節約 社長

時事

豊胸・痩身サプリで(株)ミーロードの広告に消費者庁がNOを突きつける

豊胸・痩身サプリで(株)ミーロードの広告に消費者庁がNOを突きつける

 女性の美しくなりたいという願望(豊胸・痩身)に対して、何の根拠も無く「Gカップでも 57.8kg→47kg -10.8kg」などの謳い文句で広告を表示していた(株)ミーロードのサプリ「B-UP」に、消費者庁は景品表示法違反(優良誤認) の措置命令を行いました。しかも同社の事後対応も不誠実なものでした。消費者に対して誠意をもって向き合う姿勢を見直すべきでしょう。

もやし安売り合戦の背景に“キャベツ”の価格高騰あり。そのワケは?

 原材料価格の高騰に加え、小売店による値下げ圧力により、もやしの価格が安くなりすぎて、生産者がコストを吸収しきれていないことが話題となっています。一方で、なぜ小売店が「もやし一択」で安売りの客寄せを続... 

時事ニュースの記事をすべて見る

時事
時事ニュースをチェックすることが世の中のトレンドを効率的に知ることの第一歩です。
節約社長ではビジネスに影響を与える企業・政治動向や国内外の問題に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
保険料改訂の4月までに知ってオトク!値上がりする保険・しない保険

保険料改訂の4月までに知ってオトク!値上がりする保険・しない保険

 昨年導入された「マイナス金利」を要因として、4月から一部保険商品で保険料の値上がりが観測されています。ただし、保険料の改訂で影響を受ける商品は一部です。影響を受ける保険と受けない保険をしっかり把握し、急いで不要な保険に入らぬよう注意が必要です。本稿では、保険料の改訂がおきるものと、おきないものを明確に提示致します。


プレミアムフライデーが企業にもたらす3つのメリットとデメリット

プレミアムフライデーが企業にもたらす3つのメリットとデメリット

 2017年2月24日(金)からプレミアムフライデーが始まります。政府が掲げた内需の喚起と働き方改革という2つの目的が果たされるか、大きな注目が集まっています。では、もしも企業がプレミアムフライデーを導入することを検討するなら、どのようなメリットとデメリットが生じるのでしょうか?それぞれを比較し現状を冷静に把握してみましょう。


物流業界の深刻な問題解決に向け官民の動きが活発化〜その取組とは?

物流業界の深刻な問題解決に向け官民の動きが活発化〜その取組とは?

 サービスの細分化や通販事業者によるサービス競争の激化により、従業員の長時間労働や人材不足、CO2排出量の削減に対する要請など、様々な問題を抱えている物流業界。ただし、官民ともに手をこまねいているだけではなく、これらの問題を解決しようと新たな取組を始めています。本稿では、その内容をかいつまんでご紹介します。


トランプ政策「入国禁止」オンラインと電話でアンケート調査の結果が変わるワケ

トランプ政策「入国禁止」オンラインと電話でアンケート調査の結果が変わるワケ

 直近、ロイターが行ったトランプ政策「入国禁止」に対するオンライン調査では、賛成派が反対派を上回り、トランプ大統領を指示する人が多いという結果が報道されました。しかし、過去2年の間に電話調査で同じ質問をした統計では、反対派が賛成派を上回る結果が出ています。アンケート手法が変わるだけで相反する結果が出たのはなぜでしょうか?


プレミアムフライデー導入の背景とその概要、今月末に行なわれるイベントは?

プレミアムフライデー導入の背景とその概要、今月末に行なわれるイベントは?

 2017年2月24日からついに政府の定めたプレミアムフライデー制度が始まります。プレミアムフライデーは、毎月の最終金曜日には仕事を15時に終わらせて帰り余暇を楽しむことを、官民一体となって推奨する制度です。本稿では、プレミアムフライデーの導入背景とその概要、今月末に行なわれるイベントをご紹介したいと思います。


ホテルが空いてない。外国人観光客はどのようにしのいでいるのか?

ホテルが空いてない。外国人観光客はどのようにしのいでいるのか?

 2016年の外国人観光客の数は2400万人に達し、前年比20%の伸びを見せています。一方で政府の取る外国人宿泊客数の伸びは8.4%に留まりました。これは、宿泊施設を利用していない外国人観光客が相当数存在することを意味します。彼らはどこに宿泊しているのか?今後どのような場所に宿泊するようになるのか?これらを考察することで思わぬビジネスヒントが得られるかもしれません。


働き盛りの30~50歳代に拡大急増する健康食品の定期購入トラブル・その実態

働き盛りの30~50歳代に拡大急増する健康食品の定期購入トラブル・その実態

 ここ最近問題となっている健康食品の通販定期購入トラブルですが、30~50歳代の相談が急増しているようです。主にその要因は、ネット通販を利用した際の定期購入トラブルに端を発するようです。多くの人が利用するSNSなどが流入経路となっており、誰もがその被害者となる可能性を秘めています。本日は神奈川県内で寄せられた苦情相談を引き合いにその実態をお伝えします。


認知症に乗じた販売も〜高齢者への健康食品の電話勧誘販売「(株)たんぽぽ」に特商法の業務停止命令下る

認知症に乗じた販売も〜高齢者への健康食品の電話勧誘販売「(株)たんぽぽ」に特商法の業務停止命令下る

 シニア層をターゲットとしたビジネスが次々と誕生していますが、その営業方針について、高齢者の弱みにつけ込むモラルの欠けた会社があることも事実です。1月18日には健康食品の電話勧誘販売を行っていた(株)たんぽぽ(東京都台東区)が、特定商取引法違反で6カ月間の電話勧誘販売業務の一部停止を命じられました。その違反行為は卑劣なものです。


時事ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。