税金

以下のカテゴリーもご参照ください。

節税

企業の節税に政府が報告義務付け 究極の対策は良い節税

 5月26日(火)の日経新聞は、「政府が税理士に対し、企業に提供している節税策の報告を2017年度にも義務づける検討に入った。」と報じました。大きな税収減につながる節税が対象となり、報告を拒む場合は罰金も検討されます。しかし賢明な経営者にとっては、キャッシュの出ない「良い節税」を行う方針を変える必要は全くありません。
節税

独立目指す社員とは業務委託契約し節税とチャンスを両立

本気で独立を目指して働く有能な社員が会社にいて、会社にとっても人員体制を整える期間が必要なら、独立前のテスト期間として「業務委託契約」の締結を提案してみてはいかがでしょうか?自社にとっては消費税支払額の節税対策が可能となり、独立を目指す社員...
節税

飛行機や大型船のオーナーとして節税可能なタックスリース

 タックスリースとは、航空機や貨物コンテナ、船舶など、安定的で高額な実需商品をリース資産としてファンドで共同購入することにより、所得への課税を繰り延べることが可能な節税方法である。投資額に比べ資産価値が大きくなり、減価償却による利益圧縮効果を得られる。投資額も中小企業にとっては高額となるため、節税効果が高い。
消費税

消費税の便乗値上げに対応する特措法を知ろう

 昨年4月に消費税が増税となり、はや1年が経過した。更に今年の春は”値上げの春”と揶揄されるほど、多くの商品が値上げされた。企業にとって来年の消費税10%への増税は、更なる便乗値上げを行うチャンスでもあるが、消費税に関する特措法で禁じられていることを今一度思い起こしたい。良識ある値上げを行うことで消費者の信頼を得よう。
節税

中途半端なタックスヘイブン活用は脱税で訴えられる要因

 タックス・ヘイブンは節税手段の1つだ。しかし目先の利益や身内のためにタックスヘイブンを利用した税金逃れを行うと、思わぬしっぺ返しを喰らうことになる。所得税は、「居住している国」の法律が適用されるが、日本国籍を有する場合、「生活の本拠」としての実態も海外に移さねばタックスヘイブン節税は脱税となってしまう。
節税

組織のリーダーが違法行為に対して嫌悪感を保つべき理由

 1960年代に行われたミルグラム実験は、人が権威の下に置かれた時良心に反する行動を取ってしまうことを証明する実験だ。転じて経営者は違法行為に対して普段から嫌悪感を持ち、違法行為に対して甘い一言を社員に言わないよう気をつけるべきだ。経営者の一言が、社員を違法行為に誤誘導してしまう可能性を認識しておきたい。
節税

領収書はスキャン対応 税制改革大綱で進む会計電子化

 昨年末に決定された政府による”平成27年度の税制改正大綱”に基づく国会審議の目玉は、企業の会計電子化である。中でもインターネットの普及率が限りなく100%に近づいたことに鑑み、領収書の電子化に注目が集まっている。すべての領収書・契約書がスキャナ保存できるようになった場合、企業がどのように具体的な対応を行うべきか提示する。
節税

トヨタは五輪スポンサー費用をどの勘定項目で落とす?

 トヨタ自動車が、IOC(国際オリンピック委員会)とTOPパートナー契約を締結し、大きな話題となった。経営者であれば、オリンピックほどのイベントではないにせよ、スポンサーになってほしいと依頼を受けた経験があるかもしれない。どの勘定項目でスポンサー費用を捻出するのがお得か?トヨタは今回の費用をどの勘定項目で落とすか?検証してみよう。
消費税

消費税増税の心理的影響は過去の風物詩となったか?

 2014年の4月に、消費税が5%から8%へ切り替わり、もうすぐ1年が経過する。国全体ではGDPが2四半期連続して下落、再増税の延期、衆議院を解散に追い込むなど大きな影響があった。ロイヤリティマーケティング社の調べによると、消費者心理はやっと増税に対して落ち着くものの、節約志向は強まっており、景気の不透明さを示す結果となった。
相続税

お金持ちはなぜタワーマンションに住むの?そのリスクは?

