節約 社長

マーケティング

オフィスグリコの成功要因は「食べ過ぎ」の罪悪感を考慮した設置場所にあり?!

オフィスグリコの成功その単純かつ深い理由

オフィスグリコの成功要因は「食べ過ぎ」の罪悪感を考慮した設置場所にあり?!

 今やオフィスのインフラとなりつつあるオフィスグリコ。ところで、オフィスグリコは大抵デスクからちょっと離れたスペースに設置されるのが常ですよね。アメリカにおける心理実験では、少し離れた場所に食べ物...

投稿日:2017年3月24日

【事例付き】今更?!なんて言わないでSWOT分析をやってみよう

事例を使ってSWOT分析をやってみよう

【事例付き】今更?!なんて言わないでSWOT分析をやってみよう

 SWOT分析とは、自社(自分)について、強み(Strength)、弱み(Weakness)、チャンスや機会(Opportunity)、マイナスや脅威(Threat)が何なのかを分析するものです。自己と外部の要因を客観的に捉え、気...

投稿日:2017年3月22日

ドン・キホーテのテーマソングに隠された消費を促す2つの仕掛け

ドンキホーテの歌がもたらす消費心理効果

ドン・キホーテのテーマソングに隠された消費を促す2つの仕掛け

 驚安の殿堂・ドンキホーテに行くといつも流れる「ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ♪」のミュージック。この音楽は消費者にどんな行動を促すものなのでしょうか?今日は、ドン・キホーテのテーマから、商...

投稿日:2017年3月21日

「苦痛を避ける」欲求と「快楽を求める」欲求はどちらが強いか?

苦痛を避ける欲求は快楽求める欲求より強い

「苦痛を避ける」欲求と「快楽を求める」欲求はどちらが強いか?

 フロイトは、人間の心の第一の要素は“イド”だと説きました。“イド”とはラテン語であり、人間が快楽を求め、苦痛を避けようとする様を表す言葉で、“イド”に基づき起こる心理的作用を心理学では、「快楽と痛みの...

投稿日:2017年3月16日

中小企業はダサくてしょぼい販促・告知を行ったほうが売れやすい

ダサくてしょぼい販促告知が良いのはなぜ?

中小企業はダサくてしょぼい販促・告知を行ったほうが売れやすい

 ホームページやチラシ、DM、いずれを見ても最近は洗練されたキレイなデザインの販促物ばかりです。しかし、これらの多くは情報量が少なかったり、「見飽きたもの」と消費者にみなされやすくなっています。実践...

投稿日:2017年3月14日

1億円プレイヤーがアプローチする顧客層は◯◯衝動が強い人ばかり

◯◯衝動が強い顧客層に積極アプローチせよ

1億円プレイヤーがアプローチする顧客層は◯◯衝動が強い人ばかり

 ハーバード・ビジネススクールの人間行動学の研究チームがまとめた教書には、「無理な交渉や説得をせず相手を動かす方法」として、人間が根本的に持っている4つの衝動へ訴えることの有効性が記述されています...

投稿日:2017年3月7日

ペルソナ・マーケティングとは幸せにしたい「お客様」を明確にすること

ペルソナ・マーケティングってどんなもの?

ペルソナ・マーケティングとは幸せにしたい「お客様」を明確にすること

 年齢に関係なく幅広い人たちに支持される商品だとしても、ターゲットが明確になっていないと、誰に向かって何を訴えていくかがボンヤリしてしまい、結局は誰を幸せにする商品なのかわからないまま、市場から消...

投稿日:2017年3月6日

長嶋茂雄が人を効果的に動かす際に使った表現をビジネスに生かせ!

オノマトペをビジネスで上手に生かそう

長嶋茂雄が人を効果的に動かす際に使った表現をビジネスに生かせ!

 「スッと」「キューッと」「パーンと」これらは、野球界の大スター・長嶋茂雄さんが、指導時に選手たちを教える際の一場面で使った、オノマトペという擬声語による表現です。このような感覚的表現が人を効果的...

投稿日:2017年3月3日

誠実で努力家で真面目な人ほど商品が売れず成功しにくいという現実

誠実で努力家で真面目な人ほど成功しにくい

誠実で努力家で真面目な人ほど商品が売れず成功しにくいという現実

 「良い商品を作ればお客様は必ず自分達の商品を買ってくれる。商品がまずは一番大事だ。」という世の中でセオリーとされる考えに対して、経営コンサルタントの島倉さんは「誠実で努力家で真面目な人ほど商品が...

投稿日:2017年2月28日

売れて売れまくれ!事業者が売れ続けるために立てるべき6つの作戦

商品が売れ続けるために立てる6つの作戦

売れて売れまくれ!事業者が売れ続けるために立てるべき6つの作戦

 事業者たるもの、売れて売れて売れ続けなければならぬ厳しい宿命を背負っています。とはいえ世の中の原理原則は「諸行無常」。売れ続けるのはもちろん、生き残っていくことすら非常に難しい時代です。どうすれ...

