節約 社長

資産運用

株式投資〜会社と個人どちらで運用したほうがオトクになるか?

株式投資〜会社と個人どちらで運用したほうがオトクになるか?

 日経平均株価はここ1年を見ても2万円を超える水準で推移しており、安定した高値を維持しています。株式を運用する場合に、個人口座と法人口座のどちらで運用するか悩んでらっしゃる方も多いかと思います。そこで本稿は、株式を運用する際に生じる、個人口座と法人口座それぞれのメリット・デメリットを提示いたします。

NISAの非課税期間終了〜課税対応に向けた3つの選択肢でオトクなのは?

 2014年1月から始まった「少額投資非課税制度」、通称NISA(ニーサ)について、一般NISAの初年度(2014年分)の非課税期間が今年で終わります。これに対応して、1)非課税期間が終了するまでに売却する、2)2019年の... 

資産運用ニュースの記事をすべて見る

資産運用
資産運用ニュースをチェックすることが企業の資産運用に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では資産運用の最前線情報や投資に関する専門知識に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。

シェアハウス投資崩壊〜築浅だけど使い道なしの旗竿地争奪戦が始まる!

シェアハウス投資崩壊〜築浅だけど使い道なしの旗竿地争奪戦が始まる!

 ここ数年の間に大流行していたシェアハウス投資。ところが投資した物件の入居率は半分程度しかなく、サブリース会社も支払いを滞らせ始めるなど、ここに来て市場が事実上の崩壊を迎えているようです。シェアハウス投資が流行った背景やこれまでの経緯を解説しながら、サブリース会社が潰れた後に訪れるであろう不動産の買い場についてもご説明します。


会社に出資するのに個人と企業どちらのほうが良いか?メリットとデメリット

会社に出資するのに個人と企業どちらのほうが良いか?メリットとデメリット

 会社を設立するときの出資については、普通は個人で出資を行うことが多いですよね。ただし、既にに会社を持っている場合は、その会社から出資して新しい会社を設立することもあります。そこで本稿は、個人出資と会社出資の違い、それぞれのメリット・デメリットについて考えてみます。


2018年はFINTECH (フィンテック) が世界のお金の流れを大きく変える

2018年はFINTECH (フィンテック) が世界のお金の流れを大きく変える

 今年の株式市場と今後の世界経済を占う上で、間違いなくインパクトを与えるであろう商品・サービスの潮流といえば「FINTECH(フィンテック)」です。元旦以降、各報道機関はブロックチェーン技術を応用した決済システムを金融機関が導入したことを報じており、送金コストの削減が世界規模で大きな経済効果を生む可能性が予見されています。


戌年の株価は上昇する?知っておきたい2018年の株価アノマリー

戌年の株価は上昇する?知っておきたい2018年の株価アノマリー

 2017年は日経平均株価が年間で10%以上の上昇を果たし、バブル期以来の2万円台回復となりました。株価には理論で証明できないアノマリーと呼ばれるジンクスがあります。今年は戌年ですが、戌年の株価にも実はアノマリーが存在します。果たして戌年のアノマリーで行くと株価はどうなるのでしょうか?


意外と海外投資が好き?!日本人の海外資産が1000兆円を超えたワケ

意外と海外投資が好き?!日本人の海外資産が1000兆円を超えたワケ

 日経新聞が、現時点で日本が持つ海外資産は1000兆円を突破したと報道しました。なぜ日本の海外資産が大幅に増えたのか?その大きな理由は日本の低金利環境にあります。低金利にあえぐ銀行や保険会社などの機関投資家が国内ではなく海外に活路を求める一方、私達の年金を預かるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も海外投資に力をいれているようです。


乱高下の激しさを増す日経平均株価 今は買いか売りか?プロの判断はこうだ!

乱高下の激しさを増す日経平均株価 今は買いか売りか?プロの判断はこうだ!

 11月後半から日経平均株価の乱高下が続いてます。きっかけを作ったのはモルガン・スタンレーによる韓国GDPの40%以上を稼ぎ出すサムスン電子の投資判断引き下げです。これに呼応する形で起きた売りにヘッジファンドのプログラム売買が売りを浴びせています。しかし、足元のファンダメンタルズを見る限り、突発的なミスプライスは中長期的に修正される可能性が高く、今は押し目を買いにいくチャンスを狙う時期かもしれません。


1986年に海外と日本国内でそれぞれ100万円ずつ投じたら30年後は何倍?

1986年に海外と日本国内でそれぞれ100万円ずつ投じたら30年後は何倍?

 日経平均株価がバブル景気崩壊後の最高値を更新し続けています。一方で、外国株に30年間投資を続けていた場合、その成果はどうなっていたのでしょう?日本株の株価指標としてTOPIX、外国株の株価指標としてMSCIコクサイを使用して比較すると、両者の雲泥の差が見えてきます。


資産運用ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。