節約 社長

労務

従業員が勤務中に起こすマイカー事故リスクを最小限に抑える方法

従業員が勤務中に起こすマイカー事故リスクを最小限に抑える方法

 従業員がマイカーで勤務中に移動するのは一般的なことですが、従業員が勤務中に交通事故を起こし、保険に未加入だったり、補償金額が不十分だと、会社側にも損害賠償の支払責任が生じてしまいます。これを防ぐには、会社が従業員個人の自動車保険を一部負担し、車両規定を整える必要があります。体制作りで気をつけるべき点も含め解説いたします。

初めて外国人スタッフを雇うことに!源泉徴収はどう処理すれば良い?

 海外のスタッフを雇用することになると、一番最初に気になるのが源泉徴収です。外国人スタッフを雇う場合は、その社員が「居住者」か「非居住者」かで、源泉徴収の方法が全く異なります。更に非居住者の出身国と日... 

労務ニュースの記事をすべて見る

労務
経営者にとって労務ニュースをお届けします。貴社に最適な労務を紹介いたします。
通勤帰りの病院・ゴルフレッスン⇒災害や事故に合いケガしたら労災は受けられる?

通勤帰りの病院・ゴルフレッスン⇒災害や事故に合いケガしたら労災は受けられる?

 通勤時間に起きた事故や災害で病傷沙汰となった場合、合理的なルートから外れた場合は労災補償を受けられません。しかし、これではあまりにも日常生活に支障が出るため、日常生活における最低限の行動で、一旦通勤ルートを離れても、再度そのルートに戻れば労災補償を受けられるという特例があります。日常生活における最低限の行動とはどのようなものでしょうか?


ご存知ですか?お国が定めたフリーターの定義「年齢は◯◯歳まで」

ご存知ですか?お国が定めたフリーターの定義「年齢は◯◯歳まで」

 普段何気なく使っているフリーターという身分を指す言葉。殆どの人は無職と同じ意味合いで、この言葉を使っているかもしれません。しかし、政府(厚生労働省)が25年前に、フリーターという言葉に定義を設けていたことはあまり知られていません。しかも定義には年齢制限まで付いていたのです。フリーターという言葉にまつわるトリビアをご紹介します。


通勤途中でケガをした場合に労災保険の適用を100%受けるにはどうすれば良い?

通勤途中でケガをした場合に労災保険の適用を100%受けるにはどうすれば良い?

通勤は「業務」と密接な関係があるため、通勤の途中で負傷等した場合は、労災保険で補償する事とされています。ただし、労働基準法が「労災適用を認める通勤」の定義は、私達が通常考えるそれとはかなり違うものです。それは「合理的な経路及び方法により、自宅と勤務先を往復すること」です。どうすれば通勤が、合理的な経路と方法で行われたと認められるか、詳細に解説致します。


恋愛は自由じゃない?!社内恋愛を禁止する会社が嫌がる3つのリスク

恋愛は自由じゃない?!社内恋愛を禁止する会社が嫌がる3つのリスク

 社内恋愛から結婚に至る人が非常に多い一方で、社内恋愛を禁止する会社があるのも現実です。そこで本稿は、社内恋愛を禁止する会社が嫌がる3つのリスクをご紹介します。また、就業規則で社内恋愛を禁止する場合は、どこまでその効力が有効となるのかについても考えてみましょう。


厚生労働省が初めて発表した「過労死等防止対策白書」が記す長時間労働の実態

厚生労働省が初めて発表した「過労死等防止対策白書」が記す長時間労働の実態

 昨年の10月に厚生労働省は長時間労働の実態と、これを要因とする過労死等に対する対策を記した「過労死等防止対策白書」を公表しました。平成27年時点で、企業アンケートから長時間労働に対して、どのような実態が報告されていたのか全貌を把握できるため、一読してみることをお勧めいたします。本稿はその内容をかいつまんでご紹介します。


過労死が起きたらどうなる? 労災制度と民事賠償に関するまとめ

過労死が起きたらどうなる? 労災制度と民事賠償に関するまとめ

 昨年起きた電通の過酷な長時間労働と労働実態、これらの背景に基づく女性社員の自殺により、過労死等に大きな注目が集まりました。もし、会社で過労死等が起こってしまった場合、労災対応や損害賠償の場面で、会社はどのような対応を取らざるを得なくなるのか?健康経営のプロフェッショナルが解説いたします。


アルバイトさんから「賞与貰えないなら訴える」と言われた!なぜ?

アルバイトさんから「賞与貰えないなら訴える」と言われた!なぜ?

 あるところに、Aさんという働き者のアルバイトさんが働くBという会社がありました。経営者のCさんも、ゆくゆくは彼を正社員にしようと考えています。ところがAさんとCさんはボーナスシーズンに大モメします。Aさんがアルバイトであるにも関わらず、「ボーナスをもらう権利がある」と迫るからです。なぜAさんはここまで激しく主張するのか?原因を探ってみましょう。


就業規則を労基署へ提出する時は社員の同意を得る必要がある?

就業規則を労基署へ提出する時は社員の同意を得る必要がある?

 従業員を常時10人以上雇用している企業は、労働基準法の定めによって就業規則を作成し、管轄の労働基準監督署に提出する必要があります。この際に、従業員代表の意見を記した意見書も添付しなければなりませんが、これはつまり、従業員代表に就業規則の内容に同意してもらうことを求める書類なのでしょうか?考えてみましょう。


労務ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。