ビジネス

以下のカテゴリーもご参照ください。

スポンサーリンク
マーケティング

貴方のビジネスにリピート構造を生み出す単純かつ簡単な方法

栓をしてない風呂桶にお湯を幾ら注いだところで、風呂にはいつまで経っても入ることができません。同じように、リピート構造の無いビジネスで幾ら新規集客をやったところで、会社はちっとも儲かりません。そこで本稿では、ビジネスにリピート構造を生み出す単純かつ簡単な方法をご紹介します。
マーケティング

鍵屋を再生させた話~人を動かすアプローチは「予防系」より「悩み解決系」

人はいざ自分事の問題が起きないとなかなか行動を起こさない習性を持っています。貴方が今販売している商品が、たとえ消費者にとって役立つものであったとしても、自分事として必要なものだと思ってもらえなければ買ってもらえません。ある鍵屋さんの再生も、身近な問題を自分事とする「悩み解決系」メッセージへの転向によって起こりました。
経営

「2019年計画」の落とし穴 あなたの計画は単なる夢や願望になっていませんか?

あなたが自社のために立てた計画はどのようなものですか?「年商5,000万を達成したいと思います」「売上倍増を狙っています。」「海外進出です。」もし、このような計画を立てたのなら、おそらく、これらは夢や願望として叶えられないまま未達で終わるかもしれません。では、どうすれば成果につながる計画を立てることができるのでしょうか?
スポンサーリンク
経営

変わるきっかけはなんだってOK。人が変われるのは〇〇が変わった時だけ

自分の人生を変えようと多くの人が考えますが、その願いのほとんどは叶えられません。変わるきっかけやタイミングは挫折・失敗・逆境時に生じますが、このタイミングで変化を起こすならば、自らの環境を思い切って変え、他の人のために何をすれば役立つのか?を実地ベースで行動に起こす必要があるからです。
効率化

他人のの価値観やゴールを変える?どうやって?

相手の価値観やゴールが自分のそれと合わずに、ぎくしゃくしたり、腹が立ってどうしようもない気持ちになったことはありませんか?こんな時に相手を責め立てたり、相手のゴールや目標を強引に変えようとしても、かえって状態は悪化するだけです。それでも相手を変えたいと思うならどうしたら良いのでしょうか?
経営

あなたのビジネスを強くしたいなら「弱点を示す数字」をレコードし続けよ

人は自分に関係のある数字を記録(レコード)し続けると、その数字を改善しようとして行動を始めます。ビジネスにおいてもレコードのもたらす効果は大きくプラスに作用しますが、レコードすべき数字は「貴方のビジネスにおける弱点」を示す数字です。その数字を改善するために、数字で表せる目標を立て、継続して行動することが、ビジネスを大きく飛躍させます。
経営

「彼氏と夫は別」良い従業員と採用で巡り会い一緒になるには…

恋愛する男性と結婚する男性は別。女性の恋愛結婚観を聞くと、時に冷酷にすら感じる現実的な視点を垣間見る時があります。しかし、長期的に一緒に人生を託す相手を選ぶ際、この考え方は真っ当で合理的なものですよね。実は、会社が従業員を選ぶ際も、従業員は会社に対して女性目線で「自分の結婚相手」として、その会社が相応しいかを見ています。経営者はその現実から目を逸らしてはなりません。
マーケティング

競合を利用してあなたのマーケティングを強くする4つの視点

ビジネスを続ける限り競合との競争から逃れることはできません。日本に限って言えば、人口もそうそう増えないわけですから、私達はこれから、限られたパイを取る熾烈な戦いに巻き込まれます。そこで私達に求められるのが、競合との優位性を把握し、強みを発揮することです。そのためには4つの視点で自社の現状を客観的に把握することです。
経営

世帯所得2千万円を目指すなら仕事・家事それぞれ夫婦で分散しよう

家業で世帯所得2,000万円を達成するのは意外と難しく、多くの場合、嫁が仕事でただ働きをして、家事も全て任せられるという状況の元、それほど収入も少なく、夫婦仲が険悪という状況が見受けられます。このような状況を避けるには、お互いが独立した仕事と収入源を持ち、家事も分担させる必要があります。幾ら夫婦だからといっても、安く働かせるのはご法度。ということです。
経営

ゴールやノルマを設定しても従業員が全然達成しない企業に共通すること

会社を成長させるために、従業員にゴールやノルマを設定したにもかかわらず、全くこれが達成されないということはありませんか?ゴールやノルマを設定しても従業員が全然達成しない企業には、一つの共通点があります。それはゴールやノルマの設定方法が根本的に間違っているということです。継続的に企業を成長させるため、私達はどうやってゴールやノルマを設定すれば良いのでしょうか?
経営

時給10倍差は勉強と努力だけの差~最大100倍差を付けるにはどうしたら良い?

