清永 仁

ビジネス

対面営業で成約率を下げてしまう3つの要因と対策

対面営業でうまく成約が取れないという方は、無意識に間違ったマインドを持っている可能性があります。とくに高額な商品になるほど営業は難しくなりますが、この記事で紹介している成約率をさげる3つの要因を改善するだけで、対面型セールスで成功率を高めることができるようになります。
集客

SNS集客のコツ – お客様に宣伝していただく方法

SNSは企業にとっても重要な集客ツールです。この記事では二次集客の仕組みとして、お客様が自主的にSNSで自社の投稿をしてくれる方法について清永先生が解説してくださっています。
集客

VlogとYouTubeの違いと集客効果の結果検証

動画コンテントとしてVlog(動画ブログ)とYouTubeの違いやどちらが集客効果が高かったのか?について詳しく解説しています。集客においては視聴者数だけではなく問い合わせやメルマガ登録といったコンバージョンにつながったかどうかが重要です。VlogとYouTubeの活用方法を知りたい方はぜひチェックしてください。
マーケティング

【初心者向け】LINE公式アカウントでよくある4つの質問

ビジネスで集客するためにLINE公式アカウントは有効なツールです。この記事では基本的な機能のうち、初心者からよく質問される、あいさつメッセージ・応答メッセージの機能紹介と、LINE公式アカウントの登録者へ送るメッセージの最適な更新頻度について解説しています。
健康

体の負担を軽減!コーチコンサルにおすすめのグッズ3選

skype(スカイプ)やzoom(ズーム)などのビデオ通話を利用したコーチコンサルや、デスクワークの方の体の負担を軽減するためにおすすめのグッズを3つ紹介しています。1つ目は目の負担軽減にブルーライトをカットできるメガネ、腰の負担を軽減するゲーミングチェア、そしてコーチコンサルに大切な喉を守るための加湿器です。
マーケティング

自社の強みと真の競合の見つけ方【顧客に聞くべき2つの質問】

既存客というのは「情報の宝庫」です。顧客への直接の質問の仕方次第で自社の強みや真の競合が分かります。質問の仕方のポイントは「なぜ他社ではなく自社の商品を選んだのか?」「自社の商品を選ぶ際に比較した商品は何か?」です。自社の強みと真の競合の商品を把握し今後の対策を立てることが大切です。
集客

【2020年版】人口減少時代に地方で集客する2つの対策法

2020年に突入し人口の減少も歯止めが利かなくなりました。特に地方は人口減少が激しい中、どのように集客を上げるのかについて解説しています。対策法としては集客コストの低いリピーター戦略や高齢化社会に合わせ宅配・訪問サービスをとることが人口減少時代での集客戦略として有効です。
マーケティング

商品差別化で売上を伸ばす為に重要な3つの視点

この記事は商品差別化によって売上を上げるために重要なポイントについて解説しています。商品を作るためには最低でも差別化とコンセプトとポジショニングの3つの視点を持っていることが必要です。大切なことは競合との差別化だけではなく顧客にとっても魅力的な商品であることです。
集客

今すぐ使うべき!LINE公式アカウントで集客する秘訣

LINE公式アカウントは無料で利用することができるおすすめの集客ツールについて解説しています。特に来客と直接コミュニケーションが取れる店舗ビジネスとマメな管理ができる場合は集客につなげやすいです。LINE公式アカウントには1対1のメッセージ機能があり、そこで顧客との関係性を築くことで集客やリピートにつながるのです。
集客

FAXDMで効果を上げる3つの集客のコツ【地方&BtoB】

2年ほど前からFAXDMがまた注目されてきています。FAXDMの利用者が減りライバルとの差別化になり、さらに費用も下がってきています。FAXDMで集客するポイントはFAXが埋もれずにしっかりと読んでもらうことです。そのためには地方であったり小さな企業を狙うのが効率的です。BtoBを狙うならFAX番号も調べられるので試してみるとよいでしょう。
集客

【知らないとヤバい】経営に必須な「3つの集客スキル」とは?

