節約 社長

事業譲渡

サラリーマンが300万円で会社を買って成功するために必要なことってなんだ?

サラリーマンが300万円で会社を買って成功するために必要なことってなんだ?

 今年の春に出版され、ベストセラーとなった「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」の影響もあり、サラリーマンの間で、マイクロM&Aが静かなブームとなり始めています。一方で、マイクロM&Aのほとんどは成功しません。マイクロM&Aを成功させるために必要な視点、会社を買った後に必要とされる対応について、解説いたします。

ペプシコが3,500億円でソーダストリーム買収〜跳ねる買収2つの条件

 日本でもアンジャッシュの渡部さんが出演するTVCMでお馴染み、即席で炭酸水を作れるソーダメーカーの生産元であるソーダストリーム社が、ペプシコに約3,500億円で買収されました。純利益が約81億円であるため、普通... 

事業譲渡ニュースの記事をすべて見る

事業譲渡
事業譲渡を行うとどの様な影響があるのか?経営者として知っておきたい事業譲渡のニュースをお届けします。
シャイアーを7兆円で買収も株価下落の武田薬品 投資家のために必要な制度

シャイアーを7兆円で買収も株価下落の武田薬品 投資家のために必要な制度

 武田薬品工業が、とうとう売上2兆円のシャイアーを7兆円で買収することを先週発表しました。ただし、買収金額の大きさゆえに、「今後の事業見通しの不透明性が高い」という懸念を持つ投資家の売りが続き、武田薬品の株価は下落しています。M&Aを行った武田薬品には確かな未来地図があるはずであり、これも含めた適時開示が制度に組み込まれる必要があります。


マネックスがコインチェックを36億円で買収〜財務的には大正解かつお買い得!

マネックスがコインチェックを36億円で買収〜財務的には大正解かつお買い得!

 マネックス証券が、仮想通貨取引所を運営するコインチェックを36億円で買収すると報道されています。仮想通貨交換業者の登録がおそらく済んでおり、NEMの580億円を支払い終えても昨年保有していた以上の純資産を持っており、顧客も抱えている。更にコーポレートガバナンスも強化し、自社ブランドを使えることから36億円の買い物は非常にお買い得と言えます。


星野リゾートはなぜ一般的に危険と言われる50:50の合弁に踏み切るのか?

星野リゾートはなぜ一般的に危険と言われる50:50の合弁に踏み切るのか?

 星野リゾートが外資系のホテル運営会社、イシン・ホテルズ・グループの株式を取得し、資本提携したことを発表しました。しかし、その株式の持ち分は50:50という、一般的に危険と言われる保有比率です。議決権比率がこれと同じとは限りませんが、なぜ星野リゾートはこの条件であっても資本提携に踏み切ったのか?考察してみます。


加速する投資ファンドのM&A 事業会社が買わない案件を彼らが買うワケ

加速する投資ファンドのM&A 事業会社が買わない案件を彼らが買うワケ

 ここ数年、景気の浮揚と株価の上昇を背景に、資金集めに成功した投資ファンドによるM&Aが加速しています。ただし、「本当にその企業や事業に、それだけの価値があるのか?」疑問な高額買収もちらほら。なぜ、彼らは強引にM&Aを進めるのでしょうか?その狙いを、事業会社が行うM&Aと比較しながらご紹介します。


バフェットが米国企業のM&A価格高すぎ!とコメントしたが日本企業はどうよ?

バフェットが米国企業のM&A価格高すぎ!とコメントしたが日本企業はどうよ?

 米複合企業のバークシャー・ハザウェイを率いる著名投資家のウォーレン・バフェット氏が、株主に対して送る手紙の中で、買収価格の高騰で大型買収を避けていることを明らかにしました。バフェットの投資スタンスに習った場合、日本企業のM&A価格は高いのでしょうか?安いのでしょうか?専門家が見解を述べます。


中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

 多くの中小企業が粉飾決算に手を染めています。にも関わらず、これらの企業は自分たちのやっていることに対して、「生き残るためには仕方がないこと」「みんなやっている」というくらいにしか考えていません。しかし、実態と異なる数値を提示し、融資を受けたり、許認可を維持したい、入札に参加するのは詐欺です。粉飾決算がはびこる理由とこれらの企業に待つ運命について考えます。


会社を買う・店を買う、幾らでどんな案件を狙ったら良い?顧客層とLTVがキモ

会社を買う・店を買う、幾らでどんな案件を狙ったら良い?顧客層とLTVがキモ

 起業する際や、新規事業を始める場合、業種や業態によっては自分でゼロから始めるより、既にある会社やお店を買ったほうが早い場合があります。もし会社やお店を買うならば、買収の対象先についてチェックすべきこととは?買収金額の算定方法は?玄人はどんなふうに買収を決めるのかキミアキ先生がわかりやすく解説してくださいます。


事業承継の税制が大幅に変わる!税金の納付猶予が80%から100%へ

事業承継の税制が大幅に変わる!税金の納付猶予が80%から100%へ

 日本企業の多くが事業承継について真剣に考えねばならない時期に差し掛かっています。この事態を踏まえ、昨年末に発表された税制改正大綱に伴う改正のうち、事業承継税制について大きな改正が行われ、「事業承継税制」納付猶予される税金が80%から100%猶予へ拡大することになりました。適用要件など詳細をお伝えいたします。


事業譲渡ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。