節約 社長

資産運用

日本一の個人投資家も社長!経営者が株式投資をする6つのメリット

日本一の個人投資家も社長!経営者が株式投資をする6つのメリット

 昔、日本一の個人投資家と呼ばれていた、故・竹田和平さんが「たまごボーロ」で有名な竹田製菓の経営者だったことは有名な話です。経営者の多くが今でも実際に株式投資にメリットを感じて、資産運用の1手段として活用しています。そこで本稿は、経営者が株式投資を行う6つのメリットをご紹介したいと思います。

現役大家で元・不動産会社の社長が東京で満室大家になる方法を語ろう

 大都会東京でも、不動産の賃貸物件は競争の波にさらされています。不動産賃貸業は満室状態が収入のアッパー(限界)ですし、銀行借入を起こして物件を買えば、基本的には満室状態を作らないと資金が回りません。そ... 

資産運用ニュースの記事をすべて見る

資産運用
資産運用ニュースをチェックすることが企業の資産運用に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では資産運用の最前線情報や投資に関する専門知識に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
年金加入は本当に損なのか?年金制度に多くの人が抱く大きな誤解

年金加入は本当に損なのか?年金制度に多くの人が抱く大きな誤解

 「国民年金を払っても、どうせ年金はもらえない」多くの人がこのような考えを持っています。しかし、日本政府は、国民年金制度を維持するために2分の1の国庫負担しており、不払いは国の負担分を放棄することを意味します。冷静に計算すると、現時点で支払を始めたとしても、損となることは考えにくいのも現実と言えるでしょう。


経営者や個人事業主は住宅ローンが借りづらいってホントですか?

経営者や個人事業主は住宅ローンが借りづらいってホントですか?

 経営者といえば、一般的にお金持ちで大豪邸にも優先的に住めるイメージを持たれやすいものですが、実際のところは、会社の状況次第でサラリーマンより、住宅ローンを組みにくいのが現実です。経営者の方にお勧めな住宅ローンは果たして無いのか?敏腕ファイナンシャルプランナーが、マル秘テクニックを教えてくれます。


資産運用で銀行員や証券マンからの営業にのるのは危ない?

資産運用で銀行員や証券マンからの営業にのるのは危ない?

 会社経営者として本業で着実に利益を出し安定経営をしていても、余剰資金について寝かせるのはもったいない、資産運用して利益を出したい、と考える方は多いのではないでしょうか?そんな時に、銀行マンや証券マンらの、頻繁な資産運用の誘いかけがあるわけですが、実際のところ、彼らのアドバイスは有用なのでしょうか?


年金の受給資格となる加入期間が25年から10年に短縮へ

年金の受給資格となる加入期間が25年から10年に短縮へ

 日本の年金受給資格は、他の先進国と比較しても非常に厳しいものです。しかし、年金が受け取れずに老後の生活に困窮する人達は大幅に増加しています。これを受けて、政府はついに、受給資格を得られる加入期間を25年から10年に短縮する法案を提出しました。法案は今国会で成立することが見込まれています。


多くの経営者が不動産で資産運用・資産形成を行う3つの理由

多くの経営者が不動産で資産運用・資産形成を行う3つの理由

 日本の空室率は13%に到達し、地方に行けば行くほど、不動産による資産運用は難易度を増しています。それでもなお、経営者の多くは不動産による資産運用を行っています。そこで本稿は、経営者が資産運用を行う際に発生する3つのメリットをご紹介します。


空き家活用で大幅な金利優遇をもたらすフラット35リノベとは

空き家活用で大幅な金利優遇をもたらすフラット35リノベとは

 全国の空き家率は、2013年の調査で13.5%。実に7.5軒に1軒が空き家となっており、生活環境に様々なリスク要因をもたらしています。これを受けて住宅支援機構は、フラット35リノベという、中古住宅取得者に金利優遇を与える融資制度を用意しました。その中身や注意点について解説いたします。


休眠会社の売買は素人一切手出し無用、行けばわかるさ修羅の道

休眠会社の売買は素人一切手出し無用、行けばわかるさ修羅の道

 新しい会社を作るのが面倒くさいから、休眠会社を買うという選択肢を検討されたことはありませんか?休眠会社の売買は実際のところ、どのような目的でこれまで行われてきたのか、そのリスクと共に説明します。トータルで見た時に、果たして休眠会社の売買にメリットはあるのでしょうか?


三井住友銀行で飛行機を買って節税できるだと?!タックスリースの仕組とリスク

三井住友銀行で飛行機を買って節税できるだと?!タックスリースの仕組とリスク

 三井住友銀行が航空券融資を証券化し、グループ内のリース会社が保有する航空機を販売することが報道されました。一連のビジネススキームはタックスリースと呼ばれており、証券化されたリース資産の購入は投資家にとって効果の大きな節税対策となります。しかし、タックスリースはリスクのある商品であり、慎重な投資判断が求められることを忘れてはなりません。


資産運用ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。