節約 社長

税務調査

税務調査の実調率は30年前の約3分の1 2年連続で税務調査される確率は低い?

税務調査の実調率は30年前の約3分の1 2年連続で税務調査される確率は低い?

 税務調査の実調率が30年前の約3分の1まで落ち込んでいます。2017年は3.1%の法人にしか税務調査が入っていません。100社に3社しか調査に入られないなら、二年連続で税務調査を受けることは無いのでしょうか?

税務署さんいらっしゃ~い☆売上で脱税を疑われるケースはこの3つだ!

 一般的な税務調査では、最初に“売上に関すること”から証憑類のチェックが始まります。つまり、入り口の売上で疑いを掛けられると、その後は調査官がとことん疑って調査を行うことになってしまうのです。そこで本稿... 

税務調査ニュースの記事をすべて見る

税務調査
税務調査ではどういう事を聞かれるのか?税務調査で慌てないために知っておくべき基礎知識を紹介します。
生命保険による節税対策が税務署に狙われやすくなっているワケ

生命保険による節税対策が税務署に狙われやすくなっているワケ

 生命保険は名義変更を行うことで、解約時に役員や経営者が保険金を受け取ることが可能であり、この名義変更を用いた節税スキームは、かなりの割合で日本企業に浸透しています。ところが平成30年以降、保険会社は税務署へ名義変更の提出を義務付けられることになりました。生命保険の名義変更による節税スキームは、もう安易に利用できません。


9月から12月はハイシーズン!税務調査の1年サイクルを大公開

9月から12月はハイシーズン!税務調査の1年サイクルを大公開

 税務署も人の集まる組織、ゆえに税務調査にも繁忙期と閑散期が存在します。税務調査のハイシーズンは9月から12月の間です。事務年度のはじまりである7月から8月にかけてまとめられた申告書を元に、調査を行うのにうってつけの期間だからです。税務調査の1年サイクルをご紹介します。


ホームページを期末に作成する際に税務上注意しておきたい点

ホームページを期末に作成する際に税務上注意しておきたい点

 決算が黒字となり利益が大分残る際は、必要な支出を期末に出費することによって、納税額を少なくすることができます。最近、期末の納税対策として増えているのが、ホームページの制作や改修による支出で行う対策ですが、その納期や金額には十分に注意しなければなりません。


脅されて支払ってしまったみかじめ料はどう処理するべきか?

脅されて支払ってしまったみかじめ料はどう処理するべきか?

 みかじめ料とは、暴力団が自分の縄張り内で営業活動を行おうとしている事業者に、挨拶代、ショバ代(場所代)、用心棒代などの名目で要求する金品です。個別の事例では予見し得ない形で脅され、やむを得ずみかじめ料を支払ってしまうケースがあります。やむを得ず支払ってしまったみかじめ料は、どのように処理すれば良いのでしょうか…


貴方の会社は税務署に5段階の評価でランク付けされている

貴方の会社は税務署に5段階の評価でランク付けされている

 全国に法人は約250万社以上存在しており、毎年その全部について、税務調査をすることは不可能です。ところで、税務署ではその法人に対してランク付けをしておりまして、そのランクにもとづいて調査に行く法人を選定していることをご存じですか?5段階にわかれる評価をご紹介いたします!


第二の税務調査にどう対応する?税務署から来る「お尋ね」書類

第二の税務調査にどう対応する?税務署から来る「お尋ね」書類

 税務調査って本当に嫌なものですよね。税務調査には、実地調査だけではなく、書面で「税務署からのお尋ね」として来るものがあります。このお尋ねはどのような目的で送られてくるのでしょうか?一連の流れを踏まえて、もしお尋ねが届いた場合にどう対応したら良いのか、走る税理士・鈴木さんが解説してくださいます。


安易なニセ税理士の活用で節約したら…思わぬ重大トラブルに!

安易なニセ税理士の活用で節約したら…思わぬ重大トラブルに!

 「税理士は報酬が高い」「今までの付き合いがある」といった理由で、ニセ税理士とお付き合いされている経営者の方が増えています。ただしニセ税理士を利用することは法律違反であり、デメリットも大きなものとなります。ニセ税理士が増えている理由を踏まえながら、税理士との新しいつきあい方についても考えてみたいと思います。


舛添知事の公私混同問題は中小企業だったらどう扱われるのか?

舛添知事の公私混同問題は中小企業だったらどう扱われるのか?

 高額出張費や毎週末の別荘通い問題で、連日マスコミを賑わせている東京都知事といえば、舛添要一知事に他なりません。感情論はさておき、舛添知事が中小企業の経営者として同じ行動をとった場合、これにかかる費用を経費に算入することは可能なのでしょうか?3つの論点毎に税務のプロ、ショーンがまとめてくれます。


税務調査ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。