起業

スポンサーリンク
起業

稼ぎたいなら英語・資格・プログラミングにすぐ飛びつくのを止めろ

 街を歩いていると、英語で世界をすぐ近くに!◯◯の資格で真のキャリアアップを!プログラミングの技術は一生モノ!というキャッチコピーが並んだ広告をよく見かけますよね。しかし、あなたが懸命な人ならば、このようなウリ文句へすぐに飛びついてはいけません。これらを学び始めるとしても、ビジネスで成功するためには、先にマスターしておくべきことがあるからです。
起業

「好きな仕事で起業するのが目標」だけじゃビジネスが続かぬ理由

「好きな仕事で起業するのが目標」この言葉自体は、最初のきっかけとしては非常に良い心がけであり、こう考えること自体称賛されるべきことです。しかし、起業することが目標なだけでは、実際に起業した後、すぐにビジネスをすっ転ばせてしまいます。ビジネスを継続することで達成したい『目的・目標』を明確にしてスタートしなければ、具体的な行動を起こせないからです。
起業

ビジネスとはたった「5%」を競う戦い〜勝ち抜くため1番重要なこと

「一年後起業を考えています。ビジネスを始めるにあたって、ビジネスを成功させるポイント、一番重要な要因は何でしょうか?」あなたはもしこう聞かれたら、どのように答えますか?ビジネスを成功に導く鉄則は無限にありますが、10年後に生き残っている人はたった5%だけ。5%の人に共通することを考えてみました。
スポンサーリンク
起業

集客できない起業家の共通点「無料でクレクレ」止めないと絶対儲からないよ!

起業を目指している人、起業したばかりの人の多くはノウハウコレクターとなりやすい傾向があります。ノウハウを収集すること自体には何も問題ありませんが、『無料でクレクレ君』にだけはなってはいけません。その理由とビジネスで儲かっている人が『クレクレ君』になる代わりにやっていることを御紹介します。
起業

人間の本能「臆病」を乗り越え、チャンスを掴むために必要なモノ

人間の本能は「変化やリスクを嫌い現状維持を望む」臆病なものです。従って、転職や起業、投資といったリスクを取ることに対して、人は不安や恐怖を感じ、なかなか行動を取ることができません。私達は自らの力で本能をコントロールする必要があります。どうすれば、本能をコントロールし、果敢にチャレンジし、チャンスを掴むことができるのでしょうか?
起業

45歳前後で限界決めてるとか悲しくない?妄想ホラ吹きオヤジ・BBAになれ!

「妄想でホラ吹き」一見すると信頼されないいい加減な人のようですが、本当にそうなのでしょうか?自分の現実は自分の妄想の範囲内でしか生じません。夢を見ないオヤジ・ババアは、ただの小汚いオヤジ・ババア。島倉さんからのメッセージです。
起業

「自分に才能が無い」はバカ。3つのポイントを押さえれば才能は作れる

あなたは自分がビジネスで成功する天賦の才能を与えられた人間だと思っていますか?おそらく、多くの人は他者と比較する中で、自分の才能は限られている、自分には才能なんて無いと考えていることでしょう。しかし、才能は天から与えられなくても、自分で作り出すことが可能です。どのように?自らも本来からの才能など無いという島倉さんが解説してくださいます。
起業

稼いでる人と稼いでない人は、つまるところ時間の使い方が全く違う

同じように会社を始めても稼げる人と稼げない人には雲泥の差が開きます。理由は時間の使い方が全く違うからです。起業してすぐに稼げるようになる人は、まず「ビジネスに向き合う時間」を作るために、他を削って圧倒的な営業と集客の時間を確保します。対して、稼げていない人は自分の時間を数値化せず、成果をあげるための活動時間も自分が思うよりずっと使っていません。
起業

何かを売る、今すぐに!創業時は金と時間のすべてを集客にブチ込め

小さな会社が生き残るためには、1に集客、2に集客、3、4に集客、5に集客が必要です。端的に言うと、創業時は金と時間のすべてを集客にブチ込んでも良いくらい、集客できているか否かで会社の行く末が決まります。もし、会社を始めるならば、広告についてプロフェッショナルから学べるだけ学んで、教わった通りに集客を行うくらいが良いでしょう。それができれば早い段階で稼げる商売人になれます。
起業

テンプレート化して差別化できてない女性起業家に見られる3つの特徴

SNSで女性起業家を見ていると、多くの方が、似たような格好、似たような情報、似たような集客をしているのを見ることができます。守破離というように、最初は「守(マネ)」から始めても良いでしょうが、そこから独自の差別化が出来なければ、結局はテンプレートにハマったつまらない女性起業家にしかなれません。女性起業家の皆さん、貴方はテンプレート化していませんか?
起業

起業・独立して成功したければ、商品にはこだわるな!◯◯にこだわれ!

