節約 社長

起業

「好きな仕事で起業するのが目標」だけじゃビジネスが続かぬ理由

「好きな仕事で起業するのが目標」だけじゃビジネスが続かぬ理由

「好きな仕事で起業するのが目標」この言葉自体は、最初のきっかけとしては非常に良い心がけであり、こう考えること自体称賛されるべきことです。しかし、起業することが目標なだけでは、実際に起業した後、すぐにビジネスをすっ転ばせてしまいます。ビジネスを継続することで達成したい『目的・目標』を明確にしてスタートしなければ、具体的な行動を起こせないからです。

人間の本能「臆病」を乗り越え、チャンスを掴むために必要なモノ

 人間の本能は「変化やリスクを嫌い現状維持を望む」臆病なものです。従って、転職や起業、投資といったリスクを取ることに対して、人は不安や恐怖を感じ、なかなか行動を取ることができません。私達は自らの力で本... 

起業ニュースの記事をすべて見る

起業の知識を学ぼう!

起業する前に読みたい記事

起業したいけれど起業したことのない人にとって、起業は未知の世界へ飛び立つ壮大なイベントに感じるものです。しかし、いざ起業するとシビアな現実が待ち受けています。起業時にどのような心構えを持つべきか、どのような客層を掴み、どのようなビジネスモデルを選ぶべきか学びましょう。

起業に役立つ資金調達の知識

資金調達は事業を継続する上で起業家にとって避けることのできない業務です。多くの起業家が資金調達に失敗してしまい、事業継続を断念してきました。起業時の資金調達方法、資金調達を行う上で金融機関とどのような交渉を行わねばならないのか等、 起業に役立つ資金調達の知識を学びましょう。

起業に役立つ税務の知識

起業時は何かとお金が入用です。納税の義務を果たしながら、節税できるところで不要なお金の流出を防ぐために、税務の知識は欠かせません。起業した時点、起業後数年(アーリーステージ)の節税の仕方など、起業に役立つ税務の知識を学びましょう。

起業に役立つ労務の知識

起業家になることは、雇われる側から雇う側に自らの立場が180度変わることを意味します。いざ人を雇用する側になると、起業家は労働基準法の枠内で適正な労務を従業員に行わせる必要が生じます。起業時に最低限必要とされる労務の知識をまとめました。起業に役立つ労務の知識を学びましょう。

キミアキ先生の起業酔話

自らも起業家であり、100社以上の起業家を顧問先として支えてきたキミアキ先生のYouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」を文字起こしした記事の中から、起業家の現実、起業家が起業後すぐに成すべきことをテーマとした記事をまとめました。起業家が知るべき起業のエッセンスを学びましょう。

起業に役立つ知財・商標権の知識

起業後は、自社の商品やサービスをライバルに模倣されたり、乗っ取られたりしないように、知的財産権(特許・商標・著作権)などで守らねばなりません。従って、起業時に起業家は最低限の知的財産権について知識を得る必要があります。起業に役立つ知財・商標権の知識を学びましょう。

起業に役立つ法務の知識

立法の元にその存在を許される企業は、従業員や取引先、その他関係者の多くと最終的に法律上の契約によって継続的な関係を築いていくことになります。従って、起業家は起業時に最低限の法務について知る必要があります。起業に役立つ法務の知識をまとめました。

起業に役立つ参照サイト(外部サイト)

起業する上で役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

起業
起業ニュースをチェックすることが、新しく経営者になる方にとって事業を始める第一歩となります。
節約社長では起業の実面に沿って、起業時に把握しておくことが有用なニュースを幅広く配信いたします。
ランチェスター弱者の戦略における2番手の1番手に対する戦い方

ランチェスター弱者の戦略における2番手の1番手に対する戦い方

 ランチェスター弱者の戦略の極意は「強い敵と同じ土俵で戦わないこと」です。特に、1番手に対する2番手の戦略は難しく、2番手は常に「差別化」「独創性」を求められます。自らも、事業者向けYouTubeチャンネル登録者数で2位につけるキミアキ先生が、2番手の戦い方について語ります。


ネット社会は情報格差社会 「良質な情報への投資」無くして富は生まれない

ネット社会は情報格差社会 「良質な情報への投資」無くして富は生まれない

 「インターネットの登場により情報格差は無くなり、社会は更にフラットになっていく」という言葉をいろんなところで耳にします。あらゆるものの値段はタダに近づいていき、多くの人がその恩恵を受けると。しかし、現実はその逆で、価値有る情報はますますネットから秘匿され、情報格差が広がっていきます。良質な情報への投資なくして富を得ることはできません。


成功法則「大量行動」が抱える罠 行動しても◯◯しなければ失敗するだけ

成功法則「大量行動」が抱える罠 行動しても◯◯しなければ失敗するだけ

 多くの成功者は『量は質を凌駕する』という格言を肯定し、マーケティングの世界にも、成功するために『大量行動』が欠かせないことを提示する、『大量行動の法則』という法則があります。しかし、『大量行動の法則』は、ある一つの条件を忘れてしまうと、あっという間に『失敗法則』に変わってしまいます。その条件をブリッジワークの高橋さんが解説してくれます。


叶えやすいゴールと叶えにくいゴール〜モテたい?金がほしい?ならこうしろ!

叶えやすいゴールと叶えにくいゴール〜モテたい?金がほしい?ならこうしろ!

 人はどうしても自分のゴールを設定する時に、「自分のために〜なりたい」と、自分の『Want to』が強すぎるゴール設定を行いがちです。しかし、このような感覚で設定するゴールは、実は小さすぎたり、上手くいかないケースが多いもの。どうすれば、自分の『Want to』をうまいこと維持しながらも、更にでかいぶっ飛んだゴールを設定し、達成することができるのでしょうか?


社畜をやめたいだけなら、起業より転職で十分OKじゃね?!という話

社畜をやめたいだけなら、起業より転職で十分OKじゃね?!という話

 満員電車に乗りたくない、くだらない飲み会に参加したくない…だから起業する!確かに起業の動機は十人十色です。しかし、起業は、これらやりたくないことをやらないための「絶対必要」条件なのでしょうか?社畜ではないサラリーマンとしてのキャリアという道はどこにも無いのでしょうか?というのも、起業した後は社畜以上の厳しい労働が待っている可能性が高いからです。


起業を成功させたいなら「己の無力さを知ること」から全てを始めよう

起業を成功させたいなら「己の無力さを知ること」から全てを始めよう

 会社に勤務しているうちは、どんなに新しい事業を作ったり、新しい仕組みを作ったとしても、それは結局、与えられた仕事です。新しいことをやれ!という仕事、新しい仕組みを作れ!という任務、全ての仕事が最終的に会社から与えられています。対して、起業するとルールは一変します。己の無力さを深く自覚することが、自ら能動的に学び、努力し、行動することの源泉となっていきます。



『個性』と『協調性』を両方伸ばすと、本当に自分のやりたいことが実現する

『個性』と『協調性』を両方伸ばすと、本当に自分のやりたいことが実現する

 『個性』と『協調性』は一般的に対立する概念として捉えられています。しかし、両者をどちらも伸ばすことで、私達は良い未来を選ぶことが可能です。本当に好きなことを始めた後でも、1人の『個性』に限界があると知れば、人は『協調性』を伸ばして、圧倒的な成果を出すことができるようになります。


起業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。