南本 静志

集客

ブルーオーシャン戦略とは?4社の成功事例と実施方法

この記事ではシルク・ドゥ・ソレイユをはじめブルーオーシャン戦略を取り入れて成功した企業の事例や、中小企業の取り組み方について南本先生が詳しくしてくださっています。
ストックビジネス

【中小企業向け】サブスクリプションの導入事例と注意点

サブスクリプションという言葉を巷でよく聞くようになりました。この記事ではサブスクリプションとは?といった概要から、企業の導入事例や中小企業がサブスクリプションを導入する際の注意点について南本先生が解説してくださっています。
経営

中小企業が売上減少時に対策すべき3つのポイント

コロナウイルスで飲食業や旅館業などインバウンド関連業界はじめ、風評被害も含めて売上が上がらない状態です。この記事では、中小企業がV字回復するための対策として、資金繰り対策・内部体制の強化・ビジネスモデルの転換の3つのポイントについて詳しく解説しています。
ビジネス

【中小企業向け】会社の課題を解決するコミュニケーション術

中小企業はコミュニケーションをうまくとっていけば効率的に課題を解決し業績を上げることができるようになります。この記事では中小企業でよくある間違ったコミュニケーションの取り方と、課題解決のコミュニケーション術について解説しています。
ビジネス

中小企業がRPAを導入する7つメリット【時間削減+6つの効果】

この記事では中小企業も導入すべきRPAのメリットについて解説しています。RPAはたんに時間短縮だけではなく、企業の体質を大きく変える6つのメリットがあります。今後RPAの導入は必須ですので今のうちにRPAに関する知識をつけておきましょう!
助成金

勤務間インターバル制度とは?助成金の支給額や取り組み方を専門家が解説

この記事では「勤務間インターバル制度の概要と、助成金が支給されるための取り組み方」について南本静志先生が解説してくださいました。新型コロナウイルスの影響で厳しい状況ですが、生産性を上げて会社を回していけるように勤務間インターバル制度の助成金をぜひ活用しましょう!
経営

週休3日制のメリット・デメリットと中小企業向けの導入案

日経新聞の記事でマイクロソフトが週休3日制を2300人に導入した結果、生産性が向上したと発表されました。大手企業をはじめ週休3日が導入されはじめていますが、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?また中小企業でも取り入れるための具体的な方法を解説しています。
労務

【2020年4月】中小企業の残業規制がスタート | 残業時間の上限や罰則は?

2020年4月から中小企業でも残業規制の適用が開始されます。これによる残業時間や罰則はどうなっているのか?また、残業規制に対して中小企業はどのような対策をとればよいのか?具体的な対策についても解説しています。
経営

部下が育たない原因と、部下の育成に重要な3つのポイント

この記事では部下が育たない6つの原因と、部下の育成するうえで大切な3つのポイントについて解説しています。部下の育成の仕方が間違っていないか見直し、部下の成長を促進する3つのポイントを実践しましょう。
経営

2019年に倒産した企業の主な原因と5つの対策

企業倒産数が一転し増加傾向にあります。2019年に倒産した企業の主な原因は、多額の負債と人材に関する問題で、後継者がいないことや人材確保が難しい事にあります。特に顕著に表れているのが飲食業や開業福祉業、建設業です。詳しい原因と、2020年に企業がとるべき5つの対応策を詳しく解説しています。
経営

顧客に選ばれる企業とは?競合他社との差別化を図る重要なポイント

競合他社と同じ値段であれば、他社よりも自社に依頼されたり、商品を購入してもらえる差別化の大事なポイントについて解説しています。他社との差別化のポイントは「顧客の本当の願望は何か」を理解することで、顧客へのヒアリングとそれに合った商品やサービスのラインナップを用意することが大切です。
経営

低予算で開業可能!ゴーストレストランの4つのメリット

ゴーストレストランとは無店舗型飲食店で、初期費用の削減、人件費の軽減、自分でマーケティング不要という低予算で開業・運営ができるメリットがあり利益率の向上につながります。ゴーストレストランのビジネスモデルを中小企業に当てはめて考えると新たな対策の仕方が見つかります。
経営

中小企業は”ニッチ戦略”で生き残れ!【ニッチ市場創造の5つの手順】

ニッチ戦略とは自社が攻める市場を細分化して、顧客(ターゲット)にオリジナリティのある自社商品とサービス(付加価値)を適合させて、狭い市場で相対的シェアNo.1を取得することです。ニッチ市場の創造には、自社商品・サービスの特徴(強みとコンセプト)の分析、競合他社の同類商品やサービスを調査分析と差別化、テストマーケティングをすることが重要です。
経営

経営者の意思決定に不可欠な”三現主義”とは?

三現主義というとトヨタやホンダなどが有名で、「現場、現物、現実」の頭の現をとって「三現主義」といいます。規模が大きくなり部下から報告が上がるようになってもオブラートに包まれた報告をうのみにしては意思決定を誤り企業経営が危うくなる可能性があります。経営者自ら現場を見て、提供している料理や、小売店であれば商品やサービスを見て現実を見なければなりません。
経営

公的年金改革の3つの骨子と中小企業への影響

日経新聞に「年金改革、支え手拡大に重点」という見出しが出ています。公的年金改革には、社会保険の加入条件・年金受給開始年齢の拡大・在職老齢年金の見直しとい3つの骨子があります。これによって中小企業にはどんなメリットやデメリットがあるのかを詳しく解説しています。
経営

給料が低くても社員のモチベーションが高い会社の特徴

「OPENNESS職場の空気が結果を決める」という北野唯我さんの本をもとに、給料が低くても社員のモチベーションが高い会社の特徴を解説しています。大切なのは、風通しの良さ・社員の相互尊重・20代の成長環境であり、年齢や役職に関係なく成果や意思に応じて業務を配分アサインさせることが大切です。
ビジネス

優秀な経営者が持つ”隠れた才能”とは?【5つの特徴】

優秀な中小企業・ベンチャー経営者の特徴はチャレンジ精神で、改良を加えたり相乗効果を見ながら新規事業に進出したり新しいことにチャレンジしていくところです。そしてスピードと臨機応変さを兼ね備えています。特に大事な”隠れた才能”は撤退力です。撤退条件に適合した瞬間に動物的感覚で危険を察知して、その事業から一瞬で「撤退」しています。
労務

厚生労働省が制定したパワハラのガイドラインと事例

厚生労働省がパワハラ(パワーハラスメント)について判例をもとにガイドラインを定義しています。簡単には優位的な関係性、適正な業務範囲の超越、身体的または精神的は苦痛を与えること就業規則を侵害することです。中小企業で起こりやすい事例や判例を紹介しています。
効率化

「働き方改革」の副作用と対策【労働時間を短縮して売上を伸ばす少数精鋭組織の作り方】

安倍内閣が進めている働き方改革は、企業の労働生産性と付加価値を上げ企業の稼ぐ力を増やすのが目的です。しかし副作用として管理職の労働時間を減らせていません。中小企業向けの対策としては業務フロー改革、アウトソーシングやクラウド化、多能工化をすることで少数精鋭組織の組織ができるでしょう。
ビジネス

社員に教えるべき”しごと”とは?中小企業の社長や幹部が伝えるべき6つのポイント

中小企業に勤める社員やパートの方は”しごと”が生活の糧になってしまっていないでしょうか?”しごと”は過去の経験や体験から改善することができ、お客さんに喜ばれ、自己成長・スキルアップし自己実現していくものです。個人の成果がでれば会社の営業利益もあがり、賞与配分することでさらに貢献してもらえるよい循環ができます。