節約 社長

経営 ニュース

「信長の野望」が遊んで学べる最強のビジネス教材と言える3つの理由

「信長の野望」は遊んで学べるビジネス教材

「信長の野望」が遊んで学べる最強のビジネス教材と言える3つの理由

 『信長の野望』が遊んで学べる最強のビジネス教材?!本当にそうなんです。実はこのゲーム、ハーバード大学の大学院のMBA経営学修士の教材にもなっています。では、なぜ「信長の野望」が遊んで学べる最強のビジ...

投稿日:2017年12月14日

ビジネスの世界でお金を使わずに0を100にしようとする人は成功しない

お金を使わずに0を100にするなんて無理

ビジネスの世界でお金を使わずに0を100にしようとする人は成功しない

 稼げていない人の典型的な思考、それは、「お金を使わずに収入の無いところから収入を作ろう」と考えることです。対して優秀な経営者は、自分の時間やお金を価値あるものに投資して、効率よく収益を生み出す仕...

投稿日:2017年12月13日

戦国最強の武将・「武田信玄」式の経営法を現代の会社経営に応用してみよう

「武田信玄」式・経営法〜その極意とは?

戦国最強の武将・「武田信玄」式の経営法を現代の会社経営に応用してみよう

 自分の命とひきかえに武将たちが戦争を繰り広げた戦国時代は、経営者の心を惹きつけてやみません。特に、戦国最強の武将と言われる武田信玄は、武田二十四将という有能な部下達を抱え、多くの戦を勝ち抜き、天...

投稿日:2017年12月11日

ポジティブ思考もネガティブ思考も行き過ぎはダメ!ゼロベース思考のススメ

超簡単で単純!「ゼロベース思考」のススメ

ポジティブ思考もネガティブ思考も行き過ぎはダメ!ゼロベース思考のススメ

 「ポジティブ思考」は良くて、「ネガティブ思考」はダメ。一般的にはそう言われていますが、どちらも行き過ぎは害悪にしかなりません。なぜなら、人生の8割は自分の思い描いた通りになど行きません。自分の目の...

投稿日:2017年12月8日

たとえダークサイドに堕ちたとしても…商売人はフォースを手にし、売り続ける

ダークサイドに堕ちても商売人は売り続ける

たとえダークサイドに堕ちたとしても…商売人はフォースを手にし、売り続ける

 商売人の宿命、それは「売り続けなければ死ぬ」ことです。日々、必死に売り続ける姿は世の中の人から見れば、ダークサイドに堕ちたダース・ベイダーのようにすら見えるかもしれません。売れるために最前線で目...

投稿日:2017年12月7日

税理士にチャットでサクッと相談 ChatWorkのコンシェルジュサービスが秀逸

税理士にチャットで相談できるサービス開始

税理士にチャットでサクッと相談 ChatWorkのコンシェルジュサービスが秀逸

 小さな会社の場合、顧問税理士と契約を結んでいない、最低限の業務しか依頼していない、という方は多いのではないでしょうか?何より顧問契約は重いので、必要な時にサクッと専門家に相談できたらそれで良いで...

投稿日:2017年12月6日

経営者もスタッフも皆が理想とする「自由に稼ぐ経営」はどうしたら実現する?

「従業員が自由に稼ぐ経営」を実現する方法

経営者もスタッフも皆が理想とする「自由に稼ぐ経営」はどうしたら実現する?

 「従業員が自らの意思で考えて動き自由に稼ぐ」状態は、経営者にとっても従業員にとっても理想的な会社のあり方です。このスタイルを重視する黒字企業は、採用の時点から優秀な人材を集めることに一番の力を注...

投稿日:2017年12月5日

「金持ちの子は金持ち、貧乏の子は貧乏」から抜け出して逆転エリートになる方法

人を雇用することで逆転エリートになれ!

「金持ちの子は金持ち、貧乏の子は貧乏」から抜け出して逆転エリートになる方法

 世の中には、「金持ちの子は金持ちになり、貧乏の子は貧乏になる」という常識が出来上がりつつあります。一方で日本の税制度が、学があろうが無かろうが、親が金持ちだろうが貧乏だろうが、リスクを取り付加価...

投稿日:2017年11月29日

ドラマ「陸王」に学べ!中小企業を再成長させるイノベーションの起こし方

イノベーションの起こし方を「陸王」に学べ

ドラマ「陸王」に学べ!中小企業を再成長させるイノベーションの起こし方

 どんな市場も製品も事業も必ず、成長を経た後に衰退期を迎えるため、企業を存続させ、再成長させるためにはイノベーション(革新)を起こす必要があります。しかし、多くの企業はこれまでの事業やモノに固執し...

投稿日:2017年11月28日

糞バカ経営の逆をやれ!無謀無策な指揮官の下で犬死したい奴はいない

糞バカ経営の逆をやれば黒字は必然化する

糞バカ経営の逆をやれ!無謀無策な指揮官の下で犬死したい奴はいない

 同業者が中小零細企業で100社あったとして、そのうち競争が起こるのは上の20社だけであり、あとの80社は競争にもならないまま、いつの間にか廃業していきます。80社に共通して見られるもの、それは無謀無策な経...

