時事

スポンサーリンク
時事

若者から学べ いつの時代も若い世代が上の世代より優秀なのはなぜか?

数千年前から人類は、「最近の若者は…」と自分達より若い世代の進歩的な考え方や行動、使うツールに対して批判的でした。しかし、紛れもない事実として人類のIQは時代の流れとともに向上しており、リープフロッグ現象に代表されるように、若者達の作り出す先端のテクノロジーは常に前世代よりも効率的です。これを否定するのは簡単ですが、若者達から学ぶことのほうが遥かに大人世代にとっては有益なことではないでしょうか?
時事

年収186万円・社会の底辺929万人〜這い上がりたかったら勉強するしかない

石破茂さんが自民党総裁選にあたり、「現在の日本には平均年収186万円の人たちが929万人もいる。ここに政治の目を向けるべきだ。」という論調を展開しています。実際、日本の労働人口6千万人強の中には明確な格差が生じています。もしあなたが、底辺にいる、自分が這い上がれないと思ったら、社会の仕組みについて、今すぐ勉強を始める必要があります。
時事

民法の相続関連法が40年ぶりに改正〜目玉となる「配偶者居住権」を徹底解説!

民法の相続に関する改正が40年ぶりに行われます。特に、今回の改正で新たに創設された「配偶者居住権」は、配偶者が自宅に生涯住み続けられることを保証する権利であり、自分の配偶者を失った夫または妻を守るものとして注目されています。この権利が無かった時代に起きていた弊害も含め、詳細を解説いたします。
スポンサーリンク
時事

ホリエモンさんが「ゼロ高」立ち上げ!教育の多様化は止められない

ホリエモンこと堀江貴文さんが、座学よりも行動に重きを置く高等学校「ゼロ高」を2018年10月に開校します。日本国民を養成する機関としての学校、教育カリキュラムの中で、これまで学生たちは勉強してきました。しかし、インターネットが世界をボーダレスにしていく中で、既存の教育は陳腐化し始めています。これに伴い教育のあり方が多様化する流れも止められないものとなり始めています。
時事

女性が”恋に落ちやすい”タイミングは男性のタイミングと逆

クリスマスは男女が恋に落ちやすい、夏は「ひと夏の恋」というくらい男女ともに刹那的になりやすい、と言うくらい、恋愛とタイミング(時期)は密接に関連しています。そして、女性には女性特有の恋に落ちやすいタイミングがあります。それは男性とは真逆のタイミングだったりします。
時事

バブル期を大幅に上回る路線価〜ハガキ1枚の大きさで約65万円の土地も!

平成30年7月2日に平成30年分の路線価等が公表となりました。日本一の路線価は、鳩居堂前の1平方メートルあたり4,432万円。これはバブル期の3,650万円を大幅に超えた価格です。このように路線価が上昇する地域がある一方、地方の多くの場所では路線価の減少が続いています。一般の人にとっては、あまり路線価の好況感は実感が湧きにくいかもしれません。
時事

大塚家具に残された2つの資金調達手段〜借入と増資のメリット・デメリット

大塚家具の資金調達問題が報道紙面をにぎわせています。中小企業では、社長が自分のお金を入れることで当座をしのぐ方法がよくとられます。ただし、大塚家具のような大きな企業では、必要な資金も莫大です。借入と増資が具体的な手段として考えられますが、それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのか解説いたします。
時事

【注意喚起】利回り7%不動産ファンドには近づくな!お金戻らないよ〜

インターネットで頻繁に見かける「利回り7%元本は保全されています」という私募ファンドの広告。しかし、運営している会社の決算を見ると、同社は既にキャッシュが枯渇しており、集客した顧客の資金を使ってなんとかやりくりしている状態です。そのうえ、100億単位のカラ増資疑惑も浮上し…ネットに落ちている「絶対儲かる情報」ほど当てにしてはなりません。
時事

「節税保険に金融庁がメス」で予想だにせず生じる可能性がある2つの影響

 生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険に対して、金融庁が商品の設計などを問題視し、実態調査に乗り出しました。駆け込み加入が増えることは間違えありませんが、大きな視点で見ると、これ以外にも各方面に影響が出ることは必須です。「節税保険に金融庁がメス」で予想だにせず生じるであろう2つの影響をご紹介します。
時事

2018年・盗難されやすい車種ベスト3〜盗まれても車両保険があれば大丈夫?!

