節約 社長

事業譲渡

新潟の第三セクターが運営するホテルを中国資本へ売却したのはなぜ英断か?

新潟の第三セクターが運営するホテルを中国資本へ売却したのはなぜ英断か?

 12月末に、中国資本の日本山嶼海(さんよかい)株式会社が、新潟県阿賀町100%出資の第三セクターにより運営されているホテルを買収することが報道されました。中国を始めとする外国資本にとって、日本は魅力的な投資市場です。一方で、国内では人種や国籍を一括りに、これら案件を潰してしまう例が多々見られます。取引は「国籍」ではなく「人」と行うものです。

サムソンがハーマンを売上より高い金額で買収するのはなぜか?

 サムソンが、売上70億ドルのアメリカの自動車部品メーカー・ハーマンを80億ドルで買収することが報道されています。ソフトバンクのARM買収も含め、買収金額が買収される企業の売上を上回るパターンが、ここ最近頻発... 

事業譲渡ニュースの記事をすべて見る

事業譲渡
事業譲渡を行うとどの様な影響があるのか?経営者として知っておきたい事業譲渡のニュースをお届けします。
3つのM&A(合併・会社分割・事業譲渡)を比較してみよう

3つのM&A(合併・会社分割・事業譲渡)を比較してみよう

 M&A(エムアンドエー)とは、『Mergers(合併)and Acquisitions(買収)』という英語の略です。M&Aの手法としては、合併・吸収分割・事業譲渡等があります。本稿では、合併・吸収分割・事業譲渡が、それぞれどんなM&Aの方法なのか、基本的な知識をご紹介したいと思います。


事業承継において信託を活用することが好ましい3つの場面

事業承継において信託を活用することが好ましい3つの場面

 信託とは信じて託す、という言葉通り「財産を預けて、財産の管理・処分等を任せる」ことです。既に到来している高齢社会等の背景を元に、後見的な財産管理や遺産承継を目的とする家族信託は、今後ますます利用されることが見越されます。そこで本稿では信託の活用場面や、税金負担など、信託のイロハを解説したいと思います。


能力があるのに子供への事業承継に失敗した3人の戦国大名

能力があるのに子供への事業承継に失敗した3人の戦国大名

 企業はゴーイングコンサーン(継続)を目的として作られるものですし、人間が永遠に生きられない以上、経営者はどこかの段階で会社の生き残りをかけ、「事業承継」を考えなければなりません。戦国時代の大名たちも事業承継に悩んでいましたが、事業承継に失敗した3名の例は、今の企業でもあるあるネタとして重なるところがあります。


自社の存続選択肢として事業譲渡が有効な3つのパターン

自社の存続選択肢として事業譲渡が有効な3つのパターン

 規模の大小を問わず、会社のM&Aは頻繁に行われています。買収をする側は事業の拡大や異業種への参入などを目的にM&Aを仕掛けることも多いのですが、逆にそのような機会をとらえて事業を譲渡してしまったほうがいい会社というのも少なからず存在します。もしかして貴方の会社も事業譲渡対象?そんな3つのパターンをご紹介します。


事業承継円滑化のための税制措置をGW中におさらいしてみよう

事業承継円滑化のための税制措置をGW中におさらいしてみよう

 事業承継が、中小企業の経営者にとって、非常に大きな悩みとなっています。事実、20年前には親族間で90%以上の会社が事業承継に成功していたにも関わらず、その数値は近年60%前後まで落ちています。悩みの種は相続に起因する場合が殆どですので、納税猶予制度の活用を考えてみるのは得策です。


贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

 2014年における経営者の平均年齢は、60.6歳に到達した。経営者の高年齢化が進んでいる大きな理由として、後継者がいないことが社会的な問題となっている。いつまでも後継者が生まれない経営者層では赤字の常態化率が高くなっており、問題を解決するために法律の改正を政府は急いでいる。若いうちから後継者問題と向き合い円滑な事業承継を行おう。


事業譲渡ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。