HPが24時間働ける営業マン?時代とともに考え方も変わります

営業

どうもこんにちは。
あおば会計コンサルティングの田中です。

スポンサーリンク

営業マンが消える時代?

どうして今でも100万人単位で営業マンが消えてしまったのかを私が大好きな昔の「フランクリード・ライブラリー」のいわゆる未来予想図を基に行ってみたいと思います。

私はこの映画が大好きで、自分の作戦が間違っているのではないかと立ち戻る時に必ずこの映画を観るようにしています。

技術の進歩で方法は変わる

例えば、進化系で馬車の馬の代わりにロボットが引いていったり、馬の代わりに機械の馬が馬車を引いていたりするのですが、自分の作戦が常にこの手の発想になってないかという戒めのためによく見るようにしています。

馬車というのは後ろの荷台の方が前に進めばいいだけなのですが、タイヤを回したり、プロペラやジェットエンジンをつけるという推進力の話は全く出てこなくて、ロボットに引かせたり、機械の馬に引かせるという話です。

スポンサーリンク

営業の考え方が変わる

営業に置き換えていくと、営業の考え方も我々が会計事務所や不動産会社を起こした18年前はまさに考え方がこのようなものでした。

インターネットで営業していた時代も終わり

今ある人間がやっている営業のスタイルをインターネット上に載せていく、つまり馬を機械の馬にすることによって、24時間働く営業マンをつくっていくという考え方でした。

それがちょっと変わってきたと思うのは、非常に単純ですが、当時も今も業界によっては値段を公にしてはいけないということです。

Web上に値段を公表する会社・公表しない会社

ところがその業界のルールを破って値段を主にWeb上で公表している会社があります。

一方で、今だに業界のルールで値段を隠している会社もあります。

もし値段を人に知らせたら、この商品を卸しませんという圧力がかかる業界も確かにあります。

ところが会社によって値段を出して、その圧力をはねのけるだけの仕入れルートを持っているところは値段を出しています。

値段を公表している会社と隠している会社を見た時にどちらが疑わしく見えるかということです。

値段を隠しているところは問い合わせくださいとありますが、素人が考えても値段を隠す業者の方には問い合わせたくもありません。

強い業界のルールで出せないという理由で、全然問い合わせ自体も来なく、問い合わせが来ない理由もわからずにもがいているわけです。

ですから、結局今まで営業マンがやっていたことをWebサイトに載せようが、顧客が知りたいのは値段なのに、それを出せなければ、いくら24時間働く営業マンにしたところで、何の意味もなかったという話です。

Web上での人員配置とは

それからもう1つは商売のやり方で、人員配置をWeb 上に表現できないかということです。

Webサイトは24時間働くので、人員配置をどのように考えていくかを一つの学校に例えてみましょう。

たとえば田中学園には小学校、中学校、高校があったとすると、学園がのし上がっていくためには、そこそこ良い大学に入れるように、高校の先生方にエース級を揃えていこうと考えます。

学校の考え方としては、あながち間違ってはいないと思いますが、実際、商売人はどうやっているかと言うと、会社の中では一番入り口の小学校のようなところにエースを並べています。

中小企業の場合は、新規営業は社長が応対して、社長がとってくるというところが多いのです。

つまりこの入り口の方に確実にエースを置いて、商売の入り口を抑えていって、1度自分のところの取引先になってもらえるといいのです。

そのあとはちょっと難しい商品などの説明は、別に2流、3流の人に任せても大丈夫なのです。

ですから商売がわかっている人は、人を配置するときに入り口を抑えるので、24時間働いてくれるようなホームページに載せるときにも、入り口を抑えるように馬を機械化したらという発想に立ち戻ってしまいます。

そもそも論ですが、機械の馬どころかこの馬自体がいらないのではないかという考え方が始まったのです。

既存の営業マンもいらないから、既存の営業マンをウェブサイトに置き換えてもしかたがありません。

一番大事なことはまず人が集まることです。

スポンサーリンク

営業するのではなく人を集める

営業マンは必要ではなく、どうすれば人が集められるかということで、Web サイトの作り方から、動画の作り方も全て変わったわけです。

Webでは営業はしない

基本的には営業をしないということです

Webサイトでは全く売りつけられないというように、営業の仕方が変わってきたということです。

ですから営業マンが積極的に押して売るような人も少なくなってきたということです。

そもそも引っ張る馬は必要のない時代に変わってきたという話でした。

HPが24時間働ける営業マンから変わって5年
営業
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タナカキミアキ

売らない営業マン タナカキミアキ

YouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」で、
中小企業経営のこと、起業のこと、経理のことを、
顧問先法人100社・個人事業者50名を抱える現場目線で
お話しています。

所有資格:

日商簿記検定1級
全経簿記検定上級
全商簿記検定1級で簿記検定3冠王、
税理士
簿記論・財務諸表論で簿記4冠&簿財番長
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナー
かわいらしい秘書検定2級
普通自動車に普通自動二輪
みんなの安全を守る甲種防火管理責任者
珠算3級
よく分からん情報処理検定2級

…などプチ資格オタク

妻は「あおば会計税理士法人」代表税理士の田中朝代。

18歳の時に簿記1級のクラスで出会って、
15年後になぜか結婚しました。

中小零細企業の経営に関しては夫婦揃ってめっぽう詳しいので、
ガンガン講義やっていきます!

田中でよか人用 
直通電話:03-5942-8225
E-Mail:kimi@kimi3.com
 
「起業酔話」月間再生時間9,000時間(毎日300時間)突破!感謝です!

「起業家たちによろしく」も絶好調!

あおば会計税理士法人
野方事務所 中野区野方3-30-5-1階 03-5942-9982
沼袋管理部 中野区沼袋3-2-12-1階 03-5942-8225

タナカキミアキをフォローする
節約社長