資金調達

資金調達

担当者が500万円程度と言った案件で1000万円の融資を決めた裏技とは?!

 担当者が500万円程度と言った案件で、1000万円の融資がおりた?!この話にウソはありませんが、提示の倍額融資を成功させた経営者は、融資交渉を上手く行かせるための裏技など一つも使いませんでした。では、どのような状況を作ることで、金融機関は融資交渉の倍額提示で融資を決めたのでしょうか?
資金調達

シャープが23億円損してまで本社ビルの買い戻しを決意したワケ

 昨年、2つのビルを併せて188億円で売却したはずのシャープが、そのうち1つの田辺ビルを138億円で買い戻しました。単純計算で考えると田辺ビルの価値は115億円程度であるため、シャープは23億円の損をした計算になります。余裕が無いはずのシャープはなぜ23億の損をしてまで田辺ビルを買い戻したのか?考えられる2つの理由をご紹介します。
資金調達

金融機関との融資交渉で生まれる3つの副次的メリットとは?

 経営者として金融機関から融資を受けることは、キャッシュの改善や信用力の増加など、お金の部分で多くのメリットを生みます。しかし、融資交渉を経験することは、事業に客観性と具体性が生まれ、相手の立場に立った説明が出来るようになるなど、お金以外にも副次的なメリットを数多く生み出します。
資金調達

赤字に喘ぐ地銀が生き残り有望な中小の味方となる道はこれだ!

 金融庁は直近発表した試算において、地方銀行の約6割は10年後に融資や投信の販売業務といった本業で、赤字に転落すると予想しました。地銀の統廃合は確かに進むのが当然です。しかし、大手企業への融資はレッドオーシャンで、望みは薄いもの。果たして地銀に生き残るための新たな活路はあるのでしょうか?
資金調達

ハッピー倒産ハッピー融資を実現する「経営者保証に関するガイドライン」を使い倒せ

 2013年に金融庁が「経営者保証に関するガイドライン」を制定しましたが、その内容はまだ浸透していません。そのせいか、インチキ金融ブローカーが暗躍したり、制度をうまく利用できずに銀行との融資交渉を進められていない人が多いのも事実です。ガイドライン活用に向けた実践論を、経験豊富なキミアキ先生が解説してくれます。
資金調達

東京大学が230億円のベンチャーキャピタル創設も資金の出元が残念すぎる件

 東京大学が巨額のベンチャーキャピタルを組成しました。大学がベンチャーキャピタルを組成する意義は、母校を応援する卒業生が意欲有る学生や卒業生に投資をすることで、彼らの可能性を伸ばすことにあります。ところが今回のファンドの中身は過去の補助金、しかも出資はファンドというもの。メリットを感じにくいのが現状と言えます。
資金調達

経営者が消費者金融を資金調達で使うメリットはあるのか?

 マイナス金利の導入により銀行からの融資が降りやすくなったと言われていますが、融資相談に数ヶ月の期間を要する場合もあります。その間に会社で入用となった時、消費者金融がパッと思い浮かぶ方もいることでしょう。そこで本稿では、経営者が消費者金融を利用するメリットとデメリットをご紹介します。
資金調達

起業家の味方「新創業融資」を受けたい人が気をつけたい2つの点

 創業時は実績がないため、貸す側に納得してもらえる収支計画を提出し、その計画が妥当だと判断されれば、融資をしてくれる可能性が高い時期です。日本政策金融公庫の新創業融資制度も融資要件が緩和されるなど、環境が充実しています。そこで、貸す側の視点から見て、融資交渉で気をつけるべき2つの点をご紹介します
資金調達

介護事業で開業時に必要資金を把握する上で確認したい3つの点

 介護事業で開業する際に質問が多くなる事項として、「どれだけの資金を最初に準備するべきか?」というものがあります。しかし、その額はそれぞれがおかれた状況によって大きく変化します。そこで、個々が必要とする開業資金の額を計算するために、最初に確認すべき3つの点をご紹介します。
資金調達

介護事業を始めるメリットと開業時にコケないための資金調達術

 介護事業は、軌道に乗れば安定的なリピートにより、先が読みやすいビジネスモデルです。ところが、介護事業を開業したばかりの時は、全く先が読めないのが現場の実状です。「資金があるから大丈夫」と、開業時の資金調達を怠ることで、苦労される方は後を絶ちません。介護事業は立ち上げ時に必ず融資審査を受けましょう。
資金調達

なぜ創業時に作った事業計画は融資審査でハネられやすいのか?

