節約 社長

時事

君も好きなことだけして生きていける~働き方1.9・雇い方1.9の時代

君も好きなことだけして生きていける~働き方1.9・雇い方1.9の時代

 熊本出身の芸人ヒロシさんが”芸人兼ソロキャンプユーチューバー”という肩書で『君も好きなことだけして生きていける 働き方1.9』という本を出されました。本の中では、様々な人の「しがらみ」を脱する働き方・生き方について語られており、実際に社長であっても人を雇わない「雇い方1.9」の時代が迫っています。

【私見】アメリカの住宅需要減少が日本のこれからの経済に与える影響

 揺れるアメリカの株式市場。日本の株式市場もその影響を受けていますが、気になる話題の一つに、アメリカの住宅需要が4か月連続で落ちていることが挙げられます。果たしてこの現象が日本の未来の経済にどのような影... 

時事ニュースの記事をすべて見る

時事
時事ニュースをチェックすることが世の中のトレンドを効率的に知ることの第一歩です。
節約社長ではビジネスに影響を与える企業・政治動向や国内外の問題に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
「働き方改革」は「リーマン改革」生き残りたいサラリーマンに求められるもの

「働き方改革」は「リーマン改革」生き残りたいサラリーマンに求められるもの

 『働き方改革』が中小企業に求める条件は、中小企業経営者が人を雇用することを非常に困難にするものばかりです。従って、働き方改革が徐々に浸透していくことにより、中小企業経営者は社員に対して更に成果を求めるようになっていきます。つまり、『働き方改革』は最終的に『サラリーマンの意識改革』となります。その時、サラリーマンに求められるものは?


財務に問題なくとも大正製薬がリストラを激しく進めるのは正しい

財務に問題なくとも大正製薬がリストラを激しく進めるのは正しい

 創業以来、初めて従業員全体の15%を早期退職させるなど、大正製薬の激しいリストラが進んでいます。一方で同社の財務諸表を見てみると、業績は低迷していますが、無借金経営かつキャッシュリッチの安定した財務基盤を見て取れます。しかし、「そうであっても大正製薬がリストラを激しく進めるのは正しい」と筆者の大原さんはおっしゃいます。その理由とは?


モノを持つと人はモノに所有される 過去の価値観から脱却せよ

モノを持つと人はモノに所有される 過去の価値観から脱却せよ

 インターネットの登場前後で大きく変化した価値観があります。それは「所有」ついての価値観です。インターネット登場前は、所有することが豊かさの象徴でした。しかし、インターネット登場後、あらゆるものをシェアすることに価値を置く時代が訪れました。モノを持つことで人間がモノに所有されてしまう、というパラドックスに多くの人が気づき始めたのです。


【自活できる?】社会保障費が20年前の倍に膨れ上がり政府に危機感

【自活できる?】社会保障費が20年前の倍に膨れ上がり政府に危機感

 70歳以上の人材雇用を目標に、政府が多様な働き方の環境整備を検討していると報道されています。来年度の社会保障予算は30兆円で、大幅増加です。20年前の1998年はなんと約15兆円程度でした。普通に考えれば、健康保険や年金が削減されることは間違いありません。あなたには老後の自活に向けた備えができていますか?


ニート、引きこもり、ずっと無職な貴方へ キミアキ流・社会復帰メソッド

ニート、引きこもり、ずっと無職な貴方へ キミアキ流・社会復帰メソッド

 何らかの理由により働かないことを選択した「ニート」と呼ばれる人たち。家族は彼らをなんとか社会復帰させようとしますが、一度社会を離れた人間が普通に職場復帰するのは至難の業です。彼らの特性を踏まえると、真正面から就労にチャレンジするより、イレギュラーで、一人でもやれる仕事から仕事復帰したほうがかえって社会性を取り戻しやすいかもしれません。無職歴5回、会社を2回潰したキミアキ先生の解説です。


稼ぐのは当たり前だ。でも、ビジネスと投資の実践には更に深い意義がある

稼ぐのは当たり前だ。でも、ビジネスと投資の実践には更に深い意義がある

 多くの人は「ビジネス=お金を稼ぐ手段」と捉えています。したがって、ビジネスや投資活動そのものを「卑しむべきもの」「おおっぴらに他所様へ話すようなことではない」という風潮が世の中には根強く残っています。しかし、ビジネスと投資の実践は単に稼ぐことのみに意義がある活動ではありません。もっと深いその意義に触れた時、これらの活動は人生における重要なポジションを占めることを私達は知ります。



若者から学べ いつの時代も若い世代が上の世代より優秀なのはなぜか?

若者から学べ いつの時代も若い世代が上の世代より優秀なのはなぜか?

 数千年前から人類は、「最近の若者は…」と自分達より若い世代の進歩的な考え方や行動、使うツールに対して批判的でした。しかし、紛れもない事実として人類のIQは時代の流れとともに向上しており、リープフロッグ現象に代表されるように、若者達の作り出す先端のテクノロジーは常に前世代よりも効率的です。これを否定するのは簡単ですが、若者達から学ぶことのほうが遥かに大人世代にとっては有益なことではないでしょうか?


時事ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。