節約 社長

経営

儲かっている社長が必ず実践している、世の中的には好ましくない3つのこと

儲かっている社長が必ず実践している、世の中的には好ましくない3つのこと

 儲かっている社長は、世の中一般的には「なんで?それやばくない?あの人、人間としてどうなの?」と思われるような、一般的に好ましくないことに時間を使います。儲かっている社長が必ず実践している、世の中的には好ましくない3つのことをご紹介します。

絶対に間違えてはいけない!会社を成長発展するための投資の順番

 経営者の仕事の1つに、将来の売上を作るためにお金を使うことがあります。しかし、経営者の中には投資を全くしない方もいらっしゃいます。ただ、もっと危ないのが投資の順番を間違えている経営者です。ビジネスモデ... 

経営ニュースの記事をすべて見る

経営の知識を学ぼう!

経営者になる方法

「将来、経営者になりたい。けれども、自分じゃ経営者になれないんじゃないか…」と考えている、起業家予備軍の方々向けに、様々なシチュエーション別でどうしたら経営者になれるかをお伝えします。経営者になる(なっちゃう)方法はみなさんが思う以上に簡単なものです。

良い経営をしている会社の特徴

国税庁の統計では、起業から10年で残る会社は6.3%しかないという数字が出ています。これに加えて毎年黒字経営を実現するのは至難の業です。従って、良い経営をしている会社は、「勝つためのコツ」をきちんと知っており、これを実行しています。良い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

ダメな経営をしている会社の特徴

日本企業の60〜70%が慢性的な赤字経営に苦しんでいます。良い経営とダメな経営では男女ほど思考回路に違いがあり、ダメな経営を行っている企業には共通して見られるイケてない特徴があります。まずは、その特徴を認識することが、良い経営に踏み出す一歩へつながります。悪い経営をしている会社の特徴を学びましょう。

経営が上向いた時にやるべきこと

地道な努力が実を結び、業績が上向きはじめ、多くの人から賞賛され始めて数年が経過しました。ところが絶好調だった会社が組織崩壊の憂き目に遭い、商品が売れなくなるといった事態がよく起こります。経営を継続的に上向きな状態で続けるのはとても難しいことです。経営が上向いた時にやるべきことを学びましょう。

経営して上手く行かない時の対処方法

これまで散々手を尽くしてきたが経営状態が一向に上向かない。業績を飛躍的に伸ばすためのヒト・モノ・カネが整っていない。創業メンバーが離れていく。従業員にそっぽを向かれる。こんな具合に、あと一歩何かが足りない場合に備え、経営して上手く行かない時の対処方法を学びましょう。

偉人から経営を学んでみよう

経営に必要な要素全てを経験から得るのでは時間が幾らあっても足りません。私達は、「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という賢言に従い、歴史上の偉人達から経営が上手くいくために必要とされる普遍的な知識を学び、日々の経営で実践する必要があります。

経営に役立つ参照サイト(外部サイト)

企業経営に役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

経営
経営に関わるニュースをチェックすることが経営判断を行う上で役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では経営に役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
何も考えてない部下を自ら考え動ける「最強社員」に育てる簡単な方法 

何も考えてない部下を自ら考え動ける「最強社員」に育てる簡単な方法 

 口をパカーっと開けて、仕事くれ〜っ、次の仕事はなんですか〜?という感じの、自分で考えて行動できない部下があなたの下にいませんか?でも、部下がそうなる責任は社長であるあなたにあります。では、考えない部下を「最強社員」に育てるにはどうしたら良いのでしょうか?根気は必要ですが、やることは1つだけ。しかも、すごく簡単です。


凡人に非凡な仕事を達成させたかったら「教え過ぎるな・指示するな」

凡人に非凡な仕事を達成させたかったら「教え過ぎるな・指示するな」

 社長の仕事の1つは、「人を動かす」ことです。しかし、どうすれば凡人に非凡な仕事をやってもらえるよう動かせるのでしょうか?社員が自ら考えて動くよう、動かすことができるのでしょうか?大小併せて様々な企業のコーチングに携わってきたキミアキ先生が解説してくださいます。


