節約 社長

事業譲渡

地方の縮小市場で生き残る方法はシェア取り以外にない〜考えたい2つの方策

地方の縮小市場で生き残る方法はシェア取り以外にない〜考えたい2つの方策

 地方ではどんどん人口が縮小していき、それに伴ってマーケットも衰退し始めています。このような場合、衰退するマーケットよりも拡大するマーケットへ打って出るというのが常套手段ですが、地方に地盤がある場合、これも守る必要があります。この時、生き残りを図るには、シェア取りを展開しないと基本的には勝つことができません。どのようにこれを実行すれば良いのでしょうか?

M&Aの相談に行くなら銀行が最強なワケ〜それでも駄目なら…

 M&Aを検討しているのにアドバイザーがいないなら、まずは銀行に相談してみるのはいかがでしょうか?彼らは、取引先の中から貴方のマッチング先を探してくれますし、融資の交渉にも乗ってくれ、更にはファイナンスの... 

事業譲渡ニュースの記事をすべて見る

事業譲渡
事業譲渡を行うとどの様な影響があるのか?経営者として知っておきたい事業譲渡のニュースをお届けします。
市進HDが学研の持分法適用会社へ 学習塾業界でM&Aが頻発する背景

市進HDが学研の持分法適用会社へ 学習塾業界でM&Aが頻発する背景

 学研HDが市進HDの株を30%超まで買い増し、持分法適用会社とすることが報道されました。2015年には、Z会と栄光ゼミナールのM&Aも行われており、学習塾業界ではM&Aによる業界再編が進みます。これはつまり、業界が成熟産業となったことや、取引先や従業員に対して将来リストラが起こることを意味します。変わり続け、新しいものを生み出さねば残れない人が出て来るはずです。


コスモ石油がキグナス石油と提携〜具体的な動きが無いM&Aは失敗の典型パターン

コスモ石油がキグナス石油と提携〜具体的な動きが無いM&Aは失敗の典型パターン

 コスモHDがキグナス石油と提携すると報道されています。ところが、資本提携したにも関わらず、両者の具体的なシナジーが発揮される時期は3年後と遥か先の話。M&Aは様子見には不向きで、一気に企業を変える、変わるために有効な手法です。ビジネスデューデリジェンスの無いM&Aは失敗に終わりやすくなります。


ソフトバンクのスプリント株一部売却検討はM&Aの優れたお手本

ソフトバンクのスプリント株一部売却検討はM&Aの優れたお手本

 ソフトバンクが2013年に2兆円強の大金を投じて買収したスプリント株の一部を、ライバルであるTモバイルの株主であるドイツテレコムへ売却検討しているという報道が先週されました。一部ではスプリントの売却劇を失敗とみる趣もあるようですが、その現実は実を取るための良策を取ったと言えます。M&Aは企業の目的達成と変化を成し遂げる手段に過ぎないからです。


キリンがコカ・コーラとの資本提携が頓挫したワケは一貫した基本方針が原因?

キリンがコカ・コーラとの資本提携が頓挫したワケは一貫した基本方針が原因?

 10月半ばに一部で報じられていた、キリンとコカ・コーラの資本提携が頓挫したことが、日経新聞によって報道されました。キリンのM&Aについては、過去にもサントリーとの間で「資本に対する徹底したマジョリティ取り」という今回と同じ方針が見られており、一戦略として理解できる部分はあるものの、手段が目的と化している可能性が見え隠れしています。


M&Aで2,000億の損失観測を報道されたキリンビールに中小企業が学ぶこと

M&Aで2,000億の損失観測を報道されたキリンビールに中小企業が学ぶこと

 キリンビールが、2011年にブラジルでM&Aにより買収した同業メーカーを、トータル2,000億円の損失を出して売却する見込みである、と報道されました。金額の大きさは大手ならではのものですが、中小企業のM&Aにおいても今回の事例と同じ要因で失敗が起きます。今後、企業買収や事業譲渡を検討される方にとっては、貴重な教訓を与える事例です。


揺れる東芝が半導体事業の一部を売却〜分社への出資先が狙うのは◯◯

揺れる東芝が半導体事業の一部を売却〜分社への出資先が狙うのは◯◯

 東芝が電力ビジネスの不振、投資先の「のれん」減損問題で揺れ、株価も12月5日の465円から、年明けの1月19日には243円へとほぼ半減するなど、早期の体質改善を求められています。そのような中で、報道は“虎の子”の半導体事業の一部売却を東芝が検討していることを伝えています。引受先候補のキャノンやファンドが狙う果実とは何なのでしょうか?


新潟の第三セクターが運営するホテルを中国資本へ売却したのはなぜ英断か?

新潟の第三セクターが運営するホテルを中国資本へ売却したのはなぜ英断か?

 12月末に、中国資本の日本山嶼海(さんよかい)株式会社が、新潟県阿賀町100%出資の第三セクターにより運営されているホテルを買収することが報道されました。中国を始めとする外国資本にとって、日本は魅力的な投資市場です。一方で、国内では人種や国籍を一括りに、これら案件を潰してしまう例が多々見られます。取引は「国籍」ではなく「人」と行うものです。


正月の相続問題〜実家の墓や仏壇は本来誰が相続すべきか?

正月の相続問題〜実家の墓や仏壇は本来誰が相続すべきか?

 年末年始の帰省にあたっては親族が集まるため、相続問題について話し合われる方々も多いことでしょう。相続財産について誰が受け継ぐかを考える時、お金や不動産、株式はもちろんのこと、お墓や仏壇を誰が受け継ぐかも問題となります。お墓や仏壇の祭祀継承者は一体どのように決めれば良いのか?ご説明いたします。


事業譲渡ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。