ボーナスの起源は江戸時代?!夏と年末それぞれに起源があった!

経営
スポンサーリンク

 今ではほとんどの会社で当たり前のように支給されている賞与。読者の皆様はその起源が、近代日本以前の江戸時代にあったことをご存じですか?江戸時代の夏季賞与と年末賞与にはそれぞれの起源があり、渡されるお金の意味合いも違ったようです。ただし、経営者が賞与に込めた意味合いや原資確保に悩む部分は今も昔も変わらないかもしれません。

賞与は社員のモチベーションに大きく作用する

 今ではほとんどの会社で当たり前のように支給されている賞与。

 社員にとっては、賞与が住宅ローンの計算に組み込まれ、普段の生活の補填にも活躍するものであることから、生活とは切っても切り離せないものであり、大きくモチベーションにも作用するものとなっています。

 労働基準法の中で賞与は、「定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額があらかじめ確定されていないもの(昭22.9.13 発基17号)」と法律上定められています。

 名称は色々ありますが、賞与の金額や有無は原則として各企業が独自に決められることになっていますし、算定方法も企業によって違います。

 ところで、この「賞与」は、いつどのようにして始まったものなのでしょうか?
 
 意外と知らない「賞与の歴史」を本日はご紹介したいと思います。

賞与の始まりは江戸時代?!年末と夏季で起源が違うなんて知らなんだ!

 労働政策研究・研修機構(特集:その裏にある歴史)によると、賞与の始まりは以下のように考えられています。

年末賞与の起源

 年末賞与の起源は、江戸時代に商家で働く丁稚・手代(番頭と丁稚の間にいる使用人で商家奉行人の身分の一つ)に支給された正月の餅代と言われています。

 この時代の昇進は勤続年数と深い関係にあり、勤務ぶりも加味した上で、餅代が決定されたということです。

 当時は餅を買うことが、どれだけ贅沢な行為だったのか理解できますよね。

夏季賞与の起源

 夏季賞与の起源は、盆の薮入り(住み込みの丁稚等が実家へ帰省できるお休みのこと)に丁稚・手代に支給されたお小遣い、お仕着せ(奉公人に支給される着物のこと)と考えられているそうです。

 ちなみに、夏は冬の餅代よりも少額のことが多かったようです。

 今も冬のほうがボーナスの多い企業が多いですけれど、事情は同じようなところでしょうか?!

ボーナスという言葉の起源には諸説あり?!

 江戸時代は、戦国時代から「太平の世」へ移行したと共にに、商業や文化が台頭する時代でもありました。

 これによって、生涯同じ所に勤める人間が増え、「滅私奉公」という言葉もこの頃に生まれています。

 このような背景で、勤続年数と利益配分や給与の支給額に密接な関連性が生まれた点は、現代の賞与と非常に似通ったところがありますよね。

 ちなみに、これも豆知識ですが、「ボーナス」という言葉の起源には諸説ありまして、ラテン語の“Bonus”(良い、予期せぬ収穫)とも、海外の証券市場で株式配当金を表す英語のスラング“bonum”とも言われています。

 ちまたでは、そろそろ決算期末の決算賞与で悩む方が増え始めています。

 何はともあれ、今も昔も経営者が社員に賞与を渡す際に、賞与に込める意義や原資の確保など、悩んでいる部分はきっと変わらないことでしょう。

決算賞与を支給するために満たすべき3つの要件と踏まえるべきデメリット
 決算賞与とは、会社で定められている賞与、たとえば、夏・冬の2回とは別に、決算月に支給する賞与のことを言います。決算賞与は、要件をきちんと満たせば全額が損金となり節税効果が高く、利益を従業員に還元することでモチベーションを上げる効果を持ちます。ただし、決算賞与を出す時には3つの要件を満たす必要があり、更にデメリットにも注意が必要です。
経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
株式会社iCARE

7月12日(火)にライトアップ社様と共催で、『<助成金活用>必ず身につく!! MBA流超実践型レジリエンス研修体験セミナー』を開催いたします。

グローバル、ダイバーシティとめまぐるしく変化が求められる厳しい競争環境を勝ち抜くには、従業員一人ひとりの「たくましさ」がますます求められています。
組織で働くひとにとって、「ストレス」との関係は切っても切れないものです。昨年12月から「ストレスチェック制度」が義務化されるなど、企業におけるメンタルヘルス対策の重要性はますます高まってきています。

