節約 社長

起業

1ヶ月目で30万円ゲット!転売ビジネスをやるなら、“あの市場”がお勧め

1ヶ月目で30万円ゲット!転売ビジネスをやるなら、“あの市場”がお勧め

 「安く仕入れて高く売る」というシンプルなビジネスモデルゆえに、転売ビジネスを始める方が増えています。ただし、やってみたはよいものの、あまり上手く行ってないという方がいるのも事実。そこでお勧めなのが、中古カメラの転売ビジネスです。中古カメラ転売ビジネスを始めるうえで抑えておきたい3つのポイントを島倉さんが解説してくださいます。

出来たばかりの企業へ融資する際に金融機関が危惧する2つの懸念

 金融機関は新規独立者への融資について、お金を何に使うのか?お金を返してくれるのか?、という2つの懸念事項から慎重な判断を行いがちです。実績が無く判断しにくい状況もこの懸念を助長します。新規独立者はこ... 

起業ニュースの記事をすべて見る

起業
起業ニュースをチェックすることが、新しく経営者になる方にとって事業を始める第一歩となります。
節約社長では起業の実面に沿って、起業時に把握しておくことが有用なニュースを幅広く配信いたします。
新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

 どんな人を相手に商売するのか?悩む場面は以外に多いですよね。解決策として「30代の女性」「子育ての終わった主婦層」「もうすぐリタイアするサラリーマン層」 といった具合にペルソナを設定するのですが、これもしっくり来ません。そんな時は最強のペルソナとして、「過去の自分」を描いてみるのはいかがでしょうか?その理由を解説します。


本当に利益を出したいなら新しくゼロからつくるという発想を捨てろ

本当に利益を出したいなら新しくゼロからつくるという発想を捨てろ

 経営者や経営者を目指す人の中には「今までにない新しい商品やサービスを作って顧客を感動させたい」と考える方もいらっしゃるかもしれません。ただし、本当に利益を出して儲けを作りたいならば、新しくゼロからつくるという発想は危険かもしれません。その理由を島倉さんが解説してくださいます。


一瞬にしてカリスマとなり人に喜ばれるビジネスを始める方法

一瞬にしてカリスマとなり人に喜ばれるビジネスを始める方法

 中小企業の経営者や個人事業主は、何かの分野でカリスマとならなければ、価格競争に巻き込まれてしまいますし、いつまでたっても指名をもらうことができません。どうしたらカリスマとして商売の入り口に立つことができるのでしょうか?島倉さんの解説です。


酒飲みで起業する?!脂の乗った4〜50代・酒飲み世代の経営者を攻略せよ!

酒飲みで起業する?!脂の乗った4〜50代・酒飲み世代の経営者を攻略せよ!

 今、脂の乗った4〜50代の社長層は、若い頃から「酒を飲んで育った世代」です。しかし彼らの多くは、会社での地位が上がったことで恐縮され酒の席を敬遠されたり、若手が一緒に飲んでくれないなど、寂しい思いをしています。商売の鉄則の一つは「金持ち相手の商売を行う」。彼らをターゲットとするビジネスに一考の価値あり、とキミアキ先生はおっしゃいます。


「生まれながらの才能」なんて他人の後講釈・結果論に過ぎない

「生まれながらの才能」なんて他人の後講釈・結果論に過ぎない

 成功している人は「生まれながらにして才能がある」と表されることが多いものです。確かに成功する人は「生まれながらの才能」を持っています。ただし、ここで言う才能とは単に他人の後講釈であり、結果論に過ぎません。チャレンジして成功すれば、誰もが「生まれながらの才能」を持っていることになります。「悩むくらいならやってみろ」島倉さんの解説です。


貴方が起業家として成功するのを邪魔するドリームキラーとは?

貴方が起業家として成功するのを邪魔するドリームキラーとは?

 人間は自分と似通った人と一緒に集団を作って生きる特性を持っていることが、集団心理学では実証されています。もしも今いる集団と違う経済レベルで夢や目標を持ち行動しはじめると、今までいた集団の近しい人が、チャレンジする当人の自己評価を下げるドリームキラーとなり得ます。どう対処すれば良いのでしょうか?


新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

 世の中には「ニーズがあるのに、売りにくい、なかなか売れないビジネス」が存在します。それは「予防型」のビジネスです。対して、「解決型」のビジネスは集客しやすく、成功確率の高いものとなります。事業を始める時、自分がどちらのビジネスを選ぼうとしているのか、一度冷静に立ち止まって考えることをお勧め致します。


批判され続けてきたからこそ伝えたい「批判をむしろ喜べ!」ということ

批判され続けてきたからこそ伝えたい「批判をむしろ喜べ!」ということ

 経営者に向けて常にはっきりと明確で言い切り型のメッセージを発信する島倉さん。意外というべきか、やはりと言うべきか、驚くほど多くの批判的なメッセージを受けると言います。しかし、島倉さんはこれを全て無視し、更には批判が来ることを喜び、更に尖ったメッセージを発信することを心がけていると言います。なぜなのか?理由を説明していただきました。


起業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。