経営

経営に関わるニュースをチェックすることが経営判断を行う上で役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では経営に役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。

スポンサーリンク
マーケティング

商売を選べる自由★9割の人は選択肢を狭めている現実

中小企業の経営指標「BAST(バスト)」とは 私共あおば会計税理士法人は、『TKC』という会計士集団に加入しております。 『TKC』の加盟事務所が出しているデータの中に、中小企業の経営指標が簡単に無料で見ることが出来るBAST(...
経営

建設的な愚痴を見極められる上司は、部下の愚痴をチャンスに変える

 自分の立場を有利にするための愚痴、保身であり政治的な愚痴は、不健康な愚痴として聞き入れる必要はありません。上手に流せばよいだけです。一方で、問題を克服し、課題を解決したいという思いが根底にある愚痴は、聞く人間の対応(能力)いかんで大きなチャンスを生む場合があります。どのように愚痴をチャンスに変えればよいのでしょうか?コーチングのプロフェッショナルが解説いたします。
経営

なぜ最低賃金しか払ってくれない経営者の下でこき使われるの?

経営者の多くは「結果として」人をこき使っています。なぜならば、粗利益に対する労働分配率を知らないまま、国の決めた最低賃金をベースにして、考え無しに従業員たちの給料を決めてしまっているからです。しかし、これでは会社は更に儲からなくなります。なんとなく人の価値を決めている会社に、圧倒的な付加価値を作ることなどできないからです。「バカは騙されて最低賃金で人にコキ使われるの構図」が悲劇を生みます。
スポンサーリンク
経営

「失敗の法則」から学べ 企業が倒産する10の要因

企業が成功する要因は多種多様ですが、企業が倒産する要因はだいたい似通っています。日経BP社から出ている『なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則』を参照しながら、様々な企業をクライアントとして抱え、その隆盛と衰退を見てきた南本さんが企業が倒産する10の要因を紹介してくださいます。
経営

生き残るビジネスに共通する3つの特徴 消えゆくビジネスとの違い

生き残るビジネスを展開する人には3つの共通点があります。①常に課題が明確であり②数字を常に観察し③とにかく早く動く、この3つの共通点があなたにも見られるなら、きっとビジネスの世界で生き残ることができるでしょう。
経営

部下のすべてが成長することなど無い 中小零細に最適な人材教育戦略は?

中小零細企業の経営者が陥りがちな罠の一つに、やっと入ってくれた社員全員に対して期待をかけてしまう、というものがあります。しかし、入ってきた社員のうち本当に優秀な人間は10人いたら2人が良いところです。全員を教育しようとすれば不効率になり、学んだところで実践に移してくれる人も少なかったりします。あまり夢も希望も無いように思えますが、この状況で中小零細企業の経営者はどう人材育成を進めれば良いのでしょうか?
経営

お客様はすぐに飽きる 話題の商品でイベントを開催し常に集客しよう

飲食店ビジネスでは、変わらぬ味・雰囲気を大事にする人が多いですが、一方で味や雰囲気以外のところで勝負し、集客を実現する事も可能です。そのやり方の一つが、SNSでバズったような商品を仕入れて、イベントを開催するというものです。お客様はすぐに飽きるため、店舗ビジネスを運営する際は、お店を絶えず変え続ける必要があります。
経営

合理的な説得VSインスピレーションへの訴求 部下が動くのはどっち?

経営者やマネージャーの悩みの一つに、「自分達の部下を動かすにはどうすればいいんだろう?」というものがあります。多くの上司は合理的な説得によって人を動かそうとしますが、実際にその効果はいかほどあるのでしょうか?アメリカの論文データをもとに考えてみましょう。
経営

なぜ中小企業は10人前後の人員規模で踊り場を迎えるのか?3つの理由

中小企業にはなぜか10人前後で踊り場がやってきます。その時の経営者の対応がその後の成長・停滞の分かれ目となるため、経営者は踊り場がやってくる理由と、この時にやっておくべきことを知っておく必要があります。
経営

「2019年計画」の落とし穴 あなたの計画は単なる夢や願望になっていませんか?

