節約 社長

起業

「〇歳限界説」を信じる人は「年齢の奴隷」になっている

「〇歳限界説」を信じる人は「年齢の奴隷」になっている

 転職市場で売り手なのは35歳まで、プログラマーの旬は35歳まで、35歳を過ぎた婚活は無理ゲー、起業するなら30歳まで。私達は周囲の人間やメディアを通じて、あらゆる〇歳限界説を植え付けられます。しかし、これら〇歳限界説の多くはデータの平均値によって作られたものであり、あなた個人の状況や意思、計画性、やり方が明確なものであれば、全く無視したほうが良いものばかり。やりたいことがあるなら年齢の奴隷になってはなりません。

サラリーマンと起業家の決定的な違いとは?どちらも経験して感じたこと

 銀行員として16年、経営者として18年を過ごした筆者の南本さんは、自らの経験を踏まえて、サラリーマンと起業家との決定的な違いがあると感じていらっしゃいます。サラリーマンと起業家にはどんな違いがあるのでしょうか?

起業ニュースの記事をすべて見る

起業の知識を学ぼう!

起業する前に読みたい記事

起業したいけれど起業したことのない人にとって、起業は未知の世界へ飛び立つ壮大なイベントに感じるものです。しかし、いざ起業するとシビアな現実が待ち受けています。起業時にどのような心構えを持つべきか、どのような客層を掴み、どのようなビジネスモデルを選ぶべきか学びましょう。

起業に役立つ資金調達の知識

資金調達は事業を継続する上で起業家にとって避けることのできない業務です。多くの起業家が資金調達に失敗してしまい、事業継続を断念してきました。起業時の資金調達方法、資金調達を行う上で金融機関とどのような交渉を行わねばならないのか等、 起業に役立つ資金調達の知識を学びましょう。

起業に役立つ税務の知識

起業時は何かとお金が入用です。納税の義務を果たしながら、節税できるところで不要なお金の流出を防ぐために、税務の知識は欠かせません。起業した時点、起業後数年(アーリーステージ)の節税の仕方など、起業に役立つ税務の知識を学びましょう。

起業に役立つ労務の知識

起業家になることは、雇われる側から雇う側に自らの立場が180度変わることを意味します。いざ人を雇用する側になると、起業家は労働基準法の枠内で適正な労務を従業員に行わせる必要が生じます。起業時に最低限必要とされる労務の知識をまとめました。起業に役立つ労務の知識を学びましょう。

キミアキ先生の起業酔話

自らも起業家であり、100社以上の起業家を顧問先として支えてきたキミアキ先生のYouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」を文字起こしした記事の中から、起業家の現実、起業家が起業後すぐに成すべきことをテーマとした記事をまとめました。起業家が知るべき起業のエッセンスを学びましょう。

起業に役立つ知財・商標権の知識

起業後は、自社の商品やサービスをライバルに模倣されたり、乗っ取られたりしないように、知的財産権(特許・商標・著作権)などで守らねばなりません。従って、起業時に起業家は最低限の知的財産権について知識を得る必要があります。起業に役立つ知財・商標権の知識を学びましょう。

起業に役立つ法務の知識

立法の元にその存在を許される企業は、従業員や取引先、その他関係者の多くと最終的に法律上の契約によって継続的な関係を築いていくことになります。従って、起業家は起業時に最低限の法務について知る必要があります。起業に役立つ法務の知識をまとめました。

起業に役立つ参照サイト(外部サイト)

起業する上で役立つ情報をまとめたリンク先一覧(※クリックすると各サイトに移動します。)

起業
起業ニュースをチェックすることが、新しく経営者になる方にとって事業を始める第一歩となります。
節約社長では起業の実面に沿って、起業時に把握しておくことが有用なニュースを幅広く配信いたします。
なぜそんなに良い人ぶって好かれようとするの?嫌われることを恐れるな!

なぜそんなに良い人ぶって好かれようとするの?嫌われることを恐れるな!