 2018年の盗難されやすい車種最新ランキングが日本損害保険協会から発表されました。不名誉な1位は…プリウスでした。さて、車の盗難件数自体は盗難防止装置のおかげで年々減少していますが、それでも車の盗難リスクはいつでもあります。従って、自動車保険には車両保険を付帯させるのがベストですが、加入する際は幾つかの注意点を踏まえたほうが良さそうです。
時事

効かぬ抗菌薬を6割超の医師が風邪で処方〜健康保険制度の崩壊は近い

保険料を支払えば3割程度の医療費を負担するだけで良い、という世界でも類を見ない「国民皆保険制度」を実現してきた戦後ニッポン。しかし、社会構造の変化により収支は慢性的な赤字となっています。しかし、意味のない抗菌薬の処方等に見る医療保険の無駄遣いの傾向は根強いものです。政府による強い「無駄遣いを無くせ」というアナウンスがなければ、今後も赤字拡大、国民負担増大は必須です。
時事

中小企業による働き方改革の実施率は業績の好不調で約10%も変わる

「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しているニッポン。就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。そこで政府が打ち出した取組みが働き方改革です。ただし、業績の好不調で、中小企業に対する浸透度合いや受け止められ方は全く違うようです。
時事

シンガポールの人は「しまなみ海道」がお好き?多様化するインバウンドの行動

インバウンドが行きたい場所は、東京、大阪、京都だけではない?!シンガポールでは今、瀬戸内海の「しまなみ海道」を組み込んだツアーが高額であるにも関わらず人気なのだそうです。日本を訪れるインバウンドの目的は多様化しており、受け入れる側の私達にもコミュニケーション力が求められます。
時事

「塚田農場」運営元に景表法措置命令〜「地鶏」メニューにブロイラー料理混在

消費者庁は5月22日、居酒屋チェーン「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーに対し、同社が提供している鶏料理のメニュー表示について、「地鶏」メニューにブロイラー料理が混在していたことを、優良誤認表示とみなし、景品表示法の措置命令を行いました。。商品説明にあたっては、一般消費者が受ける印象・認識と実際の内容の徹底した整合性が求められます。
時事

1万人へ教えた講師がセミナーのプレゼンテーション時に気をつけている3つのこと

僕が不動産投資を啓蒙する東京投資クラブを立ち上げたのは2007年のことです。 単なる知識を得る不動産投資の「お勉強」や、不動産投資会社が行うような「不動産を購入させるためのセミナー」ではなく、不動産投資歴10年の生々しい体験談を中心に...
時事

日大アメフト部の悪質な反則行為は対岸の火事ではない〜経営者が学ぶ2つの教訓

5月後半、日大アメフト部選手による悪質な反則行為に世間の大きな注目が集まりました。当初はラフプレーそのものへの批判が中心でしたが、ラフプレーが監督・コーチの指示に基づくことがわかってからも、大学上層部が何ら謝罪しなかったことで、騒動は更に大きく問題視されることになってしまいました。この問題から私達は何を学べるでしょうか?
時事

【経験が仇となる】50〜60代のシニア起業家がハマる「5つの落とし穴」

1979年には23.7%だった50代・60代の起業が、2012年には51.8%に達し、起業する人の半数を占めるに至っています。経験や知識があるはずのシニア起業家ですが、シニア起業を支える中小企業診断士の大場さんは、彼らが5つの落とし穴によくハマると言います。知っていれば落ちることのない落とし穴について解説していただきます。
時事

イケダハヤト氏が情報資産で年間利益1億円ゲット!新富裕層に学ぶ影響力の武器

日本のトップブロガー・イケダハヤトさんが、自分の会社の決算を公開しました。なんと、その実質所得は推定1億2千〜3千万円。彼に代表される「新富裕層」はインターネットの「情報所得」で稼ぎます。たしかに、母数の大きな労働者階級を敵に回したリスクを取る炎上商法にはリスクがあります。しかし、影響力の武器を背景に、ますます同じような「新富裕層」が現れることは確実です。
時事

女性をドキドキさせて、あなたを彼女の彼氏候補にする魔法の言葉

女性は、男性からの「ドキドキシャワー」を浴びるのが大好きです。そこでご紹介したいのが、気になる女性がいた時に、その女性をドキドキさせて、あなたを彼女の彼氏候補にする魔法の言葉です。JURIさんが、女性がその一言を投げかけられた時の心理も含め、詳しく解説してくださいます。
時事

あなたの仕事がロボットに奪われぬよう、今、身につけておくべき4つの能力

もう、そう遠くない、2〜3年後には、世の中がガラッと変わっていきます。自動化の波がドドーンと日本全体を覆うことになります。その波に覆われた時、ロボットに仕事を奪われないために、どんな能力を私達は培う必要があるのでしょうか?自らの付加価値をあげるため、今から取り組むべきこととは?南本さんの解説です。
スポンサーリンク