教育会の「さだまさし」こと藤原和博先生が唱える”時給100倍の差”。日本でも歴然と時給800円で働く人と時給8万円で働く人の差が生まれています。なぜ、同じ時間を労働に費やしていながら、これほど報酬に差が出てしまうのか?どうしたら今の時給を100倍に押し上げることができるのか?キミアキ先生の解説です。
マーケティング

ビジネスは恋愛と同じ~あなたは商品に恋をし過ぎていませんか?

クリスマスに恋人へプレゼントをあげる際、あなたは彼女にどんなプレゼントを渡しますか?彼女が嫌煙家なのに、良い商品だからと高級ジッポをプレゼントすることはまさかありませんよね?ところが、ビジネスとなると、こういうことが日常茶飯事に起きています。なぜなら、売り手が商品に恋をしすぎているからです。
マーケティング

【小規模ビジネス向け】自分を売るならSNS集客だけでは今後生き残れない

小規模事業者、特に自分を売っている人の多くは、FacebookやInstagramなどのSNSを活用しています。ただし、これらのSNS頼みの情報発信や集客は今後行き詰まる可能性が非常に高いです。各SNSで利用者の広告離れが進んでおり、ルールもプラットフォームに変えられる可能性が高いからです。そこでお勧めしたいのが、自分でオウンドメディアを運営することです。
マーケティング

成功している人が、遊ぶ時にとことんお金を使って遊び倒す理由

成功している人ほど、仕事をするときは徹底的に仕事に集中する一方、遊ぶ時にはとことんお金を使って遊び倒しますよね。なぜ、遊びにまでそれほど成功者はお金を使うのでしょうか?自らの体験も踏まえ島倉さんがその理由を教えてくれます。
マーケティング

通販番組に欠かせぬ「3種の神器」から学ぶ「売れる広告」の作り方

テレビの通販番組はオンエアが終わってから一時間もすれば、すぐに結果が出てしまうビジネスです。如何に短いオンエアの時間内でお客様を動かせるかが鍵であり、これを成功させるには、お客様を動かすための効果的な番組作りが求められます。そのため、番組制作チームは、お客様を動かすために欠かせない「3種の神器」を意識しているのです。
経営

正しい危機感は貴方のビジネスにチャンスと困難を突破する力を与える

「危機感」という言葉にネガティブなイメージを持つ人は少なくないはずです。しかし、「正しい危機感」には大きな価値があります。なぜなら、正しい危機感はチャンスを生み、困難を突破する力を私達に与えてくれるからです。あなたは正しい危機感を持っていますか?根拠なき楽観主義者になっていないでしょうか?危機感を持つことで人生を飛躍的に高める方法をお伝えします。
マーケティング

ドミノピザに学ぶ「ポジショニング」は魅力的じゃないと意味が無い

ビジネスの最初の一歩で決まってしまうもの、それはポジショニングです。ポジショニングとは売りやすいように商品を位置づける事ですが、どのようにすれば魅力的なポジショニングを作れるのでしょうか?ドミノピザの例で考えてみましょう。
労務

2019年4月から有給5日取得が義務化!違反企業には罰金あり!

2019年4月から有給を取得できる社員やパートアルバイトの人に対して、有給5日取得を会社に義務付ける制度が、発足します。この制度は会社の義務であるため、一定の勤怠管理など手間が生じます。また、有給を5日間で消化しきっていない社員が労基署のチェックにより判明した場合には、会社へ罰金の支払いが求められます。
マーケティング

環境の変化に対応し成功する人と時代に取り残される人の決定的な違い

ドッグイヤー、マウスイヤーという言葉が陳腐化するほど環境の変化が激しい今の時代。しかし、商品やサービスを購入するのは結局人であるため、マーケティングの大原則は普遍的に活用していきたいものです。本日ご紹介する原則は、変化に環境の変化に対応し成功する人と時代に取り残される人の決定的な違いを生み出す原則です。
マーケティング

自分の人生を「幸せ」と感じられるか否かは「選択肢」の多さで決まる

100億円あげるから80歳になってもらえない?20歳になったばかりの若者にとって、このお願いは聞き入れにくいものでしょう。なぜなら時間はお金よりも遥かに価値を持つものだからです。幸せを感じるには、お金以上に、自分がやりたいことを選べることのほうが大事なのです。
スポンサーリンク