起業家の多くは、「自分が作った商品やサービスで世界を変える」と意気込みますが、実際のところ、その志は早ければ数日、平均して1年も経たないうちに折られます。なぜなら、起業家の成功を支えるのは商品以上に集客だからです。集客できない人間が会社を継続させることは不可能です。
起業

ランチェスター弱者の戦略における2番手の1番手に対する戦い方

ランチェスター弱者の戦略の極意は「強い敵と同じ土俵で戦わないこと」です。特に、1番手に対する2番手の戦略は難しく、2番手は常に「差別化」「独創性」を求められます。自らも、事業者向けYouTubeチャンネル登録者数で2位につけるキミアキ先生が、2番手の戦い方について語ります。
起業

ネット社会は情報格差社会 「良質な情報への投資」無くして富は生まれない

「インターネットの登場により情報格差は無くなり、社会は更にフラットになっていく」という言葉をいろんなところで耳にします。あらゆるものの値段はタダに近づいていき、多くの人がその恩恵を受けると。しかし、現実はその逆で、価値有る情報はますますネットから秘匿され、情報格差が広がっていきます。良質な情報への投資なくして富を得ることはできません。
起業

成功法則「大量行動」が抱える罠 行動しても◯◯しなければ失敗するだけ

多くの成功者は『量は質を凌駕する』という格言を肯定し、マーケティングの世界にも、成功するために『大量行動』が欠かせないことを提示する、『大量行動の法則』という法則があります。しかし、『大量行動の法則』は、ある一つの条件を忘れてしまうと、あっという間に『失敗法則』に変わってしまいます。その条件をブリッジワークの高橋さんが解説してくれます。
起業

叶えやすいゴールと叶えにくいゴール〜モテたい?金がほしい?ならこうしろ!

人はどうしても自分のゴールを設定する時に、「自分のために〜なりたい」と、自分の『Want to』が強すぎるゴール設定を行いがちです。しかし、このような感覚で設定するゴールは、実は小さすぎたり、上手くいかないケースが多いもの。どうすれば、自分の『Want to』をうまいこと維持しながらも、更にでかいぶっ飛んだゴールを設定し、達成することができるのでしょうか?
起業

社畜をやめたいだけなら、起業より転職で十分OKじゃね?!という話

満員電車に乗りたくない、くだらない飲み会に参加したくない…だから起業する!確かに起業の動機は十人十色です。しかし、起業は、これらやりたくないことをやらないための「絶対必要」条件なのでしょうか?社畜ではないサラリーマンとしてのキャリアという道はどこにも無いのでしょうか?というのも、起業した後は社畜以上の厳しい労働が待っている可能性が高いからです。
起業

起業を成功させたいなら「己の無力さを知ること」から全てを始めよう

会社に勤務しているうちは、どんなに新しい事業を作ったり、新しい仕組みを作ったとしても、それは結局、与えられた仕事です。新しいことをやれ!という仕事、新しい仕組みを作れ!という任務、全ての仕事が最終的に会社から与えられています。対して、起業するとルールは一変します。己の無力さを深く自覚することが、自ら能動的に学び、努力し、行動することの源泉となっていきます。
起業

うだつの上がらないビジネスライフを『激変』させる3つの方法

変化させるもの1:時間の使い方を変える  今回は、「うだつの上がらないビジネスライフを『激変』させる3つの方法」というテーマでお話をしたいと思います。  「人生を変える」という言葉には色んな意味がありますけども、今回はビジネスに限定...
起業

『個性』と『協調性』を両方伸ばすと、本当に自分のやりたいことが実現する

『個性』と『協調性』は一般的に対立する概念として捉えられています。しかし、両者をどちらも伸ばすことで、私達は良い未来を選ぶことが可能です。本当に好きなことを始めた後でも、1人の『個性』に限界があると知れば、人は『協調性』を伸ばして、圧倒的な成果を出すことができるようになります。
起業

本当の自分なんてどこにもない〜いつだってなりたい自分で勝負できる

「本当の自分は何なのか?」と、自分探しを続ける人はたくさんいます。ただ、探しても探しても「本当の自分」が見つからないなら、なりたい自分になって、自分の人生を演出したほうが建設的だったりします。そうすれば人は、いつでも、どこからでも、なりたい自分で勝負を始められます。
スポンサーリンク