節約 社長

経営

過半数・2/3・3/4〜それぞれの株保有割合でやれることはどう変わる?

株の保有割合でデキることはどう変わるか?

過半数・2/3・3/4〜それぞれの株保有割合でやれることはどう変わる?

 株主と会社経営陣との対立が度々ニュースとなります。多くの場合、これらの対立が起きる原因は、株主が保有する株の保有割合によるものです。「自分がどれだけの割合の株を持ち、どんな意思決定を行えるように...

投稿日:2017年6月27日

使えない社員がいるのは社長の責任 自ら考えて動く社員を作る教育とは?

社員が使えないのは社長である貴方の責任

使えない社員がいるのは社長の責任 自ら考えて動く社員を作る教育とは?

 使えない社員を抱えて経営者が悩んでいる会社は、往々にして採用した後の社員教育を施していません。採用した人材の多くは、「働く場所が無いからアンタの会社選んだだけ」であって、教育無くして彼らが有用な...

投稿日:2017年6月26日

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

売れないものを売る人に共通する3つの傾向

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

 売れている商品と売れていない商品の違いは、基本的に顧客が求めているか、求めていないか、というところに集約されます。会社を始める時によくどツボにはまるパターンが、サラリーマン時代の商売を始めるとい...

投稿日:2017年6月21日

“マネーの虎”虎達が続々と倒産した理由〜カリスマ経営・最大の弱点とは

マネーの虎に見るカリスマ最大の弱点とは?

“マネーの虎”虎達が続々と倒産した理由〜カリスマ経営・最大の弱点とは

 今から13〜4年前、起業家予備軍に対して、虎と呼ばれる経営者が出資するか否かを決めるテレビ番組である、マネーの虎が人気を集めていました。ところが、時は経ち現在、カリスマとして名声をはせていた虎の...

投稿日:2017年6月13日

会長や社長が「相談役」や「顧問」に残る大きな理由〜武田薬品の場合

会長や社長が相談役や顧問に残る大きな理由

会長や社長が「相談役」や「顧問」に残る大きな理由〜武田薬品の場合

 企業の会長や社長が退任後に、会社をいきなり辞めず、「相談役」「顧問」として残るケースがあります。事業判断に関与しておらず、相談役としてアドバイスを求める機会も少なくなるのに、なぜ企業は彼らに一定...

投稿日:2017年6月13日

京都祇園の女将に学ぶ〜自らの「運命」「宿命」を受け入れ「立命」すること

より良い人生を過ごすための「立命」とは?

京都祇園の女将に学ぶ〜自らの「運命」「宿命」を受け入れ「立命」すること

 京都祇園にある老舗のお茶屋「富美代」を受け継ぐ女将には、“一生涯結婚してはならない”というしきたりがあります。しきたりに抗いながらも遂には自らの宿命を受け入れ、店を数十年に渡って切り盛りしてきた8代...

投稿日:2017年6月8日

リーダーにしたい歴史上の人物NO1!山本五十六の言葉はなぜ心に響くのか?

山本五十六の言葉はなぜ心に響くのか?

リーダーにしたい歴史上の人物NO1!山本五十六の言葉はなぜ心に響くのか?

 歴史上の人物「理想のリーダー」ランキングで常にトップ争いに食い込む人物といえば、海軍司令長官・山本五十六です。彼の名言は、管理職やリーダーに受けいられるのはもちろん、多くの人の心を今でも打つもの...

投稿日:2017年6月7日

既婚の経営者が絶対に手を出してはならぬ女性とは?浮気の禁じ手はこれ!

既婚社長が手を出してはならぬ浮気相手とは

既婚の経営者が絶対に手を出してはならぬ女性とは?浮気の禁じ手はこれ!

 1人で会社をゼロから立ち上げて、組織を拡大してきた経営者ほど、パワーが有り余って異性を押し倒すことに積極的です。年齢を重ねても男性・女性として現役なら、不倫に走る傾向も強くなります。ただし、不倫の...

投稿日:2017年6月6日

社員を奴隷扱いしてる万年赤字のクソ社長がやってる6つのクソな行動

万年赤字社長がやってる6つのクソな行動

社員を奴隷扱いしてる万年赤字のクソ社長がやってる6つのクソな行動

 日本に奴隷制度はもうありませんが、多くの赤字企業では、経営者が社員を事実上の奴隷扱いしている光景がよく見られます。「自分は社員を大切にしているんだ!」と言いながら、その実は社員を奴隷としか思って...

投稿日:2017年6月5日

稼げない社長は使えないスキルと薄っぺらい人脈に惜しみなく投資する

稼げぬ社長はスキルと人脈になぜか投資する

稼げない社長は使えないスキルと薄っぺらい人脈に惜しみなく投資する

 経営コンサルタントとして1,600社以上のコンサルティングに関わってきた島倉さんは、稼いでいない社長が使えないスキルと薄っぺらい人脈にお金と時間を使っていると解説します。社長の本分とは何なのか?本当に...

