節約 社長

経営

組織を育てるには複数のリーダーが必要〜備えるべき7つの能力

組織を育てるには複数のリーダーが必要〜備えるべき7つの能力

 会社が大きく成長するためには、社長以外に会社のビジョンや理念を理解したリーダーとなる人材が必要です。どうすればそのような人材を育てることができるのか、会社でリーダーとなっていく人材に求められる7つの能力をご紹介します。

稼げるようになるために起業初心者が押さえておくべき3つのポイント

 今回は、起業初心者向けに、『稼げるようになりたいのであれば、次の3つのポイントをしっかり押さえましょう』というテーマで、島倉さんが解説してくださいます。3つのポイントは、現状理解・理想設定・ギャップ... 

経営ニュースの記事をすべて見る

経営の知識を学ぼう!

経営者になる方法

「将来、経営者になりたい。けれども、自分じゃ経営者になれないんじゃないか…」と考えている、起業家予備軍の方々向けに、様々なシチュエーション別でどうしたら経営者になれるかをお伝えします。経営者になる(なっちゃう)方法はみなさんが思う以上に簡単なものです。

良い経営をしている会社の特徴

国税庁の統計では、起業から10年で残る会社は6.3%しかないという数字が出ています。これに加えて毎年黒字経営を実現するのは至難の業です。従って、良い経営をしている会社は、「勝つためのコツ」をきちんと知っており、これを実行しています。良い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

ダメな経営をしている会社の特徴

日本企業の60〜70%が慢性的な赤字経営に苦しんでいます。良い経営とダメな経営では男女ほど思考回路に違いがあり、ダメな経営を行っている企業には共通して見られるイケてない特徴があります。まずは、その特徴を認識することが、良い経営に踏み出す一歩へつながります。悪い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

経営が上向いた時にやるべきこと

地道な努力が実を結び、業績が上向きはじめ、多くの人から賞賛され始めて数年が経過しました。ところが絶好調だった会社が組織崩壊の憂き目に遭い、商品が売れなくなるといった事態がよく起こります。経営を継続的に上向きな状態で続けるのはとても難しいことです。経営が上向いた時にやるべきことを学びましょう。

経営して上手く行かない時の対処方法

これまで散々手を尽くしてきたが経営状態が一向に上向かない。業績を飛躍的に伸ばすためのヒト・モノ・カネが整っていない。創業メンバーが離れていく。従業員にそっぽを向かれる。こんな具合に、あと一歩何かが足りない場合に備え、経営して上手く行かない時の対処方法を学びましょう。

偉人から経営を学んでみよう

経営に必要な要素全てを経験から得るのでは時間が幾らあっても足りません。私達は、「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という賢言に従い、歴史上の偉人達から経営が上手くいくために必要とされる普遍的な知識を学び、日々の経営で実践する必要があります。

経営に役立つ参照サイト(外部サイト)

企業経営に役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

経営
経営に関わるニュースをチェックすることが経営判断を行う上で役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では経営に役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
【甘やかしの代償】仕事ができない30歳は会社の中で作られる

【甘やかしの代償】仕事ができない30歳は会社の中で作られる

 従業員が難しい仕事から逃げることを容認してきた社長たち。その下で、逃げることを完全に覚えてしまった30歳以降の社員は、何か問題が起こった時に、これらの問題を何一つ解決することができません。社員が若いうちに難しい問題にチャレンジさせ、努力することの大切さを教えることは重要な仕事です。


アスリートのように「ルーティーン」を中小企業経営に取り入れよう

アスリートのように「ルーティーン」を中小企業経営に取り入れよう

 ラグビーの五郎丸選手、野球のイチロー選手、体操の内村航平選手、一流のアスリートはみんな、ルーティンを持っています。ルーティンとは、『不定期で不順で行っていた作業などを、1連の繋がった動作としてパターン化する』ことを意味します。社内にルーティンのある会社は、高いレベルで仕事を行うことができます。


在庫処分大バーゲンしか手が無い大塚家具、”家具や姫”に打つ手はあるか?

在庫処分大バーゲンしか手が無い大塚家具、”家具や姫”に打つ手はあるか?

 いよいよ身売り報道が現実味を帯びてきた大塚家具。創業者の娘である久美子社長は”家具や姫”とも言われていますが、一向に財務体質を良好にするきっかけを掴むことができず、資産も売れるものならほぼ売りつくしてしまいました。2世3世が経営変革を起こそうとして会社が傾くことはよくある話です。特に今回の事例は、どういう過程でお金が尽きていくのかを見る良い事例となります。


結局、利益が出ている会社は、他社と〇〇が圧倒的に違う!

結局、利益が出ている会社は、他社と〇〇が圧倒的に違う!

 結局、利益が出ている会社は、他社と〇〇が圧倒的に違います。ただ、その◯◯は、意外に頭ではわかっていても、実際には実行出来てない中小企業の社長さんが凄く多かったりします。読者の皆さんは◯◯に当てはまるものが一体何だと思いますか?


【ドラクエで考える】資格は「馬鹿じゃない」という証明くらいでしか役立たない

【ドラクエで考える】資格は「馬鹿じゃない」という証明くらいでしか役立たない

 公認会計士、弁護士、税理士の資格を取っていたら…「お勉強できない馬鹿ではないだろうな」くらいには思われるかもしれません。しかし、それ以上でもそれ以下でもないのではないでしょうか?というのも、ビジネスの世界において大事なのは、今持っている武器よりもこれからの可能性です。肩書を意識しすぎること無く他者と付き合ったり、採用を実施したほうがプラスになるのはよくある話です。


人手不足倒産が多発する時代がやってきた!中小企業向け生き残りマニュアル

人手不足倒産が多発する時代がやってきた!中小企業向け生き残りマニュアル

 帝国データバンクが2018年の7月9日に発表したところによると、正社員が不足していると回答した企業は全体の49.2%を占め、2018年上半期(1~6月)の「人手不足倒産」は70件発生していることが判明しました。これは、過去最速ペースです。人手不足多発時代に中小企業はどう生き残っていけばよいのか?南本さんが解説します。


部下がミスしたタイミングは人材育成のチャンス!6段階の手順で大きく育てよ

部下がミスしたタイミングは人材育成のチャンス!6段階の手順で大きく育てよ

 部下がミスした時は、人材育成のチャンスです。ガンガン怒ったり、ギャンギャン叱ったりしても、萎縮するだけ。ミスを解決するミッションを与えて、適正な段階を経験してもらうことで、部下を大きく育てることができますし、同じミスが起きないよう社内にノウハウを貯めることも可能です。ミス発生時に部下を育てる6段階の手順をご紹介します。


2月・8月にちゃんと種まきをしてますか?未来の売上を積むタイミングは今

2月・8月にちゃんと種まきをしてますか?未来の売上を積むタイミングは今

 2月8月は季節変動要因により売上が落ちる傾向のある会社が沢山あります。ただ、この時期に目先の売上を求めて短絡的な行動に出るのは得策ではありません。お金が入りにくい時期、不安な時期こそ、将来の売上を作るために新しいことを始めるチャンスのタイミングです。


経営ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。