節約 社長

事業譲渡 ニュース

マネックスがコインチェックを36億円で買収〜財務的には大正解かつお買い得!

コインチェックを36億円で買収はお買い得

マネックスがコインチェックを36億円で買収〜財務的には大正解かつお買い得!

 マネックス証券が、仮想通貨取引所を運営するコインチェックを36億円で買収すると報道されています。仮想通貨交換業者の登録がおそらく済んでおり、NEMの580億円を支払い終えても昨年保有していた以上の純資産...

投稿日:2018年4月11日

星野リゾートはなぜ一般的に危険と言われる50:50の合弁に踏み切るのか?

星野リゾートが50:50の合弁に踏み切るワケ

星野リゾートはなぜ一般的に危険と言われる50:50の合弁に踏み切るのか?

 星野リゾートが外資系のホテル運営会社、イシン・ホテルズ・グループの株式を取得し、資本提携したことを発表しました。しかし、その株式の持ち分は50:50という、一般的に危険と言われる保有比率です。議...

投稿日:2018年4月2日

加速する投資ファンドのM&A 事業会社が買わない案件を彼らが買うワケ

投資ファンドによるM&Aが加熱している理由

加速する投資ファンドのM&A 事業会社が買わない案件を彼らが買うワケ

 ここ数年、景気の浮揚と株価の上昇を背景に、資金集めに成功した投資ファンドによるM&Aが加速しています。ただし、「本当にその企業や事業に、それだけの価値があるのか?」疑問な高額買収もちらほら。なぜ、彼...

投稿日:2018年3月14日

バフェットが米国企業のM&A価格高すぎ!とコメントしたが日本企業はどうよ?

バフェット流で日本企業のM&A価値を計算!

バフェットが米国企業のM&A価格高すぎ!とコメントしたが日本企業はどうよ?

 米複合企業のバークシャー・ハザウェイを率いる著名投資家のウォーレン・バフェット氏が、株主に対して送る手紙の中で、買収価格の高騰で大型買収を避けていることを明らかにしました。バフェットの投資スタン...

投稿日:2018年3月6日

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

 多くの中小企業が粉飾決算に手を染めています。にも関わらず、これらの企業は自分たちのやっていることに対して、「生き残るためには仕方がないこと」「みんなやっている」というくらいにしか考えていません。...

投稿日:2018年2月9日

会社を買う・店を買う、幾らでどんな案件を狙ったら良い?顧客層とLTVがキモ

会社や店を買うならどんな案件を狙うべき?

会社を買う・店を買う、幾らでどんな案件を狙ったら良い?顧客層とLTVがキモ

 起業する際や、新規事業を始める場合、業種や業態によっては自分でゼロから始めるより、既にある会社やお店を買ったほうが早い場合があります。もし会社やお店を買うならば、買収の対象先についてチェックすべ...

投稿日:2018年2月8日

事業承継の税制が大幅に変わる!税金の納付猶予が80%から100%へ

2018年度税制改正で事業承継が大幅に改正

事業承継の税制が大幅に変わる!税金の納付猶予が80%から100%へ

 日本企業の多くが事業承継について真剣に考えねばならない時期に差し掛かっています。この事態を踏まえ、昨年末に発表された税制改正大綱に伴う改正のうち、事業承継税制について大きな改正が行われ、「事業承...

投稿日:2018年1月26日

DMMがCASHを70億円で買収!実績無きサービスが高額買収される事例3つの共通項

実績無き会社の高額買収に見られる共通点

DMMがCASHを70億円で買収!実績無きサービスが高額買収される事例3つの共通項

  目の前のアイテムを一瞬で現金に変えられるアプリ「CASH」を運営する株式会社バンクが、創業8ヶ月でDMMに70億円で買収されたという衝撃の報道が先週ありました。実は、このようにほとんど実績のない、売上のな...

投稿日:2017年11月27日

売上1億円の会社をマネーフォワードに8億円で売却したクラビスから学ぶこと

クラビスに学ぶ高値で会社を売却するコツ

売上1億円の会社をマネーフォワードに8億円で売却したクラビスから学ぶこと

 クラウド会計ソフトを提供するマネーフォワードが、税務署類の電子化サービスを手がけるクラビスを8億円で買収しました。なぜマネーフォワードは売上1億円のクラビスに対して8億円を支払ったのか?自社事業...

投稿日:2017年11月13日

三越伊勢丹がクイーンズ伊勢丹の売却先に投資ファンドを選んだワケ

クイーンズ伊勢丹の売却先がファンドな理由

三越伊勢丹がクイーンズ伊勢丹の売却先に投資ファンドを選んだワケ

 三越伊勢丹グループが、スーパーマーケット部門の「クイーンズ伊勢丹」を売却することが先週報じられました。決定した売却先は、三菱系の丸の内キャピタルというファンドです。なぜ今回の売却先が投資ファンド...

