資金調達

スポンサーリンク
資金調達

法の制限が多いお給料の支払で合法的に行える資金繰り節約術

 従業員にとって賃金は一番大切な労働条件ですが、経営者にとっても賃金の支払は、会社の生き死にを左右する大きなイベントです。なぜなら、日本では労働者保護の観点から最低賃金法や労働基準法賃金が整備され、経営者が賃金支払いを行う際は、大きな負荷がかかるからです。とはいえ何か一つくらい給与支払いを通じて、健全で合法的な節約術はないか?という点を労務のプロが解説してくれます。
資金調達

無借金経営は危険だらけな幻想 中小金融機関の融資枠を大切に

 無借金経営を目指して、金融機関との取引を避ける中小企業の社長は数多く存在しますが、この思想には大きなリスクが2つあります。1つ目は予測だにしない市場の減速による資金繰りの悪化に耐えられないこと、2つ目は、いざという設備投資によるキャッシュ不足で売上増のチャンスを失うという、2つのリスクです。これに対応し有用なパートナーとなるのは、大手ではなく中小の地方銀行などの金融機関です。
資金調達

ハネ資金:手を出すと麻薬のようにハマる融資とは

 ハネ資金とは、企業がもともと抱えている借金を返済するために必要とされる「新たな資金」を指す言葉、もっと簡単に言えば「借りたカネを返すために借りるカネ」です。業績が大幅に良くなることが見込まれている時のハネ資金は一定の効果を持ちますが、業績が不透明で金策に追われる経営者がハネ資金を掴む時には注意が必要です。反動で資金を濫用してしまうからです。利用する際は確固たる決意が必要になります。
資金調達

銀行が貴方の会社への融資を検討する際に見ている4つの点

銀行に代表される金融機関は、中小企業が成長するための大切なパートナーです。銀行を良きパートナーとするためには相手の考え方を知ることが肝要です。銀行があなたの会社を評価する4つのポイントを知ることは賢明です。テクニカルの指標で経営状況を把握されるのはもちろん、経営者自身の評価も含めて銀行はトータルで貴方とお付き合いするか否かを決めます。プロが解説してくれます。
資金調達

新興起業家に踊らされないために読み返すオオカミ少年の話

 昨年11月に東証一部へ上場した、スマホアプリゲームのメーカーgumiの大幅下方修正と、その後に続く不祥事に代表される「上場ゴール」問題が、新興市場の株価上昇に影を落とし始めています。なぜ「上場ゴール」現象が起きることは望ましくないのか?イソップ童話「オオカミ少年」のストーリーに当てはめるとよくわかります。投資家はどうあるべきか、今一度思い起こしましょう。
資金調達

会社の立ち上げ時は信用金庫とうまく付き合おう

 信用金庫は、都市銀行やメガバンクと比べると、名前からしてどうしても見劣りしてしまうと思いがちな方も多いようだが、中小企業や零細企業にとっては心強い味方だ。利用にはメリット・デメリット双方あるが、特に創業時はキャッシュが足りなくなる場合があるので、デメリットを踏まえても懇意におつきあいしたほうが良いだろう。
資金調達

無担保・無保証で代表保証もないマル経融資

 マル経融資制度は、無担保・無保証・代表の保証も不要な融資制度である。昨年から融資枠が拡大され、何より利息の率が低く、夢のような条件で分厚いキャッシュを手元に置くことが可能になるメリットがある。小規模で創業から1年以上経過し、商工会への参加が可能ならばぜひ利用することをおすすめしたい融資制度である。
資金調達

3,000万円まで無担保 新創業融資を知ろう

 開業や第二次創業にあたって、大きな問題となるのが開業資金である。日本政策金融公庫の新創業融資という制度を利用すると、無担保、保証人不要で最大3,000万円の融資を受けることが可能なことをご存知だろうか?融資を受けるための条件も、一般の金融機関よりはるかにハードルが低いためぜひ積極採用することをおすすめしたい。
資金調達

オシャレすぎるLED電球がクラウドファンディングで1,200万円超の資金調達に成功

 オシャレすぎる白熱電球型LED電球「Siphon(サイフォン)」を開発する名古屋のビートソニック社がクラウドファンディングサイト「Makuake」で合計1,200万円以上の資金調達に成功したことが話題となっている。従来の白熱電球と比較し、15倍以上の省力コストを持っていながら白熱電球の温かさを持つSiphonのあり方に「古きを訪ね新しきを知る」というイノベーションを見いだせる。
スポンサーリンク