地方集客コンサルタントの清永仁です。今回は、知らないとヤバ過ぎる、集客に必要な3つのスキルについて解説させてもらいたいと思います。その3つの集客スキルとは、コンセプトの商品力・コピーライティング(メッセージ力)・広告スキルです。商品の魅力をしっかりと言葉で伝えることが大切で、お客さんに魅力が伝われば集客できるようになります。
ビジネス

自社に強みがない場合の”ライバルとの差別化戦略”の考え方

小さな会社であるほど独自の商品を作ることが重要だと紹介していますが差別化は難しいものです。ビッグカメラやヤマダ電機など大手の家電量販店に品揃えも価格も負けている町の電気屋さんが生き残っている理由、そしてコンサルタント業で効果的な広告の出し方を事例に解説しています。
集客

1割りの人だけが知っている”顧客名簿”をビジネスに最大限に活かすコツ

ビジネスにおいて住所・電話番号・メールアドレスなどアプローチできる顧客情報は宝物です。そして大切なことは定期的にアプローチすることと、メルマガ等では男性・女性や年齢層などターゲットを絞って発信することです。発信する際は誰に・何を・どのように、という3つの切り口を意識してください。
営業

田舎過ぎる地方で集客を増やす3つの方法

人口が1万人を切る地方すぎる田舎は集客が難しいです。対策としては人口が多い都市部に移動する・地方独自の魅力を武器にする(移動の際の自然や景色・インスタ映えなどそこでしか体験できないことを活かす)・チラシやポスティングなどのアナログな集客です。実際に飛び込み営業が一番成果を出している企業もあります。
マーケティング

漫画動画や漫画LPで集客効果が3倍!漫画を利用する3つのメリットとは?

漫画を使ったホームページや動画が流行っていて、漫画や漫画動画を使わない時よりも2倍3倍の集客効果があります。メリットは新しい客層の集客ができること、サービス業など言葉で伝えることが難しい目に見えない商品を扱う場合に魅力を伝えやすい、親しみがあり売り込まれている感じがしないので購入率が上がるという点です。集客率を上げる施策として検討してみてはいかがでしょうか。
集客

販売相手を変えただけで”売上を倍増”させた不動産会社の事例【高単価を狙うB2B戦略】

企業の売上を2倍3倍に上げる方法は、顧客を変えるか、商品を変えるか、その両方です。不動産会社を例にしますが、個人から不動産会社や大家さんにターゲットを変えた事に需要があり受注が入りました。個人よりも企業等お金があるところとB2Bの取引をする方が単価が高く効率的です。
集客

地方の集客は一本釣りが重要な理由【専門性と商品コンセプトが成功のカギ】

大都会東京と比べると群馬や茨城では駅前に出店したとしても集客数は低いです。地方で売上を伸ばす為にはお客様の数を増やすことと同時に「一本釣り」で効率的に売上を上げることも重要です。それには誰にも負けないという高い専門性と魅力的な商品を扱うことによって差別化を図ることが大切です。
ビジネス

コーチコンサルで稼ぐための肩書きの作り方と2つの心得とは?

本日は、コーチコンサルや個人起業家の方のために稼ぐ肩書きをつけるための2つのポイントについて解説したいと思います。肩書きというのはかなり重要です。肩書きと自分の顔となるものですから、深く考えてつけてほしいと思います。
ビジネス

AppleやFacebook創業者も!どうして成功者が同じ服を着るのか?

アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズさんは毎回あのタートルネックにデニムです。Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグもTシャツにデニムといういつも同じ服です。本日のテーマは、「成功者が同じ服を着るワケ」についてです。
営業

BtoB?BtoC?BtoB集客で成功するための3つの方法とは?

失敗するBtoB集客 こんにちは、LeadClover社労士事務所代表の清永です。 法人対法人のBtoBと個人向けのBtoCでは集客のやり方が異なります。 そこで、今回は失敗するBtoB集客の共通点と、成功をつかむための3...