マーケティング

スポンサーリンク
マーケティング

集客するなら無料?それとも有料?それぞれのメリット・デメリットを比較しよう

『無料集客』『有料集客』どちらの集客手段を選べばよいのでしょうか?答えは、「あなたのビジネスフェーズにあわせて、どちらか最適な集客手段を選べばOK」です。というのも、無料集客にも有料集客にもメリット・デメリットが存在します。それぞれ比較してみましょう。マーケティングにも集客にも等価交換の原則がはたらきます。
マーケティング

お客様があなたを好きになって「この人から買いたい」と思うにはどうしたら良い?

小さな会社やお店をやっている場合、商品やサービスだけでお客様を惹きつけるのは至難の業です。そのため、私達は自らをブランディングしなければなりません。ブランディングとは、『好きになってもらって売りやすい環境を作る』ことです。どうすれば、「この人から買いたい」と思ってもらえるようになるのか?簡単な秘訣をご紹介します。
マーケティング

ネットでもタウン誌でも看板でもない〜飲食店向け・驚異の新規顧客開拓戦略

チラシ、ホームページ、タウン誌、ミニコミ誌。これらは飲食店の新規顧客獲得において優れた手段として使われています。一方で、みんながこれらのツールを使うからこそ、費用対効果が落ちているのも現実です。そこで本稿では、島倉さんが目からウロコの、飲食店向け・驚異の新規顧客開拓戦略を伝授してくれます。確かにこの方法は斬新。
スポンサーリンク
マーケティング

ハンバーガーショップを成功させるのに大事なのは秘伝のソース?立地?有名なブランド?

あるセミナーで、講師が「もし貴方がハンバーガーショップを開業するとして、何か一つだけ好きなものをあげるよ。って言われたら何が欲しい?」と参加者に尋ねました。参加者たちはこれに対して、秘伝のソース、優れた立地、有名なブランドなど、様々なものを上げます。しかし、講師はこれを全部与えたとして、自分は一つだけあるものを与えられたら勝てると言いました。あなたはそれが一体なんだと思いますか?
マーケティング

リピートするか否かの意思決定をお客様頼みにするからみんな潰れるんだよ

再来店率や再利用率を把握することはリピート構造の入り口。お客様を固定客化するための第一歩です。しかし、驚くほど多くの企業や店舗の運営者はこれらの取り組みに対して疎いものです。人は忘れる生き物であり、お客様の気持ちだけにリピートするか否かの意思決定を委ねるのはリスキーです。今日から始められるリピートを促す簡単な取り組みをご紹介します。
マーケティング

勉強好き・本好きがビジネスでハマる『選択のパラドックス』その解決策は?

私達の心には、選択肢が多ければ多いほど選択しなくなる『選択のパラドックス』という効果が働くことがわかっています。ビジネスの世界でも、勉強好き、本好きほど、様々なテクニックを学ぶことで、実践が疎かになる『選択のパラドックス』で、チャンスを逃す人が驚くほど多く存在します。どうすれば、ビジネスにおける『選択のパラドックス』から抜け出せるのでしょうか?
マーケティング

史上初の職業コピーライターが教えてくれた売れ続ける商品と広告に必要な3原則

1800年代の後半、世界で初めての職業コピーライターが登場しました。その名は、ジョン・ E ・パワーズ。ジョン・ E ・パワーズはマーケティング(広告)を実行する際に、絶対に欠かしてはいけない3つの原則を後世に伝えています。彼が活躍した時代から150年近くが経とうとした今でも、その言葉は普遍的な教えとして伝わります。
マーケティング

イケてない小さな工務店を地域NO1メーカーに変えた簡単な掛け算式

少し前まで、ごくごくありふれた「普通」の工務店…というか、イケてない住宅メーカーだった札幌のとある工務店。ところが、この会社は既存にある要素を少しずつ改善し、これらを掛け算で掛け合わせることによって、瞬く間に地域ナンバーワンのハウスメーカーに化けます。彼らが使った掛け算式とは?
マーケティング

見込み客に売れる広告を作りたいなら「?」からメッセージを始めよう

「△△より☓☓のご案内 Aコース◯◯円 Bコース◯◯円 Cコース◯◯円 お申込みはこちらから」よく見かけるデータが羅列された広告メッセージです。でも、これは売れるメッセージではありません。なぜなら、顧客目線が無い、売り手目線の押し付けメッセージだからです。広告は会話です。会話は質問から始まります。ではどのように質問すれば良いのでしょうか?
マーケティング

悪徳弁護士直伝「効果がありすぎて裁判で禁じられた」究極のセールステクニック

裁判で弁護、検察、双方に禁止されている「効果がありすぎて禁じられた」質問テクニックがあるのをご存知ですか?それは、「誤導質問」です。たとえば、「あなたがビール瓶で殴ったのは右手ですか?左手ですか?」といった具合です。でも、「誤導質問」はビジネスの世界では禁止されていません。「誤導質問」の有効な使い方をご紹介します。
マーケティング

