時事

スポンサーリンク
時事

21世紀は空の世紀 ドローン活用を今考える

 21世紀は「空の世紀」と言われている。その中心で今熱視線を浴びているのが「ドローン(無人飛行機)」である。ドローンは比較的投資コストが安く様々な用途で使用することが可能であり、効率的な仕事をもたらす道具となりえる。日本では法整備が未発達であり使用リスクもあるが、今のうちからどんなことができるか想定しておきたい。
時事

スタバで乾杯 2015年ちょい飲み戦争勃発

 コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス社が、先週中期成長計画を発表した。収益拡大に向けて、アメリカ国内数千店舗でアルコールや夜食の販売を開始するという。日本でもコンビニやファストフードの「バル化」が始まっており、空間を異業態で効率的に活用し、収益を拡大させるトレンドが来年本格的にやってくるだろう。
時事

今年も大雪 業務効率化に役立つ雪対策5選

 暖冬と言われる今年の冬。大雪が首都圏はじめ本州各地を襲うだろうと言われている。大雪が降ると電車ダイヤの乱れ等業務に支障を来すため、予め会社の制度や人員配置を雪に整えて整備することが業務効率化に役立つ。今から会社で備えられる雪対策5つを紹介する。万全の準備をして雪に備え、業務の効率化を図ろう。
時事

バターと農業 変革期にビジネスチャンスあり

 円安や国際的な飼料の奪い合いが生産価格に影響し、バター価格が高騰し歴代最高値を記録している。生産者の減少や乳製品市場における優先順位の低さが引き起こしたショックといえる。農業ビジネス界は現在大きな変革期にある。バター価格の高騰は業界が抱える「不効率」についてのサインであり、逆にビジネスチャンスも狙える。
時事

自前バター 作ったら楽しくてお得だった

 節約社長編集部メンバーの1人が同居人から「バターが高いのでどうにかしろ」と言われたため、家庭で実際にバターを作ってみたようだ。しっかり費用対効果まで検証してみた。果たして結果や如何に!?本日の夜にお届けするバター高騰の理由と農業の今後に関する観測記事と合わせて一読されたい。
時事

早期のインフル対策 エボラ予防にも有効

 エボラウイルスの被害がアフリカから世界へ広がり始めている。アメリカでも現地へ渡った医師が帰国後にウィルス感染していたことが明らかになった。最悪のケース、日本への感染拡大も否めない。根本的な治療法がないため、エボラウイルスにも一定の予防になると言われる冬のインフルエンザ対策を今のうちにしておきたい。
時事

御嶽山噴火 情報共有の重要性を教える

 9月末に御嶽山が噴火し10月1日現在死者は25人に達した。1ヶ月前から考えられていた噴火可能性を、登山客にアラートしなかったことが被害拡大の一因と言われる。企業でも情報共有が徹底されないことで大事故が起こりやすい。コストや手間がかかっても情報共有が如何に大事か、今回の事件は教えてくれる。
スポンサーリンク