節約 社長

資産運用

現役大家で元・不動産会社の社長が東京で満室大家になる方法を語ろう

現役大家で元・不動産会社の社長が東京で満室大家になる方法を語ろう

 大都会東京でも、不動産の賃貸物件は競争の波にさらされています。不動産賃貸業は満室状態が収入のアッパー(限界)ですし、銀行借入を起こして物件を買えば、基本的には満室状態を作らないと資金が回りません。そこで本稿では、現役大家で元・不動産会社の社長でもあるキミアキ先生が、東京の不動産業界事情と、満室大家になるテクニックを紹介してくださいます。

低金利は私達の実生活へどんなメリット・デメリットを及ぼしている?

 トランプ氏の大統領就任が決定してから米国債利回りが上昇を続けている一方で、日本の低金利は継続しており、2国間の金利差はますます拡大しています。日本の長期金利が低金利であることは、私達の実生活にどんな影... 

資産運用ニュースの記事をすべて見る

資産運用
資産運用ニュースをチェックすることが企業の資産運用に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では資産運用の最前線情報や投資に関する専門知識に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
多くの経営者が不動産で資産運用・資産形成を行う3つの理由

多くの経営者が不動産で資産運用・資産形成を行う3つの理由

 日本の空室率は13%に到達し、地方に行けば行くほど、不動産による資産運用は難易度を増しています。それでもなお、経営者の多くは不動産による資産運用を行っています。そこで本稿は、経営者が資産運用を行う際に発生する3つのメリットをご紹介します。


空き家活用で大幅な金利優遇をもたらすフラット35リノベとは

空き家活用で大幅な金利優遇をもたらすフラット35リノベとは

 全国の空き家率は、2013年の調査で13.5%。実に7.5軒に1軒が空き家となっており、生活環境に様々なリスク要因をもたらしています。これを受けて住宅支援機構は、フラット35リノベという、中古住宅取得者に金利優遇を与える融資制度を用意しました。その中身や注意点について解説いたします。


休眠会社の売買は素人一切手出し無用、行けばわかるさ修羅の道

休眠会社の売買は素人一切手出し無用、行けばわかるさ修羅の道

 新しい会社を作るのが面倒くさいから、休眠会社を買うという選択肢を検討されたことはありませんか?休眠会社の売買は実際のところ、どのような目的でこれまで行われてきたのか、そのリスクと共に説明します。トータルで見た時に、果たして休眠会社の売買にメリットはあるのでしょうか?


三井住友銀行で飛行機を買って節税できるだと?!タックスリースの仕組とリスク

三井住友銀行で飛行機を買って節税できるだと?!タックスリースの仕組とリスク

 三井住友銀行が航空券融資を証券化し、グループ内のリース会社が保有する航空機を販売することが報道されました。一連のビジネススキームはタックスリースと呼ばれており、証券化されたリース資産の購入は投資家にとって効果の大きな節税対策となります。しかし、タックスリースはリスクのある商品であり、慎重な投資判断が求められることを忘れてはなりません。


知的財産を持つなら金融機関と事業性評価を通じた連携を取ろう

知的財産を持つなら金融機関と事業性評価を通じた連携を取ろう

 知的財産を持つ企業にとって、金融庁が金融機関に対して事業性評価を行うよう通達している今はチャンスです。多くの金融機関、特に地方銀行や信用金庫において、知的財産による事業性評価を行う機運が高まっているからです。資金調達以外にもビジネスマッチングをはじめ、金融機関との付き合いにはメリットが生じます。


【必見】21世紀を代表する新しい投資手法「ESG投資」とは?

【必見】21世紀を代表する新しい投資手法「ESG投資」とは?

 ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字であり、これらの分野に配慮している企業を重視・選別して行われる投資が、ESG投資というものです。ESG投資が先進国間で広がった理由や、投資手法が未だ抱える課題点について説明いたします。


節約と投資の天才は園芸家?!長期投資の元祖・本多静六

節約と投資の天才は園芸家?!長期投資の元祖・本多静六

 私達の世代で身近な長期投資の大投資家といえば、「タマゴボーロ」をヒットさせた竹田和平氏です。ところで読者の皆様は竹田和平氏よりも前に長期投資によって財を成した大投資家「本多静六」をご存じですか?節約による投資資金作り、欲を削ぎ落とした投資手法、そしてお金に対する考え方は、時代を超えた今も学びを与えます。


ソニー1000億の社債発行に見る社債発行のメリットと注意点

ソニー1000億の社債発行に見る社債発行のメリットと注意点

 ソニーが9月にも機関投資家向けに、1000億円規模の普通社債発行による資金調達を行うことが、明らかになりました。社債発行による資金調達は、出資や融資を受けることと比較した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?また、社債の発行元・引受先となる際は、どのような点に注意すべきなのでしょうか?


資産運用ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。