節約 社長

経営

集団に所属しているだけで気持ちよくなるのはなぜか?集団心理の活かし方

集団に所属しているだけで気持ちよくなるのはなぜか?集団心理の活かし方

 集団に属している時、チームに属している時、人が気持ちよく感じるのはなぜでしょうか?集団に属していることが行動をエスカレートさせ、一人ではやれないようなことを、良い方向でも、悪い方向でも、やりのけてしまいます。その時、脳内ではどんなことが起きているのか?集団心理を上手く生かすにはどうしたら良いのか?ご説明します。

7月からの実現可能な「下期計画」を具体的に立てるための4ステップ

 「うちは一度も経営計画とか年間計画とか立てたことがない。お客様のことを考えて一生懸命やったら商売が成功したんだよ。」という経営者の方がいますが、騙されてはなりません。そのような経営者ほど仮説を立て、... 

経営ニュースの記事をすべて見る

経営の知識を学ぼう!

経営者になる方法

「将来、経営者になりたい。けれども、自分じゃ経営者になれないんじゃないか…」と考えている、起業家予備軍の方々向けに、様々なシチュエーション別でどうしたら経営者になれるかをお伝えします。経営者になる(なっちゃう)方法はみなさんが思う以上に簡単なものです。

良い経営をしている会社の特徴

国税庁の統計では、起業から10年で残る会社は6.3%しかないという数字が出ています。これに加えて毎年黒字経営を実現するのは至難の業です。従って、良い経営をしている会社は、「勝つためのコツ」をきちんと知っており、これを実行しています。良い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

ダメな経営をしている会社の特徴

日本企業の60〜70%が慢性的な赤字経営に苦しんでいます。良い経営とダメな経営では男女ほど思考回路に違いがあり、ダメな経営を行っている企業には共通して見られるイケてない特徴があります。まずは、その特徴を認識することが、良い経営に踏み出す一歩へつながります。悪い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

経営が上向いた時にやるべきこと

地道な努力が実を結び、業績が上向きはじめ、多くの人から賞賛され始めて数年が経過しました。ところが絶好調だった会社が組織崩壊の憂き目に遭い、商品が売れなくなるといった事態がよく起こります。経営を継続的に上向きな状態で続けるのはとても難しいことです。経営が上向いた時にやるべきことを学びましょう。

経営して上手く行かない時の対処方法

これまで散々手を尽くしてきたが経営状態が一向に上向かない。業績を飛躍的に伸ばすためのヒト・モノ・カネが整っていない。創業メンバーが離れていく。従業員にそっぽを向かれる。こんな具合に、あと一歩何かが足りない場合に備え、経営して上手く行かない時の対処方法を学びましょう。

偉人から経営を学んでみよう

経営に必要な要素全てを経験から得るのでは時間が幾らあっても足りません。私達は、「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という賢言に従い、歴史上の偉人達から経営が上手くいくために必要とされる普遍的な知識を学び、日々の経営で実践する必要があります。

経営に役立つ参照サイト(外部サイト)

企業経営に役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

経営
経営に関わるニュースをチェックすることが経営判断を行う上で役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では経営に役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
「先入観が可能を不可能にする」世間の不可能を可能に変える人が持つ3つの思考

「先入観が可能を不可能にする」世間の不可能を可能に変える人が持つ3つの思考

 「先入観が可能を不可能にする」誰の言葉かというと、メジャーリーグを席巻中の大谷翔平選手が18歳の時に言ったといわれる言葉です。あなたが何か新しいチャレンジをしようとする時、周囲は先入観によりあなたを押しつぶそうとします。しかし、できる方法を考えて実践すれば次第に周囲は何も言わなくなります。世間の不可能を可能に変える人が持つ3つの思考を紹介します。


従業員に「搾取してる」って突き上げられる社長多いけど、ぶっちゃけどうよ?

従業員に「搾取してる」って突き上げられる社長多いけど、ぶっちゃけどうよ?

 従業員の皆さんの中には、自分が労働で搾取されて社長が悪徳商人のように儲けている、と感じている方も沢山いらっしゃいます。しかし、従業員の給料は業界毎の限界利益と労働分配率でほぼ決まっており、おおよその従業員はその平均値近辺の給料を貰っているのが現実です。実際のところ、中小の社長でワザと従業員の搾取をしている人など殆どいません。


新しい社員やパートさんを雇用したら1週間(7日)で試す3つのこと

新しい社員やパートさんを雇用したら1週間(7日)で試す3つのこと

 社内で起こる人間関係の不和、仕事の不効率。これらの多くは新しい社員やパートさんの入社時に、人事判断を下す経営者、幹部、管理者が、人材の質を見極めて、適正な場所で働かせないことによって生じます。そこで本稿は、社員やパートを雇用して1週間(7日)で試す3つのことをご紹介します。


7年で10人規模から7,000人の雇用を生んだティール組織〜その組織形態

7年で10人規模から7,000人の雇用を生んだティール組織〜その組織形態

 ティール組織は次世代型の組織形態であり、変化、ストレス、逆境、ピンチを栄養に大きく成長します。ヒエラルキーが存在せず、have to も存在しないため、自分らしさを武器に仕事することが可能です。本稿では、ティール組織が発生するまでに人類が辿った、5つの組織形態について詳しく解説いたします。


事業は必ず衰退する 衰退期に入った事業に現れる6つの兆候

事業は必ず衰退する 衰退期に入った事業に現れる6つの兆候

 起業したばかりの方や、事業がノリにノッてる方の中には、否定したくなる方もいるかもしれませんが、会社の事業は“必ず”衰退期を迎えます。事業は生き物であり、生けるものは必ず衰えて死ぬからです。私達は衰退事業に見られる兆候を的確に理解しながら、何かしらの手を打っていく必要があります。衰退事業に見られる6つの特徴をご紹介します。


儲かっている社長が必ず実践している、世の中的には好ましくない3つのこと

儲かっている社長が必ず実践している、世の中的には好ましくない3つのこと

 儲かっている社長は、世の中一般的には「なんで?それやばくない?あの人、人間としてどうなの?」と思われるような、一般的に好ましくないことに時間を使います。儲かっている社長が必ず実践している、世の中的には好ましくない3つのことをご紹介します。


「一生懸命病」で利益を失う経営者 ブラックベリーの凋落に学ぶ、そのリスク

「一生懸命病」で利益を失う経営者 ブラックベリーの凋落に学ぶ、そのリスク

 一生懸命であることは成果を出すための必要条件であり手段です。当たり前に必要なものであり、なくてはならぬマインドです。ただし、ビジネスを成功させるには、これを上回る絶対条件を僕たちは満たさねばなりません。それは、「正しい方向で一生懸命頑張ること」です。たとえば、スマホの元祖ブラックベリーの凋落に、一生懸命だけではいけない理由を見出すことができます。


売上を今より上げたかったら、見たほうが良い数字は日々の売上ではない。

売上を今より上げたかったら、見たほうが良い数字は日々の売上ではない。

 スポーツの世界でも、音楽の世界でも、学問の世界でも、一流と呼ばれる人たちは例外なく「毎日続けていること」を持っています。ビジネスの世界で売上を上げたかったら「毎日続けること」は、「毎日、数字を記録すること」です。ただし、その数字は売上ではなく、自分の抱えている課題を数値化したものです。その理由をご説明します。


経営ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。