節約 社長

経営

集客できるようになったのにお店が潰れた!なぜこんなことが起こるのか?

集客できるようになったお店が潰れるワケ

集客できるようになったのにお店が潰れた!なぜこんなことが起こるのか?

 考えにくいかもしれませんが、集客が上手く行ったのに会社がダメになるパターンがあります。どんな時にこんな現象が起こるかというと、集客に成功して売上が伸びたのに、人材がこれに対応して室の高い業務をこ...

投稿日:2017年8月22日

社員のやる気はお金じゃ変わらない。じゃあ、どうすりゃいいのというお話。

社員のやる気はお金を与えても全く変わらん

社員のやる気はお金じゃ変わらない。じゃあ、どうすりゃいいのというお話。

 2013年のある統計によると日本人のうち働くことに対して「やる気がある」と答えた人は31%に過ぎませんでした。キミアキ先生は、インセンティブを与えても、社員研修を実施しても、社員のやる気なんて出ないと...

投稿日:2017年8月7日

経営者にとって謙虚とかマナーなんて二の次。むしろ傲慢であれ!

謙虚とかマナーなんて二の次。傲慢であれ!

経営者にとって謙虚とかマナーなんて二の次。むしろ傲慢であれ!

 ビジネスの本質はお金をかけた戦いです。経営者はいつでも、国と戦い、ライバル企業と戦い、取引先と戦う、その覚悟を持つ必要があります。マナー、謙虚、しきたり、順番、慣習、これらは戦いに勝つ上で、小さ...

投稿日:2017年8月4日

部下をすり減らす無能な中間管理職に見られる5つの“あるある”言動

無能な中間管理職に見られる5つのあるある

部下をすり減らす無能な中間管理職に見られる5つの“あるある”言動

 貴方の会社は順調な波に乗っているかもしれませんが、思い返してみた時に、自分が勤め人時代だった頃の「クソ上司」と同じような中間管理職を囲うことになってはいないでしょうか?だとすれば、社内にはたくさ...

投稿日:2017年7月21日

高く付く社員か?安く済む外注か?消費増税で経営者が否応なしに迫られる選択

経営者がこれから迫られる外注と内製の選択

高く付く社員か?安く済む外注か?消費増税で経営者が否応なしに迫られる選択

 消費税が8%にあがり、中小企業の経営陣の考え方に明らかな傾向が現れ始めています。それは、高く付く社員を雇うより、安く済む外注へ業務をシフトさせる傾向です。なぜ、このような流れが生まれ始めているのか...

投稿日:2017年7月5日

家業やってる自営業者は結婚できない?!嫁ぐ奥さんの不安予防策とは

家業を継ぐ人が結婚しにくいのはなぜ?

家業やってる自営業者は結婚できない?!嫁ぐ奥さんの不安予防策とは

 自営業者の間には、結婚が遅れる、子供を持つ年齢が遅れる、住宅ローンが組めない、割とこのような傾向が見られます。確かにお嫁さんの立場から見れば、家業だから親がついて回る、収入が不安定そう、休みが取...

投稿日:2017年7月3日

偶然を楽しめ〜偶然の出会いや偶然の発見は行動した者のみに湧き出る

偶然のチャンスは行動した者のみに湧き出る

偶然を楽しめ〜偶然の出会いや偶然の発見は行動した者のみに湧き出る

 ビジネスで成功した人を見て、「あの人は偶然そういうチャンスに巡り合ったから、運が良かったんだよ。」という人がいます。しかし、偶然の出会いや発見は、行動した人のみに対して「湧き出る」ものであり、失...

投稿日:2017年6月28日

過半数・2/3・3/4〜それぞれの株保有割合でやれることはどう変わる?

株の保有割合でデキることはどう変わるか?

過半数・2/3・3/4〜それぞれの株保有割合でやれることはどう変わる?

 株主と会社経営陣との対立が度々ニュースとなります。多くの場合、これらの対立が起きる原因は、株主が保有する株の保有割合によるものです。「自分がどれだけの割合の株を持ち、どんな意思決定を行えるように...

投稿日:2017年6月27日

使えない社員がいるのは社長の責任 自ら考えて動く社員を作る教育とは?

社員が使えないのは社長である貴方の責任

使えない社員がいるのは社長の責任 自ら考えて動く社員を作る教育とは?

 使えない社員を抱えて経営者が悩んでいる会社は、往々にして採用した後の社員教育を施していません。採用した人材の多くは、「働く場所が無いからアンタの会社選んだだけ」であって、教育無くして彼らが有用な...

投稿日:2017年6月26日

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

売れないものを売る人に共通する3つの傾向

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

 売れている商品と売れていない商品の違いは、基本的に顧客が求めているか、求めていないか、というところに集約されます。会社を始める時によくどツボにはまるパターンが、サラリーマン時代の商売を始めるとい...

投稿日:2017年6月21日

“マネーの虎”虎達が続々と倒産した理由〜カリスマ経営・最大の弱点とは

マネーの虎に見るカリスマ最大の弱点とは?

