経営

スポンサーリンク
経営

戦国時代に学ぶ 自分の個性を見極め軍師を見つけよ

 時代に名を残す武将には、軍師と呼ばれる有能なパートナーのような家臣がいた。ビジネスに於いても、経営者がひとりでビジネスの舵取りをするのは、容易でないため軍師のような存在が必要となる。軍師を見つけるために、自分がどんなタイプの人間であるかまずは把握しよう。成果を認め、感謝し、自身もまい進することで、会社は繁栄する。
経営

多くの人が本当の意味において「百姓」となる時代が来る

 百姓という言葉は「農民」という意味で浸透しているが、言葉の語源は「百人の姓を持つものたち」、つまり一般市民全員を表す言葉であった。従って古来において百姓は、医師であり美容師であり僧侶だった。サラリーマンが優遇されていた時代は終わりを迎えつつある。新しい時代に我々は、「自分で自分の糧をまかなえる」ことを常識としなければならない。
経営

リー・クアンユーが節約を国民へ習慣化させた貯蓄制度

 アジアの巨星リー・クアンユーが3月にこの世を去った。彼の政策は独裁的で功罪相半ばにすると言われるが、国民の彼を支持する声は大きい。理由は国民の富裕度にある。国民が富裕層になるために役立ったのが、国民皆貯蓄制度「CPF制度」だ。利益が出ている時ほど備えを怠らない仕組みとなっており、企業経営に対して大きな教訓を与える制度だ。
スポンサーリンク
経営

シリーズ・同族会社(3)同族経営でも繁栄に至るSCジョンソン

 日本では同族会社というと、どうしても「後継者が世間知らずのバカ息子で、会社を継いでダメにする」という悪いイメージが強い。しかし、同族会社を運営することには数々のメリットもある。米SCジョンソン社は5代続く世襲を「創業理念」を守るための手段としており、結果として社を繁栄に導いている。同族会社のあり方として1つの参考例となり得よう。
経営

シリーズ・同族会社(2)同族企業のジレンマ・大塚家具の場合

 創業家が会社の支配権を握る同族会社の運営には、「現場の円滑な運営」と「公正な経営」に加えて、「割り切りが難しい創業家が円滑な状態であり続けるよう取りまとめる」ため、複雑な統治運営(ガバナンス)を高度な次元で行う必要が生じる。しかし往々にして同族会社には陥りがちなジレンマがある。代表的な4つのジレンマを提示していきたい。
経営

シリーズ・同族会社(1)大塚家具を同族経営企業と決める根拠

 大塚家具の株主総会が27日(金)へ向けいよいよ大詰めを迎えている。今回の「経営方針を巡る内部対立」について、多くの報道では「お家騒動」「同族会社の内輪もめ」といった言葉を多用しているが、「同族会社」には定義が2つあるため、どの定義を持って報道機関が大塚家具を「同族会社」と報道するのか知ると共に、もう一方の定義についても正確に把握したい。
経営

モンスター社員と冷静に向き合い対処する方法

 『モンスター社員』という言葉をご存知だろうか?一言で表すとすれば、常識外れの言動で周囲を振り回す社員だが、パターンには様々あり、まさかの出方も予想される。そこで今回はタイプ別モンスター社員の特徴と、その対処法についてまとめる。採用の段階で判明させるのは困難なため、発生した場合は冷静な対処が求められる。
経営

北陸新幹線開業記念 加賀100万石・前田利家の経営に学ぶ

 3月14日(土)、ついに北陸新幹線が開通した。現在の終着点である金沢市は、前田家・加賀100万石のお膝元として、北陸地方の中心都市へ発展した街である。前田家の藩祖といえば前田利家に他ならない。前田利家のイメージといえば妻にまで「ケチ」と言われるほど経済感覚の優れた人物であった。その裏には優れた経営感覚があったことは言うまでもない。
経営

吉田松陰とジャック・ウェルチに学ぶ眠れる才能発掘術

 今年の大河ドラマで副主人公として活躍する吉田松陰の開いた、田舎の貧乏私塾「松下村塾」は後に近代日本の基礎を作る人材を数多く輩出する。「才能ある人物は元からいるのではなく発掘し育てることで生まれる」を信念とする人材発掘・育成に対する考え方は、アメリカの伝説的経営者ジャック・ウェルチにも通ずる。採用活動が本格化する今、改めて彼らのあり方に学ぼう。
経営

