時事

スポンサーリンク
時事

サラリーマンの年収100万UPは死ぬほど簡単!儲かってる会社の見つけ方

ウチの会社はボーナスが出ない!とか、なんでこんな一生懸命やってるのに安月給なんだ!ということで…本気で年収100万円アップを目指している人がいるなら、この記事は必見です。そもそも年収を本気で上げたいなら、「儲かっている会社にどうやって入りこむか」だけのこと。でも、どうやって儲かっている会社を見つければよいのでしょう?キミアキ先生がそのやり方を一挙公開します!
時事

剛力彩芽をネットでバカとかブスとか陰口叩くな!成功できない人になるよ!

マンガの刃牙に似ているとか、稲中卓球部に出てくる田原年彦に似ているとか。挙句の果ては、化粧した俺の弟だとか…ネットで剛力彩芽さんを誹謗中傷する人がいます。彼らは会ったこともない、何の被害を受けたわけでもない相手を傷つける行動を取っています。ただ、こうした行動は癖がつき、日常生活、ビジネスの世界での思考判断にも影響を及ぼすことを忘れてはなりません。
時事

モテる男性が乱用している「女性が喜ぶ質問」は◯◯を聞くこと

出会いの場で女性と話す機会がある際に、モテる男性が乱用している質問があります。それは、「最近、嬉しかったことはなに?」「最近、ハマっていることはなに?」という質問です。この質問を起点に、モテる男性は女性をハッピーな気持ちにさせながら、次第に相手から自分に好意を持ってもらうことに成功します。承認欲求をまず満たしてあげることで女性を引き寄せましょう。
スポンサーリンク
時事

春だよ!マルチ商法の季節だよ!海外のあの2冊の名著を語り出したら友とサヨナラ

春ですね。そろそろマルチ商法の勧誘の季節です。学生さん、新社会人は特に注意が必要です。友人が『7つの習慣』と『思考は現実化する』のような海外の自己啓発本を出してきたり、今までビジネスにちっとも関心がなかったのに、夢だの成功だの語り始めたらマルチ商法と疑ったほうが良いでしょう。ハマって行き着くところはズブズブの闇金地獄です。
時事

モテない男性に共通して見られる”生活態度”「◯◯をしてない」

「モテナイな〜」とか、「もうちょっとモテるようになりたい」と思ったら、見てもらいたいものがあります。それは、あなたの暮らしている部屋、オフィスの机周りです。モテナイ男性は大抵、自分の身の回りを整理整頓したり、小奇麗にする習慣を疎かにしていることが多いからです。自分の身の回りを小奇麗にするだけで、女性からの印象は大きく変わります。
時事

成果は「銅」なのに「そだねー」ジャパンはなぜオリンピックの主役になったのか?

冬季オリンピックで旋風を巻き起こしたカーリング女子の「そだーね」ジャパン。彼女たちの競技における成果は銅メダル。なのに彼女たちは間違えなく、他の金メダリスト達と同じか、それ以上に冬季オリンピックの主役となりました。なぜ彼女たちはこれほど多くの人に受け入れられたのか?このことについて考えると、ビジネスに役立つヒントを得ることができます。
時事

高嶺の花子さんを好きになったとき…どうやってアプローチしたら良い?

頻繁に通うジムのインストラクターさんとか、たまに行く喫茶店の店員さん、行き帰りの電車で見かける女性。これら街で見かけるキレイな女性、いわゆる高嶺の花子さんに恋をした場合、どうやってアプローチしたら良いのでしょうか?実はあまり面識のない女性と仲良くなるためには、アプローチもステップを踏まねばなりません。どんなふうにステップを踏めば良いのでしょうか?
時事

大企業のサラリーマンは勝ち組?!身分変えない限り出勤時の顔は死んだまま

たまに「自分は◯◯社に勤めている」「◯◯業界に携わっているんだ。すげぇだろ。」と、まるで自分が勝ち組のように言い放つサラリーマンがいます。しかし、サラリーマンである限り、絶対服従、時間を切り分けることで給料をもらう、といった構造は、どんな会社に勤めていても変わりません。会社の労働者、勤め人でいる限りは、勝者も敗者もなく、やがて飼いならされた社畜となっていきます。
時事

急増するCtoCフリマサービスでのトラブル〜運営事業者に求められる取組とは

消費生活センター等に寄せられた2017年度のフリマアプリ相談件数は3,330件。これは、2012年度の173件と比較すると20倍近くに達する数字です。フリマサービス関連の相談の傾向と具体的な相談事例、国民生活センターがフリマサービス運営事業者に要望する取り組みをご紹介します。
時事

意中の女性に「好きなタイプの女性は?」と聞かれた時の理想的な解答

恋愛ムードが高まってくると女性が必ず尋ねる「ある質問」があります。それは、「◯◯さんって、どんなタイプの女性が好きなんですか?」というものです。さて、男性の皆さんはこれに対してどのように答えると、彼氏候補になれる確率が上がると思いますか?NGの回答例も含め、JURIさんが解説してくださいます。
時事

シェアハウス問題は被害者面すれば返済ストップOK?そんなわけないじゃん!