理解してそうで理解していない「戦略」と「戦術」の定義【後編:戦術】

優れた「結果」を生むのは優れた「行動」であり、優れた「行動」を生むためには優れた「計画」が必要です。優れた「計画」を立てるためには、優れた「戦略」と「戦術」が必要です。でも、自分の「戦略」と「戦術」って何?と質問されると、答えをパッと言える人はほとんどいません。そこで2回の講義で、「戦略」と「戦術」の定義を高橋さんが解説してくださいます。後編スタートです。
マーケティング

理解してそうで理解していない「戦略」と「戦術」の定義【前編:戦略】

優れた「結果」を生むのは優れた「行動」であり、優れた「行動」を生むためには優れた「計画」が必要です。優れた「計画」を立てるためには、優れた「戦略」と「戦術」が必要です。でも、自分の「戦略」と「戦術」を質問されると、答えをパッと言える人はほとんどいません。そこで2回の講義で、「戦略」と「戦術」の定義を高橋さんが解説してくださいます。
マーケティング

詐欺師はマーケティングとセールスの天才?!なぜ被害者は簡単に騙されるのか?

なぜいきなり現れた男に「結婚しよう」と言われてのぼせあがり、何百万も何千万も貢ぐ女性がいるのか?なぜ、電話口で声が微妙に違う気はするのに「息子だ」という相手に言われたとおり、大金を振り込む老人が絶えないのか?それは、詐欺師達がマーケティングとセールスの基本的なテクニックを巧みに操っているからです。
マーケティング

ゴールデンウィークぼけ?仕事やりたくねー!マーケティングの「五月病」と闘え

「このマーケティング活動だ!これをやればうちは強くなる!」こんなふうにマーケティングと出会った瞬間をあなたは覚えていますか?そして、継続してそれを続けていますか?多くの人は新しくマーケティングに挑んでみたは良いものの、ツールや人のせいにして、十中八九は成果を出す前に止めていきます。マーケティング活動でも起こりうる「五月病」と闘うには、どうしたら良いのでしょうか?
マーケティング

【ワールドカップ間近】サッカーに学ぶシンプルで明確なルール設定の威力

野球の世界競技人口3,500万人に対して、サッカーの世界競技人口は2億5千万人。野球はオリンピック競技から外されることはあっても、サッカーが外されることはありえない。なぜ、サッカーはスポーツの主役競技と成り得たのか?その要因の一つは「ルール」の単純明快さです。これはビジネスも同じこと。多くの人を楽しませるにはシンプルで明確なルールが必要です。
マーケティング

伝説のギタリスト、キース・リチャーズに学ぶマーケティングの真実

活動歴50年を超える史上最強のバンド、ローリング・ストーンズのギタリストと言えば、御年74歳になるキース・リチャーズです。キースはこれまで、ローリング・ストーンズの大ヒット曲“サティスファクション”を何千回も弾いてきましたが、弾く毎に改善を続けていると語っています。マーケティングの真実も、キースの言う「粛々と小さな改善を繰り返すこと」です。
マーケティング

ファンケル化粧品の差別化を生む7つの「不」に学ぶ独自の“ウリ”の作り方

化粧品のファンケルは7つの“不”、つまり、お客様の抱える不便、不満、不信、不平、不備、不透明、不快といった問題点から商品開発をスタートさせます。独自のウリ、差別化というと、私達はどうしても商品そのものに求めがち。しかし、本来はファンケルのように、お客様が抱える問題を解決する約束事を独自の“ウリ”とするのが本当の意味での差別化となります。
マーケティング

見込み客は2種類いる それぞれへ効果的にアプローチできてますか?

できることなら、なるべく多く集めておきたい見込み客。ただし、見込み客にも顕在客と潜在客という2種類が存在し、それぞれの特性が全く異なるため、私達は顕在客と潜在客に異なるアプローチ手法を用いる必要があります。そこで本稿は、顕在客と潜在客でアプローチがどう変わるか、3つのポイントを踏まえご説明いたします。
マーケティング

商品を売るときに最も重要な意思決定“ポジショニング”=「お客様の◯◯◯◯」

ポジショニングとはマーケットに示す、あなた自身、あなたの商品、あなたの会社の立ち位置です。ポジショニングの表現方法が「価値観の押し売り」であれば、それは誰にも伝わらずマーケティングとセールスを全て台無しにしてしまいます。ポジショニング=お客様のメリットでなければ、それは誰にも伝わりません。
マーケティング

営業マンが「招かれざる客」から「歓迎されるゲスト」に変わるには?

営業という職種はどこに行っても嫌われる職種です。猛暑の中、ピンポンを押し続けて断りまくられている営業マン。「いや結構です」電話を切られまくっている営業マン。彼らのような「招かれざる客」となっている営業マンが沢山いるからです。どうすれば私達は自社の営業マンを「招かれざる客」から「歓迎されるゲスト」に変えられるのでしょうか?
スポンサーリンク