締切や期限を設けて仕事しない人はいつまで経っても結果が出せない

経営
スポンサーリンク

締切の無い広告に待ち受けるもの、それは死。

停滞している、常に頭の中にモヤモヤしたもの、イライラした感情を抱えている。

こんな経験は皆さんにもありませんか?

そこで今日は、ビジネスを前に進める絶対ルールをご紹介したいと思います。

たとえば広告。広告の目的は、広告を見たお客様に行動してもらうことです。

行動してもらうためには、お客様にオファーを出さなければなりません。

「今なら☓☓です。だから、今すぐ〜〜してください。」というオファーに応じてもらうことが、広告を出す目的です。

そして、オファーを出す際に忘れてはならないのが、「デッドエンド(締切)」を設けることです。

「デッドエンド(締切)の無い広告に待ち受けるもの、それはデッド(死)である。」という格言があるように、人は締切が無ければオファーに応じて行動してくれません。

たとえば宿題。子供たちが夏休みの宿題をやる理由は、夏休みの終わりという締切があるから。

締切が無ければ、子供たちの誰がやるでしょうか?

自らの行動に期限(締切)を設けて動く必要性

同じように、ビジネスを前に進める、つまり人に行動を促すためには、締切を設ける必要があります。

でも私達は、人にお願いをする時、大抵は“できるだけ早くやってほしい”と思っているからか、「いつまでに〜やって」という期限を設定することを忘れがちです。

「その本、取ってくれない?」「この資料作ってもらえない?」「お客様とアポイント取ってくれない?」と言った具合です。

ホントはこれらの言葉の裏には「今すぐやってほしい」という願望があるにも関わらず。

だから僕たちは、人に行動を求める時は、必ず締切を作る必要があります。

「時間があったらやってほしい」と他人に対して思うことを、他人は大抵やってくれません。これが現実であり、ビジネスを前に進める阻害要因となります。

ビジネスを前に進めるため誓うべき5つの約束

ここまではご納得いただけたことでしょう。では、あなたに質問があります。

「あなたはあなた自身に締切を設けていますか?自分の行動に対して締切、期限を設けて動き、結果を出していますか?」

たとえば、食えない状況を何年間も続けている人。この人は自分の行動に締切を設けているでしょうか?

締切が効果を発揮するのは、ゴールが見えている時のみです。

僕たちはビジネスを前に進めるために、以下5つの約束を常に自分へ課す必要があります。

  • 1)ゴール(条件)を決める
  • 2)締切(デッドライン)を決める
  • 3)全てやれることはやりきる
  • 4)条件に基づき公正に判断する
  • 5)次に向けて勢い良く進む

たとえばあなたにとって、成功と失敗はどういうことでしょうか?きっと明確なはずです。

「いつまでに成功したら◯◯を続ける」「いつまでに結果ができなかったら◯◯を止める」と期限を決めて行動するのです。

ここで、成功したのか、失敗したのかは重要ではありません。期限を決めて行動し、その結果を踏まえて、より賢明な行動を主体的に決めることのほうが重要なのです。

実際にユニクロの柳井さんは「1勝9敗」なんて言ってますよね。それで良いんだと。そのかわり何回もチャレンジするんだと。

この回数が多ければ多い人ほど、ビジネスを前に成長させることになります。失敗しても、成功しても、いずれ成長曲線が急カーブを描くようになるのです。

そのかわり必ず締切を設けるのです。締切に併せてドライブをかけることを何度も繰り返せるし、失敗しても何度も立ち上がれるからです。

逆にこのサイクルを繰り返すことにためらいを抱く人ほど、ビジネスを前に進めることができません。

市場は縮小し生きにくくなり、打ち手も減り、守っていたはずの自分を守れなくなる時が訪れます。それも突然、急にです。

自らに期限と締め切りを設けて、どんどん失敗と成功を重ねましょう。

 
経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長