経営

スポンサーリンク
経営

ビジネスを安定して成長させている経営者に共通する5つの習慣

時間は皆平等に与えられています。その時間を如何に有効に使うかで、継続的で安定したビジネスを作れるか否かは決まります。自社の集客プログラムで何百人の会員さんを見ている筆者の高橋さんは、会員の中で成功している人全員に共通する5つの習慣を見出しています。貴方も同じように出来ているか、チェックしてみてはいかがでしょうか?
経営

自営業者との結婚が嫌煙されやすいワケ 結婚したければ会社に経営を入れろ

自営業者との結婚はどうしても周囲から反対されやすいものです。確かに10年で生き残っているのは10社に1社くらい。相手の方にしても、その親御さんにしても、不安を感じるのは当たり前の話です。しかし、戦略を立て、計画し、これを実行して利益を出し続けている、つまり経営の入っている会社の生存率は、それほど低くありません。どうやったら会社に経営を入れられるのか?キミアキ先生の解説です。
経営

前向きな経営者は失敗したら最初の『経営ポリシー』を振り返り復活する

事業が順調にうまくいき始めると経営者は更なる事業拡大を目指します。ところが、ここで必ずと言っていいほど起こりやすい問題が人の問題です。様々な背景を持った人を見境なしに採用することで、人の問題・トラブルが起こり、下手をすれば事業が丸ごと潰れます。こんな時に立ち戻りたいのが『経営ポリシー』です。
スポンサーリンク
経営

雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

日本人のサラリーマンの殆どの人は、ビジネスに対する自己投資、つまりは勉強をしません。単純な作業ができるようになっただけなのに、仕事ができると思い込んでますが、勉強をしていないので、いつも難しいことから逃げます。一方、雇われない生き方を選んだ人達は、ピンチの場面を経て、生き残るために勉強し、ロックな生き方を楽しめるようになっていきます。
経営

1年の残りはあと20% あなたは自らのビジョンを実現していますか?

完成図の無いジグソーパズルを作り上げるのは至難の業。脚本のない舞台でいきなり役者に「ストーリーを作って演じろ」と言ったところで、役者が素晴らしい舞台を演じることは至難の業。同じようにビジョンのない会社を運営することほど、会社を代わり映えしない場所にしてしまう、事業を衰退させてしまう行為はありません。1年の残りは20%強。具体的なビジョンを持つことであなたのビジネスは大きく変わるかもしれません。
経営

MBA学長が「バスケチーム」を率いてみた結果〜茨城ロボッツの奇跡が起きたワケ

今日のテーマは、”MBA学長が「バスケチーム」を率いてみた結果”。グロービスキャピタルパートナーズの代表にして、グロービス経営大学院大学学長の堀義人さんが、故郷である茨城県のプロバスケットボールチーム「茨城ロボッツ」をたった2年でどう立て直したのか?その成功を支えた”イノベーションを生み続ける5つの原則”について、同社に勤務したこともあるキミアキ先生が解説してくれます。
経営

経営なんて習わなくてOK!大谷翔平方式・マンダラチャートで経営はできる

名将と言われる社長も過去には全く経営の方法など知りませんでした。彼らはチャレンジの結果として大きな借金を背負ったり、下請け生活で味わった苦い経験から、目標設定の大切さを知り、それをクリアすることで、どんどん「名将」と呼ばれる社長になっていきました。そこで本稿は、目標設定の優れた手法の一つとして、「マンダラチャート」を紹介します。
経営

上司に「ゴミ以下の人間」と呼ばれた男が社長を15年以上やれている理由

最初から自信を持った人間などそうそう存在するものではありません。しかし世の中では、ある時まで「みにくいアヒルの子」のような扱われ方をしてきた人間が、グングンと成長しはじめるケースがあります。ネガティブがたたり、上司に「ゴミ以下」「ゴミのほうがマシ」と呼ばれていたのに、今では成長企業の社長を務める南本さんが、自らが成長した理由を明確に教えてくれます。
経営

起業家が抱える2種類の悩み〜あなたの悩みはイケてる?イケてない?

勤め人は最初に人間関係で悩み、起業家は最初に売上で悩みます。これは古今東西、相場が決まった話です。でも、起業家の悩みは細分化すると2種類の悩みに分かれます。「イケない起業家の悩み」と「イケてる起業家の悩み」です。この2つは全く質が違ったものです。どのように悩みの質が違うのでしょうか?
経営

改善したい問題があるならフィードバックよりフィードフォワードを選べ

フィードバック、フィードフォワードは、2つともに何かを改善しようと思う時に行う作業です。ただし、フィードバックが過去の悪かった部分にフォーカスするのに対して、フィードフォワードは未来の自分に向けてフィード(ありたい姿)を投げかける作業です。この2つの作業は脳に全く異なる影響を与えます。できるだけ、フィードバックよりフィードフォワードを選んで欲しい理由もここにあります。
経営