投稿日:2017年11月27日

こんな成功者の本は読むな!“自称”成功者が書いた本の特徴

“自称”成功者が書いた本は一切読むな!

こんな成功者の本は読むな!“自称”成功者が書いた本の特徴

 ビジネスで成功していく上で自ら学習するのは非常に重要なことです。学習の代表例と言えばビジネス書を読むことですが、中でも成功者の本を読むと様々な気付きを得ることができます。ただし、成功者にも2種類の...

投稿日:2017年11月22日

トップの意図は単純明快な1言で表わせ〜30年黒字継続サウスウェスト航空の場合

SW航空に学ぶトップメッセージの打出し方

トップの意図は単純明快な1言で表わせ〜30年黒字継続サウスウェスト航空の場合

 あれほど時間をかけて情報を精査し、様々なシチュエーションを想定して練り上げたトップ肝いりの計画。しかし、当初「完璧」と思えたはずの入念な計画は、いざ始めてみると大半が上手く行かず頓挫します。トッ...

投稿日:2017年11月16日

評価され人を動かせる40代になりたい人は20・30代をどう過ごすべきか?

どうしたら評価される40代になれるのか?

評価され人を動かせる40代になりたい人は20・30代をどう過ごすべきか?

 40代になると、肉体能力の低下を決して無視できなくなります。贅肉は落ちにくくなり、老眼が一度進み始めると近くがボヤケて見えにくくなります。ですから40代以降は、2〜30代の頃のようにがむしゃらに働くので...

投稿日:2017年11月16日

仕事もボーリングも一緒。やるべきことはセンターピンを狙うだけ

仕事もボーリングもセンターピン狙いで行け

仕事もボーリングも一緒。やるべきことはセンターピンを狙うだけ

 ボーリングで勝つための鉄則といえば、センターピンを狙うことです。左右のピンを勢い良く倒したところで、倒れるピンの本数は限られており、一方でセンターピンを倒せば他のピンも効率よく倒れる可能性が高ま...

投稿日:2017年11月15日

だまされる側の経営者となるなかれ!ドラゴン桜に学ぶ「信用の力」

騙されぬためにドラゴン桜から信用力を学べ

だまされる側の経営者となるなかれ!ドラゴン桜に学ぶ「信用の力」

 マンガ『ドラゴン桜』では、元暴走族の弁護士・桜木先生が落ちこぼれ生徒たちに世の中の冷酷な仕組みを伝えたうえで、「このままだとお前らは負け組だ」と発破をかけ東大合格を目指すよう諭しました。同じよう...

投稿日:2017年11月14日

上手く行かない時は、一旦テレビやインターネットの情報を遮断せよ

上手く行かない時は情報遮断したほうが良い

上手く行かない時は、一旦テレビやインターネットの情報を遮断せよ

 上手く行く時は何をやっても上手く行くのに、一旦流れが悪くなると何も上手く行かない。数値化こそできないものの、人生には確実にバイオリズムがあります。ただし、流れが悪い時にウェブやテレビ、それから本...

投稿日:2017年11月10日

「宝塚ブスの25ヶ条」に学ぶ愛される会社・社長・従業員になる方法

「宝塚ブスの25ヶ条」に学ぶ愛される秘訣

「宝塚ブスの25ヶ条」に学ぶ愛される会社・社長・従業員になる方法

 日本のミュージカル界で常に圧倒的な人気を誇る宝塚歌劇団の舞台裏には、「ブスの25ヶ条」という戒めが貼ってあります。これは宝塚が「性格ブス」に該当する人物の特徴を書き出したものですが、これをビジネス...

投稿日:2017年11月9日

時価総額経営とはどんな経営スタイル?2つのメリットとデメリット

時価総額経営2つのメリットとデメリット

時価総額経営とはどんな経営スタイル?2つのメリットとデメリット

 時価総額とは、株価✕発行済株式総数という形ではじき出される企業評価の一指標であり、自社の株式時価総額の最大化を目標とする会社経営を時価総額経営と言います。日本でもソフトバンクをはじめとして時価総額...

投稿日:2017年11月8日

近い将来、競争からの逃げ癖がついた大人の居場所はどこにも無くなる

逃げ癖がついた大人の居場所はどこにも無い

近い将来、競争からの逃げ癖がついた大人の居場所はどこにも無くなる

 創業社長は自分が起業開業した後は、勝者となり生き残るために戦い続ける日々を送ります。一方で、自らは戦えても、社員を競争から逃げない価値ある人材に育て上げるのは至難の業です。しかし、社会情勢は刻々...

投稿日:2017年11月2日

いつまで経っても結果を出せない人が陥っている典型的な3つの思考

結果を出せない人に典型的な3つの思考

いつまで経っても結果を出せない人が陥っている典型的な3つの思考

 「あともう少しの惜しい人」「才能はあるのに上手くいってない人」と評される人は世の中に沢山います。一方で、なんだかんだ結果を出す人は、どんなときでも一定の結果を出し続けています。島倉さんは、なかな...

投稿日:2017年11月1日