あなたが自社のために立てた計画はどのようなものですか?「年商5,000万を達成したいと思います」「売上倍増を狙っています。」「海外進出です。」もし、このような計画を立てたのなら、おそらく、これらは夢や願望として叶えられないまま未達で終わるかもしれません。では、どうすれば成果につながる計画を立てることができるのでしょうか?
経営

変わるきっかけはなんだってOK。人が変われるのは〇〇が変わった時だけ

自分の人生を変えようと多くの人が考えますが、その願いのほとんどは叶えられません。変わるきっかけやタイミングは挫折・失敗・逆境時に生じますが、このタイミングで変化を起こすならば、自らの環境を思い切って変え、他の人のために何をすれば役立つのか?を実地ベースで行動に起こす必要があるからです。
経営

あなたのビジネスを強くしたいなら「弱点を示す数字」をレコードし続けよ

人は自分に関係のある数字を記録(レコード)し続けると、その数字を改善しようとして行動を始めます。ビジネスにおいてもレコードのもたらす効果は大きくプラスに作用しますが、レコードすべき数字は「貴方のビジネスにおける弱点」を示す数字です。その数字を改善するために、数字で表せる目標を立て、継続して行動することが、ビジネスを大きく飛躍させます。
経営

「彼氏と夫は別」良い従業員と採用で巡り会い一緒になるには…

恋愛する男性と結婚する男性は別。女性の恋愛結婚観を聞くと、時に冷酷にすら感じる現実的な視点を垣間見る時があります。しかし、長期的に一緒に人生を託す相手を選ぶ際、この考え方は真っ当で合理的なものですよね。実は、会社が従業員を選ぶ際も、従業員は会社に対して女性目線で「自分の結婚相手」として、その会社が相応しいかを見ています。経営者はその現実から目を逸らしてはなりません。
経営

世帯所得2千万円を目指すなら仕事・家事それぞれ夫婦で分散しよう

家業で世帯所得2,000万円を達成するのは意外と難しく、多くの場合、嫁が仕事でただ働きをして、家事も全て任せられるという状況の元、それほど収入も少なく、夫婦仲が険悪という状況が見受けられます。このような状況を避けるには、お互いが独立した仕事と収入源を持ち、家事も分担させる必要があります。幾ら夫婦だからといっても、安く働かせるのはご法度。ということです。
経営

ゴールやノルマを設定しても従業員が全然達成しない企業に共通すること

会社を成長させるために、従業員にゴールやノルマを設定したにもかかわらず、全くこれが達成されないということはありませんか?ゴールやノルマを設定しても従業員が全然達成しない企業には、一つの共通点があります。それはゴールやノルマの設定方法が根本的に間違っているということです。継続的に企業を成長させるため、私達はどうやってゴールやノルマを設定すれば良いのでしょうか?
経営

時給10倍差は勉強と努力だけの差~最大100倍差を付けるにはどうしたら良い?

教育会の「さだまさし」こと藤原和博先生が唱える”時給100倍の差”。日本でも歴然と時給800円で働く人と時給8万円で働く人の差が生まれています。なぜ、同じ時間を労働に費やしていながら、これほど報酬に差が出てしまうのか?どうしたら今の時給を100倍に押し上げることができるのか?キミアキ先生の解説です。
経営

正しい危機感は貴方のビジネスにチャンスと困難を突破する力を与える

「危機感」という言葉にネガティブなイメージを持つ人は少なくないはずです。しかし、「正しい危機感」には大きな価値があります。なぜなら、正しい危機感はチャンスを生み、困難を突破する力を私達に与えてくれるからです。あなたは正しい危機感を持っていますか?根拠なき楽観主義者になっていないでしょうか?危機感を持つことで人生を飛躍的に高める方法をお伝えします。
経営

女性からクソみたいにモテる経営者は大抵、ホラクラシー経営を実践している

男女の違いはまるで違う生き物の違いのようです。会社を経営するにしても、女性が多い職場では、女性が心地よく働ける環境を作らなければなりません。近年、多くの会社に受け入れられている「ホラクラシー経営」は、まさに女性的職場にあった経営手法で、この経営手法を活用して、リーダーシップを発揮している経営者は例外なくモテるようです。
経営

あなたの努力に設計図はありますか?正しい努力をしてやっと日本の8万番目

経営者の努力は正しい設計図に基づいて行われる必要があります。正しい設計図の無い努力の果てにあるのは、「頑張る」作戦のみであり、どんなに本人が「努力と考えている行動」も全て空回りに終わります。確固たる経営方針のもとに、具体的で測定可能な数値目標を持たぬ限り、努力していることにはなりません。そのような行動は「努力」という言葉を馬鹿にしてさえいるのです。
経営

こうして店は潰れた 105年の歴史を閉じた地域土着スーパー「やまと」

山梨県の峡北地区を中心に、全盛期の2008年には16店舗のスーパーマーケットを運営し、売上高64億円を売り上げていた「やまと」が2017年末に倒産しました。なぜ、これほどの短期間で「やまと」は潰れてしまったのか?店舗運営の大原則などを踏まえ、キミアキ先生が解説してくださいます。
スポンサーリンク