マネー

以下のカテゴリーもご参照ください。

資産運用

年金の受給資格となる加入期間が25年から10年に短縮へ

 日本の年金受給資格は、他の先進国と比較しても非常に厳しいものです。しかし、年金が受け取れずに老後の生活に困窮する人達は大幅に増加しています。これを受けて、政府はついに、受給資格を得られる加入期間を25年から10年に短縮する法案を提出しました。法案は今国会で成立することが見込まれています。
資産運用

多くの経営者が不動産で資産運用・資産形成を行う3つの理由

 日本の空室率は13%に到達し、地方に行けば行くほど、不動産による資産運用は難易度を増しています。それでもなお、経営者の多くは不動産による資産運用を行っています。そこで本稿は、経営者が資産運用を行う際に発生する3つのメリットをご紹介します。
資産運用

休眠会社の売買は素人一切手出し無用、行けばわかるさ修羅の道

 新しい会社を作るのが面倒くさいから、休眠会社を買うという選択肢を検討されたことはありませんか?休眠会社の売買は実際のところ、どのような目的でこれまで行われてきたのか、そのリスクと共に説明します。トータルで見た時に、果たして休眠会社の売買にメリットはあるのでしょうか?
資産運用

三井住友銀行で飛行機を買って節税できるだと?!タックスリースの仕組とリスク

 三井住友銀行が航空券融資を証券化し、グループ内のリース会社が保有する航空機を販売することが報道されました。一連のビジネススキームはタックスリースと呼ばれており、証券化されたリース資産の購入は投資家にとって効果の大きな節税対策となります。しかし、タックスリースはリスクのある商品であり、慎重な投資判断が求められることを忘れてはなりません。
確定拠出年金

確定拠出年金を運用する際に生じる3つのデメリット

 15年前に日本版401kとして鳴り物入りした確定拠出年金制度。制度の改善が進んだこともあり、現在では企業型・個人型合わせて600万人が加入するまでになっており、来年の制度変更により更なる運用者増が見込まれます。しかし、確定拠出年金制度の運用にはデメリットが存在するため、これを踏まえて運用の可否を検討する必要がありそうです。
確定拠出年金

配偶者控除見直し検討のプラス面とは?確定拠出年金の活用を!

 配偶者控除の見直しが検討されており、これまで配偶者控除を受けてきた人にとって税負担が増すマイナス面に注目が集まっています。一方で今回の見直し検討は、女性が厚生年金へ加入する機会の拡大が見込めたり、来年1月から実施される確定拠出年金の対象者拡大による恩恵へ預かれることなど、プラス面が存在するのも確かです。
資産運用

知的財産を持つなら金融機関と事業性評価を通じた連携を取ろう

 知的財産を持つ企業にとって、金融庁が金融機関に対して事業性評価を行うよう通達している今はチャンスです。多くの金融機関、特に地方銀行や信用金庫において、知的財産による事業性評価を行う機運が高まっているからです。資金調達以外にもビジネスマッチングをはじめ、金融機関との付き合いにはメリットが生じます。
資産運用

【必見】21世紀を代表する新しい投資手法「ESG投資」とは?

 ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字であり、これらの分野に配慮している企業を重視・選別して行われる投資が、ESG投資というものです。ESG投資が先進国間で広がった理由や、投資手法が未だ抱える課題点について説明いたします。
小規模企業共済

節約社長が法人経営者におすすめする節税対策43選 まとめ

 節約社長は「コツコツ節約、シッカリ利益。」をコンセプトに、経営に役立つ節約・節税ニュースを経営者の皆様へお届けする節約ニュースメディアです。本記事では、法人経営者におすすめしたい43個の節税対策を厳選してまとめました。ぜひ御社の節税対策にお役立てください。
資産運用

節約と投資の天才は園芸家?!長期投資の元祖・本多静六

私達の世代で身近な長期投資の大投資家といえば、「タマゴボーロ」をヒットさせた竹田和平氏です。ところで読者の皆様は竹田和平氏よりも前に長期投資によって財を成した大投資家「本多静六」をご存じですか?節約による投資資金作り、欲を削ぎ落とした投資手法、そしてお金に対する考え方は、時代を超えた今も学びを与えます。
資産運用

