節約 社長

労務

インターンシップで学生の怪我に労災が適用される場合・適用されない場合

インターンシップで学生の怪我に労災が適用される場合・適用されない場合

 2017年卒学生のうち、インターンシップ参加者は実に43.7%に達しています。これに伴い、インターンシップの受け入れ側となる企業は、学生がインターンシップに参加する際に生じるリスク対策を取らねばなりません。代表的なリスクの1つに会社の行き帰りで生じる事故による怪我があります。もし学生が怪我をした場合、労災の適用をしなければならないのはどんな時なのでしょうか?

貴方は大丈夫?モラハラ加害者の無意識な言動チェックリスト

 モラルハラスメントは、職場においては、モラルに抵触するような発言や行動によって、同僚・部下・上司に不快な思いをさせること、と定義されています。自分の口癖や行動がモラハラに該当していないかは、実は意識... 

労務ニュースの記事をすべて見る

労務
経営者にとって労務ニュースをお届けします。貴社に最適な労務を紹介いたします。
法人版のオレオレ詐欺?!給料支払時に起こる代理人詐欺を防げ!

法人版のオレオレ詐欺?!給料支払時に起こる代理人詐欺を防げ!

 オレオレ詐欺は何も中高年の個人だけが被害者というワケではありません。会社に労働者の代理人を名乗る者が現れ、給料を受け取る代理人と称して、労働者の給料を詐取するケースが増えているのです。詐取が起こる原因は現金の直接支払ですが、これを防ぐ何らかの方法は無いのでしょうか?考えてみましょう。


休職中の社員が転職活動するのはありか?企業の取るべき対策

休職中の社員が転職活動するのはありか?企業の取るべき対策

 従業員の都合で休職しているのに、休職中に従業員が転職活動を行い、事前の相談もなくいきなり転職するケースがあります。復職後の配置転換やフォローアップを行ってきた人事や経営者にとっては、かなりガッカリする事態です。このような事態を防ぐため、企業はどんな対策を事前に打つべきなのでしょうか?従業員に求められるモラルとは?


16億人の断食〜イスラム圏へ進出した企業はラマダンにどう対応すべき?

16億人の断食〜イスラム圏へ進出した企業はラマダンにどう対応すべき?

 16億人の信者を抱えるイスラム教の聖なる月「ラマダン」。敬虔なイスラム教徒の人々は、この期間に入ると、日の出から日没までは一切の飲食を摂らなくなり、仕事にも様々な影響が及びます。したがって、イスラム圏の諸国へ進出した企業にとって、ラマダン期間の労務管理は非常にハンドリングが難しいものとなるのです。ラマダン期間中に労務管理で気をつけるべき点をご紹介しましょう。


従業員のメールやパソコンの監視を行う際に必ず満たすべき2つの要件

従業員のメールやパソコンの監視を行う際に必ず満たすべき2つの要件

 テレワークの導入を踏まえ勤怠管理の強化を実施したい。会社のパソコンで私用メールを送ったり、業務に関係ないウェブサイトにアクセスすることによる生産性の低下を防ぎたい。こんな時は従業員のメールやウェブのアクセス履歴を会社でモニタリングするのも1つの手です。ただし、2つの要件を満たさねば、モニタリングはプライバシーの侵害となる可能性があるため、注意が必要です。


転職先探し&独立狙い&失業保険もゲット!三兎を追うのはOKか?

転職先探し&独立狙い&失業保険もゲット!三兎を追うのはOKか?

 会社を辞めることを決意したAさんは、転職活動をゆっくり始めながら、良い転職先が無ければ前から温めていたアイデアを生かした独立も検討し、暇な時間に事務所を探したりもしています。このような状態にある時、Aさんは失業保険をもらうことが可能なのでしょうか?判断には「自営を開始または自営の準備に専念する人」か否か、という基準を知る必要があります。


XVIDEOSのブックマークを社内で見られたらセクハラになる可能性はある?

XVIDEOSのブックマークを社内で見られたらセクハラになる可能性はある?

 先週、元東京都知事(名前は伏せます)がツイッターに投稿したパソコンのキャプチャのブックマーク欄に、有名アダルト動画サイトXVIDEOSのブックマークがあったことが話題となりました。たまたま同じ状況を、社内で女性に発見されてしまったとしたら、セクハラ行為として認定される可能性はあるのでしょうか?


若い従業員のタトゥー露出を会社側はどこまで規制対応できるか?

若い従業員のタトゥー露出を会社側はどこまで規制対応できるか?

 若い従業員のタトゥー露出に悩む経営者が増えています。ある調査によれば、タトゥーに不快感を持つ人が、60代では80%近くに到達するのに対して、20代では20%強に下落する、という結果も出ています。このような問題に備えて、現状の就業規則内で更なる精査を考えたいのが服務規定です。服務規程はどこまで詳しく規定することが可能か解説いたします。


未払残業代の支払が確定!会社と従業員それぞれに発生する手間とは?

未払残業代の支払が確定!会社と従業員それぞれに発生する手間とは?

 大手企業における未払残業代の支払問題がニュースで頻繁に報道されるようになりました。しかし、これらは氷山の一角であり、支払い能力の乏しい中小企業でも、多くの未払残業代が発生しています。仮に労基署の命により未払残業代が確定すれば、支払は拒否出来ません。更に支払い時には会社にも従業員にも多くの手間が発生し…未払残業代を発生させることには何一つ良いなど無いのです。


労務ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。