ビジネス

以下のカテゴリーもご参照ください。

マーケティング

ご当地グルメ 負のスタートからイノベーション

 いぶりがっこ、信州そば、さぬきうどん、といえば日本を代表するご当地グルメであるが、そのルーツが地域特有の資源不足を補うために作られた事を知る人は少ない。日本特有の「足るを知る。」精神から生まれたご当地グルメ誕生ストーリーは人・モノ・金という資源が限られた経営者たちに教訓を与える。
経営

世界遺産富岡製糸場 エコ視点で問題解決

 富岡製糸場は官製工場として1872年に群馬県富岡市で設営された。(2014年6月世界遺産登録)設営時の大きな問題点は「作業を効率化するため光で作業場をどう照らすか」だった。電気もない時代に富岡製糸場が繰糸場に凝らした「光を集める」エコなブレイクスルーは現代の私達に大きな教訓を与える。
福利厚生

食デリバリー 福利厚生で活用し美味しく節約

 社員の食事・間食は福利厚生費として処理し、非課税対象の経費として扱うことが可能だ。近年では福利厚生として利用可能で満足度の高いデリバリーグルメサービスが多数立ち上がっている。今回は特に優れたサービスを4つ紹介する。自社にあったサービスを利用することに一考の価値がある。
企業分析

孫正義のスプリント買収劇 600億の節約方法

 ソフトバンクが米国携帯第三位のスプリント社を買収し一年が経過したが業績は相変わらず芳しくない。しかし買収時にソフトバンクは600億円の節約を行っており、過去の歴史を紐解いてもお買い得な買収と出資を繰り返す節約上手な企業である。次の一手次第ではスプリント買収もお買い得だったと言われる可能性がある。  
福利厚生

厚労省の新制度 社員のメタボ解消でコスト節約

 厚生労働省は、メタボ健診の数値が改善した人を対象に、公的医療保険の保険料を安くする新制度を発表した。社員の健康保険料は労使折半で支払われるため、保険料が安くなれば企業側の健保料支払いコストは減る。 メタボ改善が事業に良好な影響を与えている先行事例もあるため、企業のメタボ改善運動はますます高まる。
経営

日米大富豪経営者 節約列伝エピソード1

 毎年長者番付に掲載される有名な経営者達は、天文学的な規模の資産を築いている。しかし彼らは一般的な経済感覚を忘れず、日常の生活・ビジネスシーンの各所で無駄な支出を抑え節約することを怠らない。日米2国4人の大富豪経営者の節約エピソードを知ることは、成功を目指す経営者に教訓を与える。
経営

江戸時代の名君は節約上手 現代に通ずる教訓

江戸時代の藩主は現代の経営者と似た立ち位置に置かれていた。幕府の中央集権体制のもと利益は削がれやすく、費用は多く支出させられる仕組みが出来上がっていたため、健全な藩の運営は非常に困難だった。そのため「名君」と呼ばれる藩主は常に節約に勤め、藩の財政健全化に取り組んだ。現在の企業経営に活かせるヒントは多い。
コスト削減

周年でサマータイム  コスト節約にメリット

 始業・終業時間を早めるサマータイムは、人件費の圧縮、社員のワークライフバランスを充実させるため導入が進んでいる。周年でサマータイム制度を導入する企業も増えており、背景に海外との競争激化に対応すること、人材不足に対応するため優秀な人材を幅広く集めるなど多くのメリットが見える。
効率化

社内会議の無駄をなくす グループウェアの威力

 目的や目標を前もって共有せず行われる報告連絡メインの会議は、社員の時間を奪い経営判断としても仕事の効率化を妨げてしまう悪習だ。 定性的な連絡や結果報告はグループウェアで効率よく行えば、会議で建設的な判断を下すことのみにメンバーが集中可能となる。 各グループウェアの特徴を捉え自社に合ったものを選択し、時間を有意義に使おう。
コスト削減

トライアル雇用奨励金制度で採用コスト大幅圧縮

 雇用情勢がよくなったことで人材採用コストは上昇しており、特に中小企業にとって若手の有用な人材を発掘採用することは困難を極める。ぜひ厚生労働省が設ける「トライアル雇用奨励金制度」の仕組みを知ってほしい。採用コストを国が一部負担し、トライアル期間中の人件費を一部負担してくれるからだ。
効率化

緊急時に対応する社員連絡網の適切な管理方法

昨今、風水害、火山災害などで緊急避難をせざるを得ないケースが多いですね・ 行政機関でも、緊急時の連絡体制についても、細部にわたってその実施をしています。 できうる限り、全社員への意思の疎通を図ることと、社員個々に対してもいかに 安全か...