節約 社長

資産運用

新築住宅「買うか」「借りるか」自分にとっての適正を見極める1つの質問

新築住宅「買うか」「借りるか」自分にとっての適正を見極める1つの質問

 マイナス金利の影響によって、銀行間では「住宅ローン金利の」引き下げ競争が活発化しており、このような背景のもとで、タイミング良く家を購入する人が増えています。しかし、自宅の購入は自己資金を元手に何倍ものレバレッジ(借り入れ)を受け入れることです。冷静に購入後のライフプランを考えなければ、家の購入はムダとなってしまいます。

資産運用に現れたロボアドバイザーという新選択肢・代表的な5つのロボアドバイザー

 スマホの技術や AIなど最先端技術を駆使し金融サービスを提供するフィンテックが、資産運用の世界で浸透し始めています。中でも、資産運用に関するアドバイスを、コンピューターの分析や解析によって提案する、「... 

資産運用ニュースの記事をすべて見る

資産運用
資産運用ニュースをチェックすることが企業の資産運用に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では資産運用の最前線情報や投資に関する専門知識に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
糸井重里の「ほぼ日」が上場。メディアが語らぬもう1つの理由

糸井重里の「ほぼ日」が上場。メディアが語らぬもう1つの理由

 糸井重里さんが社長を務める「株式会社ほぼ日」が3月16日に上場しました。報道の論調は上場の目的が、糸井氏頼みの「個人事務所」から、普通の会社になること、というものが主流です。たしかにこれも上場の理由かもしれませんが、おそらく今回の上場には、報道されないもう1つの狙いがあると思われます。それは相続対策です。


年金?既に破綻してます!身一つで老後を生き抜く最強スキルはあるのか?

年金?既に破綻してます!身一つで老後を生き抜く最強スキルはあるのか?

 世の中どこまで行っても身につまされる話ばかり。政府は年金が破綻しないと言っていても既に制度は破綻しており、私たちは必ず迎えるであろう老後に、己を身一つで守らねばならぬ時がやってきます。不動産投資、会社経営、様々な手段がありますが、他になにか自分を守る手だてとなる職業はないものでしょうか?リクエストに応えてキミアキ先生が持論を展開します。


東芝が撃沈⇒会社で東芝株持ってた。あかんっ!⇒減損損失出して節税って可能?

東芝が撃沈⇒会社で東芝株持ってた。あかんっ!⇒減損損失出して節税って可能?

 先週、東芝が7,125億円の減損処理を行うことを発表し、文字通りの債務超過が確定しました。株価もこれを受けて先週末には、昨年末との比較で50%以上の大幅下落を記録しました。もしも法人で東芝の株式をもっており、取得価額に対して大幅な下落が生じたなら、同じように減損損失を行っても良いのでしょうか?


低金利は私達の実生活へどんなメリット・デメリットを及ぼしている?

低金利は私達の実生活へどんなメリット・デメリットを及ぼしている?

 トランプ氏の大統領就任が決定してから米国債利回りが上昇を続けている一方で、日本の低金利は継続しており、2国間の金利差はますます拡大しています。日本の長期金利が低金利であることは、私達の実生活にどんな影響を及ぼしているのか?シンガポール在住FPの永柄さんが解説してくださいます。


iDeCoとNISA⇒20代〜60代の世代別で最適な運用方法を敏腕FPが徹底解説!

iDeCoとNISA⇒20代〜60代の世代別で最適な運用方法を敏腕FPが徹底解説!

 国が掲げる「貯蓄から投資へ」というスローガンのもと、投資に関して様々な税制優遇制度が続いています。中でも、2014年からスタートした少額投資非課税制度のNISAと、今年から加入対象が大幅に拡大した個人型確定拠出年金、通称「iDeCo」は、賢く運用したいところ。本稿では敏腕FPの赤井さんが、これらの制度について20代〜60代の世代別の最適な運用方法を教えてくれます。


〜貧困化する日本の家計〜欧米とのデータ比較で判明したそのワケ

〜貧困化する日本の家計〜欧米とのデータ比較で判明したそのワケ

 「金融庁 平成27年度事務年度 金融レポート」は、日本の家計における金融資産が過去20年で1.47倍増えたのに対して、アメリカの家計は3.11倍、イギリスの家計は2.27倍増えていることを伝えています。圧倒的な差が付いた理由は、日本の家計が資産運用で投資という手段を選ばなかったことです。政府の金融政策を鑑みても、投資を行わぬことが私達にとってリスクとなっています。


年金加入は本当に損なのか?年金制度に多くの人が抱く大きな誤解

年金加入は本当に損なのか?年金制度に多くの人が抱く大きな誤解

 「国民年金を払っても、どうせ年金はもらえない」多くの人がこのような考えを持っています。しかし、日本政府は、国民年金制度を維持するために2分の1の国庫負担しており、不払いは国の負担分を放棄することを意味します。冷静に計算すると、現時点で支払を始めたとしても、損となることは考えにくいのも現実と言えるでしょう。


経営者や個人事業主は住宅ローンが借りづらいってホントですか?

経営者や個人事業主は住宅ローンが借りづらいってホントですか?

 経営者といえば、一般的にお金持ちで大豪邸にも優先的に住めるイメージを持たれやすいものですが、実際のところは、会社の状況次第でサラリーマンより、住宅ローンを組みにくいのが現実です。経営者の方にお勧めな住宅ローンは果たして無いのか?敏腕ファイナンシャルプランナーが、マル秘テクニックを教えてくれます。


資産運用ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。