節約 社長

経済

ハイボール30円の原価バーは独禁法の不当廉売違反に当たるか?

ハイボール30円の原価バーは独禁法の不当廉売違反に当たるか?

 ここ最近「原価バー」が至るところで見られるようになっています。中にはハイボール1杯30円、ビール1杯100円という顧客にとっては魅力度が高い価格でドリンクを提供する店すらあります。ところで、これほど安い価格で商品を提供する店舗は、独占禁止法の「不当廉売」に違反しないのでしょうか?考察してみましょう。

【中小企業の読者限定】消費低迷を口実にした大手小売の値下げを安易に受け入れてはならない

 消費マインドが低下し、消費者の価格に対する姿勢が厳しくなったことを受けて、イオンやABCマート、ニトリを始めとする小売大手は、値下げに踏み切る方針を表明しました。大手の価格トレンド形成に対して、資源の限... 

経済ニュースの記事をすべて見る

経済
経済ニュースをチェックすることがマクロな経済情勢を効率的に知ることの第一歩です。
節約社長ではビジネスに影響を与えるマクロな経済動向や国内外の問題に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
2016年経済に影響を及ぼすイベント〜上半期6選〜

2016年経済に影響を及ぼすイベント〜上半期6選〜

 「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」という故事が示すように、1月は自社や自分自身の方針を、心のゆとりを持って考えられる有意義な時間です。今年一年の計を今のうちに建てておくことは賢明です。そのためにも2016年の経済に影響あるイベントを把握しておきたいところです。本日は2016年上半期に経済へ波及するであろうイベントを、ピックアップしてお届けしたいと思います。


あれから半年 2億人分の不良在庫を抱える中国の不動産市場

あれから半年 2億人分の不良在庫を抱える中国の不動産市場

 2015年7月に上海で起きた株価暴落と、それに対応するため8月に行われた3回に及ぶ中国人民元の切り下げ措置は、世界に大きなニュースとして報道されました。11月の中国貿易統計によると、輸入は前年同期比-6.8%、輸出は-8.7%と足元の経済減速は未だ悪化の一途を辿っています。これ以上に注意しなければならないのが、中国不動産市場の急速な悪化です。


ケバブグランプリ2015へ突撃取材!ケバブ屋台が急増するワケ

ケバブグランプリ2015へ突撃取材!ケバブ屋台が急増するワケ

最近ケバブ屋台が日本国内で急増しているのをご存知ですか?特に東京の秋葉原や六本木、名古屋の大須、これらの地域で特に出店が増えているようです。その理由としては「フランチャイズ」でチェーン店展開が活発化しているからです。若者を中心にケバブを食べる文化が浸透しつつあるため、今後フランチャイズが全国展開すれば、新たなマーケットができる可能性が広がります。


リアルすぎるスターウォーズの消しゴムが映画公開前に発売!

リアルすぎるスターウォーズの消しゴムが映画公開前に発売!

 いよいよ2015年12月18日にシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開を控えているスター・ウォーズシリーズから、今持っておくとお宝になるかもしれないリアルすぎる消しゴムが新発売となる。旧作からの人気キャラクターである「チューバッカ」や「ストームトルーパー」に加えて本シリーズの悪役「カイロ・レン」も精細に再現されている。プレミア化も想定されるため要チェックだ。


コンビニ本部のロイヤリティ徴収はどんな仕組みなの?

コンビニ本部のロイヤリティ徴収はどんな仕組みなの?

 コンビニ業界用語として頻繁に聞く「ロイヤリティ」とは、加盟店がフランチャイズ本部の商標や蓄積してきたノウハウを使用できる権利を得る代わりに本部へ支払う対価です。コンビニ各社のロイヤリティ率はどのようになっているのでしょうか?またコンビニ本部は徴収したロイヤリティをどのような用途で利用するのでしょうか?コンビニ業界の利益配分構図をプロが解説してくださいます。


コンビニって儲かるの!?コンビニ経営のメリット・デメリット

コンビニって儲かるの!?コンビニ経営のメリット・デメリット

 今や全国どこの街に行っても必ずあるのがコンビニエンスストアです。コンビニエンスストアのオーナーとなるきっかけは人それぞれですが、もしコンビニエンスストアの経営を行うのであれば、メリットとデメリットをそれぞれ把握しておくことは得策です。膨大なノウハウが蓄積され、初期投資も少なく始めやすいコンビニですが、フランチャイズ本部との契約には注意が必要となります。


バナナが食卓から消える!?産地フィリピンで起きる4つの異変

バナナが食卓から消える!?産地フィリピンで起きる4つの異変

 物価が上昇し続ける時代にあっても、価格が安定して食べやすいバナナは、2004年からミカンを抜いて国内消費量ナンバーワンのフルーツとなった。日本人にとってバナナは、まさに国民的フルーツと言える。しかし近年バナナ価格の高騰が止まらず、卸価格は5年で7割近くの上昇を見せている。背景に国内流通量シェア70%強を支える産地、フィリピンで起きている4つの異変があった。


消費者目線と事業者目線の違いで起きた3つのトラブル事例

消費者目線と事業者目線の違いで起きた3つのトラブル事例

 国民生活センターでは、消費者被害実態把握と被害発生防止に役立てるため、2002年4月より「消費者トラブルメール箱」を開設しています。トラブルメール箱に寄せられたトラブル事例を3つご紹介し、何をどう改善するべきだったか消費者生活アドバイザーの視点からひも解きます。商品宣伝は「これで正しく伝わるだろうか」という疑う目を持つことが肝要です。


経済ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。