投稿日:2017年6月2日

儲かっている会社の存在が信じられぬ赤字会社の「つちのこ現象」

赤字会社が黒字会社に見る「つちのこ現象」

儲かっている会社の存在が信じられぬ赤字会社の「つちのこ現象」

 ツチノコのように見たことが無いものは、私達にとって存在を認めがたいものです。赤字会社にとっても、儲かり続けている黒字会社は、ツチノコのような存在に見えます。この状態を脱するには、まず、黒字会社が...

投稿日:2017年6月1日

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

社長のするべき仕事・やってはいけない仕事

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

 「1日20時間も一生懸命仕事をしているのに全然儲かっていない。」社長と会社がこのような状態ならば、それは社長の仕事に大きなムダが生じていることを意味します。社長の仕事は売上・収益に直結する仕事と、資...

投稿日:2017年5月25日

デメリットほぼ無し!雑収入を売上に計上すると銀行の評価があがるよ!

雑収入を売上計上すると銀行の評価があがる

デメリットほぼ無し!雑収入を売上に計上すると銀行の評価があがるよ!

 イレギュラーな収入ゲットしたぜっ!エヘッ!みたいなこと、皆さんの会社でも1年に1〜2回はあると思います。通常、この収入は雑収入として営業外収益に計上されますが、売上に計上することで銀行の評価をプラス...

投稿日:2017年5月24日

天下の三井不動産でも…子会社で粉飾決算が頻発しやすい3つの理由

子会社で粉飾決算が頻発しやすい3つの理由

天下の三井不動産でも…子会社で粉飾決算が頻発しやすい3つの理由

 先週の17日(水)に、大手不動産会社・三井不動産の子会社である三井不動産リフォームが、過去2年間で営業利益を約10億円水増ししていたことがわかりました。東芝の例をはじめとして、子会社で粉飾決算が起きや...

投稿日:2017年5月23日

小さなお店の大逆襲作戦!3つの切り口で巨艦Amazonを打ち負かせ

アマゾンが個人店のマネをできぬ3つのこと

小さなお店の大逆襲作戦!3つの切り口で巨艦Amazonを打ち負かせ

 ネット最大のショッピングモールAmazonが小売業界の頂点へ上り詰めるのも、時間の問題となってきました。街の商店街や田舎に構える小さな店は、為す術もなくAmazonに淘汰されざるを得ない運命にあるのでしょう...

投稿日:2017年5月22日

社風が変われば業績も良くなる〜謎の武器「クレド」を導入しよう

謎の武器「クレド」を活用して儲けよう

社風が変われば業績も良くなる〜謎の武器「クレド」を導入しよう

 クレドとは、日本語に訳すと、「信条」「志」「約束」という意味を持った言葉であり、同じ企業で働く人全てが共通して持つことを意識して設定される文化指針を言います。クレドに基づいて行動すると社風が良い...

投稿日:2017年5月19日

儲かる会社はザックリ予算組みして儲けてる。儲かる社長の思考回路

儲かる会社はザックリ予算組みして儲けてる

儲かる会社はザックリ予算組みして儲けてる。儲かる社長の思考回路

 会社としての純利益が数千万円単位で出てくると、中小企業でも「儲かっている」実感が湧いてくるものです。キミアキ先生は、数千万円単位の純利益を出す事業を作れるか否かは、最初に立てる作戦で決まると言い...

投稿日:2017年5月16日

経営者が知っておくべき自己資本比率とは?貸借対照表を賢く使い倒せ

経営者が知っておくべき自己資本比率とは?

経営者が知っておくべき自己資本比率とは?貸借対照表を賢く使い倒せ

 経営者の方にお話をお伺いすると、多くの方は損益計算書こそ見れど、貸借対照表はあまり見ない、という方が多いようです。しかし、貸借対照表は、会社の経営状態に関する判断や資金繰りの状況を把握する上で、...

投稿日:2017年5月12日

世界に出なくても国内で十分に勝てる〜個人商売の情報発信・5つの基本方針

個の時代を生き抜く人の情報発信に役立つ5つの方針

世界に出なくても国内で十分に勝てる〜個人商売の情報発信・5つの基本方針

 インターネット社会が発展したことで、私達はみな個人で好きなように情報発信を行えるようになりました。このことは、個人で事業を営む人や、零細企業にとって、またとないチャンス。個の時代を生き抜く人の情...

投稿日:2017年5月11日

赤字会社VS黒字会社〜従業員の扱いに生じる決定的な差を子育て四訓で説明しよう

赤字と黒字で従業員の扱いに大きな違いあり

赤字会社VS黒字会社〜従業員の扱いに生じる決定的な差を子育て四訓で説明しよう

 子供の成長に応じて、子供に対する接し方を変えていくことを勧める「子育て四訓」。この話を中小企業に当てはめると、赤字会社は従業員を徹底して小学生扱いして見張り、黒字会社は従業員を大人扱いした上でし...

投稿日:2017年5月1日