ビジネス

以下のカテゴリーもご参照ください。

スポンサーリンク
福利厚生

個人事業主はどこまで福利厚生費を経費にできるか?

この記事は個人事業主の方を対象に、福利厚生費の基本知識、福利厚生費を個人事業主が使うための要件、個人事業主が福利厚生費を使って利用できるサービスをご紹介します。 福利厚生費とは? 福利厚生費とは 従業員の労働意欲と生活の質...
経営

儲かっている経営者の時間の使い方とは?5つのチェックリスト

「安定的にビジネスの成長を続ける」には こんにちは、ブリッジワークの高橋です。 世の中には『3種類のビジネス』が存在します。 安定して成長を続けるビジネス 安定して停滞を続けるビジネス 売れたり売れなかったりで不安...
経営

商売を選べる自由★9割の人は選択肢を狭めている現実

中小企業の経営指標「BAST(バスト)」とは 私共あおば会計税理士法人は、『TKC』という会計士集団に加入しております。 『TKC』の加盟事務所が出しているデータの中に、中小企業の経営指標が簡単に無料で見ることが出来るBAST(...
スポンサーリンク
経営

売上・成果につながる『選択』と『集中』の具体的な実践方法

小さなビジネスは常に『選択』と『集中』を求められる こんにちは、ブリッジワークの高橋です。 僕達のような小さなビジネスには、仕事の仕方で外せない大切なポイントがあります。 それは『選択』と『集中』です。 なぜなら、小さな...
営業

ゴネ得社会に染まるな 真のビジネスマンはクレーマーにならずとも利益を得る

 「日本のホスピタリティは素晴らしい」と言われる一方、過剰サービスがクレーマーを生み出す温床となっているケースがしばしば見受けられます。「質の高いサービスを受けたいならお金を払うこと」これがグローバルスタンダードであり、サービスを受ける側に立った時こそ、私達は高い人間性を求められます。
経営

建設的な愚痴を見極められる上司は、部下の愚痴をチャンスに変える

 自分の立場を有利にするための愚痴、保身であり政治的な愚痴は、不健康な愚痴として聞き入れる必要はありません。上手に流せばよいだけです。一方で、問題を克服し、課題を解決したいという思いが根底にある愚痴は、聞く人間の対応(能力)いかんで大きなチャンスを生む場合があります。どのように愚痴をチャンスに変えればよいのでしょうか?コーチングのプロフェッショナルが解説いたします。
マーケティング

「顧客ニーズを聞くべきでない」は正しい判断か?

 馴染みのお客様からの要望はつい「聞きいれたほうが良い」と思いがちなものです。ただし、安易に顧客からの要望を聞き入れると、自分達のポリシーや強みを損なう恐れがあります。このような場面で、オン・ビジネス(on business)とイン・ビジネス(in business)の概念を上手に使い分けられると、顧客と自社双方の満足を高めることが可能になります。
IT

「SEO対策に取り組んでいますが全く成果が出ていません」の場合

 インターネットで何かを売るためSEO対策に取り組んでいる人はとても多くいます。ただ、商品やサービスを早く売らなければならないのに、SEO対策のみに頼るのは愚の骨頂です。成果を早くあげるためには広告の出稿によるリーチと実験の検証、ブラッシュアップが欠かせません。
マーケティング

【今更だけど】顧客生涯価値を伸ばしたほうが良いのはなぜか?

LTV 顧客生涯価値とは? マーケティングでも最も重要な数字の一つ「顧客生涯価値」  『マーケティングとは数学と心理学である』  こういったのはダン・ケネディなんですけれども、数字のからくりを知る事でマーケティングはもっともっと楽...
営業

ノルマやKPI達成まであと一息、ラストスパートでやる気を出す方法

 あと一息で営業ノルマを達成する、KPIで見ていた数値目標がもうちょっとで改善できる。こんな状態の時に突然ばててしまったり、諦めてしまったことはありませんか?本稿では、このようなラストスパートの場面で最大限に私達のパフォーマンスを上げることが可能な、簡単な裏技をご紹介します。簡単すぎるのですが威力は抜群です。
経営

なぜ最低賃金しか払ってくれない経営者の下でこき使われるの?

