節約 社長

経営

闘将星野監督のように従業員を叱って伸ばす?雇ったら負けの時代に叱ったら大負け!

闘将星野監督のように従業員を叱って伸ばす?雇ったら負けの時代に叱ったら大負け!

 志あるリーダーとして能力のある従業員を叱って伸ばす!闘将星野監督のように、未だにそう考えている社長さんもいらっしゃるかもしれません。しかし、平成が終わりを告げようとする今、法律的に見ると、そのような考え方の元で、従業員を育てようとするのは明確に「クロ」です。人を雇うことはそれくらいリスキーな時代にあることを私達は認識する必要があります。

『うちの社長は なぜ「ああ」なのか』中小零細企業の経営者が抱える5つの病

 大企業に組織の病があるように、中小零細企業でも社長が中小零細ゆえに抱える特有の病があります。病の特徴は、他者不振、振り回される、目先没頭、振り回し、リスク回避、という5つの型にわけられ、業績の悪い企業... 

経営ニュースの記事をすべて見る

経営の知識を学ぼう!

経営者になる方法

「将来、経営者になりたい。けれども、自分じゃ経営者になれないんじゃないか…」と考えている、起業家予備軍の方々向けに、様々なシチュエーション別でどうしたら経営者になれるかをお伝えします。経営者になる(なっちゃう)方法はみなさんが思う以上に簡単なものです。

良い経営をしている会社の特徴

国税庁の統計では、起業から10年で残る会社は6.3%しかないという数字が出ています。これに加えて毎年黒字経営を実現するのは至難の業です。従って、良い経営をしている会社は、「勝つためのコツ」をきちんと知っており、これを実行しています。良い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

ダメな経営をしている会社の特徴

日本企業の60〜70%が慢性的な赤字経営に苦しんでいます。良い経営とダメな経営では男女ほど思考回路に違いがあり、ダメな経営を行っている企業には共通して見られるイケてない特徴があります。まずは、その特徴を認識することが、良い経営に踏み出す一歩へつながります。悪い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

経営が上向いた時にやるべきこと

地道な努力が実を結び、業績が上向きはじめ、多くの人から賞賛され始めて数年が経過しました。ところが絶好調だった会社が組織崩壊の憂き目に遭い、商品が売れなくなるといった事態がよく起こります。経営を継続的に上向きな状態で続けるのはとても難しいことです。経営が上向いた時にやるべきことを学びましょう。

経営して上手く行かない時の対処方法

これまで散々手を尽くしてきたが経営状態が一向に上向かない。業績を飛躍的に伸ばすためのヒト・モノ・カネが整っていない。創業メンバーが離れていく。従業員にそっぽを向かれる。こんな具合に、あと一歩何かが足りない場合に備え、経営して上手く行かない時の対処方法を学びましょう。

偉人から経営を学んでみよう

経営に必要な要素全てを経験から得るのでは時間が幾らあっても足りません。私達は、「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という賢言に従い、歴史上の偉人達から経営が上手くいくために必要とされる普遍的な知識を学び、日々の経営で実践する必要があります。

経営に役立つ参照サイト(外部サイト)

企業経営に役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

経営
経営に関わるニュースをチェックすることが経営判断を行う上で役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では経営に役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
ポジティブ思考もネガティブ思考も行き過ぎはダメ!ゼロベース思考のススメ

ポジティブ思考もネガティブ思考も行き過ぎはダメ!ゼロベース思考のススメ

 「ポジティブ思考」は良くて、「ネガティブ思考」はダメ。一般的にはそう言われていますが、どちらも行き過ぎは害悪にしかなりません。なぜなら、人生の8割は自分の思い描いた通りになど行きません。自分の目の前に現れる現実に対して、その時々の感情を大切にしながら、ゼロベースで最適解を選択して実行する、その積み重ねが道を切り拓きます。