急速に支持者を増やしたシェアハウス投資。この投資に使われた「サブリース」という商法のスキームが崩壊し、ついにはスキームを組んでいた会社が賃借料の支払いを突然停止してしまいました。投資した人達は怒りの声をあげ、被害者の会を結成し、遂には銀行への支払いを停止します。でも、被害者の会の行動、少しおかしくないですか?キミアキ先生の解説です。
時事

コミュ障で女性と会話しても全然続かないのだが…一体、俺の何が悪い?!

女性と会話が苦手な男性の皆さん!キッツいかもしれませんが、顔がブサイクとか、女性と接点がもともと少ないとか、そんなことよりもっと気にすべきことがあります。女性と会話が続くか続かないかは、会話の主体を誰にしているか?で大きく変わります。あなたが彼女に提供しているテーマの主体は誰ですか?
時事

外見に自信がなくても経済的に自信がなくても女性にモテる禁断の方法

男性はぶっちゃけ「顔」で女性を選びます。これは本能的に避けられない、正常な反応です。ただ、男性は自分たちがそうだからという理由で、女性も男性のルックスを重要視していると考えがち。ところが女性は外見以上に、安心と安全を感じられることを異性に求めます。お金が与える安心と安全はもちろん大事ですが、それ以外にも安心と安全は与えられます。どうやって?JURIさんが解説してくれました。
時事

やっぱり大事なのは押し!強引な男性に女性が惚れやすいのはなぜ?

女性は誰しもお姫様願望を持っています。どんなに冷めた目をしている女性であっても、心のどこかでは白馬の王子様を待っています。だから、一回くらいツレナイ素振りを見せられてもアタックしたもの勝ちです。草食男子が多くなっている今、その一押しを待っている女性は沢山います。押しが強くなるだけで、あなたは上位何%のモテる男になれます。
時事

テレビ通販✕EC『テレビを観ながらスマホで購入』の時代がやってきた

スマートフォンを使う習慣が各世代へ浸透したことにより、テレビをメディアとし、スマートフォンをデバイスとする形で、「テレビを観ながらスマホで購入」という新しい購買スタイルが生まれています。「テレビ通販番組の視聴者といえばシニア層がメイン」という概念が覆るのかも含め、新しいビジネスに注目が集まります。
時事

歓送迎会シーズンのドタキャンを未然に防ぐ新サービス「ドタキャン防止システム」

すっかり春めいてきましたね。飲食店の繁忙期、歓送迎会のシーズンとなりました。お客さんが沢山来店してくれるのは嬉しい話ですが、中には悪びれずにドタキャンする輩もいます。ドタキャン客がお店にもたらす被害は甚大です。そこで本稿は、全国の飲食店が自衛でドタキャン客から身を護る新システム「ドタキャン防止システム」をご紹介します。飲食経営者は必見!
時事

遠くにいても門出が祝える!寄せ書きをオンラインで作るなら『よ写がきスタボン』

春は様々な門出を祝うシーズンです。送り出される側にとって、心のこもった寄せ書きはプライスレスなプレゼントとなります。ただ、サプライズな寄せ書きを作ろうにも、遠方にいる人に寄せ書きを書いてもらうのは難しいですし、寄せ書きを管理する幹事の手間暇は大変なもの。これらの悩みをスタイリッシュに解決する新しいサービスが『よ写がきスタボン』です。
時事

モテる男性は食事の際に女性の心のブレーキやバリアを◯◯にして外すのが上手

モテる男性は、食事の時に、女性が少しアルコールを飲めるなら、「ほろ酔い」くらいの気持ち良い状態にするのがとても上手。実は、ほろ酔い状態の時と、異性にときめく時は、脳に同じ作用が起きています。適度なアルコールは、男女問わず恋愛を一歩先に進めるうえで役立ち、科学的にも「ビールゴーグル効果」として認められています。
時事

いつもタイプの女性をゲットする男性が必ず共通して実践すること

「タイプの女性と付き合うのはなぜこんなに難しいのか!?」「理想と現実は違うんだ!」あきらめムード満載の男性が多い一方で、いつもタイプの女性と付き合えている男性がいるのも現実です。彼ら、意中の女性をゲットしている男性達は共通して必ず「あること」を実践しています。ヒントは大事manブラザーズの大ヒット曲「それが大事」です(笑)。
時事

アルコールを飲みながら打合せ?!アルコールブレストで創造性をミーティングに持ち込め

常に緊張感漂う会議をやっていたのでは、ここぞという場面で欲しい創造性の高いアイデアや意見は産まれにくい。そこで答えを求めない打合せ、コミュニケーションを重視するミーティングなどで、アルコールを適度に飲用することで、アルコールブレストという形式で、緊張がほぐれた、自由な場の雰囲気を作る会社が増えている。以下、その概要をご説明する。
スポンサーリンク