投稿日:2017年10月31日

純利益20億円のADKにベインキャピタルが1,500億円を出資できる理由

ベインがADKに1500億円出資する理由

純利益20億円のADKにベインキャピタルが1,500億円を出資できる理由

 先週、米・ベインキャピタルが、日本の広告代理店業界で第三位につけるアサツーディ・ケイへTOBをかけることが先週報道されました。TOBによる出資額は最大1,500億円を超えると思われますが、アサツーディ・ケイ...

投稿日:2017年10月9日

楽天がフリーテル買収〜目を背けたくなる超赤字事業をなぜ楽天は買った?

楽天モバイルがフリーテルを買収したワケ

楽天がフリーテル買収〜目を背けたくなる超赤字事業をなぜ楽天は買った?

 先週、格安スマホサービスを提供する楽天モバイルが、プラスワン・マーケティングから同事業(ブランド名:フリーテル)を5億2000万円で買収することを発表しました。しかし、その財務状況は債務超過と慢...

投稿日:2017年10月5日

事業承継「親族内承継」「親族外承継」「M&A」3つのパターンのメリット・デメリット

事業承継パターン別のメリット・デメリット

事業承継「親族内承継」「親族外承継」「M&A」3つのパターンのメリット・デメリット

 事業承継とは、文字どおり事業を承継することで、現在の経営者から後継者となる人間に、「社長のイス(経営に必要なもの)」と「自社株(会社支配に必要なもの)」を引き継ぐことを言います。本稿では、「親族...

投稿日:2017年9月21日

富士フイルムに学ぶ〜良い企業買収を実行したい時に行う情報発信の作法

中小の良いM&A実現には情報発信が不可欠

富士フイルムに学ぶ〜良い企業買収を実行したい時に行う情報発信の作法

 M&A業界は情報がクローズドです。従って、シナジーが見込める企業の買収を検討しているなら、自社がどれくらいの金額で、どんな企業の買収を希望しているか、積極的に情報発信する必要があります。直近では、富...

投稿日:2017年9月5日

パナソニックが街の電器屋さんの後継者探しに乗り出すも難易度ウルトラCなワケ

「社長=株主=会社」だと事業承継が難しい

パナソニックが街の電器屋さんの後継者探しに乗り出すも難易度ウルトラCなワケ

 パナソニックが担当者を1,000人配置し、街の電器屋さんである「パナソニックショップ」の後継者探しを支援し始めると報道されています。パナソニックショップの多くは「社長=株主=会社」という状態で成り立っ...

投稿日:2017年8月28日

ツルハHDがドラッグストア業界の首位へ〜業界再編の余波は調剤薬局業界へ

ドラッグストア業界の再編余波は調剤薬局へ

ツルハHDがドラッグストア業界の首位へ〜業界再編の余波は調剤薬局業界へ

 ドラッグストアをチェーン展開するツルハHDが、静岡県で78店舗のドラッグストアを運営する杏林堂を買収し、ドラッグストア業界で売上高首位に立ちました。M&Aによるドラッグストア業界の寡占化が進むと、それに...

投稿日:2017年8月14日

非上場の会社から株式譲渡を受ける時は何%の株を取得するのが理想?

非上場会社の株式譲渡〜受ける際の理想比率

非上場の会社から株式譲渡を受ける時は何%の株を取得するのが理想?

 非上場会社の株式譲渡を行う際に、買い手企業は何%の議決権を取るのが望ましいのでしょうか?確かに、株式の過半数を保有する株主には支配権が生まれ、3分の1超を保有すれば拒否権が生まれます。ところが、1...

投稿日:2017年8月2日

地方の縮小市場で生き残る方法はシェア取り以外にない〜考えたい2つの方策

縮小市場の勝ち残りには2つの戦略しかない

地方の縮小市場で生き残る方法はシェア取り以外にない〜考えたい2つの方策

 地方ではどんどん人口が縮小していき、それに伴ってマーケットも衰退し始めています。このような場合、衰退するマーケットよりも拡大するマーケットへ打って出るというのが常套手段ですが、地方に地盤がある場...

投稿日:2017年7月6日

経営者なら誰もが最後に抱える悩み「事業承継」代表的な5つのパターン

事業承継〜代表的な5つのパターンとは?

経営者なら誰もが最後に抱える悩み「事業承継」代表的な5つのパターン

 企業経営者の悩みは、事業規模の違い、業種業態の違い、個別環境の違いにより、悩みの内容もそれぞれ異なります。しかし、どんな経営者であっても最後に必ず悩む問題があります。それは、事業承継の問題です。...

投稿日:2017年6月22日

米ゼネラル・エレクトリックの歴代社長が就任後すぐに取り掛かる仕事とは?

GEの新社長が就任後すぐ取り掛かる仕事

米ゼネラル・エレクトリックの歴代社長が就任後すぐに取り掛かる仕事とは?

 米ゼネラル・エレクトリック社のジェフ・イメルトCEOが今年の7月に退任し、55歳のジョン・フラナリー氏がCEOに就任することが決まっています。さて、GEの歴代トップは、社長就任後すぐに着手し始める仕事があり...

投稿日:2017年6月19日