フリーランスの個人事業主が帳簿なんてつける必要無い3つの理由

1人フリーランサーならば帳簿記帳は止めよう

 フリーランスや自営業の方で、本業が忙しいのに性分なのか、マメに帳簿を付けている方を時々お見かけします。

 しかし、あなたがもしも従業員がおらず、1人でビジネスを行っているフリーランサーであるならば、普段から帳簿記帳をする必要はありません。

 その理由を本日はご紹介します。

1人フリーランサーが帳簿を付けるべきでない3つの理由

1)通帳を見れば資金繰りが概ね把握できる

 法人の場合、複数の銀行口座を開設しているケースが多く、各通帳の残高及び動きを記帳して、可視化することに大きな意義があります。

 また、従業員や取引先も多数にのぼるため、収入や経費の分析が必要不可欠です。

 一方でフリーランサーの場合は、ビジネス自体がシンプルなはずです。記帳さえしておけば概ねの目的は達成されます。

 インターネットバンキングを利用すれば記帳も不要ですが、この場合は、合計記帳になってしまわないように注意すれば良いだけの話です。

2)領収書はまとめて入力したほうが効率がよい

 昨今では、クラウド会計の普及により、銀行口座やクレジットカードの情報を同期できるようになりました。

 しかし、現金払いの領収書は手入力が必要となります※。

 例えば、月に飲食代の領収書2枚、タクシーの領収書10枚が定期的に発生するとします。

 これを月1回で入力するよりも、飲食代(店ごとに分けられればより良い)、タクシーの領収書に区分して保管し、3か月程度に1回まとめて記帳してみましょう。

 これ以上溜め込むと、逆に億劫になり、やらなくなる危険があるからです。

 多くの会計ソフトは、前に入力した仕訳をコピーできる機能がありますので、効率が格段に向上します。

 ※スマホやスキャナーでOCR認識させる方法もありますが、手入力に比べてスピードが遅く、現状ではまだ使い物にならないというのが筆者の個人的意見です。今後改善されていくでしょう。

3.面倒なら外注も視野に

 雑務を含め、全てを自分がこなさなければいけないのがフリーランサーの辛いところです。

 もし、あなたが業務に追われており、金銭的に余裕があるのであれば、記帳及び申告書の作成を外注するのも1つの手段でしょう。

 自分の人件費を時給換算して考えてみれば、そのコストが割安な理由は、賢明な方ならばすぐに見えてくるはずです。

帳簿記帳の時間を削って他にやることべきことがある

 帳簿記帳の時間を削ったとしても、あなたにはやるべきことがあるはずです。

 それは、空いた時間を活用して、業務のパフォーマンスを上げ、クライアントの満足度や売上を向上させることです。

 起業したてで、時間があるのであればご自身で作業するのも良いのでしょうが、数年立って商売が成り立ち始めている方は、帳簿記帳は自分でやらず、もっと効率的な方法を選択するよう意識してください。

コスト削減
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カナリ総合会計事務所

カナリ総合会計事務所
代表税理士 金成 茂樹(かなり しげき)

「経営者が本業に100%専念できる環境づくり」が経営理念。
理念実現のために、近年はクラウド会計の普及による「会計の自動化」に尽力している。

毎月面談を強要する旧来型の税理士の在り方に疑問を感じており、これを廃止。
ITを駆使することにより「必要時に必要なアドバイス」を提供。経営の合理化に努めている。

2005年 大原簿記学校 入社 消費税法講師担当
2008年 KPMG税理士法人 入社
2010年 荒井税理士事務所 入所
2013年 税理士登録(登録番号:124636)
2014年 カナリ総合会計事務所 開業

カナリ総合会計事務所をフォローする
節約社長