節約 社長

資産運用

若い経営者に貯蓄とかほざくファイナンシャルプランナーのアドバイスは聞くな!

若い経営者に貯蓄とかほざくファイナンシャルプランナーのアドバイスは聞くな!

 ファイナンシャルプランナーというと「お金のプロ」というイメージをもたれる方もいることでしょう。しかし、実際には彼らのアドバイスが、経営者、起業しようとする人にとってマイナスとなる場合が多くあります。もし、アドバイスを聞くなら、あなたの行動を軽くする知恵を与える人、実際に多く稼いでいるファイナンシャルプランナーを使うことをおすすめします。

不動産経営最大のリスク「家賃滞納」から身を守る大家が意識する4つのこと

 不動産経営は「不労収入がある」「手間を掛けずに儲けられる」など、とかく美味しい話が持ち上がりやすい業種です。しかし、実際に長年、不動産経営をしてきた人間からすれば、そんな美味しい話はありません。特に... 

資産運用ニュースの記事をすべて見る

資産運用
資産運用ニュースをチェックすることが企業の資産運用に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では資産運用の最前線情報や投資に関する専門知識に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
投資好きなのは◯◯県人だった!お金と県民性の意外な関係

投資好きなのは◯◯県人だった!お金と県民性の意外な関係

 少額投資非課税制度、いわゆる「つみたてNISA」が徐々に認知を上げています。都道府県別の調査で判明したのは、「つみたてNISA」や「iDeCo」について意外な県での認知が高いことです。皆さんは何県だと思いますか?お金と県民性の意外な関係をご紹介します。


経営者の計画的な退職金積み立て〜民間の保険と共済どちらから始めるのが良いか?

経営者の計画的な退職金積み立て〜民間の保険と共済どちらから始めるのが良いか?

 多くの中小企業経営者は、資金繰りのことを考えると、なかなか自分のために退職金を積み立てにくい実情を抱えています。そこで退職金代わりに、民間の保険や共済で掛け金を積み立てるのが一般的です。では、民間の保険と共済を比較した時には、それぞれでどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?どちらから始めるのがベストなのでしょうか?


世界初の大ヒットバーチャルYouTuberキズナアイに学ぶ新分野への投資

世界初の大ヒットバーチャルYouTuberキズナアイに学ぶ新分野への投資

 かつて、資産と言えば「株」「不動産」が主流でした。しかし、インターネットが台頭したことにより、Web上の資産の価値がどんどん上がっています。特にWebコンテンツとして動画資産の価値は急速に高まっています。その一例が100万人が登録するバーチャルYouTuberキズナアイ。Web上の資産はコンテンツ管理が簡単で、税金もかからず、黒字化も早いなど、様々なメリットがあります。



シェアハウス投資崩壊〜築浅だけど使い道なしの旗竿地争奪戦が始まる!

シェアハウス投資崩壊〜築浅だけど使い道なしの旗竿地争奪戦が始まる!

 ここ数年の間に大流行していたシェアハウス投資。ところが投資した物件の入居率は半分程度しかなく、サブリース会社も支払いを滞らせ始めるなど、ここに来て市場が事実上の崩壊を迎えているようです。シェアハウス投資が流行った背景やこれまでの経緯を解説しながら、サブリース会社が潰れた後に訪れるであろう不動産の買い場についてもご説明します。


会社に出資するのに個人と企業どちらのほうが良いか?メリットとデメリット

会社に出資するのに個人と企業どちらのほうが良いか?メリットとデメリット

 会社を設立するときの出資については、普通は個人で出資を行うことが多いですよね。ただし、既にに会社を持っている場合は、その会社から出資して新しい会社を設立することもあります。そこで本稿は、個人出資と会社出資の違い、それぞれのメリット・デメリットについて考えてみます。


2018年はFINTECH (フィンテック) が世界のお金の流れを大きく変える

2018年はFINTECH (フィンテック) が世界のお金の流れを大きく変える

 今年の株式市場と今後の世界経済を占う上で、間違いなくインパクトを与えるであろう商品・サービスの潮流といえば「FINTECH(フィンテック)」です。元旦以降、各報道機関はブロックチェーン技術を応用した決済システムを金融機関が導入したことを報じており、送金コストの削減が世界規模で大きな経済効果を生む可能性が予見されています。


戌年の株価は上昇する?知っておきたい2018年の株価アノマリー

戌年の株価は上昇する?知っておきたい2018年の株価アノマリー

 2017年は日経平均株価が年間で10%以上の上昇を果たし、バブル期以来の2万円台回復となりました。株価には理論で証明できないアノマリーと呼ばれるジンクスがあります。今年は戌年ですが、戌年の株価にも実はアノマリーが存在します。果たして戌年のアノマリーで行くと株価はどうなるのでしょうか?


資産運用ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。