 起業時に行う作業の一つに、事業計画の作成があります。しっかりした事業計画の作成は、起業の成功確率を高める重要な要素となります。しかし、多くの事業計画が非現実的で、甘さがあるゆえに、融資審査を通らないものとなっています。どうすれば融資審査において説得力のある事業計画を作成できるのでしょうか?
資金調達

銀行融資を受ける際に出てくる信用保証協会って何モノ!?

 銀行融資を受ける際に必ず現れるのが、信用保証協会です。信用保証協会とは、企業が金融機関から「事業資金」を調達する際に、保証人となって融資を受けやすくなるようサポートする一般社団法人のことです。彼らの審査を通り、無事に融資を受けるために重要なこととは、一体何なのでしょうか?
資金調達

新創業融資の裏に隠れた自己資金・担保不要の資金調達方法

 創業期の資金調達方法として、最も知られているのは「新創業融資」制度です。しかし、政策金融公庫による、もう一つの創業期の資金調達方法も見逃せません。それは「中小企業経営力強化資金」という制度です。実を取る点で言えば、新創業融資よりもメリットがあると言える、優れた資金調達方法を解説いたします。
資金調達

テクニックに溺れるな!融資を受ける上で一番大事なこと

 企業が融資による資金調達を行うことは、健全な身体を維持するために必要となる、豊富な食事や水分を摂取するのと同じような行為です。融資を受けるには様々なテクニックがありますが、要するにお金を必ず返してくれる人かどうかを、金融機関は必ず審査します。そこで大事なのがマインドをどう持つべきか?ということになります。
資金調達

AIによる融資審査が銀行の中小零細に対する融資に及ぼす影響

 先日のニュースで、新生銀行がAIにより融資可能額を算出し、取引明細などデータ活用をすることが明らかになりました。都市銀行も既にAIとビッグデータの活用を模索しており、融資判断にAIを導入する動きは益々広がっていきますが、実際のところ、これが中小零細企業への融資にどう影響するのか、現時点の予想を解説いたします。
資金調達

思わぬ落とし穴あり!親戚から資金調達を受けるデメリット

 「金融機関からの借入を起こすよりも、親戚からお金を借りたほうが楽」確かにそうかもしれません。親戚からお金を借りる場合、銀行のように審査もいりませんし、担保すら要らない、いわゆる信用貸しのケースが多いからです。しかし、知り合いからの資金調達にはデメリットもあります。デメリットを踏まえ、知り合いからお金を借りる際のマナーを知りましょう。
資金調達

福岡市内のスタートアップ企業は融資保証料が脅威のゼロに!

 平成28年より福岡市内でスタートアップ企業が融資を受ける際は、保証料がゼロとなる制度が発足しました。これから創業をお考えであれば「保証料とは何か?」という疑問に当たることもあるでしょうから、福岡市の優れた制度と共に簡単に、保証料について説明していきたいと思います。
資金調達

キミアキ先生直伝!銀行融資のイロハと融資をうまく受けるコツ

 中小企業が存続するために、経営の命綱となるのが資金調達、つまるところ銀行融資です。ところが多くの経営者が「銀行融資をうまく受けるコツと融資のイロハ」を、あまり知らないのが実状です。そこで本日は、資金調達のプロフェッショナル・キミアキ先生に融資のあれこれを教えていただきます。
資金調達

銀行格付けもUP!軽い決算書を作るための具体的な5ステップ

 中小企業にとって、簡素化された決算書を作成することは、会社の経営判断を迅速に行う上でも、銀行からの評価をあげる上でも、非常に重要なことです。しかし殆どの企業はそれが出来ていません。キミアキ先生が、決算書を軽く(簡素化)するメリットを、銀行格付けを上げる強い決算書の具体的な作り方と共に解説してくれます。
資金調達

法の制限が多いお給料の支払で合法的に行える資金繰り節約術

 従業員にとって賃金は一番大切な労働条件ですが、経営者にとっても賃金の支払は、会社の生き死にを左右する大きなイベントです。なぜなら、日本では労働者保護の観点から最低賃金法や労働基準法賃金が整備され、経営者が賃金支払いを行う際は、大きな負荷がかかるからです。とはいえ何か一つくらい給与支払いを通じて、健全で合法的な節約術はないか?という点を労務のプロが解説してくれます。