節約 社長

経営

インチキ経営コンサルタントと真っ当な経営コンサルタントの違いは?

インチキ経営コンサルタントと真っ当な経営コンサルタントの違いは?

 世の中には経営コンサルタントを名乗る人が沢山存在します。ところが、同じコンサルタントでも、「インチキ系コンサルタント」と「真っ当なコンサルタント」では、対応が全く違うものになります。そこでキミアキ先生が、インチキと真っ当を見分ける、それぞれが持つ4つの特徴を解説してくれました。

孔子に尋ねる〜経営者に求められる「大きな器(うつわ)」とは?

 「会社は経営者の器以上に大きくはならない」「A社の社長は、B社の社長とは器の大きさが全然違うよ。」経営者は必ず「大きな器(うつわ)」という言葉でそのあり方を語られます。対して、孔子は「君子は器(き)な... 

経営ニュースの記事をすべて見る

経営
経営に関わるニュースをチェックすることが経営判断を行う上で役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では経営に役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
「職業に貴賎無し」江戸時代の商売人達から学ぶ商売人のあり方

「職業に貴賎無し」江戸時代の商売人達から学ぶ商売人のあり方

 「職業に貴賎無し」とよく言われています。確かに今の時代で露骨な職業差別は存在しません。ただし、「3Kの職業だって、立派に世の中の役に立っている職業なんだから、職業に貴賎なしで身分の高い低いも無いでしょう。」のように、「貴賎」という言葉は未だに使われています。この概念から抜け出すことを考える時に勉強となるのが、江戸時代の商人達の考え方です。


マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

 中小企業にはびこる粉飾決算という悪習。多くの企業が似たような手口で粉飾に手を染めます。今は大丈夫でも、一度道を踏み外して、そのまま起死回生を計れないと大変なことになります。架空の冷凍マグロ卸売会社を例に、粉飾決算に手を染めると、どんな結末が待っているのか解説いたします。


財務会計の土台を作り管理会計を始めると会社の見え方が変わる

財務会計の土台を作り管理会計を始めると会社の見え方が変わる

 貸借対照表、損益計算書などは過去の情報がまとまっているものであるため、未来について考えるように作成はされていません。しかしながら、今の数字を客観的に把握しなければ、未来に向けた戦略・戦術を組み立てて、実行することは不可能です。管理会計を始めるためには、財務会計の土台作りをする必要があります。


サラリーマンとしての経験は本当に起業後でも役に立つものか?

サラリーマンとしての経験は本当に起業後でも役に立つものか?

 起業を検討する人がよく抱く疑問の一つに「起業にサラリーマン時代の経験は生きるか?」というものがあります。ところがキミアキ先生は、サラリーマンの時の経験は、多くの人が思っている以上に役に立たないと、バッサリ。なぜ、優秀なサラリーマンとしての経験が役に立たないのか?その理由を解説してもらいます。


技量を持った非正規の人々により新しい収益組織が作られる時代

技量を持った非正規の人々により新しい収益組織が作られる時代

 戦後日本の労働観念において、正規社員と非正規社員の間には、給与待遇面で歴然とした差がありました。しかし、同一労働同一賃金に関する議論が深まり、非正規待遇の人々の不満が高まっています。技量を持った非正規社員が旧来の会社組織を捨てて、秘密結社のように平等な組織を作り、仕事を動かす時代が到来しようとしています。


常にプラス思考だと疲れるだけ〜プラス思考強迫症を克服せよ

常にプラス思考だと疲れるだけ〜プラス思考強迫症を克服せよ

 本やインターネットを見ていると、「プラス思考が成功を招く!」という言葉がそこかしこに氾濫しています。しかし、実際のところ、常にプラス思考でいようとすると、気持ち悪さを覚えたり、そうなれない時に自己嫌悪を感じ、プラス思考強迫症に陥ってしまうものです。これを克服するにはどうすれば良いのでしょうか?考えてみましょう。


会社は成長しているのに不幸せ…どうすればこの気持を解決できる?

会社は成長しているのに不幸せ…どうすればこの気持を解決できる?

 中小零細企業を経営していると、「会社の規模が大きくなったのに幸せを感じられない」「会社は成長しているのに家庭崩壊が起きてしまった」という、不幸な事態に見舞われることが多々あります。これらの事態に飲み込まれぬためには、家族はもちろん、従業員を肯定し認めることで、まずは身の回りにいる大切な人へ幸せのれんさを起こす必要があります。


【必見】常に行動力みなぎる社長となりたい人に贈る5つの賢言

【必見】常に行動力みなぎる社長となりたい人に贈る5つの賢言

 中小零細企業に限って言えば、社長が常にバイタリティ豊かに行動していくほうが、会社は案外うまく行くものです。ところが、常に行動し続けている中でふと我に返ると、ゲンナリとしてしまう場面があるかもしれません。そこで本稿では、どうすれば常にバイタリティ豊かに社長自らが行動できるかを考えてみようと思います。


経営ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。