そんな中、昨今企業の人材開発で注目を集めるキーワードが「レジリエンス」です。

レジリエンスとは、英語で「復元力」や「弾力性」などと訳され、単に打たれ強いということではなく、「外から衝撃を受けても、目の前の変化や逆境をしなやかに乗り越え立ち直ることができる心の強さ」を表す新しい概念です。予測不可能な環境変化の激しい市場競争の中で、直面する様々な壁を乗り越え成果を発揮し続けるためには「しなやかに強く立ち直れる力」が今後ますます重要になってきます。

iCAREではそういった企業様の研修ニーズにお応えするため、「MBA流超実践型レジリエンス研修」を提供しております。メンタルのプロ、ビジネスのプロが監修した超実践型のプログラムです。学んだ知識を「わかった」で終わらせることなく「使える」力に変えるため、研修後に「carely」というチャットサービスを通じてレジリエンスの習得をフォローします。

しかも、今回のセミナーでは助成金を使うことにより、実質無料で企業研修を企画できる方法を合わせてお伝えいたします。組織力を強化したい企業経営者の方、実践型の研修を企画されたい新規事業の育成責任者の方、ストレスチェック後のセルフケア対策を検討したい人事責任者の方必見です!!

■こんな企業様にオススメ

・社員のレジリエンス力を高め、企業競争力を強化したい経営者の方
・社員の健康に配慮することで、採用競争力を高めたい人事責任者の方
・ストレスチェック後のセルフケア対策で実践的な研修を検討されている人事責任者の方
・経験の少ない若手を責任のあるポジションに抜擢したが、フォローがあまりできていない上席の方

皆さまのご参加をお待ちしております。

============開催概要==============

【日時】 2016年7月12日(火) 18:00〜20:00
【申込】 https://lmsg.jp/pageview/hji0bYWWpoZU/10535/bb686892175c7748
 ※こちらのセミナーページより必要事項をご記入願います
【会場】 渋谷クロスタワー32F
【住所】 東京都渋谷区渋谷2-15-1渋谷クロスタワー32F
【アクセス】 各線渋谷駅から徒歩5分
【お問い合わせ】
 株式会社ライトアップ 松岡 matsuoka@writeup.co.jp
 株式会社iCARE 片岡 k.kataoka@icare.jpn.com
【参加費】 無料
【プログラム】
 第1部:必ず身につく!! 組織変革のためのMBA流超実践型レジリエンス研修体験セミナー
  第1部では、iCAREが提供する「レジリエンス研修」の概要をご説明いたします。
  研修の背景を一部ワークを交えてお話させていただきます。

 第2部:2016年度最新助成金について
  第2部では、企業研修に対して活用できる助成金とその申請方法についてご説明いたします。
———————————————————-
お申し込みはこちらから:https://lmsg.jp/pageview/hji0bYWWpoZU/10535/0ec91bdefd8625ed

iCAREでは企業様向けに「carely(ケアリー)」という健康創出プラットフォームサービスを提供し、従業員のメンタル・フィジカル双方の効果的なケアを通して従業員の健全な「心と身体」を創り、活気あふれる企業へと躍進させる健康経営を実現いたします。

「carely」は、パーソナルな健康情報を基に医師・保健師等の専門家が従業員からの相談にチャットで応じる機能と、企業が持つ従業員の健康情報全てをクラウド上に格納する機能を有しています。健康診断ストレスチェック等の業務代行も行っております。

病気になってから病院に行って治療を行うのではなく、日常生活を通じて未然に病気の予防を促進する「オンライン保健室」というコンセプトを提唱しています。企業の健康プラットフォームが社会のインフラになる世界を目ざしています。

株式会社iCAREは、社員の健康を増進するオンライン保健室「carely」で企業の健康経営を推進し、活気あふれる生産性の高い組織作りを支援いたします!!

株式会社iCAREをフォローする
節約社長