節約 社長

マーケティング

ステイーブ・ジョブズのプレゼンテーションに隠された「3」の秘密

ステイーブ・ジョブズのプレゼンテーションに隠された「3」の秘密

 Appleの創業者であり、21世紀を代表する経営者でもあるスティーブ・ジョブズ。世界を変える変革者として私達を魅了し続けた彼を特色づけるものの1つに、巧みなプレゼンテーションがあります。彼はプレゼンテーションの中で、広告メッセージでも使われる「3の秘密」というテクニックを用いて、聴衆の注目を得ました。どのようなものか一緒に見ていきましょう。

スーパーが1玉60円のトマトを6玉300円に値引きして販売するのはなぜ?

 スーパーマーケットに行くと、「トマト1玉60円が6玉セットなら300円!」というポップをよく見かけますよね。冷静に計算してみると同じ数量が売れれば単品販売したほうが、お店にとってはメリットがあるように感じる... 

マーケティングニュースの記事をすべて見る

マーケティング
マーケティングを活用する事で少ない資産で可能性を最大化する事できます。マーケティング手法は普遍的なものからトレンド性の高いものまで様々ありますので、貴社に最適なマーケティング手法を見つけてみてください。
安室奈美恵フィーバーを生み出した心理的トリガー「デッドエンド」とは

安室奈美恵フィーバーを生み出した心理的トリガー「デッドエンド」とは

 2018年は安室奈美恵さんの年になり、その経済効果は200億円から300億円になると言われています。今回のアムロズフィーバーを生み出した背景には、大衆の経済行動を促す大きな心理的トリガーがはたらいています。それは、引退の期限を明確に提示することによる「締め切り(デッドエンド)」の効果です。マーケティングにおいて「締め切り」は欠かせない武器です。


貧乏脱出大作戦!超ド田舎で開業した整体院の先生が儲かり始めたワケ

貧乏脱出大作戦!超ド田舎で開業した整体院の先生が儲かり始めたワケ

 地方の超ド田舎、ここにライバルはいないという場所で開業した整体院の先生。ところが、開業して半年が経っても、一向にお客さんが来てくれる気配はありません。集客もちゃんと手を打っているはずなのになぜか?みるみるうちに貯金は減り…この状況を打破した一手とは?!


東大行くよりユーチューバー!2018年こそ動画マーケティングを始めよ。

東大行くよりユーチューバー!2018年こそ動画マーケティングを始めよ。

 テレビからパソコン、パソコンからスマートフォンへとメディアのパワーシフトが起こった今、YouTubeほど効率的な新規顧客開拓ツールはありません。身バレ、黒歴史をさらすなどのリスクはありますが、本気で商売をやっているなら、それくらいはなんてことありません。2018年こそ動画マーケティングを始めてみませんか?


2,300万回再生を記録した登美丘高校のバブリーダンスに学ぶ中小企業の広告

2,300万回再生を記録した登美丘高校のバブリーダンスに学ぶ中小企業の広告

 中小企業にとって、「広告・採用・教育」は弱点となりやすい分野です。中でも限られた予算で、相手の記憶に残る広告を作るのは至難の業。そこで今回ご紹介したいのが、大阪府立登美丘高等学校のダンス部によるバブリーダンスです。トラウマになるほど面白くて、夢に出てくるくらいのインパクト。中小が自社の認知を広めるためには、同じように思い切った施策を打つ必要があります。


不便なのに楽しい?撮影した画像が3日後にしか見えないアプリ「グダック」が大ヒットした理由

不便なのに楽しい?撮影した画像が3日後にしか見えないアプリ「グダック」が大ヒットした理由

 「モノを単に消費するだけでなく世界観やストーリーも楽しみたい。」消費者はコト消費をより重視するようになりました。私達、商品やサービスの提供者には、よりいっそう、顧客に優れた顧客体験を提供することが求められています。撮影した画像が3日後にしか見えない、一見面倒くさいカメラアプリ「グダック」の大ヒットは、これら時代の流れを汲んだ優れたマーケティング事例と言えます。


ディズニーパラドックスが教えてくれるファンを生み出す商品の作り方

ディズニーパラドックスが教えてくれるファンを生み出す商品の作り方

 情報とモノが溢れかえった現代社会で、消費者は簡単に私達の商品やサービスを選択してくれません。これでもかと並べたいずれの差別化要因も消費者の心には残りません。なぜなら、消費者の記憶には最低の経験か最高の体験しかインパクトを持って残らないからです。ならば、商品・サービスで最高の体験(ピーク)を伸ばしてアピールすれば良いのです。ディズニーパラドックスはそれを教える理論です。


EC大手と一線を画し、暮らしになじむデザインで独自性を追求するLOHACO

EC大手と一線を画し、暮らしになじむデザインで独自性を追求するLOHACO

 LOHACOは法人向け通販ASKULが運営するECサイトですが、その規模はAMAZONや楽天に比べれば小規模。そこで彼らが行ったのは、オリジナルデザインの商品を開発し、販売の独自性を追求することでした。とはいえ、差別化を徹底し、具現化し、消費者の支持を得るのは至難の業。彼らは明確な1つの基本コンセプトを設定することで、これを実現しました。


東日本大震災の翌日、80歳の女性はなぜエステへ行きたいと思ったのか?

東日本大震災の翌日、80歳の女性はなぜエステへ行きたいと思ったのか?

 人間には衣食住といった生命を維持するための最低限な必要を満たしたい欲求があると同時に、社会的承認を得たいと感じる欲求が根源的にあります。特に、文化が成熟し、人口減少社会に突入した日本においては、「美貌・個人的な魅力を上げたい」という欲求を、ますます多くの人が抱くようになっていくでしょう。


マーケティングニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。