ハプスブルク家のフリードリヒ3世は節約皇帝

 ハプスブルク家は現在でもヨーロッパ随一の名門王家として知られる。その皇祖であるフリードリヒ3世という人物をご存知だろうか?逆タマでお金を手に入れたのにケチ、戦争からとことん逃げる、結婚と子作り推進で領土拡大、必ずしもカッコイイとは言えないが歴史の覇者となったフリードリヒ3世は企業経営の極意を実践した先駆者といえるかもしれない。
経営

あの大企業が創業時に販売した意外な商品

 世代を超えてなお活躍し続けている大企業の多くが、創業時と現在では全く違う商品を作り販売していることをご存知だろうか?シャープ、サンリオ、カルビー、IBM、といった名だたる企業は、時代のめまぐるしい変化に対応し続けて、現在に至っている。固定観念に囚われず変化し続けるものが生き残ることを歴史は示す。
経営

新年会 聞き上手になり社員の状態を把握しよう

 年明けの新年会は、社員の状態を効率よく知る良い機会である。新年度入りの4月が迫り、正月ゆっくりした時間に家族と過ごすことで、キャリアの方向性を決めたり、進路判断を下す社員が多いからである。正月の間に誰と過ごし、何をやって、何を考えていたか?さりげない質問から社員の状態を把握し、社内の万全な人事体制を整えよう。
経営

ナッツリターン 子供は会社を継ぐべきか?

 大韓航空の副社長がナッツの出し方に激怒し、乗っていた自社旅客機を搭乗口へ引き返させた責任を取り、辞任に追い込まれた「ナッツリターン」騒動が世界的な話題となっている。子供に会社を継がせるか否か判断する際には、本人に能力があると客観的に認められること、優れた二番手の存在が重要になる。
経営

僕達が生きる現代情勢は幕末とよく似ている

 名宰相ビスマルクの「賢者は歴史に学び愚者は体験に学ぶ」という金言にあるように、過去の歴史から自分たちのこれから行くべき道を効率的に学び取るのは得策だ。金融緩和によるインフレーション、国際貿易の自由化、愛国主義の膨張、僕達が生きる現代情勢は幕末のそれとよく似ており、これからを生きるヒントが満載だ。
経営

大局観を持つ経営を 業界地図のススメ 

 そろそろ2015年を意識する時期だ。多忙な経営者は、自社の事業計画をどう進めるかについて明確であっても、他の業界がどのような動きをしているか把握していない場合が多い。そんな時に効率よく世の中を知る上で役立つのが「業界地図」の活用だ。一読することで自身のビジネスへのヒントやチャンスも見いだせるかもしれない。
経営

戦国大名達に学ぶ 粗食で制覇のススメ

 天下人となった徳川家康、奥州の覇者となった伊達政宗、中国地方を支配した毛利元就、といった戦国時代の成功者に通じるキーワード、それは「粗食」である。平均寿命が30歳前後であった戦国時代に前述の3者は倍以上の長寿を全うして、コトを成し遂げた。戦国時代のヒーロー達は、食生活がいかに仕事と関係しているか教訓を残す。
経営

軍師官兵衛に学ぶ 戦上手は節約上手

 大河ドラマで脚光を浴びている黒田官兵衛。太閤秀吉の天才軍師として活躍し、後に将軍家康が一目置き、福岡藩52万国の祖となったことがクローズアップされやすい。官兵衛が戦上手だった理由は日頃の「節約術」にあった。企業も勝負時に備え普段から如何に節約を行うことが大事か、偉大な軍師は教える。
経営

三菱の歴史は買収の歴史 成城石井も一例

 高級スーパー成城石井がコンビニ大手ローソンに550億円で買収された。今回の買収は買収する側も売却する側も三菱グループの企業である。動乱期にお得な買収で巨大化した三菱グループの文化を知ることは、混迷を極める過当競争の時代に生きる経営者に、動乱期こそ規模拡大のチャンスがあることを教える。
経営

世界遺産富岡製糸場 エコ視点で問題解決

 富岡製糸場は官製工場として1872年に群馬県富岡市で設営された。(2014年6月世界遺産登録)設営時の大きな問題点は「作業を効率化するため光で作業場をどう照らすか」だった。電気もない時代に富岡製糸場が繰糸場に凝らした「光を集める」エコなブレイクスルーは現代の私達に大きな教訓を与える。
経営

日米大富豪経営者 節約列伝エピソード1

 毎年長者番付に掲載される有名な経営者達は、天文学的な規模の資産を築いている。しかし彼らは一般的な経済感覚を忘れず、日常の生活・ビジネスシーンの各所で無駄な支出を抑え節約することを怠らない。日米2国4人の大富豪経営者の節約エピソードを知ることは、成功を目指す経営者に教訓を与える。
スポンサーリンク