節約 社長

起業

立ち上げ1年で6割廃業〜起業したいなら先に準備しておくべき3つのこと

立ち上げ1年で6割廃業〜起業したいなら先に準備しておくべき3つのこと

 「起業は勢い」とは言いますが、実際に起業して1年で60%の会社は廃業してしまいます。自分の描いた地図通り、計画通りに物事が進むことなど万が一にも起きません。だからこそ、自分が失敗することを前提にして、起業前に何が起きても対処できるよう準備が必要です。起業する前にやっておくべき3つのことを島倉さんが解説してくれました。

駆け出し起業家の精神状態は預金通帳の残高と比例関係にある

 「このままで本当に家族を養っていけるのか?」「なんであいつらだけが上手くいってるんだ?」日々悪戦苦闘を繰り返す駆け出し起業家の頭をグルグルともたげるネガティブな感情。こんな時は何をやっても上手く行か... 

起業ニュースの記事をすべて見る

起業の知識を学ぼう!

起業する前に読みたい記事

起業したいけれど起業したことのない人にとって、起業は未知の世界へ飛び立つ壮大なイベントに感じるものです。しかし、いざ起業するとシビアな現実が待ち受けています。起業時にどのような心構えを持つべきか、どのような客層を掴み、どのようなビジネスモデルを選ぶべきか学びましょう。

起業に役立つ資金調達の知識

資金調達は事業を継続する上で起業家にとって避けることのできない業務です。多くの起業家が資金調達に失敗してしまい、事業継続を断念してきました。起業時の資金調達方法、資金調達を行う上で金融機関とどのような交渉を行わねばならないのか等、 起業に役立つ資金調達の知識を学びましょう。

起業に役立つ税務の知識

起業時は何かとお金が入用です。納税の義務を果たしながら、節税できるところで不要なお金の流出を防ぐために、税務の知識は欠かせません。起業した時点、起業後数年(アーリーステージ)の節税の仕方など、起業に役立つ税務の知識を学びましょう。

起業に役立つ労務の知識

起業家になることは、雇われる側から雇う側に自らの立場が180度変わることを意味します。いざ人を雇用する側になると、起業家は労働基準法の枠内で適正な労務を従業員に行わせる必要が生じます。起業時に最低限必要とされる労務の知識をまとめました。起業に役立つ労務の知識を学びましょう。

キミアキ先生の起業酔話

自らも起業家であり、100社以上の起業家を顧問先として支えてきたキミアキ先生のYouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」を文字起こしした記事の中から、起業家の現実、起業家が起業後すぐに成すべきことをテーマとした記事をまとめました。起業家が知るべき起業のエッセンスを学びましょう。

起業に役立つ知財・商標権の知識

起業後は、自社の商品やサービスをライバルに模倣されたり、乗っ取られたりしないように、知的財産権(特許・商標・著作権)などで守らねばなりません。従って、起業時に起業家は最低限の知的財産権について知識を得る必要があります。起業に役立つ知財・商標権の知識を学びましょう。

起業に役立つ法務の知識

立法の元にその存在を許される企業は、従業員や取引先、その他関係者の多くと最終的に法律上の契約によって継続的な関係を築いていくことになります。従って、起業家は起業時に最低限の法務について知る必要があります。起業に役立つ法務の知識をまとめました。

起業に役立つ参照サイト(外部サイト)

起業する上で役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

起業
起業ニュースをチェックすることが、新しく経営者になる方にとって事業を始める第一歩となります。
節約社長では起業の実面に沿って、起業時に把握しておくことが有用なニュースを幅広く配信いたします。
ジョブスの言葉を勘違いする起業家予備軍が見落としている決定的な成功要素

ジョブスの言葉を勘違いする起業家予備軍が見落としている決定的な成功要素

 起業家予備軍の多くは、自分がこれから始めようとするビジネスについて、「この商品・サービスは確実に世の中を変える。」「消費者が絶対に求めているものであり受け入れられるはずだ。」と考えています。具体的なツッコミを入れると、「ジョブスも『人は自分が本当に欲しいものがわからない』と言ってたんだ!」と反論します。しかし、このような起業家予備軍は1つの決定的な要素を無視しています。