 芸能人が住むタワーマンションは、富の象徴とも言える。昨今、東京オリンピックの開催や景気回復を要因として、不動産価格が上昇していることに加え、相続税の節税対策としてタワーマンションの購入需要が高まっている。ただし節税対策の購入には大きなリスクがあることを踏まえよう。親の財産を適正に把握し、自分にあった相続税節税対策が望まれる。
節税

配偶者控除の廃止後 主婦の希望年収は200万円へ変わる

 配偶者控除が廃止され、新たに創設される「夫婦控除」により、多くの世帯が実質減収・負担税増となることが確実視されている。反感は多いものの、現実を受け入れることに長けている主婦層は既に「年収200万円」ゾーンで働ける企業を探し求めている。人材難を極める企業にとって、マッチングを図ることができれば人材獲得チャンスが訪れる。
節税

ライザップの費用を経費で堂々と落とす方法を知ろう

 ライザップのテレビコマーシャルに登場する赤井英和のムキムキマッチョなボディを見て、通いたいと考える人は多いはずだ。しかし、ライザップの費用は個人で支払うには非常に高額である。会社の経費で支払うことを検討した場合、「どの勘定項目を利用すれば経費が落ちるか?」「経費として落とすために満たさなければならない要件とはどんなものか?」について本稿では検証していく。
脱税

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

 約30年前に作られた「マルサの女」という映画で描かれる脱税の手口は、21世紀に入ってもそれほど変わっていない。経営者は事業を始めた時点で国税局にとって身元のわかる脱税の容疑者としてマークされており、如何に巧妙な手口を使ったとしても脱税は見抜かれる可能性が高い。映画でも描かれたバレやすい脱税手口を4つ紹介する。
節税

カープ黒田 帰国で生じる税金面のデメリット

 広島カープに黒田博樹投手が戻ってくる。20億円を超えるオファーを米球団からもらっていながら、4億円程度しか年俸を支払えない広島に恩返しする姿勢が美談として伝わっている。減俸はもちろんのこと、アメリカから日本に戻ることによって税金面でどのくらいデメリットが生じるかを本稿では計算してみたい。
節税

インバウンド消費をこの手に 免税店事業者になろう

 今年は外国人訪問客が1,500万人に到達し、インバウンド消費(海外旅行客の国内消費)は益々拡大することが見込まれている。恩恵を受けるための手っ取り早い手段として免税店の開設があげられる。取り扱い品目の制限も消耗品含めて大幅に解除され、免税店の開設許可にかかる手間も少ない。検討してみるのはいかがだろうか?
相続税

今年末に親と語り合おう 相続税の増税問題

 年末年始に実家へ帰省する経営者も多いはずだ。今年は親と相続の分配方法や相続税について、話しあう機会を設けておくことが懸命かもしれない。というのも平成27年1月1日から相続税が増税されることになっているからだ。本稿では、相続税増税が家計にどのような影響を与えるか、どのような節税対策を行えばよいかを解説していく。
節税

ヨーロッパで進む課税政策 グーグルがピンチ

 英国のジョージ・オズボーン財務大臣は、多国籍企業のうち英国で得た利益を税金として払わない企業に対する課税措置、いわゆる「グーグル税」を来年の4月に新設する方針を発表した。法の国際規範であるヨーロッパ(EU圏内)で相次いで制定される米系多国籍企業への課税強化は、国際的な規範として様々な国へ飛び火することが予想される。
節税

「おくりびと」制作会社が国におくり返した追徴課税額を計算してみた

 大ヒット映画「おくりびと」を手がけたセディック社が5年間で約10億円の所得隠しを国税局に指摘され、追徴課税額は約4億円となった。脱税の悪質さレベルが高い場合は、大きなペナルティが与えられる。本稿ではセディック社が具体的にどのくらいの規模でペナルティを受けたか計算してみた。翻って合法的な節税を行いたい。