起業

スポンサーリンク
起業

起業で人生は変わるか?ドラゴンクエストに例えてお伝えします

 起業を考えている人の多くは「起業することで人生は変わるか?」という、素朴な疑問を抱えていることでしょう。この疑問に、キミアキ先生がズバリ答えてくれます。ドラゴンクエストに例えると、起業する人はゲームのスタートラインに立った勇者のようなものだと、キミアキ先生は解説します。しかし勇者の前に立ちはだかる世界は…起業へ踏み切ろうとしている全ての人へエールを送る記事です。
起業

創業期に自己資金・担保・保証が不要!金融公庫の凄い融資制度

 創業期の資金調達方法で一般的な方法は、日本政策金融公庫を利用することです。創業期のメジャーな融資制度「新創業融資」の裏に隠れて、知らない人も多い融資制度があります。それは「中小企業経営力強化資金」という融資制度です。なんと、自己資金不要、無担保・無保証、金利が低い、と創業期の経営者にとってはとてつもなく魅力的な融資制度です。起業を考えているなら、知っておいて損はありません。
起業

後発者バンザイ!後発者が先行者にないチャンスを持つ理由

 「このアイデアはひょっとしたらビッグビジネスになるのでは?」「世の中に良い変化を与えるビジネスモデルを発見した!」という瞬間を味わうことは心躍る体験です。とはいえ、その道には必ずと言って良いほど先行者がいます。先行者の良い点と悪い点を客観的に分析し、自分ならどう改善できるか考えられること、これは後発者の特権と言って過言ではないでしょう。後発者が先行者を追い抜いた事例を3つ紹介します。
起業

個人事業主が法人成りするのであれば福岡市がお勧めなワケ

 もし法人成りをお考えの方は、福岡の方はもちろん、九州の方、九州へ事業を移転することを検討されている方も含めて、福岡市内での法人設立を1つの選択肢として考えてみることをお勧めします。福岡市は国家戦略特区の「グローバル創業・雇用創出特区」として、創業の支援と雇用の創出に取り組む場所として政府に選ばれており、取り組みの一環として、国が主体となり法人に対する税率の引き下げが期待されています。
起業

粗利のあげやすさは世界で5本の指 ベトナムでビジネスが今熱い

  ベトナムが今、世界中から熱視線を浴びている。8780万の人口は、急速な都市化で2020年には約9600万人に達すると見られており、ベトナムは世界でもっとも利益のでる小売市場ベスト5とうたわれている。中産階級の消費意欲は非常に高く、彼らは外国製品に対して非常に寛容な受け入れを行う。日本の先駆者もベトナムでの活動で一定の成果をあげている。
起業

創業記念パーティ費用はどの勘定項目で経費に参入できる?

 会社を新規に創業すると案外費用がかかります。特に会社の登記で事務手続きに係る費用は、「創立費」として設立後の会社における経費として損金算入が可能な費用です。では会社の創業記念パーティを設立時(前)に行った時の費用は、創立費として経費算入可能でしょうか?正しい経費算入方法を提示し、起業時のあるべき姿についても触れてみたいと思います。
起業

業務スーパーの姉妹チェーンが輸入食品専門店「GALLEON(ガレオン)」のフランチャイズ展開にのりだす!

 業務スーパーを手がける神戸物産が始めた「GALLEON(ガレオン)」という輸入食品扱う専門店をご存知ですか?2015年7月現在、神戸と大阪のみに店舗があるようです。ガレオンのようなライフスタイルストア型の例としては、キャメル珈琲が運営するKALDI COFFEE FARMがありますが、物流の理を活かし、今後ガレオンが大幅に伸びる可能性に注目が集まります。
起業

新規参入狙うなら成長性バツグンの介護FCビジネスが吉!?

 現在日本における高齢者(65歳以上)は『約4人に1人』で、この数も2015年には『3人に1人』となると言われています。介護サービスの需要は拡大することが見込まれており、多様なサービスがフランチャイズでも生まれる可能性が高まっています。そこで介護ビジネスにフランチャイズで参入するメリットを5つ提示したいと思います。
起業

新規事業における「ない物づくし」は最大の武器となる

 新規事業を始める際というのは、大抵の場面において「ない物づくし」の状態から始まります。お金も限られ、有能な人材もいなく、活かせる技術もない、業界内の人脈もない状態が自社の武器になると考えることは、創意工夫の姿勢や、質素倹約の精神を培うことに繋がり、新規事業がやがて利益を産み始めた後も、筋肉質な組織作りが可能になります。
起業

独立するなら起業とフリーランスどちらを選ぶのが得策?

 インターネット社会の充実によって、近年起業を目指す若者が増え続けている。しかし会社を設立するか、フリーランスで働くか、という働き方の選択では、野望より現実を見据えてフリーランスでスタートアップを目指す慎重な若者が多いようだ。二者の一般的に代表される働き方は全く違うが、独立する以上、状況に応じて選択する柔らかさが必要となる。
スポンサーリンク