タナカキミアキ

スポンサーリンク
時事

【カリスマビジネスのお手本】ジョーブログが大炎上で大繁盛なワケ

インフルエンサーが集まるバーを開業する資金を、クラウドファンディングで募っているジョーブログが大炎上しています。批判の趣旨は、「綿密な事業計画も無いプロジェクトに、ジョーブログは法外な金額で寄付を募っている。本来、事業を立ち上げる際の資金集めはもっと真っ当に行うべきだ。」というものです。しかし、カリスマビジネスにおいて、これは当たり前の話です。批判するよりも、どうやって同じようなことができるか考えたほうが、よほど発展的なのではないでしょうか?
経営

あなたの努力に設計図はありますか?正しい努力をしてやっと日本の8万番目

経営者の努力は正しい設計図に基づいて行われる必要があります。正しい設計図の無い努力の果てにあるのは、「頑張る」作戦のみであり、どんなに本人が「努力と考えている行動」も全て空回りに終わります。確固たる経営方針のもとに、具体的で測定可能な数値目標を持たぬ限り、努力していることにはなりません。そのような行動は「努力」という言葉を馬鹿にしてさえいるのです。
起業

地方が寂れるのは成功者を妬むから~出る杭打たれるくらいなら東京へおいで!

地方で成功すると、出る杭は打たれるがごとく、周りから強烈な妬みを受けることがあります。一方、東京を中心とした都市部は成功者自体が沢山存在するため、周囲からの妬みによって潰されることはそうそうありません。もし、地方で何かにチャレンジして、あなたを潰そうとする妬みに悩んでいるなら、さっさと東京に来るのが得策です。
スポンサーリンク
起業

社長になって夢を叶えた人は3つのステップを踏んで最終的に行動する

”認知科学者”の苫米地英人さんの『立ち読みしなさい!』という本は、自分の夢を叶えるために必要な3つの秘密を実践することを進めています。キミアキ先生も社長のコーチングを行うするうえで、この本の内容が、「成功者がやっていること、そのもの」と推薦されています。果たして、3つの秘密とはどのようなものなのでしょうか?
時事

五反田55億地面師事件 プロの積水ハウスが典型的な詐欺で騙されたワケ

数年前に、東京五反田で、積水ハウスが地面師グループに55億円を詐取された詐欺事件を皆さんは覚えていらっしゃいますでしょうか?なぜプロフェッショナルであるはずの積水ハウスが、単純な手口で地面師グループに騙されてしまったのか?自らも不動産事業を運営するキミアキ先生が解説してくださいました。
経営

こうして店は潰れた 105年の歴史を閉じた地域土着スーパー「やまと」

山梨県の峡北地区を中心に、全盛期の2008年には16店舗のスーパーマーケットを運営し、売上高64億円を売り上げていた「やまと」が2017年末に倒産しました。なぜ、これほどの短期間で「やまと」は潰れてしまったのか?店舗運営の大原則などを踏まえ、キミアキ先生が解説してくださいます。
効率化

なぜ毎日オフィスに行くの?なぜ会社に人がいないと不安なの?通勤疲れない?

毎日オフィスに行くのが当たり前。多くの人がそう思っていますが、実際のところ、オフィスに毎日行く必要なんてあるのでしょうか?冷静に考えてみると、オフィスに毎日社員と社長がいることは様々な弊害を生み出します。キミアキ先生の解説です。
節税

総収入5億(かも)が月収50万円?!はじめしゃちょーの話は本当か?

ユーチューブでチャンネル登録者数700万人を誇るはじめしゃちょーが、総収入5億とも想定される中で、自分の月収は50万円程度とナレーションしたことで、「本当かよ」という声が上がっています。実際のところ、こんなことは可能なのでしょうか?会計のプロ、キミアキ先生が解説してくれます。
資産運用

メディアで話題“あの製法”を騙る国産バナナ農場の出資案件には絶対乗るな

100年以上前に、アメリカでチャールズ・ポンジが考え出した詐欺手口「ポンジ・スキーム」をご存知ですか?日本でも、この手口を使った安◯楽牧場が巨額の負債を抱えて倒産したのは記憶に新しいですよね。ところで、最近マスメディアを賑わす「国産初の凍◯解凍製法で作ったバナナ」は皆さんもご存知かと思いますが、これを作っている農場への出資をつのるファンドがあります。おそらく、これもポンジ・スキーム。絶対に出資してはなりません。
経営

大塚家具の経営革新は周回遅れ~久美子社長が犯した最大の失敗とは?