たとえダークサイドに堕ちたとしても…商売人はフォースを手にし、売り続ける

たとえダークサイドに堕ちたとしても…商売人はフォースを手にし、売り続ける

 商売人の宿命、それは「売り続けなければ死ぬ」ことです。日々、必死に売り続ける姿は世の中の人から見れば、ダークサイドに堕ちたダース・ベイダーのようにすら見えるかもしれません。売れるために最前線で目立とうとする姿を見て、陰口を叩く人もいることでしょう。しかし、ダークサイドに堕ちたとしても売り続けるのです。スマートでなくとも生き残るために。


税理士にチャットでサクッと相談 ChatWorkのコンシェルジュサービスが秀逸

税理士にチャットでサクッと相談 ChatWorkのコンシェルジュサービスが秀逸

 小さな会社の場合、顧問税理士と契約を結んでいない、最低限の業務しか依頼していない、という方は多いのではないでしょうか?何より顧問契約は重いので、必要な時にサクッと専門家に相談できたらそれで良いですよね。そんなニーズを抱えた方にお勧めなのが、チャットサービスを運営するChatWorkが始めた、「ChatWorkコンシェルジュ」です。


経営者もスタッフも皆が理想とする「自由に稼ぐ経営」はどうしたら実現する?

経営者もスタッフも皆が理想とする「自由に稼ぐ経営」はどうしたら実現する?

 「従業員が自らの意思で考えて動き自由に稼ぐ」状態は、経営者にとっても従業員にとっても理想的な会社のあり方です。このスタイルを重視する黒字企業は、採用の時点から優秀な人材を集めることに一番の力を注ぎ、管理職を排除することで、成果を上げる人間に多くの給料を支払える体制を作ります。従って黒字企業にはどんどん良い連鎖が生まれます。


「金持ちの子は金持ち、貧乏の子は貧乏」から抜け出して逆転エリートになる方法

「金持ちの子は金持ち、貧乏の子は貧乏」から抜け出して逆転エリートになる方法

 世の中には、「金持ちの子は金持ちになり、貧乏の子は貧乏になる」という常識が出来上がりつつあります。一方で日本の税制度が、学があろうが無かろうが、親が金持ちだろうが貧乏だろうが、リスクを取り付加価値を生む人間に有利となりつつあるのも事実です。逆転エリートを目指すなら、まずは社長になってしまえば良い時代が到来しています。


ドラマ「陸王」に学べ!中小企業を再成長させるイノベーションの起こし方

ドラマ「陸王」に学べ!中小企業を再成長させるイノベーションの起こし方

 どんな市場も製品も事業も必ず、成長を経た後に衰退期を迎えるため、企業を存続させ、再成長させるためにはイノベーション(革新)を起こす必要があります。しかし、多くの企業はこれまでの事業やモノに固執し失敗します。本当にイノベーションを起こそうと思うなら、これまで培った技術を新たな市場に投下する必要があります。


糞バカ経営の逆をやれ!無謀無策な指揮官の下で犬死したい奴はいない

糞バカ経営の逆をやれ!無謀無策な指揮官の下で犬死したい奴はいない

 同業者が中小零細企業で100社あったとして、そのうち競争が起こるのは上の20社だけであり、あとの80社は競争にもならないまま、いつの間にか廃業していきます。80社に共通して見られるもの、それは無謀無策な経営者による「黒字は偶然」「赤字は必然」の糞バカ経営です。ずっと黒字経営を続けようと思うなら、経営者が作戦計画の立案から逃げてはなりません。


こんな成功者の本は読むな!“自称”成功者が書いた本の特徴

こんな成功者の本は読むな!“自称”成功者が書いた本の特徴

 ビジネスで成功していく上で自ら学習するのは非常に重要なことです。学習の代表例と言えばビジネス書を読むことですが、中でも成功者の本を読むと様々な気付きを得ることができます。ただし、成功者にも2種類の人間がいます。“自称”成功者と本物の成功者です。本稿では、島倉さんが“自称”成功者が書いた本の特徴を解説します。


経営ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。