“マネーの虎”虎達が続々と倒産した理由〜カリスマ経営・最大の弱点とは

 今から13〜4年前、起業家予備軍に対して、虎と呼ばれる経営者が出資するか否かを決めるテレビ番組である、マネーの虎が人気を集めていました。ところが、時は経ち現在、カリスマとして名声をはせていた虎の...

投稿日:2017年6月13日

会長や社長が「相談役」や「顧問」に残る大きな理由〜武田薬品の場合

会長や社長が相談役や顧問に残る大きな理由

会長や社長が「相談役」や「顧問」に残る大きな理由〜武田薬品の場合

 企業の会長や社長が退任後に、会社をいきなり辞めず、「相談役」「顧問」として残るケースがあります。事業判断に関与しておらず、相談役としてアドバイスを求める機会も少なくなるのに、なぜ企業は彼らに一定...

投稿日:2017年6月13日

京都祇園の女将に学ぶ〜自らの「運命」「宿命」を受け入れ「立命」すること

より良い人生を過ごすための「立命」とは?

京都祇園の女将に学ぶ〜自らの「運命」「宿命」を受け入れ「立命」すること

 京都祇園にある老舗のお茶屋「富美代」を受け継ぐ女将には、“一生涯結婚してはならない”というしきたりがあります。しきたりに抗いながらも遂には自らの宿命を受け入れ、店を数十年に渡って切り盛りしてきた8代...

投稿日:2017年6月8日

リーダーにしたい歴史上の人物NO1!山本五十六の言葉はなぜ心に響くのか?

山本五十六の言葉はなぜ心に響くのか?

リーダーにしたい歴史上の人物NO1!山本五十六の言葉はなぜ心に響くのか?

 歴史上の人物「理想のリーダー」ランキングで常にトップ争いに食い込む人物といえば、海軍司令長官・山本五十六です。彼の名言は、管理職やリーダーに受けいられるのはもちろん、多くの人の心を今でも打つもの...

投稿日:2017年6月7日

既婚の経営者が絶対に手を出してはならぬ女性とは?浮気の禁じ手はこれ!

既婚社長が手を出してはならぬ浮気相手とは

既婚の経営者が絶対に手を出してはならぬ女性とは?浮気の禁じ手はこれ!

 1人で会社をゼロから立ち上げて、組織を拡大してきた経営者ほど、パワーが有り余って異性を押し倒すことに積極的です。年齢を重ねても男性・女性として現役なら、不倫に走る傾向も強くなります。ただし、不倫の...

投稿日:2017年6月6日

社員を奴隷扱いしてる万年赤字のクソ社長がやってる6つのクソな行動

万年赤字社長がやってる6つのクソな行動

社員を奴隷扱いしてる万年赤字のクソ社長がやってる6つのクソな行動

 日本に奴隷制度はもうありませんが、多くの赤字企業では、経営者が社員を事実上の奴隷扱いしている光景がよく見られます。「自分は社員を大切にしているんだ!」と言いながら、その実は社員を奴隷としか思って...

投稿日:2017年6月5日

稼げない社長は使えないスキルと薄っぺらい人脈に惜しみなく投資する

稼げぬ社長はスキルと人脈になぜか投資する

稼げない社長は使えないスキルと薄っぺらい人脈に惜しみなく投資する

 経営コンサルタントとして1,600社以上のコンサルティングに関わってきた島倉さんは、稼いでいない社長が使えないスキルと薄っぺらい人脈にお金と時間を使っていると解説します。社長の本分とは何なのか?本当に...

投稿日:2017年6月2日

儲かっている会社の存在が信じられぬ赤字会社の「つちのこ現象」

赤字会社が黒字会社に見る「つちのこ現象」

儲かっている会社の存在が信じられぬ赤字会社の「つちのこ現象」

 ツチノコのように見たことが無いものは、私達にとって存在を認めがたいものです。赤字会社にとっても、儲かり続けている黒字会社は、ツチノコのような存在に見えます。この状態を脱するには、まず、黒字会社が...

投稿日:2017年6月1日

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

社長のするべき仕事・やってはいけない仕事

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

 「1日20時間も一生懸命仕事をしているのに全然儲かっていない。」社長と会社がこのような状態ならば、それは社長の仕事に大きなムダが生じていることを意味します。社長の仕事は売上・収益に直結する仕事と、資...

投稿日:2017年5月25日

デメリットほぼ無し!雑収入を売上に計上すると銀行の評価があがるよ!

雑収入を売上計上すると銀行の評価があがる

デメリットほぼ無し!雑収入を売上に計上すると銀行の評価があがるよ!

 イレギュラーな収入ゲットしたぜっ!エヘッ!みたいなこと、皆さんの会社でも1年に1〜2回はあると思います。通常、この収入は雑収入として営業外収益に計上されますが、売上に計上することで銀行の評価をプラス...

投稿日:2017年5月24日