 情報発信する人が年々増えていますが、その多くは良い人アピールが過ぎるゆえに、見ていてつまらないものが多いです。人から尊敬されたい、人から好かれたいというのは、人間が本来持つ本能です。しかし、好きと嫌いは反対にあるものではなく、表裏一体の関係にあるものです。嫌われなければ好かれることもないと考え、思い切った情報発信をしたほうがビジネスも展開しやすくなります。


人生を変えたい人にお勧め「インプット3:アウトプット7」の黄金比率

人生を変えたい人にお勧め「インプット3:アウトプット7」の黄金比率

 「人生を変えたい」と考え、必死にインプットをしているビジネスマンにお勧めしたい本、それは「学びを結果に変えるアウトプット大全」です。筆者は、「日本一アウトプットをしている精神科医」と自負する樺沢紫苑さんです。なぜ多くの人が変わりたいと思いながら変われないのか?インプットをアウトプットに変える方法について、本の内容を抜粋しながら説明いたします。


個人飲食店は料理がテキトーでも「維持」可能なコミュニティがあれば勝てる

個人飲食店は料理がテキトーでも「維持」可能なコミュニティがあれば勝てる

 商売はなんでもそうですが、顧客さえ先にいれば、何をやっても儲けることが可能です。しかし、それを知らないで多額のお金をかけて飲食店を初める人が沢山います。開業3年で廃業率は70%という調査結果も出ています。しかし、個人飲食店は料理がテキトーでも、「維持」可能なコミュニティがあれば勝てます。そのメカニズムをキミアキ先生が教えてくれます。


起業したいけれどやっぱ無理…シニアの起業ためらい症候群の原因と対応策

起業したいけれどやっぱ無理…シニアの起業ためらい症候群の原因と対応策

 人生50年時代から人生100年時代に移行を完了させようとしている日本。これまで勤め人だった50代以上のシニア層の多くが起業したいと考えています。一方で、自らの体力に対する不安や、事業リスクに思いを馳せると、どうしてもこの世代の方々は起業をためらってしまいます。そこで本稿は、シニアの起業ためらい症候群の原因と対応策を御紹介します。


稼げるようになりたければ「一流の人間」になろうとするな!

稼げるようになりたければ「一流の人間」になろうとするな!

 アマゾンの本でビジネスカテゴリーを検索すると、「一流の気づき」「一流のマーケティング」「一流のセールス」「一流の男になる為にはなんとかこうとか」「一流のファッション」など、あらゆる特定分野で一流を目指すことを指南する本が出てきます。しかし、本当に稼ぎたければ特定分野で一流になったところで、あまり意味がありません。その理由とは?


私達の考える常識とは十八歳までに身に付けた偏見のコレクションである

私達の考える常識とは十八歳までに身に付けた偏見のコレクションである

 アインシュタインの名言『我々が常識だと思ってる事は十八歳までに身に付けた偏見である』をご存知ですか?私達が常識だと考えている事は、実は多くが間違えだったりします。ビジネスに限定して言うなら、事業者の年収差による常識の違いは、一つの商慣習を取ってみても全く異なるものとなります。成長発展のためには偏見に満ちた自らの常識を変える必要があります。


「好きな仕事で起業するのが目標」だけじゃビジネスが続かぬ理由

「好きな仕事で起業するのが目標」だけじゃビジネスが続かぬ理由

「好きな仕事で起業するのが目標」この言葉自体は、最初のきっかけとしては非常に良い心がけであり、こう考えること自体称賛されるべきことです。しかし、起業することが目標なだけでは、実際に起業した後、すぐにビジネスをすっ転ばせてしまいます。ビジネスを継続することで達成したい『目的・目標』を明確にしてスタートしなければ、具体的な行動を起こせないからです。


稼ぎたいなら英語・資格・プログラミングにすぐ飛びつくのを止めろ

稼ぎたいなら英語・資格・プログラミングにすぐ飛びつくのを止めろ

 街を歩いていると、英語で世界をすぐ近くに!◯◯の資格で真のキャリアアップを!プログラミングの技術は一生モノ!というキャッチコピーが並んだ広告をよく見かけますよね。しかし、あなたが懸命な人ならば、このようなウリ文句へすぐに飛びついてはいけません。これらを学び始めるとしても、ビジネスで成功するためには、先にマスターしておくべきことがあるからです。


起業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。