節約 社長

起業

起業を成功させたいなら「己の無力さを知ること」から全てを始めよう

起業を成功させたいなら「己の無力さを知ること」から全てを始めよう

 会社に勤務しているうちは、どんなに新しい事業を作ったり、新しい仕組みを作ったとしても、それは結局、与えられた仕事です。新しいことをやれ!という仕事、新しい仕組みを作れ!という任務、全ての仕事が最終的に会社から与えられています。対して、起業するとルールは一変します。己の無力さを深く自覚することが、自ら能動的に学び、努力し、行動することの源泉となっていきます。

一般企業で在宅勤務が進まないワケ〜この現状を活かすと稼げます!

 政府の指針により、リモートワークやテレワークが推奨され、マイクロソフトをはじめとした企業もこれを世に広めようとしています。しかし、なかなかリモートワークやテレワークは一般企業に広まりません。なぜなの... 

起業ニュースの記事をすべて見る

起業の知識を学ぼう!

起業する前に読みたい記事

起業したいけれど起業したことのない人にとって、起業は未知の世界へ飛び立つ壮大なイベントに感じるものです。しかし、いざ起業するとシビアな現実が待ち受けています。起業時にどのような心構えを持つべきか、どのような客層を掴み、どのようなビジネスモデルを選ぶべきか学びましょう。

起業に役立つ資金調達の知識

資金調達は事業を継続する上で起業家にとって避けることのできない業務です。多くの起業家が資金調達に失敗してしまい、事業継続を断念してきました。起業時の資金調達方法、資金調達を行う上で金融機関とどのような交渉を行わねばならないのか等、 起業に役立つ資金調達の知識を学びましょう。

起業に役立つ税務の知識

起業時は何かとお金が入用です。納税の義務を果たしながら、節税できるところで不要なお金の流出を防ぐために、税務の知識は欠かせません。起業した時点、起業後数年(アーリーステージ)の節税の仕方など、起業に役立つ税務の知識を学びましょう。

起業に役立つ労務の知識

起業家になることは、雇われる側から雇う側に自らの立場が180度変わることを意味します。いざ人を雇用する側になると、起業家は労働基準法の枠内で適正な労務を従業員に行わせる必要が生じます。起業時に最低限必要とされる労務の知識をまとめました。起業に役立つ労務の知識を学びましょう。

キミアキ先生の起業酔話

自らも起業家であり、100社以上の起業家を顧問先として支えてきたキミアキ先生のYouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」を文字起こしした記事の中から、起業家の現実、起業家が起業後すぐに成すべきことをテーマとした記事をまとめました。起業家が知るべき起業のエッセンスを学びましょう。

起業に役立つ知財・商標権の知識

起業後は、自社の商品やサービスをライバルに模倣されたり、乗っ取られたりしないように、知的財産権(特許・商標・著作権)などで守らねばなりません。従って、起業時に起業家は最低限の知的財産権について知識を得る必要があります。起業に役立つ知財・商標権の知識を学びましょう。

起業に役立つ法務の知識

立法の元にその存在を許される企業は、従業員や取引先、その他関係者の多くと最終的に法律上の契約によって継続的な関係を築いていくことになります。従って、起業家は起業時に最低限の法務について知る必要があります。起業に役立つ法務の知識をまとめました。

起業に役立つ参照サイト(外部サイト)

起業する上で役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

起業
起業ニュースをチェックすることが、新しく経営者になる方にとって事業を始める第一歩となります。
節約社長では起業の実面に沿って、起業時に把握しておくことが有用なニュースを幅広く配信いたします。
成功したいなら将来を妄想するより現状をしっかり把握することが先な理由

成功したいなら将来を妄想するより現状をしっかり把握することが先な理由

 セミナー等ではよく、「成功したければ、将来成功した時に叶えたいことをイメージしなさい。」と教えられます。しかし、島倉さんはこれを否定し、「成功したければ、まずは悲惨な現状をしっかりと把握しなさい。」と言います。読者のみなさんはなぜだと思われますか?