ソニー1000億の社債発行に見る社債発行のメリットと注意点

 ソニーが9月にも機関投資家向けに、1000億円規模の普通社債発行による資金調達を行うことが、明らかになりました。社債発行による資金調達は、出資や融資を受けることと比較した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?また、社債の発行元・引受先となる際は、どのような点に注意すべきなのでしょうか?
資産運用

プログラミングが出来ないIT業界の大投資家クリス・サッカ

 プログラミングも知らず、投資の勉強を学生時代にしたわけでもなく、オマケに自分でインターネットサービスを作ったこともないのに、IT業界の大投資家となったクリス・サッカをご存じですか?彼がどのようにしてインスタグラム、ウーバー、キックスターターへの初期エンジェルとなっていったのかご紹介します。
資産運用

永遠なるコロンブスの卵・ビジネスは仕組が先か?売上が先か?

 経営者間において起こる論争の一つに「ビジネスは仕組みが先か?それとも売上が先か?」というものが挙げられます。確かに日本国内の成功事例を見れば、ビジネスモデルは優れた企業が多いですし、アメリカでは仕組みが優れているとお金が集まりやすいものです。日本の中小企業にとっての現実はどちらを取ったほうが成功しやすいのでしょうか?
確定拠出年金

やっぱり確定拠出年金は最強の資産形成手段!3段階の節税効果

 日本国内で既におおよそ550万人の方が確定拠出年金の運用を行っています。今年の5月末には法改正により、運用ルールが簡素化され、適用対象者の枠も大幅に広がりました。ところが、まだイマイチ確定拠出年金の良さがわからないという方もいらっしゃいます。そこで本記事では、確定拠出年金が持つ3段階の節税効果をご紹介します。
確定拠出年金

タックスヘイブンが無い今の日本で一番有効な資産運用の手段

 国内の資産運用ではいつも、キャピタルゲインや運用益に対する課税が、資産を形成する上でネックとして立ちはだかります。しかし実際には日本でも、タックスヘイブンと同様の投資環境下で、資産形成を行うことが可能です。それは「確定拠出年金」の運用によって実現します。そこで本稿では、確定拠出年金のメリットをご紹介します。
資産運用

世界一の富豪民族ユダヤ人がお金儲けを「良い行い」と捉えるワケ

 多くの日本人は潜在意識で、「お金儲けが悪である」ように思っている部分が少なからずあるようです。一方で世界中合わせても1,400〜1,500万人しかいないにも関わらず、経済的に成功するユダヤ人のお金に対する考え方は、日本のそれとは全く違うものです。ユダヤ人のお金に対する考え方や、その起源について解説いたします。
資産運用

投資への依存状態とならないためにルールと目的を明確化せよ

 「損をしても投資を辞められない」「投資にのめり込んで本業をほったらかす」資産運用をしてお金を増やしていくことは誰にとっても求められていますが、時には生活に支障をきたすほどのトラブルを招くケースもあります。これを防ぐためには、マイルールを作り、投資の目的を明確化する必要があります。
資産運用

今更人には聞けない!企業が資産運用をしなければならない理由

企業経営において資産運用は必須と言ってもよい行動です。リスクを考えるとどうしても運用に思いきれない方も多いようですが、企業が資産運用をするべきなのには、2つの理由が存在します。企業の存続目的は「収益をあげること」であり、資産運用は収益をあげることに直結する行為と言えるでしょう。
資産運用

海外投資の第一歩は日常で為替相場を意識することから始まる

 今年に入ってから乱高下を繰り返す為替相場は、投資先を国内に限らず海外にも広げることにより、保有する資産や通貨を分散することを促し、急激な円安や円高の局面においても、保有する資産に対する為替変動のリスクを分散することの大切さを教えてくれます。海外投資の第一歩は、海外情勢をよく把握し、為替相場を日常から意識することから生まれます。
資産運用

「貯蓄と投資」貴方はどっち?海外投資の合う人・合わない人

 「怪しい」「危険」「詐欺」など、海外投資について、ネガティブなイメージを待たれる方も多いでしょう。そもそも国内であろうが、海外であろうが、投資にリスクは付きものです。この判断を行うためには「投資するリスク」「貯蓄するリスク」を公正に理解した上で、自分が投資するのに向いているか?向いていないか?の見極めが必要となります。