人は裏切るが仕組みは裏切らない 会社の業務を仕組み化する5つの手順

人は裏切るが仕組みは裏切らない 会社の業務を仕組み化する5つの手順

 「会社はやっぱり人だ!」とは言いますが、能力のある人に頼ってばかりで、業務を動かす仕組みが無ければ、いずれその会社はガタガタになります。なぜなら、雇った人はいずれ必ず辞めていくからです。どうしたら、「人に仕事をつけない。仕事に人をつける。」という鉄則の下、社内業務を仕組み化できるのか?仕組み化を実現するために必要な5つの手順をご紹介します。


社員から社長へグチ・文句の代表4選〜文句言われても憎むなかれ、なびくなかれ

社員から社長へグチ・文句の代表4選〜文句言われても憎むなかれ、なびくなかれ

 「うちの社長、お金の使い方がおかしいよね」「うちの社長は大きいことばかり言うホラ吹きだ」「うちの社長は面倒くさい作業を社員に任せて自分は楽ばかりしている」「うちの社長は朝令暮改で指示がコロコロ変わる」もしあなたがこう言われている社長なら、むしろ誇ってください。文句言われても憎むなかれ、なびくなかれ。あなたがチャレンジしていれば、いずれ会社は飛躍するからです。


あの人が仕事ができるのはなぜ?できる人が必ず意識してる「7つの思考の型」

あの人が仕事ができるのはなぜ?できる人が必ず意識してる「7つの思考の型」

 一見、クールで、何も苦しんでいないような、爽やかでサラッとした表情を浮かべたビジネスマン。あなたの周りにもいませんか?彼らは仕事をしていないように見えて、遅くまで仕事している人と同等、もしくはそれ以上の仕事をやりきっています。仕事ができる人が共通して持つ「7つの思考の型」をご紹介したいと思います。


中小企業の社員が大企業の社員に勝つため身につけるべき3つの習慣

中小企業の社員が大企業の社員に勝つため身につけるべき3つの習慣

 大企業の社員は一人じゃ何も考えられないボンクラの集まり!なんて言われる方もいますが、ならば、なぜ大企業は過去最高の内部留保を実現して、中小企業以上に賃上げを行えているのでしょうか?中小企業の社長が直視しなければいけないこと、それは、大企業の人材の多くが中小企業の人材より優れていることです。どんな差があり、どうやって埋めていけばよいのでしょうか?


バカとブスこそ東大へ行け!⇒バカとブスこそ起業しろ!が正解な理由

バカとブスこそ東大へ行け!⇒バカとブスこそ起業しろ!が正解な理由

 「俺は中卒だから…」「Fランじゃ大手企業なんて就職できねぇよ。人生詰んだわ。」「なんで親は私をこんなバカにされるようなブスに生んだの」なんて人生が真っ暗な感じがしている、自分がバカ、ブスだと思う皆さん。ドラゴン桜では「バカとブスこそ東大へ行け!」という名台詞がありましたが、もしかすると「バカとブスこそ起業しろ!」が正解かもしれません。その理由を島倉さんが解説します。


西暦3千年の日本、その人口なんと2千人!人口減少社会で生き残るための5つの対策

西暦3千年の日本、その人口なんと2千人!人口減少社会で生き残るための5つの対策

 昨年ヒットした本「未来の年表 人口減少 日本でこれから起きること」に描かれる未来はこんなものです。2021年、介護離職の大量発生。2030年、地方から百貨店と銀行が消える。2040年、自治体の半数が消滅…って、これ、お先真っ暗じゃないですか!お先真っ暗な未来のニッポンに備えて、中小企業はどう備えれば良いの?ということで、南本さんが解説してくださいます。


経営ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。