先生」になると、そのあとの営業がとても楽になります。たとえキャリア未経験の分野であったとしても、客層を自分達と近い世代に寄せて、同じ世代のメンバーと会社を運営し、お客様へ役に立つ情報を提供できるようになれば、お客様から指名買いをもらうのはさほど難しいことではありません。
スポンサーリンク