意識高くてマジメで、勉強熱心なのに稼げてない人が罹っている3つの病

意識高くてマジメで、勉強熱心なのに稼げてない人が罹っている3つの病

 いつも勉強していてマジメで、意識も高いのに、いざアウトプットしようと思ったら結果が出せない。そんな人はあなたの周りにいませんか?勉強しているのに売れないというのは、とても辛い状況です。勉強熱心なのに稼げてない人が罹っている3つの病をご紹介します。


脳は年齢と共に進化する 「やりたいことで起業」がシニア層に向いてるワケ

脳は年齢と共に進化する 「やりたいことで起業」がシニア層に向いてるワケ

 「60歳からの理想の雇用形態は?」と聞いたアンケートで、30%以上の人が「自営業・個人事業主・フリーランス」を選択したことからもわかるように、多くの人は自由な立場で後半生の仕事を選びたいと考えているようです。「脳は年齢と共に自ら成長する」という加齢研究の結果も踏まえ、人生の後半生における望ましい起業スタイルを考えてみました。


僕が起業してから最初の3年に激しくこだわるワケ〜起業と潜在意識の深い関係

僕が起業してから最初の3年に激しくこだわるワケ〜起業と潜在意識の深い関係

 何かの経験から得た気づきは、その人の価値観や思い込みを形成して、最後にはその人の行動を支配していきます。ビジネスを始めたときの、一番最初の小さな目標は「食えるようになること」ですが、これができない場合に生まれる気づき、醸成される価値観はやがて行動を支配し、ビジネスの屍を生んでしまいます。起業から3年はフルスロットルで成果にこだわり、よい気づきと価値観を得る必要があります。


商売始めるなら最初は小銭稼ぎから〜需給のズレさえ分かれば利益は出るよ!

商売始めるなら最初は小銭稼ぎから〜需給のズレさえ分かれば利益は出るよ!

 小銭を上手く稼いでいる人は、微妙でニッチな需要と供給の違いに気づいて、需要の多いところに商品やサービスを供給することが得意なところです。成功している商売の殆どは同じ原理で成り立っているため、商売を始めるならまずは小銭稼ぎで需要と供給の差異を見つける練習をするのが懸命です。


ボンクラ上司が頭に来た?起業して、恥さらして、一番槍で目立てばOKじゃね?!

ボンクラ上司が頭に来た?起業して、恥さらして、一番槍で目立てばOKじゃね?!

 起業のきっかけには意外にも、「上司がボンクラで頭に来て見返したいから」というものが多かったりします。起業すると目立たねばなりませんから、ボンクラ側、つまり一般人、多数派、そして常識人からは、とことん無能扱いされたり、バカ呼ばわりされます。でも、商売の1番槍で死ぬことはまずありません。成果を手にすれば、1番槍の費用対効果は抜群です。


【地方が狙い目】10万円投資して月3万ずつ儲けて3ヶ月で投資回収する生業を考えてみた

【地方が狙い目】10万円投資して月3万ずつ儲けて3ヶ月で投資回収する生業を考えてみた

 今日は、頭の訓練も兼ねて、10万円投資して月3万ずつ儲けて3ヶ月で投資回収する生業を考えてみましょう。条件は、初期投資10万円まで、月に3万円くらいは儲かって、3ヶ月で回収できるビジネスモデルで、家賃や人の雇用への支払いが不要なものです。皆さんはどんなアイデアが浮かびましたか?キミアキ先生のアイデアをご紹介します。


実績ゼロで業界に殴り込む新参者は、何をアピールしてセールスしたら良いのか?

実績ゼロで業界に殴り込む新参者は、何をアピールしてセールスしたら良いのか?

 実績の提示はビジネスにおいて大きなアドバンテージを生みます。ただ、新たにビジネスを立ち上げたばかりで実績がない、異業種分野へ新規参入した、こんなふうに実績がない会社や個人は、何をアピールすれば良いのでしょうか?実績ができるまでアピールできない!なんてことは絶対にありません。答えは当記事にて。


起業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。