会社を潰してもカムバックする人の特徴「破産しないで逃げずに返す」

事業を始めても10中8、9は失敗します。そして、残るのは債権者に支払わねばならぬ借金だけとなります。この時、多くの失敗した経営者は破産の道を選ぶか、会社を清算して債権者から逃げたり、隠れたりする道を選びます。しかし、その多くは居場所を突き止められ、更に失敗を根拠に突き上げられます。一方、カムバックできる人はその逆の道を選び、そのチャンスが来た時、全力で考え行動を始めます。
経営

新規事業・コスト削減・生産性向上 経営者の前に立ちはだかる大きな壁の壊し方

新規事業の立ち上げ、コスト削減、生産性向上など、経営者の前には大きな壁がいくつも立ちはだかります。大きな壁を見て多くの経営者は最初のうち、『やっても無理と思わせる魔力』と戦わねばなりません。しかし、ここで諦めては会社が衰退するのみです。どのようにして、この大きな壁を壊していけば良いのでしょうか?『云うは易し、南本静志』さんが解説してくださいます。
経営

上手くいってる中小企業は社長が自分の◯◯◯である程度まで勝負している

成功している大企業もその昔は中小零細企業でした。彼らに共通する成功要因の一つに、ある程度まで、社長の顔、社長の人気が会社を支えたことがあります。会社の認知が無い段階では、お客さんの立場からしても、その会社の社長がどんな人か見えるメリットはとても大きいものです。バカと呼ばれても目立ち、人気を得ることは、中小企業の社長に課せられた重要な仕事の一つです。
経営

8時間拘束で社員を監視するのはコストの無駄〜早く帰ってもらった方が知恵が出る

9時〜18時労働、8時間拘束。お上にバレなきゃサビ残上等。社内には何個かのシマがあって、それぞれのシマのお誕生日席には課長が座り、周りには4人の監視された社員の机がある。近代日本のサラリーマン社会でよく見かける風景です。実際、これってどうよ?と思いませんか?人を監視するより、思いっきり業績を上げる方法があるんじゃないでしょうか?キミアキ先生の解説です。
経営

組織を育てるには複数のリーダーが必要〜備えるべき7つの能力

会社が大きく成長するためには、社長以外に会社のビジョンや理念を理解したリーダーとなる人材が必要です。どうすればそのような人材を育てることができるのか、会社でリーダーとなっていく人材に求められる7つの能力をご紹介します。
経営

「使えない部下」を作りたくないなら「おまえ、頭使えよ!」はナンセンス

使えない部下に対して、「少しは頭使ってくれよ!!!(怒)これじゃあ、ダメでしょ」と言ってしまったことはありませんか?しかし、経営者自身はそもそも、和を大事にする人々の中で自らリーダーになりたいと手を挙げたおばカッちょであり、おバカっちょが他人に「頭使え」ということ自体がナンセンス。人材を適材適所に配置し、最初は細かなトップダウンの指示出しができれば、その人はいずれ自ら考え動くようになります。その時、経営がはじめて安定してくるのです。
経営

『朝一ミーティング』を始めると会社の成果達成が早くなる

あなたの会社では『朝一ミーティング』をやっていますか?朝一ミーティングは少人数なら15分程度で行うことが出来て、経営者とスタッフ間で経営ビジョンや成果目標を共有しあう、双方向の優れたコミュニケーションの場となります。習慣化させると、個々の仲間意識が醸成されたり、スタッフ自らが考え、優先順位をつけて行動することができるようになり、組織がより早く成果を出せるようになっていきます。
経営

事業は必ず衰退する〜成長期と成熟期に経営者が手を打つべきこと

どんな事業も最後は必ず衰退します。事業が人によって作られる以上、事業も生き物であり、ライフサイクルの最後は衰退、そして消滅です。したがって、ある事業を成長期、または成熟期まで迎えさせることができた場合、その期間で必ずやっておくべきことがあります。南本さんの解説です。
経営

稼げるようになるために起業初心者が押さえておくべき3つのポイント

今回は、起業初心者向けに、『稼げるようになりたいのであれば、次の3つのポイントをしっかり押さえましょう』というテーマで、島倉さんが解説してくださいます。3つのポイントは、現状理解・理想設定・ギャップの明確化です。なぜこの3つのポイントをしっかり抑える必要があるのでしょうか?
経営

自社商品がブームに乗ったら、その瞬間に準備を始めねばならぬこと

苦労して開発してきた商品やサービスが世の中に受け入れられ、ブームを作ったら、こんなにビジネス冥利なことはありません。ただし、ブームに乗ったあと、これを定番商品として販売持続するのはとても難しいことです。もし、ブームに陰りが見えて商品が売れなくなってきたら…私達はどんな備えをしておくべきなのでしょうか?
スポンサーリンク