節約 社長

起業

世の中を良くしたいなら「資格」や「前職と同業」のとりあえず起業はナンセンス

世の中を良くしたいなら「資格」や「前職と同業」のとりあえず起業はナンセンス

 多くの人は、「資格で起業」「前職と同業で起業」という形で起業します。ところが、これがなかなか上手くいかないもの。というのも、起業時にどのような仕事を選ぶかで、その後がほぼ決まるからです。社会をよく見てどんな悩みがあるかしっかり観察してから事業を選択・開始すると、お客様の役に立って社会貢献しながら、利益を出すことが可能になります。

若者に告ぐ〜勉強する人間を「意識高い」とバカにする会社は今すぐ辞めろ

 頭でっかちで働けないオッサンほど、使えない、世の中に必要とされない人種はありません。大概、働けないオッサンは働き始めた若い段階で勉強に努力を傾けず、一生懸命に勉強して努力する人間を「意識高い」とバカ... 

起業ニュースの記事をすべて見る

起業
起業ニュースをチェックすることが、新しく経営者になる方にとって事業を始める第一歩となります。
節約社長では起業の実面に沿って、起業時に把握しておくことが有用なニュースを幅広く配信いたします。
人間関係を断捨離しない限り、いつまで経っても年収は上がらない

人間関係を断捨離しない限り、いつまで経っても年収は上がらない

 人脈が広がるとビジネスチャンスが増えて、売上にも貢献する、そう考えている人はとても多くいます。しかし、人脈をむやみやたらに増やそうとしている人は、人脈が増えれば増えるほど、自分がビジネスに集中できなくなっていることを理解していません。もしも上手く行ってないなら付き合う人を厳選するために、人間関係を一旦断捨離する必要があるでしょう。


底を打ったら後はアガるだけ。ニートやってるなら経営者目指したら?

底を打ったら後はアガるだけ。ニートやってるなら経営者目指したら?

 20代で定職に就いていなかったニートの状態から、労働者になるのはとても厳しいことです。ただし、客観的に見た時の社会的な信用力で言えば、フルコミ、派遣、独立したての弁護士ですら、ニートと同じ横並び。底を打ったら後はアガるだけ。社会復帰を徐々に果たしながら、どこかのタイミングで社長になったニートは意外と多いのです。


出来たばかりの企業へ融資する際に金融機関が危惧する2つの懸念

出来たばかりの企業へ融資する際に金融機関が危惧する2つの懸念

 金融機関は新規独立者への融資について、お金を何に使うのか?お金を返してくれるのか?、という2つの懸念事項から慎重な判断を行いがちです。実績が無く判断しにくい状況もこの懸念を助長します。新規独立者はこれに明確な答えを出す必要があります。では、どれくらい具体的な事業計画書を銀行へ提出すれば良いのか考えてみましょう。


起業したのに「お金は重要じゃない」と主張する人が成功しないワケ

起業したのに「お金は重要じゃない」と主張する人が成功しないワケ

 「なぜ起業したのですか?」「思いっきりお金を稼ぎたいですか?」と質問すると、「お金を稼ぐために起業したわけじゃない」と答える方がたまにいらっしゃいます。しかし、本サイトメンバーの島倉さんは、このように答える人が成功することはまずないと断言します。その理由を解説してもらいました。


起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

 起業したいけれど起業しない起業家予備軍の中には、「俺にはそんな能力が無いから、会社勤めをしているんだ。」と言う方が多くいます。しかし、今は立派な経営者に見えるあの社長も、この社長も、実のところ、起業するきっかけ、起業したあとの道のりは、大したものじゃなかったりするのが殆どです。キミアキ先生の解説です。


もう夢に日付を入れても叶わない。偶然の変化に応じる者のみが最後に笑う。

もう夢に日付を入れても叶わない。偶然の変化に応じる者のみが最後に笑う。

 居酒屋のワタミを創業した渡邉美樹さんの本で推奨されている考え方の1つに、「夢に日付を!」というものがあります。夢をいつまでに達成すると日付を入れ、これを実行するために行動の具体的な日付まで設定し、行動するというものです。これに対して、島倉さんは「夢に日付を入れるなんてナンセンス」といいます。その理由を解説していただきました。


美女と野獣を求めるな〜身の丈に合った付き合いから始める起業のススメ

美女と野獣を求めるな〜身の丈に合った付き合いから始める起業のススメ

 男女の恋愛関係で、おとぎ話「美女と野獣」が現実には成り立ちにくいように、ビジネスにおいても違うレベル同士の会社が付き合うことはまずありません。起業当初はどんなに頑張っても自分達の会社レベルが低いため、付き合いたい会社が相手にしてくれないこともあるでしょう。そんな厳しい現実を乗り越えるためには、レベルアップを目指し自らを変える以外に方法はありません。


サラリーマン時代のビジネスで起業し失敗する人が共通して見落としていること

サラリーマン時代のビジネスで起業し失敗する人が共通して見落としていること

 サラリーマン時代と同じ業種のビジネスで起業する場合、それなりに経験があって、知識、技術、ノウハウがあるから成功する可能性が高い、と思う人が多いようです。しかし、初めて見るとなぜか上手くいきません。知識、技術、ノウハウ以上に大事な要素を、起業時に見落としているからです。それは一体何なのか?島倉さんが解説してくださいます。


起業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。