支援者であるTKPから追加出資を断られたことにより、銀行との株持ち合い解消、赤字覚悟の在庫一掃セールなど、とにかく現金を作ることに追われている大塚家具。久美子社長の経営革新は客観的に見て周回遅れな状況が続いています。キミアキ先生が久美子社長の経営手法の大きな問題点を提示します。
経営

自営業者との結婚が嫌煙されやすいワケ 結婚したければ会社に経営を入れろ

自営業者との結婚はどうしても周囲から反対されやすいものです。確かに10年で生き残っているのは10社に1社くらい。相手の方にしても、その親御さんにしても、不安を感じるのは当たり前の話です。しかし、戦略を立て、計画し、これを実行して利益を出し続けている、つまり経営の入っている会社の生存率は、それほど低くありません。どうやったら会社に経営を入れられるのか?キミアキ先生の解説です。
起業

個人飲食店は料理がテキトーでも「維持」可能なコミュニティがあれば勝てる

商売はなんでもそうですが、顧客さえ先にいれば、何をやっても儲けることが可能です。しかし、それを知らないで多額のお金をかけて飲食店を初める人が沢山います。開業3年で廃業率は70%という調査結果も出ています。しかし、個人飲食店は料理がテキトーでも、「維持」可能なコミュニティがあれば勝てます。そのメカニズムをキミアキ先生が教えてくれます。
経営

雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

日本人のサラリーマンの殆どの人は、ビジネスに対する自己投資、つまりは勉強をしません。単純な作業ができるようになっただけなのに、仕事ができると思い込んでますが、勉強をしていないので、いつも難しいことから逃げます。一方、雇われない生き方を選んだ人達は、ピンチの場面を経て、生き残るために勉強し、ロックな生き方を楽しめるようになっていきます。
経営

MBA学長が「バスケチーム」を率いてみた結果〜茨城ロボッツの奇跡が起きたワケ

今日のテーマは、”MBA学長が「バスケチーム」を率いてみた結果”。グロービスキャピタルパートナーズの代表にして、グロービス経営大学院大学学長の堀義人さんが、故郷である茨城県のプロバスケットボールチーム「茨城ロボッツ」をたった2年でどう立て直したのか?その成功を支えた”イノベーションを生み続ける5つの原則”について、同社に勤務したこともあるキミアキ先生が解説してくれます。
効率化

スルガ不正融資で本当に悪いヤツらの正体は三為業者!彼らが次に売りつけるモノ

スルガ銀行の「スルガスキーム」が崩壊して約9ヶ月が過ぎようとしています。実は、今回の問題であまり取り沙汰されることなく、一番儲けていながら罰を受けていない人間達がいます。それは不動産の「三為業者」です。彼らは未だにのうのうと営業を続けており、次に売り始めるものは、おそらく1Rマンションのはずです。この話には絶対に乗らないようにしてください。キミアキ先生の解説です。
経営

経営なんて習わなくてOK!大谷翔平方式・マンダラチャートで経営はできる

名将と言われる社長も過去には全く経営の方法など知りませんでした。彼らはチャレンジの結果として大きな借金を背負ったり、下請け生活で味わった苦い経験から、目標設定の大切さを知り、それをクリアすることで、どんどん「名将」と呼ばれる社長になっていきました。そこで本稿は、目標設定の優れた手法の一つとして、「マンダラチャート」を紹介します。
時事

ニート、引きこもり、ずっと無職な貴方へ キミアキ流・社会復帰メソッド

何らかの理由により働かないことを選択した「ニート」と呼ばれる人たち。家族は彼らをなんとか社会復帰させようとしますが、一度社会を離れた人間が普通に職場復帰するのは至難の業です。彼らの特性を踏まえると、真正面から就労にチャレンジするより、イレギュラーで、一人でもやれる仕事から仕事復帰したほうがかえって社会性を取り戻しやすいかもしれません。無職歴5回、会社を2回潰したキミアキ先生の解説です。
経営

会社を潰してもカムバックする人の特徴「破産しないで逃げずに返す」

事業を始めても10中8、9は失敗します。そして、残るのは債権者に支払わねばならぬ借金だけとなります。この時、多くの失敗した経営者は破産の道を選ぶか、会社を清算して債権者から逃げたり、隠れたりする道を選びます。しかし、その多くは居場所を突き止められ、更に失敗を根拠に突き上げられます。一方、カムバックできる人はその逆の道を選び、そのチャンスが来た時、全力で考え行動を始めます。
経営

8時間拘束で社員を監視するのはコストの無駄〜早く帰ってもらった方が知恵が出る

9時〜18時労働、8時間拘束。お上にバレなきゃサビ残上等。社内には何個かのシマがあって、それぞれのシマのお誕生日席には課長が座り、周りには4人の監視された社員の机がある。近代日本のサラリーマン社会でよく見かける風景です。実際、これってどうよ?と思いませんか?人を監視するより、思いっきり業績を上げる方法があるんじゃないでしょうか?キミアキ先生の解説です。
マーケティング

居酒屋ガツンの寺本さんに学ぶ人を選ぶコミュニティーが流行る未来

東京足立区の五反野に新しく出来た「居酒屋ガツン」。そのサービスを少しだけご紹介すると、驚きその1「ドリンク持ち込みOK。」、驚きその2「ドリンクのおすそ分けが可能。」驚きその3「いつでも生ビールが180円などなど。」利益は薄いかもしれませんが、この店舗が目指しているのは、都市型社会に求められるプライベートなコミュニティ作りです。同じような形態の店舗はこれから増えていくことでしょう。
スポンサーリンク