節税

スポンサーリンク
節税

インバウンド消費をこの手に 免税店事業者になろう

 今年は外国人訪問客が1,500万人に到達し、インバウンド消費(海外旅行客の国内消費)は益々拡大することが見込まれている。恩恵を受けるための手っ取り早い手段として免税店の開設があげられる。取り扱い品目の制限も消耗品含めて大幅に解除され、免税店の開設許可にかかる手間も少ない。検討してみるのはいかがだろうか?
節税

今年末に親と語り合おう 相続税の増税問題

 年末年始に実家へ帰省する経営者も多いはずだ。今年は親と相続の分配方法や相続税について、話しあう機会を設けておくことが懸命かもしれない。というのも平成27年1月1日から相続税が増税されることになっているからだ。本稿では、相続税増税が家計にどのような影響を与えるか、どのような節税対策を行えばよいかを解説していく。
節税

ヨーロッパで進む課税政策 グーグルがピンチ

 英国のジョージ・オズボーン財務大臣は、多国籍企業のうち英国で得た利益を税金として払わない企業に対する課税措置、いわゆる「グーグル税」を来年の4月に新設する方針を発表した。法の国際規範であるヨーロッパ(EU圏内)で相次いで制定される米系多国籍企業への課税強化は、国際的な規範として様々な国へ飛び火することが予想される。
節税

「おくりびと」制作会社が国におくり返した追徴課税額を計算してみた

 大ヒット映画「おくりびと」を手がけたセディック社が5年間で約10億円の所得隠しを国税局に指摘され、追徴課税額は約4億円となった。脱税の悪質さレベルが高い場合は、大きなペナルティが与えられる。本稿ではセディック社が具体的にどのくらいの規模でペナルティを受けたか計算してみた。翻って合法的な節税を行いたい。
スポンサーリンク