節約 社長

経営

こうして店は潰れた 105年の歴史を閉じた地域土着スーパー「やまと」

こうして店は潰れた 105年の歴史を閉じた地域土着スーパー「やまと」

 山梨県の峡北地区を中心に、全盛期の2008年には16店舗のスーパーマーケットを運営し、売上高64億円を売り上げていた「やまと」が2017年末に倒産しました。なぜ、これほどの短期間で「やまと」は潰れてしまったのか?店舗運営の大原則などを踏まえ、キミアキ先生が解説してくださいます。

大塚家具の経営革新は周回遅れ~久美子社長が犯した最大の失敗とは?

 支援者であるTKPから追加出資を断られたことにより、銀行との株持ち合い解消、赤字覚悟の在庫一掃セールなど、とにかく現金を作ることに追われている大塚家具。久美子社長の経営革新は客観的に見て周回遅れな状況が... 

経営ニュースの記事をすべて見る

経営の知識を学ぼう!

経営者になる方法

「将来、経営者になりたい。けれども、自分じゃ経営者になれないんじゃないか…」と考えている、起業家予備軍の方々向けに、様々なシチュエーション別でどうしたら経営者になれるかをお伝えします。経営者になる(なっちゃう)方法はみなさんが思う以上に簡単なものです。

良い経営をしている会社の特徴

国税庁の統計では、起業から10年で残る会社は6.3%しかないという数字が出ています。これに加えて毎年黒字経営を実現するのは至難の業です。従って、良い経営をしている会社は、「勝つためのコツ」をきちんと知っており、これを実行しています。良い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

ダメな経営をしている会社の特徴

日本企業の60〜70%が慢性的な赤字経営に苦しんでいます。良い経営とダメな経営では男女ほど思考回路に違いがあり、ダメな経営を行っている企業には共通して見られるイケてない特徴があります。まずは、その特徴を認識することが、良い経営に踏み出す一歩へつながります。悪い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

経営が上向いた時にやるべきこと

地道な努力が実を結び、業績が上向きはじめ、多くの人から賞賛され始めて数年が経過しました。ところが絶好調だった会社が組織崩壊の憂き目に遭い、商品が売れなくなるといった事態がよく起こります。経営を継続的に上向きな状態で続けるのはとても難しいことです。経営が上向いた時にやるべきことを学びましょう。

経営して上手く行かない時の対処方法

これまで散々手を尽くしてきたが経営状態が一向に上向かない。業績を飛躍的に伸ばすためのヒト・モノ・カネが整っていない。創業メンバーが離れていく。従業員にそっぽを向かれる。こんな具合に、あと一歩何かが足りない場合に備え、経営して上手く行かない時の対処方法を学びましょう。

偉人から経営を学んでみよう

経営に必要な要素全てを経験から得るのでは時間が幾らあっても足りません。私達は、「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という賢言に従い、歴史上の偉人達から経営が上手くいくために必要とされる普遍的な知識を学び、日々の経営で実践する必要があります。

経営に役立つ参照サイト(外部サイト)

企業経営に役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

経営
経営に関わるニュースをチェックすることが経営判断を行う上で役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では経営に役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

 日本人のサラリーマンの殆どの人は、ビジネスに対する自己投資、つまりは勉強をしません。単純な作業ができるようになっただけなのに、仕事ができると思い込んでますが、勉強をしていないので、いつも難しいことから逃げます。一方、雇われない生き方を選んだ人達は、ピンチの場面を経て、生き残るために勉強し、ロックな生き方を楽しめるようになっていきます。


1年の残りはあと20% あなたは自らのビジョンを実現していますか?

1年の残りはあと20% あなたは自らのビジョンを実現していますか?

 完成図の無いジグソーパズルを作り上げるのは至難の業。脚本のない舞台でいきなり役者に「ストーリーを作って演じろ」と言ったところで、役者が素晴らしい舞台を演じることは至難の業。同じようにビジョンのない会社を運営することほど、会社を代わり映えしない場所にしてしまう、事業を衰退させてしまう行為はありません。1年の残りは20%強。具体的なビジョンを持つことであなたのビジネスは大きく変わるかもしれません。


MBA学長が「バスケチーム」を率いてみた結果〜茨城ロボッツの奇跡が起きたワケ

MBA学長が「バスケチーム」を率いてみた結果〜茨城ロボッツの奇跡が起きたワケ

 今日のテーマは、”MBA学長が「バスケチーム」を率いてみた結果”。グロービスキャピタルパートナーズの代表にして、グロービス経営大学院大学学長の堀義人さんが、故郷である茨城県のプロバスケットボールチーム「茨城ロボッツ」をたった2年でどう立て直したのか?その成功を支えた”イノベーションを生み続ける5つの原則”について、同社に勤務したこともあるキミアキ先生が解説してくれます。


経営なんて習わなくてOK!大谷翔平方式・マンダラチャートで経営はできる

経営なんて習わなくてOK!大谷翔平方式・マンダラチャートで経営はできる

 名将と言われる社長も過去には全く経営の方法など知りませんでした。彼らはチャレンジの結果として大きな借金を背負ったり、下請け生活で味わった苦い経験から、目標設定の大切さを知り、それをクリアすることで、どんどん「名将」と呼ばれる社長になっていきました。そこで本稿は、目標設定の優れた手法の一つとして、「マンダラチャート」を紹介します。


上司に「ゴミ以下の人間」と呼ばれた男が社長を15年以上やれている理由

上司に「ゴミ以下の人間」と呼ばれた男が社長を15年以上やれている理由

 最初から自信を持った人間などそうそう存在するものではありません。しかし世の中では、ある時まで「みにくいアヒルの子」のような扱われ方をしてきた人間が、グングンと成長しはじめるケースがあります。ネガティブがたたり、上司に「ゴミ以下」「ゴミのほうがマシ」と呼ばれていたのに、今では成長企業の社長を務める南本さんが、自らが成長した理由を明確に教えてくれます。


起業家が抱える2種類の悩み〜あなたの悩みはイケてる?イケてない?

起業家が抱える2種類の悩み〜あなたの悩みはイケてる?イケてない?

 勤め人は最初に人間関係で悩み、起業家は最初に売上で悩みます。これは古今東西、相場が決まった話です。でも、起業家の悩みは細分化すると2種類の悩みに分かれます。「イケない起業家の悩み」と「イケてる起業家の悩み」です。この2つは全く質が違ったものです。どのように悩みの質が違うのでしょうか?


改善したい問題があるならフィードバックよりフィードフォワードを選べ

改善したい問題があるならフィードバックよりフィードフォワードを選べ

 フィードバック、フィードフォワードは、2つともに何かを改善しようと思う時に行う作業です。ただし、フィードバックが過去の悪かった部分にフォーカスするのに対して、フィードフォワードは未来の自分に向けてフィード(ありたい姿)を投げかける作業です。この2つの作業は脳に全く異なる影響を与えます。できるだけ、フィードバックよりフィードフォワードを選んで欲しい理由もここにあります。


会社を潰してもカムバックする人の特徴「破産しないで逃げずに返す」

会社を潰してもカムバックする人の特徴「破産しないで逃げずに返す」

 事業を始めても10中8、9は失敗します。そして、残るのは債権者に支払わねばならぬ借金だけとなります。この時、多くの失敗した経営者は破産の道を選ぶか、会社を清算して債権者から逃げたり、隠れたりする道を選びます。しかし、その多くは居場所を突き止められ、更に失敗を根拠に突き上げられます。一方、カムバックできる人はその逆の道を選び、そのチャンスが来た時、全力で考え行動を始めます。


経営ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。