節約 社長

労務

営業手当をあげているから残業代は支払わない!は通じるか?

営業手当をあげているから残業代は支払わない!は通じるか?

 一定の手当を時間外割増賃金の代わりに支給する「定額残業制度」は、多くの会社で採用されています。ただし、定額残業代を支払ったとしても、これを適法とするには一定の条件を満たす必要があります。また、従業員に対して不利益変更を行うことも原則的に禁止されているため、慎重な制度運用が求められます。

女性社員の多い職場にオススメ!ナリス化粧品の「肌休暇」制度

 化粧品販売のナリス化粧品が導入するのは、「肌休暇」制度です。女性は、肌が不調だと、ストレスや、モチベーションの低下、自信の喪失、コミュニケーションの減少から、業務効率が低下しやすい傾向があります。女... 

労務ニュースの記事をすべて見る

労務
経営者にとって労務ニュースをお届けします。貴社に最適な労務を紹介いたします。
従業員から仮想通貨で給料を支払えと要求されたが、果たして可能か?

従業員から仮想通貨で給料を支払えと要求されたが、果たして可能か?

 仮想通貨の取引が拡大し、仮想通貨で商品・サービスに対する支払いが可能な場所も徐々に増えています。これに対応して、従業員から全部または一部のお給料を、仮想通貨で支払って欲しいと言われたら果たして可能なのでしょうか?労働基準法と資金決済に関する法律を照らし合わせて、現状の解答をお伝えします。


多くの経営者が勘違いしている採用時の「試用期間」と「試みの使用期間」の違い

多くの経営者が勘違いしている採用時の「試用期間」と「試みの使用期間」の違い

 「試用期間中に適正を見極めて、駄目なら切れば良い」という経営者の方がいらっしゃいます。このような持論を持つ経営者は、労働基準法第21条が定める、解雇予告のいらない「試みの使用期間中の者」を「試用期間」と認識しています。しかし、これら2つは似ているようで全く違うものです。間違った認識で最終的に違法行為を行わぬよう、2つの言葉の違いを知りましょう。


古くて新しい「のれん分け制度」の導入メリット〜フランチャイズとの違いは?

古くて新しい「のれん分け制度」の導入メリット〜フランチャイズとの違いは?

 のれん分け制度とは、「長年勤めた従業員(従来の奉公人含め)に店舗の商号の使用・販売権を許可し、独立させる制度」のことを言います。フランチャイズ制度との違いは、「対象が第3者を含むのか含まないのか」という部分であり、近年では名称や仕組みを独自の形にして運用される事例も多くなっています。制度の導入メリットを含め詳細を解説します。


海外駐在員のお給料ってどう決めるの?物価の安い国なら給料も減額でOK?

海外駐在員のお給料ってどう決めるの?物価の安い国なら給料も減額でOK?

 海外に現地法人を設立し社員を赴任させる時は、海外駐在員規程を作成します。中でも1番最初に取り掛かるのが給与決定方式の決定です。とはいえ、海外赴任する国によって物価は全く違うため、どのような方式で給料を社員に渡せば良いのかわからないこともあります。そこで本稿は、海外駐在員の給料を決める時に使う3つの方式をご紹介します。


許可無しで残業した従業員に対しても残業代は支払わねばならないか?

許可無しで残業した従業員に対しても残業代は支払わねばならないか?

 残業許可制とは、残業をする場合に使用者(上司)から許可をもらって始めて残業が許可される制度です。残業許可制を導入すると、ムダな残業や、残業代稼ぎの残業を防ぐことに一定の効果があります。一方で同制度を運用し始めた後でも、許可なしに従業員が居残っている場合があります。この場合、果たして残業代は支払うべきなのでしょうか?


【必見】平成29年度・全国47都道府県「地域別最低賃金」を大公開!

【必見】平成29年度・全国47都道府県「地域別最低賃金」を大公開!

 8月末に厚生労働省は、平成29年度の「地域別最低賃金」を公表しました。もし最低賃金額より低い賃金を労働者と使用者が双方の合意で決めたとしても、それは法律によって無効とされ、使用者は最低賃金額を支払わねばなりません。9月のうちに給与支給額が最低賃金を下回っていないか、必ずチェックしましょう。47都道府県の「地域別最低賃金」を一挙公開します。


正社員の給料を「時給1,200円」など時給設定にすることは法的にOKか?

正社員の給料を「時給1,200円」など時給設定にすることは法的にOKか?

 社会の多様性に対応して雇用を維持するため、経営者の皆様も様々な工夫を凝らされているのではないでしょうか?中には、「正社員の待遇を認めてもらいながら、子供のためにきっちり家へ時間通りに帰りたい」という要望もあるでしょう。ならば、正社員待遇で時給で計算した給料を支給することも可能なのでしょうか?


会社は社員が使う備品の費用をどこまで負担する必要があるか?

会社は社員が使う備品の費用をどこまで負担する必要があるか?

 事業を運営していると、社員に動いてもらう度に、事務用品、コピー、ノートパソコン、職種によっては制服代、防具など、様々な備品費用が発生します。会社側は、社員が使う備品の費用をどこまで負担する必要があるのでしょうか?労働基準法と労働契約法に照らし合わせて解説致します。


労務ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。