猛者10人のうち1人しか残れぬ競争社会〜勝ち抜くにはやっぱりコーチが必要

猛者10人のうち1人しか残れぬ競争社会〜勝ち抜くにはやっぱりコーチが必要

 キミアキ先生の中2の息子さんが今年の11月に挑むのは、合格率10%の簿記1級試験。試験参加者のほとんどは大学生以上、合格するのも公認会計士試験合格を目指す猛者が多数を占めます。圧倒的な強者を相手に勝負を挑む点では、起業して勝ち残るのも似たような部分があります。キツイ世界で生き抜くにはどこかでコーチの力が必要かもしれません。


立ち上げ1年で6割廃業〜起業したいなら先に準備しておくべき3つのこと

立ち上げ1年で6割廃業〜起業したいなら先に準備しておくべき3つのこと

 「起業は勢い」とは言いますが、実際に起業して1年で60%の会社は廃業してしまいます。自分の描いた地図通り、計画通りに物事が進むことなど万が一にも起きません。だからこそ、自分が失敗することを前提にして、起業前に何が起きても対処できるよう準備が必要です。起業する前にやっておくべき3つのことを島倉さんが解説してくれました。


成人年齢が18歳に引き下げられると学生起業はより簡単で当たり前になる

成人年齢が18歳に引き下げられると学生起業はより簡単で当たり前になる

 2022年4月を目途に、成人年齢が現在の20歳から18歳に引き下げられることが6月の国会で決まりました。今回の決定により、選挙権が18歳から与えられるようになり、18歳から各種契約の承諾者となれるなど、様々な変化が起こりますが、ビジネスの現場にはどのような影響が及ぼされるのでしょうか?


「自分の天職ってなんだろう?」なんて悩んでいるうちは成功しない

「自分の天職ってなんだろう?」なんて悩んでいるうちは成功しない

 今やっている仕事は本当に自分が一生かけてやって良い仕事なのか?本当にこれが自分のやりたかった仕事なのか?勤め人であろうと、経営者であろうと、多くの人がこの問題に悩んでいます。確かに「好きなことが天職」であることは間違えありません。しかし、成功者の多くは天職を「結果論」として見出しています。その理由を紐解いていくと天職の見つけ方は意外とシンプルであることに気がつけます。


勉強もあまりせず学生時代に遊びまくった低学歴の人が成功しやすい3つの理由

勉強もあまりせず学生時代に遊びまくった低学歴の人が成功しやすい3つの理由

 日本の大企業では、現在も低学歴では入社するどころか、面接の機会すら与えられないというのが現状です。しかし、低学歴であっても起業することで人生を逆転した人は沢山おり、これからは勉強もせずに遊びまくった低学歴の人でも成功しやすい時代になっていきます。インターネットの発達も1つの要因ですが、それ以外にも低学歴で遊びまくってたからこそ成功しやすい3つの理由をご紹介します。


駆け出し起業家の精神状態は預金通帳の残高と比例関係にある

駆け出し起業家の精神状態は預金通帳の残高と比例関係にある

 「このままで本当に家族を養っていけるのか?」「なんであいつらだけが上手くいってるんだ?」日々悪戦苦闘を繰り返す駆け出し起業家の頭をグルグルともたげるネガティブな感情。こんな時は何をやっても上手く行かない気がして、ポジティブな行動にも億劫になりがち。この状態を解決する方法はたった1つだけ。預金通帳の残高を増やすことです。


銀行が口座を開設したがらない「起業したばっかりの会社」が持つ4つの特徴

銀行が口座を開設したがらない「起業したばっかりの会社」が持つ4つの特徴

 これから起業する方は、「会社を起こして社長になったら、どういうことが起こるのかな〜」ということに興味津々かと思います。そこで本稿は様々な会社の開業に立ち会ってきたキミアキ先生が、銀行が口座を開設したがらない「起業したばっかりの会社」が持つ4つの特徴などに触れながら、起業したばかりの会社に起こる現象を教えてくれます。


起業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。