節約 社長

税務調査

税務署さんいらっしゃ~い☆2つの書類を探られたら人件費を疑われてると思え!

税務署さんいらっしゃ~い☆2つの書類を探られたら人件費を疑われてると思え!

 「人は城、人は石垣、人は堀。」この言葉は今も普遍的に変わらぬ価値を持つものであり、人が企業の根本的な価値を作るゆえ、人件費に大きなお金が動くのは至極当然の話です。従って、税務調査においても調査官は、人件費を重要チェックポイントとして注視します。特に普段提出を求められない2種類の書類を提出するよう言われた時は注意が必要です。

赤字会社でも税務調査に入られる?!調査官の狙いは「ニセ赤字会社」

 「うちはワザと赤字にして税金を支払わないようにしているんだ。」「赤字だから税務調査なんて入らないよ。」とおっしゃる経営者の方をたまにお見かけ致しますが、赤字会社でも税務調査は毎年2万社に行われていま... 

税務調査ニュースの記事をすべて見る

税務調査
税務調査ではどういう事を聞かれるのか?税務調査で慌てないために知っておくべき基礎知識を紹介します。
ホームページを期末に作成する際に税務上注意しておきたい点

ホームページを期末に作成する際に税務上注意しておきたい点

 決算が黒字となり利益が大分残る際は、必要な支出を期末に出費することによって、納税額を少なくすることができます。最近、期末の納税対策として増えているのが、ホームページの制作や改修による支出で行う対策ですが、その納期や金額には十分に注意しなければなりません。


脅されて支払ってしまったみかじめ料はどう処理するべきか?

脅されて支払ってしまったみかじめ料はどう処理するべきか?

 みかじめ料とは、暴力団が自分の縄張り内で営業活動を行おうとしている事業者に、挨拶代、ショバ代(場所代)、用心棒代などの名目で要求する金品です。個別の事例では予見し得ない形で脅され、やむを得ずみかじめ料を支払ってしまうケースがあります。やむを得ず支払ってしまったみかじめ料は、どのように処理すれば良いのでしょうか…


貴方の会社は税務署に5段階の評価でランク付けされている

貴方の会社は税務署に5段階の評価でランク付けされている

 全国に法人は約250万社以上存在しており、毎年その全部について、税務調査をすることは不可能です。ところで、税務署ではその法人に対してランク付けをしておりまして、そのランクにもとづいて調査に行く法人を選定していることをご存じですか?5段階にわかれる評価をご紹介いたします!


第二の税務調査にどう対応する?税務署から来る「お尋ね」書類

第二の税務調査にどう対応する?税務署から来る「お尋ね」書類

 税務調査って本当に嫌なものですよね。税務調査には、実地調査だけではなく、書面で「税務署からのお尋ね」として来るものがあります。このお尋ねはどのような目的で送られてくるのでしょうか?一連の流れを踏まえて、もしお尋ねが届いた場合にどう対応したら良いのか、走る税理士・鈴木さんが解説してくださいます。


安易なニセ税理士の活用で節約したら…思わぬ重大トラブルに!

安易なニセ税理士の活用で節約したら…思わぬ重大トラブルに!

 「税理士は報酬が高い」「今までの付き合いがある」といった理由で、ニセ税理士とお付き合いされている経営者の方が増えています。ただしニセ税理士を利用することは法律違反であり、デメリットも大きなものとなります。ニセ税理士が増えている理由を踏まえながら、税理士との新しいつきあい方についても考えてみたいと思います。


舛添知事の公私混同問題は中小企業だったらどう扱われるのか?

舛添知事の公私混同問題は中小企業だったらどう扱われるのか?

 高額出張費や毎週末の別荘通い問題で、連日マスコミを賑わせている東京都知事といえば、舛添要一知事に他なりません。感情論はさておき、舛添知事が中小企業の経営者として同じ行動をとった場合、これにかかる費用を経費に算入することは可能なのでしょうか?3つの論点毎に税務のプロ、ショーンがまとめてくれます。


国税庁の驚きな発表「消費税増税が景気に与えた影響は少ない」

国税庁の驚きな発表「消費税増税が景気に与えた影響は少ない」

 このほど国税庁は、平成26年度分の会社標本調査の結果「税務統計から見た法人企業の実態」を公表しました。消費税率8%への引き上げが、景気へ与えた影響は小さかったと国税庁は見ています。なぜそのように国税庁は強気なのか?統計の中から目立った指標を3つ取り上げてみましょう。税務のプロが解説してくれます。


期末節税で購入する「少額な備品」は買い方と使い方にご注意を

期末節税で購入する「少額な備品」は買い方と使い方にご注意を

 決算間際にかなり利益が出ていることがわかった場合、そこから短期間で節税対策を取る必要があります。そんな時に有効な節税方法が「備品を経費にする方法(特例)」ですが、この節税方法は使い方を誤ってしまうと、税務調査で経費算入を否認されてしまうことがあります。どんな買い方と使い方をすべきか、税務のプロが教えてくれました。


税務調査ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。