節約 社長

時事

マーケットプレイスの巨人アマゾンの価格戦略の行方はどこに向かうのか?

マーケットプレイスの巨人アマゾンの価格戦略の行方はどこに向かうのか?

 オンライン・マーケットプレイスの巨人アマゾン。「顧客第一主義」を行動指針に掲げて躍進してはいますが、昨年末、消費者庁はアマゾンジャパンに対して不当な二重価格表示をしたとして、景品表示法違反(有利誤認) の措置命令を行いました。アメリカでも「Discount Provided by Amazon」という新割引プログラムが始まりましたが、公正な競争を阻害するのでは?と懸念されています。同社の動きが本当に顧客第一主義なのか?注目が集まります。

2018年に新規参入すべきビジネス、そのキーワードはズバリ「ヒト」

 少子高齢化、労働人口の减少。更には増税とそれに伴う不景気が予想される日本ですが、それでも私達は前を向くことによって、自ら新しい時代、明るい未来を切り拓いて行きます。ビジネスでは新規事業にチャレンジす... 

時事ニュースの記事をすべて見る

時事
時事ニュースをチェックすることが世の中のトレンドを効率的に知ることの第一歩です。
節約社長ではビジネスに影響を与える企業・政治動向や国内外の問題に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。
6回知人を辿ると望む誰かと会えるように、5回質問すれば大切な人の気持ちもわかる。

6回知人を辿ると望む誰かと会えるように、5回質問すれば大切な人の気持ちもわかる。

 「6次の隔たり」仮説に支えられたソーシャルネットワークが発展し、私達は世界中のどこかにいる誰かと今スグ知り合いになることが可能になりました。一方で、目まぐるしい現在、目の前にいる大切な人の求めているものを適切に把握するのは、ますます困難になっています。でも、相手の本音は知ろうと思えば知れるのです。方法は簡単、真摯な形で相手に5回、「なぜ?」と問いかけるだけです。


年末年始は旅行シーズン〜初めて行く旅先で失敗しない為のアドバイス15選

年末年始は旅行シーズン〜初めて行く旅先で失敗しない為のアドバイス15選

 年末年始は家族や友人と旅行に出る方が多いのではないでしょうか?中には初めての旅先へ向かわれる方もいることでしょう。「初めての旅行」、「初めての旅行先」、「初めてとなる様々な旅行の体験」は私達の感性を豊かにしてくれますが、同時に慣れない土地ゆえトラブルも多いもの。そこで本稿は、初めて行く旅先で失敗しない為のアドバイス15選をお送りいたします。


働き方改革の宣言から1年、中小企業の意識はどう変わった?その実態は?

働き方改革の宣言から1年、中小企業の意識はどう変わった?その実態は?

 昨年の9月に安倍内閣が「働き方改革」を宣言してから、1年が経過しました。中小企業はこの1年でこの政策に呼応してどう行動してきたのでしょうか?中小企業の意識はどう変わったのか?その実態は?働き方改革に関連して実施された、「中小企業の働き方改革意識・実態調査」から、その答えを探っていきましょう。


社長が選挙に立候補⇒会社のお金で供託金を支払うことは可能?

社長が選挙に立候補⇒会社のお金で供託金を支払うことは可能?

 先だって衆議院が解散し、連日選挙関連のニュースでもちきりです。立候補者が事前に納める供託金は衆議院小選挙区で一人当たり300万円。しかも一定上の得票数を集めなければ全額没収されてしまいます。議員になるにはお金が何かと必要です。もし、とある会社の社長が選挙に立候補したなら、会社のお金で供託金を支払うことは可能なのでしょうか?


拡大する「おせち」のネット販売〜顧客は世代別にどこでおせちを買っている?

拡大する「おせち」のネット販売〜顧客は世代別にどこでおせちを買っている?

 秋も深まりいよいよハロウィン近し…と思いきや、小売各社が今見据えているのはおせちの売上動向です。Amazonでは9月12日に、高島屋では9月22日より、おせち料理の早期予約受付を開始しました。スーパーやコンビニでも、次々と予約受付が始まっています。拡大する市場規模や顧客の世代別動向について最新情報をまとめました。


CEO?CFO?COO?CMO?意味不明な横文字な肩書の意味はこれ!

CEO?CFO?COO?CMO?意味不明な横文字な肩書の意味はこれ!

 日本で会社の役職と言えば、会長や社長、専務、常務などが一般的ですよね。ところが最近では、「CEO」「CFO」「COO」「CMO」といった名称を見聞きすることが多くなりました。横文字の肩書を名乗る人達は、それぞれどんな役割を担っているのでしょうか?


ぶっちゃけハロウィンってどうよ?認知度上がる一方「興味がない」も4割弱

ぶっちゃけハロウィンってどうよ?認知度上がる一方「興味がない」も4割弱

 10月31日の本番に向け、小売各社がハロウィンにちなんだ食材や衣装の売り込みを始めている。昨年のハロウィン市場規模は前年比1割増、5年前の2倍となる約1,345億円と試算され、その市場規模拡大には目を見張るものがある。実際のところ、消費者はハロウィンに対してどんな印象を抱いているのか、『ハロウィン』に関するインターネット調査をご紹介する。


ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

 消費者庁は7月27日に、ソフトバンク(株)が供給する「Apple Watch(第1世代)」に関する表示に対し、「おとり広告」の違反により、景品表示法の措置命令を行いました。おとり広告とは、「商品・サービスが実際には購入できないにもかかわらず、購入できるかのような表示」のことですが、ソフトバンクの販売方法のどこがおとり広告扱いされたのか解説いたします。


時事ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。