投稿日:2017年2月27日

暴言続ける米・トランプ大統領が駆使する3つの交渉テクニック

トランプ氏が駆使する3つの交渉テクニック

暴言続ける米・トランプ大統領が駆使する3つの交渉テクニック

 アメリカの大統領に就任して1ヶ月が経ったトランプ大統領。良いか悪いかは別として、彼の交渉には、ビジネスの実践を通じて培われた、巧みな心理テクニックがふんだんに盛り込まれています。今日はこのうち代表...

投稿日:2017年2月24日

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

顧客は怠け者〜負担減らす商品に活路あり

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

 人間は基本的に怠け者です。たとえば、昼夜を問わず働く勤勉な人がいたとしても、その人はかわりにプライベートでは楽をしたいと考えるはずです。部屋の掃除をアウトソーシングしたり、自分では料理を作らず外...

投稿日:2017年2月16日

キンコン西野さんによる絵本の無料公開を叩いてる人は商売の勉強不足

キンコン西野の絵本炎上を叩く人は勉強不足

キンコン西野さんによる絵本の無料公開を叩いてる人は商売の勉強不足

 キングコングの西野さんが既に有料販売している『えんとつ町のプペル』をWEB上で無料公開したことを受けて、一部のクリエイターからは「話題を呼ぶための綺麗事」「クリエイターが同じ要求をされるようになれば...

投稿日:2017年2月15日

初乗り410円に値下がりしたタクシー料金を高く感じる人がいるのはなぜか?

値下がりタクシー料金高く感じるのはなぜ?

初乗り410円に値下がりしたタクシー料金を高く感じる人がいるのはなぜか?

 トータルだと値下がりしたはずのタクシー料金。実際に乗ると値下がりしているのに、料金が高くなったと感じている人はいらっしゃいませんか?何度かの検証を重ねると、値下がりしたタクシー料金を高いと感じて...

投稿日:2017年2月13日

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

心理学〜利用可能性ヒューリスティックの罠

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

 人は自分の経験してきたことや知っている知識の中で、目の前の対象物を把握したがる、利用可能性ヒューリスティックといい性向を持ちます。人間にとって考えることや想像することは重労働なのです。たとえばネ...

投稿日:2017年2月10日

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

あなたが気づいていない最強の競合は◯◯

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

 あなたは「あなたの会社にとって最強の競合はどこですか?」と聞かれた時に、どの会社を最初に思い浮かべますか?多分多くの人は、商圏が同じ同業他社を思い浮かべるのが普通かもしれません。しかし、私達にと...

投稿日:2017年2月2日

チャットで転職相談。1日に150人の相談にのるジョブクルの転職エージェント

チャットで転職相談を可能にしたジョブクル

チャットで転職相談。1日に150人の相談にのるジョブクルの転職エージェント

 ウェブサイトの提供するサービスにおいて、まるでリアル店舗にいるかのように、生身の人間がオンラインでも対応する「ヒューマニゼーション(人間化)」が進んでいます。人材紹介サービスを提供する「ジョブク...

投稿日:2017年1月26日

販売につながる情報発信をする際に欠かせない3つのポイント

販促の情報発信で意識したい3つのポイント

販売につながる情報発信をする際に欠かせない3つのポイント

 良い商品やサービスであっても、売れないものが多いのはなぜなのでしょうか?時代が追いついていない、売る場所を間違っている、などの理由も確かに考えられます。しかし多くの場合、商品やサービスが売れない...

投稿日:2017年1月20日

商品を売りたいなら消費者の誰もが持つ「ゲスな感情」に着目せよ!

売れたいならば「ゲスな感情」に着目せよ!

商品を売りたいなら消費者の誰もが持つ「ゲスな感情」に着目せよ!

 消費者がある商品を購入する時は、表立った理由とは別に、人にあまり知られたくないゲスな感情で意思決定を行うことが多いものです。たとえば、ジム通いを始める表立った理由は「健康になるため」ですが、本当...

投稿日:2017年1月17日

売れば終わりは昔の話?ソニーが一眼レフカメラ購入者に対して「購入後のサービスやフォローが命」と考えるワケ

ソニー一眼レフの優れたアフターサービス

売れば終わりは昔の話?ソニーが一眼レフカメラ購入者に対して「購入後のサービスやフォローが命」と考えるワケ

 従来、メーカーは「売ってしまえば、あとは消費者がどう使おうが知ったことではない。」という考えを持つのが一般的でした。しかし現在では、優れたアフターサービスの提供を通じて、顧客満足度を高めようとす...

投稿日:2017年1月10日