経営者の多くは「結果として」人をこき使っています。なぜならば、粗利益に対する労働分配率を知らないまま、国の決めた最低賃金をベースにして、考え無しに従業員たちの給料を決めてしまっているからです。しかし、これでは会社は更に儲からなくなります。なんとなく人の価値を決めている会社に、圧倒的な付加価値を作ることなどできないからです。「バカは騙されて最低賃金で人にコキ使われるの構図」が悲劇を生みます。
効率化

生産性が高く時間を有意義に使える人は「スイッチングコスト」をかけない

私達に与えられた1日の時間は皆同じ24時間。働く時間はなるべく生産性を高めて、質の高い仕事を成し遂げたいところです。ところが、ここで私達に立ちはだかるのが「スイッチングコスト」という大敵です。どのような仕事の仕方をしている時にスイッチングコストが発生するのか?スイッチングコストを無くす方法とは?
マーケティング

「何かを売る今すぐに」60年経っても衰えぬダイレクトマーケティングの威力

ダイレクトマーケティングは約60年前にレスター・ワンダーマンが発案し、後にダン・S・ケネディによって多くの人が実践的に使うようになったマーケティング手法です。ダイレクトマーケティングは成果をあげるうえで、現代も極めて有効であり、まだ学んだことが無い方がいるなら、その内容を勉強することに損はありません。
経営

「失敗の法則」から学べ 企業が倒産する10の要因

企業が成功する要因は多種多様ですが、企業が倒産する要因はだいたい似通っています。日経BP社から出ている『なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則』を参照しながら、様々な企業をクライアントとして抱え、その隆盛と衰退を見てきた南本さんが企業が倒産する10の要因を紹介してくださいます。
経営

部下のすべてが成長することなど無い 中小零細に最適な人材教育戦略は?

中小零細企業の経営者が陥りがちな罠の一つに、やっと入ってくれた社員全員に対して期待をかけてしまう、というものがあります。しかし、入ってきた社員のうち本当に優秀な人間は10人いたら2人が良いところです。全員を教育しようとすれば不効率になり、学んだところで実践に移してくれる人も少なかったりします。あまり夢も希望も無いように思えますが、この状況で中小零細企業の経営者はどう人材育成を進めれば良いのでしょうか?
経営

生き残るビジネスに共通する3つの特徴 消えゆくビジネスとの違い

生き残るビジネスを展開する人には3つの共通点があります。①常に課題が明確であり②数字を常に観察し③とにかく早く動く、この3つの共通点があなたにも見られるなら、きっとビジネスの世界で生き残ることができるでしょう。
経営

お客様はすぐに飽きる 話題の商品でイベントを開催し常に集客しよう

飲食店ビジネスでは、変わらぬ味・雰囲気を大事にする人が多いですが、一方で味や雰囲気以外のところで勝負し、集客を実現する事も可能です。そのやり方の一つが、SNSでバズったような商品を仕入れて、イベントを開催するというものです。お客様はすぐに飽きるため、店舗ビジネスを運営する際は、お店を絶えず変え続ける必要があります。
経営

合理的な説得VSインスピレーションへの訴求 部下が動くのはどっち?

経営者やマネージャーの悩みの一つに、「自分達の部下を動かすにはどうすればいいんだろう?」というものがあります。多くの上司は合理的な説得によって人を動かそうとしますが、実際にその効果はいかほどあるのでしょうか?アメリカの論文データをもとに考えてみましょう。
経営

なぜ中小企業は10人前後の人員規模で踊り場を迎えるのか?3つの理由

中小企業にはなぜか10人前後で踊り場がやってきます。その時の経営者の対応がその後の成長・停滞の分かれ目となるため、経営者は踊り場がやってくる理由と、この時にやっておくべきことを知っておく必要があります。
企業分析

吉野家 業績悪化の根本的な理由は人件費の高騰と違う要因にあり

吉野家の業績が9年ぶりに営業赤字となったことが話題となっています。吉野家の業績不振について多くの報道では人件費高騰や人材不足を要因としてあげていますが、根本的には同社が主力商品の値上げに踏み切れていないことがあります。衣料品や住宅、車を取り扱う企業が相次ぐ値上げを発表する中、食品を扱う企業も値上げを真剣に検討する時期に入っています。
スポンサーリンク