節約 社長

マーケティング

勉強好き・本好きがビジネスでハマる『選択のパラドックス』その解決策は?

勉強好き・本好きがビジネスでハマる『選択のパラドックス』その解決策は?

 私達の心には、選択肢が多ければ多いほど選択しなくなる『選択のパラドックス』という効果が働くことがわかっています。ビジネスの世界でも、勉強好き、本好きほど、様々なテクニックを学ぶことで、実践が疎かになる『選択のパラドックス』で、チャンスを逃す人が驚くほど多く存在します。どうすれば、ビジネスにおける『選択のパラドックス』から抜け出せるのでしょうか?

悪徳弁護士直伝「効果がありすぎて裁判で禁じられた」究極のセールステクニック

 裁判で弁護、検察、双方に禁止されている「効果がありすぎて禁じられた」質問テクニックがあるのをご存知ですか?それは、「誤導質問」です。たとえば、「あなたがビール瓶で殴ったのは右手ですか?左手ですか?」... 

マーケティングニュースの記事をすべて見る

マーケティング
マーケティングを活用する事で少ない資産で可能性を最大化する事できます。マーケティング手法は普遍的なものからトレンド性の高いものまで様々ありますので、貴社に最適なマーケティング手法を見つけてみてください。
見込み客は2種類いる それぞれへ効果的にアプローチできてますか?

見込み客は2種類いる それぞれへ効果的にアプローチできてますか?

 できることなら、なるべく多く集めておきたい見込み客。ただし、見込み客にも顕在客と潜在客という2種類が存在し、それぞれの特性が全く異なるため、私達は顕在客と潜在客に異なるアプローチ手法を用いる必要があります。そこで本稿は、顕在客と潜在客でアプローチがどう変わるか、3つのポイントを踏まえご説明いたします。


ファンケル化粧品の差別化を生む7つの「不」に学ぶ独自の“ウリ”の作り方

ファンケル化粧品の差別化を生む7つの「不」に学ぶ独自の“ウリ”の作り方

 化粧品のファンケルは7つの“不”、つまり、お客様の抱える不便、不満、不信、不平、不備、不透明、不快といった問題点から商品開発をスタートさせます。独自のウリ、差別化というと、私達はどうしても商品そのものに求めがち。しかし、本来はファンケルのように、お客様が抱える問題を解決する約束事を独自の“ウリ”とするのが本当の意味での差別化となります。


商品を売るときに最も重要な意思決定“ポジショニング”=「お客様の◯◯◯◯」

商品を売るときに最も重要な意思決定“ポジショニング”=「お客様の◯◯◯◯」

 ポジショニングとはマーケットに示す、あなた自身、あなたの商品、あなたの会社の立ち位置です。ポジショニングの表現方法が「価値観の押し売り」であれば、それは誰にも伝わらずマーケティングとセールスを全て台無しにしてしまいます。ポジショニング=お客様のメリットでなければ、それは誰にも伝わりません。


営業マンが「招かれざる客」から「歓迎されるゲスト」に変わるには?

営業マンが「招かれざる客」から「歓迎されるゲスト」に変わるには?

 営業という職種はどこに行っても嫌われる職種です。猛暑の中、ピンポンを押し続けて断りまくられている営業マン。「いや結構です」電話を切られまくっている営業マン。彼らのような「招かれざる客」となっている営業マンが沢山いるからです。どうすれば私達は自社の営業マンを「招かれざる客」から「歓迎されるゲスト」に変えられるのでしょうか?


売るプロはゼロから始めない 浴びるようにヒントを集め常に手元に置こう

売るプロはゼロから始めない 浴びるようにヒントを集め常に手元に置こう

 若い日のミスチル、布袋寅泰さん、ウルフルズ、渋いところでは坂本冬美さん…たくさんの優れたミュージシャンと仕事をしてきた筆者の高橋さん。彼らに共通していたことは常に浴びるように音楽を聴いていたことです。私達も売るプロ。「売るアイディア」を得るために、浴びるようにヒントを集め常に手元に置く必要があります。どのように実現できるでしょうか?


テレビCMの料金相場が寿司屋と同じ“時価”で決まるワケ オトクな枠の見つけ方

テレビCMの料金相場が寿司屋と同じ“時価”で決まるワケ オトクな枠の見つけ方

 Web広告の時代と言われて久しいですが、未だ大きな影響力を持っているのがテレビCMです。ただ、いざテレビCMを始めようとすると気になるのが、あまりにも複雑な料金体系。なぜテレビCMの料金相場は寿司屋と同じ“時価”で決まるのか?オトクなテレビCM枠の見つけ方は?


「楽に客集められる広告ないスか?」本当の学びには痛みが伴う

「楽に客集められる広告ないスか?」本当の学びには痛みが伴う

 広告は経済活動の一貫として出されるものですから、効率を求めるのは当たり前の話です。売る広告に代表的なテンプレートがあるのも本当の話です。ただし、本当に売る広告を作って、安定的に継続的に集客してビジネスを発展させたいならば、そこには痛みが伴います。マーケティングの知識はもちろん、時間とお金を投資し、継続的に広告をブラッシュアップしなければ、売れ続けることなどあり得ません。


【小さなテストを繰り返せ】Perfumeの3人に見たマーケティングの真髄

【小さなテストを繰り返せ】Perfumeの3人に見たマーケティングの真髄

 人気のガールズユニットPerfumeのワールドツアーを追ったドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」この中でPerfumeのメンバー3人は、ステージ前後で何回も過程を検証し、変更と改善、つまりテストを繰り返します。「マーケティングの真髄は小さなテストの繰り返しにあり」彼女たちはまさにマーケティングの体現者と言えます。


マーケティングニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。